Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 10日

試乗記 〜 MAZDA CX-3 XD Touring 〜

「ひと昔前のMAZDA車では、想像もできなかったですよ〜」
「素晴らしいクルマをお売りできるので幸せですね〜」
近所のディーラーの営業課長の言葉である。これ、実に心の奥から出た言葉であろう。
それだけMAZDAは「(生まれ)変わった」のだと思う。

CX-3のデビューナイトイベントへの参加を応募して、幸運にも当選し、当日仕事で行けなくなるほど
このクルマに惚れてしまっていた。
先日デミオに試乗しまくったのも、プラットフォームを共用しているこのクルマを見据えてたからに他ならない。

今回の試乗にあたっては、心持ちがただの試乗ではない。なぜなら真剣に購入までを見据えているから。
そして試乗をするなら、悩みどころでもある「FFかAWDか」「AT車かMT車か」、本当ならそれぞれを
乗り比べてみたい。アポなしで近所のディーラーへ行ったにもかかわらず、AT車とMT車両方の試乗車の
用意があったのは幸運だった。残念ながらAWDはディーラーサイトで検索しても県内にはなかった。
AWDは寒冷地メインなのだろう。

しかしこのCX-3、MAZDAは相当力を入れていることが窺える。発表前なのにディーラーには3台も展示車が
用意してあったし、豪華なデビューイベント、さらには大量出稿のネット広告と、オーナーに車両価格に隠された
多額の広告料を支払わせる気なのだろうかと心配になる。

それでは、下記より試乗記をご覧いただきたい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 6>
f0157812_17434498.jpg




何度も言っているクルマ選びのポイントは、デザインや価格は当然として「車重」「トルク」「燃費」など
マニアックなところに及んでくる。
しかしまず何故にこのクルマがビビビッと来ているかと申しますと、元々若い頃はハイラックスサーフや
CR-Vと言ったアウトドア方面のクルマに乗っていて、大人になって軽量コンパクトで高効率なスポーツカーに
シフトして行った経歴がある。
そこにここ数年来の筆頭趣味でもある「山登り」をこじらせて、冬期登山をするまでに及んできた。
3シーズンの山登りだけであったなら、今のCR-Zで申し分ない。ひとりで山へ行くのがほとんどだし、
ハイブリッド車ならではの燃費も、距離を走るからには助かっている。
それが、冬山への誘惑に囚われるとスタッドレスを履いた四輪駆動が必須になってくる。
しかも3〜4人で行く登山も愉しいだろう。それには使える後席が必要不可欠なのである。
そんな揺れ動く「男心」の前に現れたのがCX-3なのだった。

ただのSUVでは、デカくて燃費も悪くデザインも無骨で高価。CX-3はと言うと、コンパクトで燃費も良く
デザインも秀逸で、手を出せない価格ではない。これに尽きるのだ。

ではもう話しが早い、AWD仕様は確定だ。そこに最近MAZDAはi-ACTIV AWDを発表した。
マツダは本気で「FF車よりも燃費の良い四駆」を作ろうとしている。CX-3のFFとAWDでカタログ燃費に
あまり差がないのがその証拠。
機構としては珍しくないパートタイム四駆だけど、路面付近の温度やドライバーにもわからない車輪の回転差、
ワイパーの動き、斜度、加速Gなど27ものセンサーの情報を200分の1秒ずつセンシングしている超カシコイものだそうだ。
滑ってから後輪に駆動を伝達する普通のオンデマンド式ではなく、滑る前に駆動を最適化しているんだって。
それでいて高効率を追求しているから燃費が良いらしいのだ。
AWDは車重も増えるし、燃費が悪くなってしまうと言う「ネガ」を極限まで排除している。素晴らしい。

前置きが長くなったが、試乗記はここから。まずは試乗した順にAT車の感想をば。
乗った感じはデミオよりやや高い着座位置だけど、SUVとしては低い部類だろう。地を這うような低重心なクルマこそ
正義と思ってきたが、これは仕方がない。車体感覚は掴みやすいけど、フロントの見切りはわかりづらかった。
ディーゼルのアイドリング音は静か。走り出しの微低速域でカラカラ音が気になる程度。走り出してしまえば
その音はまったくと言っていいほど気にならない。
このCX-3、エンジンラインナップがディーゼルのみなのだ。他がハイブリッドや電気を開発してる間に
コツコツとディーゼルをやってきたことが、今ここに開花している。
山坂道を走った訳ではないから、トルクフルな感じは存分に味わえないが、出力は相当期待できるだろう。
気になったのは低速域からの加速にもたつきを感じたこと。SKYACTIV- DRIVEのミッションはほぼ全域で
ロックアップして、高効率なはずなのに、あのもたつきはどこに由来するものなのだろうか?
キックダウンの制御がまだ学習されてないからなのだろうか?シングルターボゆえなのか?
ちょっとした不安要素はあるが、ATは圧倒的に楽に運転できるからいい。
それと燃費に貢献するキャパシターのi-ELOOPや、ディーゼル独特のノック音を打ち消す世界特許ナチュラル
サウンドスムーザーはAT車のみ装備することができる。なんでMT車には付けられないのだろう??

