Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:travel( 200 )


2017年 10月 09日

中国大返しツアー(姫路城)

何度か出張で来たこともある津山市。山田養蜂場とか近くにあるんだよね。
津山ホルモンうどんとか食べたかったけど、胃の中はTKGでぐるぐるしており今は無理。
ついでに津山城とか寄ってみたけど、有料だし現存天守でもないのでケチって踵を返す我ら。

そこからは出雲街道を南東へひた走り兵庫県入り。途中たつの市では「揖保乃糸」や「ヒガシマルがあったり工場見学をしたかったが
アポなしでは行けなかったし、時間もなかった。

姫路まで来たら世界遺産でもあり、現存十二天守姫路城へ立ち寄らない訳にはいかない。
公私にわたって何度か来ているが、初めての隊員もいるので訪れてみた。隊員唯一の雨男が、必ず旅の一部を雨にするので
生憎の空模様だが傘を差しつつ歩くことにした。
数年前に平成の大改修が行われ、白鷺城の異名の通り真っ白な当時の状態になった。以前改修後すぐに訪れた時はもっと真っ白だったが
今でも十分に白く綺麗で、世界文化遺産に相応しい佇まいを見せていた。
入城料が1,000円と世界遺産価格だったので二の足を踏んだが、津山城よろしくケチって踵を返すという暴挙に出た。
あくまでも私たちの旅は「ケチ」を徹底するのだ。相手が姫路城であれ、こちらの姿勢は崩さない。
白亜の城をバックに記念写真も撮れたし、また西国を訪れることもあろう。その時はさらに公開されてる場所も増えているはず。
その時を愉しみに、この日は帰京モードに入った。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
世界遺産「姫路城」
f0157812_12463623.jpg
f0157812_12463523.jpg


More・・・・・あと7枚、姫路城と津山城の写真がちょこっとあります

by ymgchsgnb | 2017-10-09 09:00 | travel | Comments(2)
2017年 10月 07日

中国大返しツアー(備中高松城・吉備津神社)

旅の最終日(3日目)は稲荷山健康センターのすぐ近くに備中高松城からはじまる。
石垣ではなく土塁に築城された城で、周囲に広がる低湿地が堀の役割をしていた。

この旅のタイトルは「中国大返しツアー」だが、これはただ単に神奈川から瀬戸内を巡り、一気に引き返すことで名付けたものだが
本来は、ここ備中高松城で起こった出来事によるものである。
それは、羽柴秀吉が織田信長の命により中国攻めをした際、ここで毛利勢の清水宗治と戦ったが、湿地帯により攻めあぐねていた。
そこで軍師・黒田官兵衛の策により堰堤を築き、足守川の水を引き入れ水攻めをして城を水没させた。
ところが、ここで本能寺の変が起こり、清水宗治を切腹させると秀吉軍は明智光秀を討つべく一気に近畿へ引き返した。
これが世に言う中国大返しなのだ。
朝6時半頃健康センターを出発し、その現場になった備中高松城へ来てみると、今は公園になっているが相変わらずの湿地であり
清水氏の名が付いた宗治蓮が植わっている。石垣もないので城感はまるでないが、付近に堰堤の痕跡などがあるという。

その後、またすぐ近くにある吉備津神社へも寄ってみた。
創建年代が不詳ってだけでロマンがあり、神話の時代からあるようだ。
第8代孝元天皇の兄弟である大吉備津彦命が主祭神であり、281歳まで生きたとか完全に神話のことで史実とは程遠い。
桃太郎のモデルだとかそうでないとか。
ここで見たかったのは廻廊で、いわゆる長〜い廊下だが、自然の地形に沿って造られており、そこを見て歩きたかった。
長い分、瓦や柱も多く、幾重にも連なる梁も見事だった。

ここまで朝の観光を終えて8時前、朝食を食べにあるところに向かうのだった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
備中高松城・清水宗治の首塚
f0157812_14561177.jpg

