Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 06日

日本三大花火大会「長岡の花火2017」(3)

長岡の花火のイメージとして「幅広な打ち上げ」というのがあった。
それはフェニックスという花火のことだった。
この花火は2005年に新潟を襲った水害、豪雪そして中越大震災の復興を願って打ち上げられた超ワイドスケールの花火で
信濃川河川敷に設置された約2kmの幅の打ち上げ場所(今年は9箇所)からの長岡花火の目玉だ。
震災復興の応援歌として新潟県民のリクエストが一番多かった平原綾香のデビュー曲「Jupiter」がテーマになっている。
しかもその音楽に連動して花火が打ち上げられるのだ。

それが一番愉しみでもあり、その花火を撮るためにこんな遠い高台にやって来たのだ。
会場近くではそれは相当な大迫力だろうけど、その打ち上げ幅から至近距離では全貌を眺められることは難しいだろう。
なのである程度の距離感が必要なのだ。
今回来てみて思ったけど、この5kmという射程距離が限界かも知れない。
300mm以上の望遠レンズを用意すれば、より遠いところからの撮影も可能だが、あまり離れても意味がない。
もし来年以降また訪れることがあったら、もう少し近場の撮影スポットを検討してみたい。

隣りの見物客がラジオを聴いてくれたおかげで、音楽とともにフェニックスの感動に浸れたけど、やはりラジオは必須だった。
これが音楽無しだったら味も祈願も感じられない。しかも15秒以上も音が遅れて届く距離だ。
長岡市は最も震災の被害が出た山古志村を編入した自治体だ。震災復興の祈りが直に感じられ、曲と共にフェニックスが
終わった時は、自然と目頭が熱くなっていた。
隣りのおっちゃんも「平原綾香のこの曲がいいんだよねぁ〜」としみじみしていた。

この「Jupiter」という曲が改めて良い曲に感じられ、今こうしてブログを書きながらiTunesで再生して聴いている。
あの花火の感動を思い出し、また涙がチョチョ切れて(死語)しまう。
(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM>
復興祈願花火「フェニックス」
f0157812_20505253.jpg

最後に打ち上げられるこの花火が「不死鳥」の形をしている
f0157812_19180149.jpg





f0157812_19180001.jpg
f0157812_19190235.jpg
f0157812_19190312.jpg

圧巻の光景だった・・・
f0157812_19190434.jpg
f0157812_19190461.jpg
f0157812_19190591.jpg
f0157812_19190503.jpg
f0157812_19190663.jpg
f0157812_19190671.jpg
f0157812_19195297.jpg
f0157812_19195312.jpg
f0157812_19195391.jpg
f0157812_19195355.jpg
f0157812_19195403.jpg
f0157812_19195417.jpg
f0157812_19230661.jpg

後に残るのは感動と大量の煙・・・
f0157812_19195514.jpg


by ymgchsgnb | 2017-08-06 19:00 | photo | Comments(0)


<< 日本三大花火大会「長岡の花火2...      日本三大花火大会「長岡の花火2... >>