Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 19日

試乗記 〜 PORSCHE ボクスターS 〜

高過ぎる敷居を乗り越え、ついにポルシェのディーラーへ!
本人はお金持ち気取りで入店したものの、多分やつらプロには全て見透かされてたのかも知れません。
どうやたって、サラリーマン(中の下)オーラが滲み出てたでしょうし・・・
だって、初めて「所有したい」と思うポルシェが現れたんだもん。
今までポルシェには「興味がない」と言ってしまうと語弊があるかもわかりませんが、クルマ好きとして
乗ってみたいけど「所有欲」はなかったんですよ。
皆まで言うな!もちろん手の届かない価格帯ですからね!
そこまでして試乗に踏み切ったクルマとは何か?そう、先月発表されたばかりのBoxsterであります。

アポなしで新横浜のポルシェセンターへType Rで乗り付けると、気品に満ちた営業マンに迎えられ
ニューボクスターを見に来た旨を伝えると、「生憎展示車は無いが、試乗車ならある」とのこと。
そりゃ話しが早い。ちょうど先客が試乗中だったので、1,000万円以下の展示車がないフロアで待つことに。
カイエンやカレラ、パナメーラなどの超高級車からの視線を一身に浴び、冷たいウーロン茶を飲んでも
喉が一切潤わないという事態に陥っていますと、幻想の中で周りのクルマ達から「お前なんかが来る
ところじゃねぇ〜んだよっ!ビッテ!?」というドイツ語が聴こえたような聴こえなかったような・・・(@@;)

精神世界で追い込まれていると、ボクスターが帰ってまいりました!助かった〜。
試乗車は黄色いボクスターS(左ハンドル)のPDK仕様でありました。
試乗記は下記へつづく・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
カタログから違いますもーん!
f0157812_1255238.jpg




これからちょっとした試乗記を綴りますが、毎度ほんの数分の試乗です。それで全てがわかるはずもありません。
プロのモータージャーナリストだって数日間乗ってからの評論です。ご留意くださいね☆

上記にもありますが、今回の試乗車は憧れの黄色いスポーツカー。
緑の中を駆け抜けてく真っ赤なポルシェ♪ではありません、、、

<iPhone 4>
f0157812_12211512.jpg


まず気になっていたのはラゲッジスペースなんです。所有することを妄想すると普段の使い勝手を見てみないと。
リアのラゲッジを見ますと「あ〜こんなもんかぁ・・・」ゴルフバッグはひとつも入りませんな。
別にゴルフは数年に1回程度しかやらないのでいいですけどね。思ったより上げ底で浅かったです。
S2000乗りにはわかるでしょうが、スペアタイヤありの浅い版です。。。
下にはマフラーとトランスミッションが搭載されてるので仕方がありません。
エンジンはミッドシップなので、座席との間にエンジンと幌を収納するスペースがありますしね。
逆にフロントボンネットにはエンジンがないので、リアより容量の大きいスペースが確保されてます。
長尺ものは無理ですが、地面まで届きそうな深さのスペースがありました。こっちがメインの荷室かなと。

ホントは「S」じゃない普通のボクスターでマニュアル仕様に乗りたかったが、今回は「S」のPDK仕様。
何が違うかは細々した事を並べればキリがないが、大まかに言うとエンジン排気量やブレーキ、装備が違う。
それに試乗車なのかあらゆるオプションが満載されていた。ポルシェは普通の装備もオプション扱いが多く
細かく追加していかないと満足な装備がない。しかもいちいち高いので、ポルシェの中で一番安い
ボクスター(マニュアル)でも584万円なのに、最低限あれこれ付けたら700万くらいになってた (οдО)
なので今回の試乗車は、ベースで774万円なので、なんだかんだで1,000万円くらいしていただろう・・・。
何で電動可倒式ドアミラーがオプションで53,000円も払わなきゃなんないんだ!
オープンカー故のウインドディフレクターだって48,000円だぞ。標準装備だろ、そんなもん!
なのにナビは標準装備・・・。

