Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2013年 06月 05日 ( 1 )


2013年 06月 05日

みちのくひとり旅 〜 盛岡 〜

この日は朝から喜多方ラーメン、稲庭うどん、横手やきそばと麺三昧で来ている。
ここは当然夕食も麺で行かなければ、この日は終われない。
盛岡には三大麺というものがあって、わんこそば、冷麺、そしてじゃじゃ麺がある。
実はこの旅、当ての無い旅とは言いつつも、東北へ趣くなら盛岡で「じゃじゃ麺」を食べてみたい!
そんなコンセプトがあったのだ。だから夕方に盛岡を目指してたし、迷わず元祖店の「白龍(パイロン)」を目指した。

岩手県庁と盛岡城址公園の間にある、50m四方ほどの雰囲気ある一角のど真ん中に白龍はあります。
夕方だけにサラリーマンや学生で混雑しています。テーブルがいくつかと幅の狭いカウンターがあります。
カウンター席についてメニューを見ると、ぎょうざ以外まったく想像できないものばかり。
じゃじゃ麺が何かもよくわからないまま、何の予備知識も入れず訪れたので、とりあえず「じゃじゃめん(中)」を注文。
数分後出されたのは、幅の狭いきしめんのようなうどん?にきゅうりが散らしてあり、濃い色の肉味噌が鎮座している。
ちょうど自分の目の前にじゃじゃ麺の食べ方が書いてあったので、それを参考にやってみる。
酢を入れる → にんにく、ラー油を入れる → 肉味噌と、はじめから皿に添えてあるおろしショウガを交ぜる。
それらをひたすらに交ぜるのだ。2〜3口食べた感想はどうか?
味噌は見た目通りしょっぱい。隣りのサラリーマンが味噌を追加していて驚いたが、特別美味しいとは思えなかった。
お腹が空いてないからかなぁ?ちなみに添えてある真っ赤やつは紅ショウガね。

ところでメニューにある「ちいたんたん」って何だ?しかも50円って!
よく見るとちいたんたんの食べ方も書いてあったが、よくわからなかったので隣りのサラリーマンをマネてみた。
じゃじゃ麺をほぼ食べたところで、テーブルに無造作に置いてある生卵を皿に割り入れる →
卵を執拗なまでに溶く → 箸を添えて皿を店員に差し出す → するとゆで汁とネギを入れてもらい、かき玉汁のようになって
改めて出されるのだ。ちいたんたん(玉子スープ)とも書いてあった。
少し残った味噌をスープに溶かし、熱々を飲み干して〆るのが通例のようだ。なるほど。

ここまでじゃじゃ麺初心者とはバレずに振る舞えたかな?カメラバッグ抱えてた時点でよそ者感満載か(笑)
そして問題は会計だ。たぶん普通に「ごちそうさま〜」と言えばお代を言ってもらえるのだろうが、
他の客のお会計のやり取りを盗み実践してみた。
それは、常連を装い、店員に向かって「中のちん」と言ってみた・・・「550円でーす」と店員が言った。通じた!
店を出る背中は、完全に常連客だった・・・(だろう)
また改めてじゃじゃ麺食べに盛岡に来たいな。わんこそばもやってみたいし、冷麺は前に食べてるけど、
発祥店に行ってないからね。あ〜、盛岡今すぐにでもまた行きたいよホント。じゃじゃ麺もまた食べるだろうな。

このあと盛岡の広くて混雑してない、なかなか良い日帰り温泉施設でゆったりした後、三陸へ向けて
岩手の山道を横断して行った。途中暗黒の道の駅「やまびこ館」で車中泊して、翌朝は東日本大震災の
被災地を南下してゆく。ここからはお気楽グルメドライブとは行かない。心して走ってみたいと思った。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_19331296.jpg
f0157812_19332399.jpg


More・・・・・あと4枚、じゃじゃ麺の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-06-05 12:00 | foods | Comments(0)