吉備津神社・廻廊
f0157812_14561227.jpg


More・・・・・あと21枚、備中高松城と吉備津神社の朝の観光写真があります

by ymgchsgnb | 2017-10-07 08:00 | travel | Comments(2)
2017年 10月 05日

中国大返しツアー(錦帯橋)

岩国の山あいを流れる錦川に錦帯橋は架かっている。
れっきとした観光名所なので入橋料300円のがかかる。明治になるまで庶民が渡ることはできなかったので仕方がない。

この橋が錦川に架けられたのはできたのは江戸初期。岩国城が山の上に築城され、城下町とをつなぐ橋だったようだ。
洪水などで何度か架け直されていているが、今の橋は21世紀になってから架け替えられたものだ。

渡ってみると思いの外傾斜がキツく感じたのは超寝不足ゆえだろう。晴れてきて気温も上がり、名勝地の素晴らしさと体調が反比例していた。
階段の段差は小さく、よそ見をしていると下りの段差に気づかず慌てた。

錦川で鮎釣りをしている釣り人に風情を感じる。そんな景色を見下ろしながら、渡りきって川岸へ下りた。
下から橋の裏側を見上げると、見事なまでの木組みが素晴らしい。まさに匠の技術で、伝承してゆきたいものである。

ロープウェイに乗って岩国城までは上がらなかったが、その後土産売り場を流し歩くなどして時を過ごしたのだった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
錦帯橋
f0157812_11410669.jpg
f0157812_11420588.jpg


More・・・・・あと14枚、錦帯橋での写真がありますぜ

by ymgchsgnb | 2017-10-05 08:00 | travel | Comments(2)
2017年 10月 03日

中国大返しツアー(獺祭ストア本社蔵)

さて、獺祭の製造ラインを間近で丁寧に見学させてもらったあとは、再び獺祭ストア本社蔵へやってきた。試飲はストア内で行われる。
酒造メーカーの試飲って、古い酒蔵の中の樽から直接あの青い的が書かれているお猪口で飲むイメージだが旭酒造は違う。
隈研吾デザインによるモダンな佇まいで、中は白い木と和紙が基調になっていている。そんな場所で試飲が行われる。
光に溢れる席に着いて待っていると試飲の用意がはじまる。試飲は300円で、当然ドライバー(私)はできないので
「獺祭アイス」を買って食べて紛らわす。

試飲メニューは獺祭 純米大吟醸磨き二割三分、獺祭 純米大吟醸磨き三割九分、獺祭 純米大吟醸50の3種だ。
つまり精米歩合23%、39%、50%ということ。精米歩合の多い二割三分から順に試飲してくれと言う。
まず二割三分を試飲すると「水みたいだ!」「スルっと入ってくる」「全然違う!」と異口同音の感想。
三割九分を飲むと「美味しいけど、二割三分と全然違う」と。50は「はいはい、これは普通のいわゆる日本酒だね」という感想だった。
それぞれ全く違う特徴と風合いがあるそうな。へぇ〜。

試飲が終わりその後の時間は、お土産タイムに移行。ストア内では日本酒はもちろん、獺祭焼酎とか獺祭煎餅やら獺祭バームクーヘン
獺祭の高級化粧品なんかもある。
試飲できなかった私は熟考の末、獺祭純米大吟醸磨き二割三分の720ml(たしか5,000円)を記念にもなる木箱付きで購入。
計5,400円くらいだった。家に帰ったら酒の飲めない私がテイスティングして、その感想をブログにアップしてみよう。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
試飲セット
f0157812_08253666.jpg

隈研吾デザインの獺祭ストア本社蔵
f0157812_08253766.jpg


More・・・・・あと17枚、獺祭ストア本社蔵での写真がありますよん

by ymgchsgnb | 2017-10-03 09:10 | travel | Comments(2)
2017年 10月 02日

中国大返しツアー(旭酒造)