気を取り直して、乗り込むと。
メモリー付きであらゆる調整のできるスポーツレザーシート(オプション以下、OP)に体をねじ込め、
奇妙な形のキーを差し込み、ブレーキを踏みながらキーをひねる。「今どきひねるんかーいっ!」
すると荒々しい排気音が後方マフラーから鳴った。これがポルシェサウンドなのか・・・
完全バランス型の水平対向6気筒なのに、あの荒々しい振動とサウンドはマフラー側の演出なのかな?
そして着座位置とステアリング位置を電動で合わせ、ドアミラー(OP)と自動防眩ミラー(OP)も合わせる。
コックピットに収まった感はS2000、BRZ以来の低い着座位置。しかし左ハンドルに違和感ありあり。
初めて路上教習に出る感じだ。慣れたもんでウインカーの位置は間違えず路上へ出る。
しかしウインカーが固い。バキッって折る感覚。左ハンドルの位置的な問題なのか、左足のレッグスペースが
狭く爪先部分が特に壁に当たる。右ハンドルなら多分大丈夫なんだろうけど、左ハンドルの国で生産されてて
これは無いなぁ。

大きい道路に出るまで一時停止を繰り返すたびに、頻繁にアイドリングストップしてくれるのはいいが、
ブレーキを離して再始動の度にポルシェの唸りを感じなくてはならないとなると、所有したら結構ウザいかな?
それでも燃費や環境のためなら仕方があるまいか。

さて試乗コースは比較的空いた環状2号線。たがしかしほぼストレートなルート。
合わせて60万オーバーのスポーツクロノパッケージ(OP)と、PASM(OP)というアクティブサス的なものも
付いていて、スポーツプラスモードで走ってみたがストレートばかり走っている分にはわかりにくく
PDKの変速ポイントが高まったくらいしかわからなかった。実際はエンジンとステアリングが鋭くなって、
フェラーリやアウディお得意の磁性流体によってミッションマウントの硬さをもコントロールする代物みたい。
是非ワインディングで試してみたいものだね。

営業マンに「どうですか?ポルシェのブレーキは。踏んだだけ利きますでしょ?」って言われたけど
Sの大容量ディスクだろうが、PDKでシフトダウンばっかしてたから、あまり効果がわからなかったです (^^;)

冒頭から「PDK、PDK」言ってるけど、ポルシェ・ドッペル・クップルングの略でして、ツインクラッチってこと
なのですな。継ぎ目無くシフトしていく2ペダルマニュアルのこと。
アウディのTTクーペに乗っていた時に体験していたから良くわかっているけど、ポルシェのはどうか?
もちろんシームレスなまでにシフトアップするし、巡航時からの加速も瞬時にキックダウンして加速に入るし、
パドルシフト(OP)でもティプトロでも操作すれば瞬時に変速をする素晴らしいモノ。
しかも7速もあるんですよ、お客さん。1〜6速まではクロスしてて、7速は高速巡航用ですと。

シフトダウン時のブリッピング音は、TTよりも荒々しい(ポルシェらしい)音を奏でてくれる。
まわりの人は「いちいちうるせーなぁ」って思うこともあるかもねくらい。
スポーツプラスモードで低速走行すると、さすがのPDKもギクシャク感は満載だよ。
それとPDKではコースティング状態、いわゆる巡航空走時になると自動でニュートラル状態になって
エンジン回転もアイドリングレベルになって空走してくれる。
自分もよくやるけどマニュアル車で、ニュートラルシフトにして惰性だけで走ってる状態になる。
走ってて、インパネ3眼メーター中央のタコメーターの針がストンと落ちるから状態がわかり易い。

インパネにはうるさい私としましては合格点を差し上げよう。
3眼の左から300km/h(ボクスターは280km/h)まで刻まれたスピードメーター。
中央は7,600rpmからレッドゾーンのタコメーター。下にはシフトポジションやデジタルスピード表示(これ大事)。
右は変形丸形4.6インチ液晶ディスプレイがあって、様々なデータを表示できる。
4輪のタイヤ空気圧表示(OP)や、Gセンサー表示など各種車両情報が表示されてました。

