Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 14日

北岳 ◯皆既月食観測登山(3)

八本歯のコルで満足に休憩を取らなかったのがいけないのか、バテが続いていた。
コルからの登りがまだまだキツイのだ。支稜線と言っても登りが多く、階段梯子とゴツゴツとした岩場が多い。

そんな道を30分程進むとトラバース道分岐点がある。これは主稜線に行かずに北岳山荘へ直接向かう近道の分岐点。
この日は北岳の山頂は踏まず北岳山荘へ向かい、チェックインして荷物を置いてから間ノ岳を目指そうと思っていたので
トラバース道へと向かっていった。
トラバースなのでキツイ登りはもう終わり、逆に北岳山荘へ向けて下ってゆく。
しかしこの道、見た目がちょっと危険。断崖に丸太の階段梯子がかかっていたり、手すりがあったり。

30分ちょっとで北岳山荘の目の前までやってきた。13時の到着でした。
この山荘は建築家の黒川紀章デザインの山小屋だけあって、外観が独特なデザイン。
でも中身は普通の山小屋って感じで、黒川デザインな感じは全くしない。玄関ドアだって重く鳴いてたしね。

チェックインは早い方だろうか、まだ数人の先客しかいなかった。
北アルプスの山小屋と違って1泊2食で8,700円は比較的安い。「間ノ岳」という大部屋に通されると、
まだガラガラ状態だったが、すでに一人で寝ていた先客のすぐ横から詰めっ詰めの布団を指定された。
さて間ノ岳はどうするか?13時現在で夕食が17時。行って来いするには時間はちょうどだが、先輩と話した結果
バテもあったし、睡眠不足でもあるので、敢えなく間ノ岳は諦めた。いつかまた泊まりで来た時に、白峰三山を
農鳥岳まで縦走して奈良田へ下りる計画を立てよう。

山小屋周りを少し散策&撮影した後は、夕食まで昼寝をすることにした。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 7D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM>
トラバース道
f0157812_759721.jpg

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
北岳山荘(2,900m)
f0157812_759382.jpg




八本歯のコルからは、こんな岩場がつづく
f0157812_8156.jpg

f0157812_813956.jpg
f0157812_85432.jpg

<Canon EOS 7D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM>
f0157812_853354.jpg

13時山荘に到着
f0157812_85467.jpg

<Canon EOS 6D >
EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_862692.jpg

まずは前室で宿泊利用申込書を書く
f0157812_87854.jpg

大広間「間ノ岳」
f0157812_88359.jpg

どの部屋からも富士山が見えるオールフジビュー
f0157812_884573.jpg

売店
f0157812_89381.jpg

北岳と北岳山荘
f0157812_89558.jpg

全ての窓は富士山に面している黒川デザイン
f0157812_8101331.jpg

主稜線から中白根山と間ノ岳
f0157812_8105379.jpg
f0157812_8111487.jpg

南アルプスの女王「仙丈ヶ岳」
f0157812_8114534.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
八本歯のコル
f0157812_814683.jpg

中央アルプス千畳敷カールが見える
f0157812_813431.jpg

そして富士山ど〜ん!
f0157812_8142753.jpg


by ymgchsgnb | 2014-10-14 08:00 | outdoor | Comments(0)


<< 北岳 ◯皆既月食観測登山(4)      北岳 ◯皆既月食観測登山(2) >>