まず今回は、広島方面に旅をする企画が自分の中で決まった。当然広島の街や厳島神社が思いつく。
足を伸ばせば山口県岩国市の錦帯橋いろり山賊も思い浮かぶ。それで旅の大枠は決まった。
待てよ・・・獺祭(だっさい)って岩国のメーカーじゃなかったっけ?日本酒はもとよりアルコールの耐性すらない自分だが
ここ数年は酒造メーカーなどの工場見学をするのが、旅に必須になってきている。
酒は呑めないけど、買って帰りたい、味わいたいという「欲」が何故かある。

獺祭(だっさい)のイメージって、世界的なブランドを確立した日本酒で、酒造りや販売、品質にこだわりがあるんだろう程度。
「獺祭」で検索すれば旭酒造というメーカーなのだとわかる。やはり岩国市だ。では蔵見学はやってるかな?やってる!
旅の1ヶ月前にサイトで見学の予約をしようとしたら、午前の部と午後の部の1日2回。そして人数制限があり、ひとり200円かかる。
すでに予約が多く、1回にどうも5名という制限があるので、我々は4人だから先約が入ってたらまず無理で、空いてる日を探すと
旅の2日目の午前の部に限定されてしまう。ここで旅の行程を大きく修正せざるを得なくなった。

なんとかスケジュールを組み直し、こうして早朝から厳島神社を観光し、午前の部(午前11時)の予約に間に合わせたのだ。
岩国にある酒造メーカーと言っても、街中や観光名所「錦帯橋」の近くにある訳じゃなく、市街からはかなり離れた山間にあった。
そんな自然に囲まれた土地に突如現れた近代的な12階建ての旭酒造本社。その向かいには獺祭ストア本社蔵があり、そこで受付を済ませる。
時間になるとひとりの従業員がやってきた。普通工場見学って、それ専用の案内人やコースがあるものだが、ここは普通の若手の従業員だ。
想像するに、普段酒造りに従事してる従業員が持ち回りで案内してるのだろう。だって案内が一生懸命だったけど、辿々しかったもん。

そして見学コースが本格的というか普通じゃない。こりゃ少数じゃないと見て回れないよというコース。
まずは本社2階で獺祭ができるまでの説明があり、その後靴を履き替え白衣を着て、手洗い&エアシャワーを経て、いよいよ内部に潜入。
行程には精米、洗米、蒸米、製麴、仕込、発酵、上槽、瓶詰の8つがあり、それぞれいくつかのフロアに分かれている。
精米は離れた工場でするのと、製麴(せいきく)という米に麹を根付かせる行程は見学できないが、それ以外は全て間近で見させてくれた。

詳しくは下の写真で紹介するが、印象的だったのは社員の平均年齢が20代半ばと非常に若いことと、杜氏が酒造りをしているのではなく
全て綿密なデータ管理で造られていることだった。
そして蔵見学のハイライトである試飲だが、これは本社蔵ストアで行われる。ちなみにひとり300円と有料で、当然ドライバーは試飲不可。
そこは酒飲みではない私のいつもの役目さ・・・。(試飲&本社蔵ストア編につづく)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
米が完全に溶け、発酵の行程がほぼ終わっているタンク
アルコールに分解され、二酸化炭素を吐き出し呼吸をしている
f0157812_21380701.jpg

本社蔵
最上階は会長の自宅
f0157812_21380768.jpg


More・・・・・あと16枚、旭酒造での獺祭が生まれる行程を見学している写真があります!

by ymgchsgnb | 2017-10-02 08:00 | travel | Comments(3)
2017年 10月 01日

中国大返しツアー(宮島口)