そして暫くたって改めて気づいたよ、エンジンが後方にあることを。エンジン自体はあまりけたたましくないので
気づかなかったけど、さすがに全開加速すると存在感あるねぇ☆

そしていよいよオープン走行に。
60km/hまで可能な走りながらの幌をジャジャーン!と全自動で開け、庶民にポルシェを大アピール。
元S2000乗りとして周囲の目は一切気にならない!この感覚久しぶり。やっぱりオープンカー最高〜!
開閉時間は9秒だったかな。幌の納まりもよく格好いいねぇ!
幌を開けると排気音、エンジン音共によりダイレクトに聴こえてくるのが、また心地良い。
しかし座席後方の壁が高く感じられ、後方開放感はあまりなかったかな?
元オープンカー乗りの、真夏の昼間以外は全てオープンじゃないとダメ派として嬉しい装備がある。
それはシートベンチレーション(OP)といって、どこからともなく涼しい風が背中から腰にかけて吹いてくるのだ。
これじゃったら1年中雨の日以外オープン宣言じゃーっ!
冬こそオープンカー派の自分には嬉しい、シートヒーター(OP)だって、ステアリングヒーター(OP)
だってあるんだから、もう。
あ〜、次はまたオープン2シーターかなぁ〜・・・って。

今回ワインディングを走ってないんで、誤解も含まれてると思うけど、1,390kgの車体に2人乗車、
ボクスターSなので3.4リッターの360Nmのトルクにしては、走りが軽くは無かったかなぁ。
重くはないけど、軽快ではないような。
ミッドシップによるコーナーリングの回頭性の良さも味わう事なく、試乗を終えた感じになっちゃったけど
なんとも、もうちょっと乗ってみないとわからないもんだぁね。
終始、初の左ハンドル車による右寄り走行に注意してた気がするし、その中で営業マンとのトークをしながらも、
全身を研ぎすませて感じ取った感想だから、コレっぽっちなもんで許してくだされ。

試乗を終え、格好良いクルマの第1条件である降りづらいクルマを降りて改めて車体を眺める。
リアにかけてボリューミーなラインからのテールランプ一体型のダックテールが実にセクシーだ。
ライト類も全てLEDだし、120km/hになると跳ね上がるウイングも格好良い!
顔は相変わらずの両生類チックだけど、パナメーラっぽくなってる。
サイドからリアがニューボクスターのハイライトだろう。
内装やスイッチ類はカレラとほぼ同じ配置とクオリティさがあって、より上級にシフトした感じです。

営業も見積もりなど作成しようともせず、黙って「このカタログやるから、とっとと帰れ」的に
(もちろんそんな待遇は受けてませんよ!)「何かありましたら、ご連絡下さい」と言われただけで、
こちらの情報も取られずに、おずおずと帰ってきました。
高級外車ディーラーともなると、そんなもんなんすかねぇ?それとも客を見てるんでしょうかね?

以上、場違い筋違いの珍乗記でした〜。

by ymgchsgnb | 2012-07-19 15:20 | test ride | Comments(2)
Commented by ぽるちゃん at 2015-01-13 15:11 x
ポルシェボクスターではないのですが、ケイマンSを購入しようか迷い・・試乗しました・・が、正直言って・・走りが重い! おまけに車高が低く段差や坂道のアプローチで気を使わなければならず・・メンドクセ~・・というのが感想でしたね!
速いは、速いのですが、BENZのAMGやBMのMに比べると・・少々落ちる気がしましたよ~・・
結局 SLKのAMGにしました~
Commented by ymgchsgnb at 2015-01-14 01:17
ケイマンSでも重く感じるんですね〜。もっと軽快な印象でしたけど「重厚」とでも言った方がいいんでしょうか?(^_^;)

SLK AMGですか〜羨ましい・・・。


<< soil      白駒池周遊トレッキング(6) >>