お次はMT車に乗り換えての試乗だ。これが本命かなと思う点は、やはり燃費を追求してしまう自分の性(さが)だろう。
今まで乗ってきたスポーツカーと比べれば、ポジションはやや低く手前に配置されたシフトノブではあるけど
SUVにしてはまぁまぁショートストロークだし、さすがロードスターやRX-7を持っている会社だなと思った。
コクコク入って気持ちの良いシフトフィールでもある。走り出しから感動するのは、まったくエンストの怖れが
ないこと。余裕のトルクからか、クラッチミートは実にイージーだ。気になるのはクラッチペダルを戻した際
やや手前に来過ぎることくらいか。走っての感覚は、デミオのMT車試乗の時に話しは戻るが、デミオはギア比が
1速と2速が離れ過ぎていて、全体的に好感が持てなかった印象だったのに、CX-3に関しては全くその気配は無かった。
実は事前にギア比を調べていて、最終減速比の違いはあれどデミオのそれとは違い1速がそこまで長くないとは
わかっていた。そのギア比とトルクのおかげで、とてもイージーなMT走行が愉しめた。
軽量コンパクトのSKYACTIV-MTは燃費への貢献度も高いので捨てがたい選択肢ではある。まだまだ悩みたいところ。

ボディやサスペンションのことは、あまりに短い試乗走行なのでよくわからないと言う感想が正直なところ。
それでも「悪くない」と思った。「良し悪し」に言及できる程走っていない。加減速やコーナーなど
普通に申し分なく心地よかった。SUVの高重心感は無いし、安定していた。

ここで「トルク」や「燃費」について話したい。重要なことだから。
CX-3のディーゼルエンジンはデミオと同じ1.5リッターエンジンだ。しかし27.5kgmとデミオよりトルクが太い。
AT車比で2.0kgm、MT車比で5.1kgmもCX-3の方が太いのだ。ガソリンエンジン車の3リッタークラスくらいの
トルクがあるし、しかも実用の1,600〜2,500rpmの低回転域で発生させているのが素晴らしい。
デミオではなぜかAT車とMT車で差をつけてたトルクがどちらも一緒。
それぞれのカタログ燃費と車重に関して言うと下のようなことになる。

2WD AT車 23.0km/L 1,260kg
2WD MT車 25.0km/L 1,240kg
AWD AT車 21.0km/L 1,330kg
AWD MT車 23.4km/L 1,300kg
(ちなみにi-ELOOP仕様車の燃費は無視している)

これらの実用燃費が実に気になるところだが、それは徐々にネットで明らかになってくるのを待とう。
このCX-3、AT車もMT車も価格が同じ。燃費と愉しさを追求すればMTだけど、イージーさとリセールバリューを
考えたらATかなと。まだ買ってもいないのに何言ってんだか。。
デミオと違ってMT車でもAWDを選べるところが、さらに悩ましくさせるよね。ATかMTかは、まだまだ悩み続けよう。

それと、デミオの共用パーツの多いCX-3だけど、質感の高さは言うまでもなく抜群!
デミオより大幅に高額なクルマだけに、質感はさらに良くなってます。
でも最上級のL-Packageの本革シートはデミオの方がまだマシかな。白い本革シートが冷たい印象を受ける。
唯一良いと思ったのは、ドアの内張りがステッチの入ったスエード調の内装でとても良い。
本命の中間グレードXD Touringは、黒い内装がシックで赤いパーツがキラリ☆と映えてカッコいい。
アウディ顔負けの赤いリングのエアコンの送風口はオシャレ過ぎる。
嬉しいのはバックモニターが標準装備されていて、マツダコネクトの画面で後方が見られることだった。

帰ってプライスシートを見ていて気づいたことがあった。これは営業も見落としてた点だろう。
最上級グレードには標準装備されているシートヒーター。あれば素敵だけど、最上級グレードには手は出せないし
前述した通り白い本革シートは好きになれない。ところがである、AWD仕様には中間グレードにも、
シートヒーターが標準装備されているのだ!これはAWDが寒冷地で選ばれるからのことだろう。
これで決まったことは、AWD仕様で中間グレードのXD Touring
あとはMTかATか。そしてカラーだろうか。そして、購入時期はいつか?10月の車検までには答えを
出せねばならないだろう。来シーズンの冬山を楽しむためにも・・・。

【朗報】2月までだったクリーンディーゼル補助金が9月まで延長したとのこと。
デミオは3万円くらいしか補助されなかったらしいのだが、CX-3だと10数万円!補助されるらしい。
AWD仕様分は取り返せないけど、これは助かる制度である。是非予算が枯渇する前に補助を受けたいものだ。


by ymgchsgnb | 2015-03-10 08:00 | test ride | Comments(0)


<< 早春の鎌倉アルプス縦走記(1)      八ヶ岳お気楽スノートレッキング(5) >>