観光客が押し寄せはじめるタイミングで、我々は逆に宮島を後にした。

宮島口へ戻ってくると、土産物屋もオープンしつつあったが、腹ペコな我々は美味しいパン屋さんがある情報を嗅ぎつけた。
海辺の手作りパン屋さん「エッフェル」はフェリー乗り場近くの土産物屋と軒を並べた絶好の場所にあった。
素朴な普通のパン屋さんといった構えで、ちょうど朝のパンが焼きあがってるタイミングもあって、これにて朝食とする宣言。

買ったパンを店内の小ぢんまりとしたイートインスペースで頂くのもいいが、我々は店の外のテーブル席で頂いた。
私が食べたのはまん丸の揚げたてカレーパンと、BLTトーストだ。
カレーパンはめちゃくちゃ熱くヤケドしそうなまでの揚げたて。中のカレーも柔らかめで辛口だった。
逆にBLTはトマトソースが甘めで、味のバランスが取れた朝食になった。

すぐ近くのもみじ饅頭屋もオープンし、店で焼きたてをバラ売りしてるので1つ頂く。
もみじ饅頭をつくる菓子メーカーはたくさんあって、それぞれ違う味を提供しているが、ここのはこしあんが白あんに近く
焼きたてホカホカしっとりのもみじ饅頭は初めてだった。

三々五々別れて土産を見たり買ったりして次の場所へ移動しようとしたら、名物あなごめしの発祥店うえのもオープンしてたので
無くなり次第終了の弁当を無事このタイミングでゲット。
実際あなごめし弁当は昼前くらいに車中で食べたが、4人でひとつの弁当(あなご1列分)をだなんて1杯のかけそば気分だね。
1つ2,000円するし、お腹もいっぱいだったからね。。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
エッフェルのパン
f0157812_09393671.jpg
<iPhone 7>
あなごめし
f0157812_09393706.jpg


More・・・・・あと22枚、宮島口での写真がありますけぇ

by ymgchsgnb | 2017-10-01 09:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 30日

中国大返しツアー(厳島神社・後編)

厳島神社の順路は東から西へ抜ける。出口を出ると大願寺があるが寄らずに浜に出た。
ワカメなどの海藻が打ち上げられている。空には雲も無くなり、この度随一の晴天になった。
陽射しも暑く夏の海といった様相だ。
晴天の大鳥居をバックにここでも記念写真を撮影した。

帰りは境内を通らずにも帰れるのだが、海水に満たされた状態の厳島神社も見たいので、境内に戻り時を待った。
ちなみに出口からは無料で入れるけど、入口から出る時にチケットを見せないといけないからズルはしちゃダメ。
でも出口から入って、出口から出れば・・・天罰が下るよ。

思っていたより潮が満ちてくるのに時間がかかった。満潮は10時だが、我々には時間がない。
この後の予定が決まっていて時間厳守だからだ。
7時半を過ぎてようやく海水が床下に迫ってきた。その時を同じくして修学旅行生が大勢やってきた。
始発の次の便で来たのか、意外に早かったのでギリギリセーフだった。潮が満ちるより早く彼らが境内に満たされた。
入れ替わるように我々は境内を脱出。難を逃れた。

しかしまだ商店街は営業前だった。数店舗だけでもいいから開店して欲しかったが、方針を変えた。
宮島で営業開始を待つより、宮島口にも少なからず土産物屋があるのでそちらで買い物は済ませるべくフェリー乗り場へ向かった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_16221592.jpg

祓殿
f0157812_16221559.jpg


More・・・・・あと22枚、厳島神社での写真があります!!

by ymgchsgnb | 2017-09-30 09:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 29日

中国大返しツアー(厳島神社・前編)

日本三景は安芸の宮島をもってコンプリートと相成った。
まだ寝静まった商店街ではなく、海沿いの道を歩いてゆく。
神の使者だろうか、鹿が所々にいてフンも大量に散らかっている。それらを掃除するのが商店の人たち朝の日課だろうか。
海沿いのカーブに常夜燈が沿って並んでいる。まだ潮が引いているので、長い砂浜も存在している。
湾に入ると、見る見る潮が満ちてくるのがわかる。フェリーから見えた海岸線は大鳥居の近くにあったが、今ではもう神社へ迫っている。

