Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年 12月 17日 ( 1 )


2016年 12月 17日

試乗記 〜 MAZDA ロードスターRF VS 〜

ソフトトップのロードスターに試乗した直後に、今度はハードトップのロードスターRFに続けて試乗です。
これなら素人の自分にも「違い」がわかりやすいだろう。

「RF」はリトラクタブルファストバックの略であり、先代までの「RHT(リトラクタブルハードトップ)」とは
呼び名が違う。
ハードトップをソフトトップ同様にトランク容量を犠牲にしないで格納させようと試みたらしいが
さすがにハードルが高かったようで、無理に押し込んで出っ張るよりも、ファストバックスタイルにして
デザインを美しくした方が得策なのでは?となったようだ。
「やっぱり押し込められなかったかぁ」と発表当初は思っていたが、オープン時もクローズ時も同様の
ルーフの滑らかな美しさが存在するファストバックに、今では賛成票を投じたいと思っている。

ソフトトップ版との差異は、大きなところではエンジンの排気量が500ccアップの2リッターになっている点。
ファストバック機構とエンジン容量のアップによる重量増は最大140kg。
試乗車したモデルで比較すると、RFはAT車だったので110kgだ。AT車にはi-ELOOPを標準装備しているので
それによる重量増の約20kgも含まれる。
ついでにi-ELOOPとは何か説明すると、ハイブリッド車にあるようなニッケル水素やリチウムイオンのような
化学反応を利用した二次電池ではなく、キャパシタと言われるコンデンサーなので、減速エネルギーを
電気のままの状態で瞬時に充放電可能なもので、資料によると7〜10秒の減速で満充電し
60〜80秒電装系に供給できるという。それによりオルタネーターによるエンジンの負荷が軽減され
燃費が良くなるというもの。
CX-3にもオプションで装備できたが6、7万円くらいしたし、1km/L未満程度しか燃費改善が見込めない
ようだったので、費用対効果を考慮して装備しなかった。

話しがやや脱線したが、試乗の感想を述べるとしよう。
試乗したモデルはロードスターRF VSという松竹梅でいう「竹」のグレード。価格は約360万円。
高っいね〜、買えないね〜。それでは試乗記は下記リンクからどうぞ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_09131369.jpg


More・・・・・MAZDAロードスターRFの試乗記はコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2016-12-17 12:50 | test ride | Comments(0)