そしてこの日も世界遺産へやって来た。厳島神社の創建は推古天皇の時代で6世紀のこと。
私の中では、神話と現実の狭間の時代と認識しているが、史実エピソードも数多ある。
今の姿になったのは平清盛の時代で、以降様々な都文化が入り発展していったのだという。
そんな歴史ある国の宝に300円を支払い、有り難く足を踏み入れる。

この日入った初めての観光客が我々なのだろう。ほとんど人はいず、ゆっくりと見て回ることができた。
まだに早起きは三文の徳といえよう。

厳島神社の御祭神は宗像三女人。アマテラスとスサノオによって生まれた三姫だという神話だ。
そう言えば宮島口の地下道にカワイイゆるキャラみたいな3人の女の子が描かれてたな。

そして厳島神社のフォトジェニックは何と言っても、沖合にある大鳥居。インスタ映えするんだろな。
桟橋でそれをバックに記念写真を撮るにも、この時間なら景色を占有できた。
ゆっくり写真を撮ったり、見物したり、御朱印を書いてもらったり各々の時間を過ごした。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
大鳥居
f0157812_15344648.jpg

客(まろうど)神社と五重塔
f0157812_15344569.jpg


More・・・・・あと22枚、厳島神社での写真があります!

by ymgchsgnb | 2017-09-29 08:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 28日

中国大返しツアー(安芸の宮島)

2日目の朝も早い。まだ薄暗い5時には起床し支度して出発。
廿日市までのバイパスはほぼ高速並み。フェリーの始発に間に合いそうだ。
宮島口からのフェリーで最も早いのはJR西日本フェリーで、始発は6時25分。片道180円の往復360円だ。
平日なのでさすがに混雑はなく、観光客は我々も含め10人もいなかったんじゃなかろうか。
生活の足として使っている地元の人と見られる人が大半で、それでも20人もいなかっただろう。

朝の内はまだ雲が多いが、やがて晴れてくるだろう。雲間から朝日がシャワーのように降り注いでいる。
厳島神社大鳥居が徐々に大きく見えてくる。干潮から2時間余りしか経っていないので、大鳥居の先はまだ干上がっていて
島に宿泊していた観光客か、大鳥居の近くの波打ち際に数人見えた。
背後の弥山も雰囲気があり、時間があれば登ってみたい山だ。

宮島口から宮島まではフェリーで10分。6時半過ぎには宮島へと渡っていた。
まだ静かな観光地。表参道の土産店は静まり返っていて、鹿がそこらで草を食んでいる。

我々のようにクルマで宮島で訪れる人は、宮島口での駐車場探しがひとつの課題だろう。
いくらでも駐車場はあるが、フェリーターミナル近くの相場は1日1,000円で、駅向こうの遠い方でも500円以上らしいが
今回停めたのは1日400円。如何にお得に停められるかを下の写真で紹介しよう。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
始発フェリー
f0157812_08294063.jpg
f0157812_08294011.jpg


More・・・・・あと20枚、宮島口でのお得な駐車場紹介写真とフェリーでの写真がありますけんね

by ymgchsgnb | 2017-09-28 08:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 27日

中国大返しツアー(原爆ドーム&平和記念公園)

広島城を後にした一行が次に向かったのは、今は原爆ドームと呼ばれていて、世界遺産に登録されている。
言わずと知れた1945年8月6日午前8時15分、この上空約600mでリトルボーイが炸裂した。
熱線により地表温度は約3,000度、秒速440m以上の衝撃波によって街は消し飛んだが、広島県産業奨励館は爆心地にもかかわらず
これだけの姿を残し、今にその当時を伝えている。

夜景の中でライトアップされ、綺麗で素敵な洋館とも思えてしまうが、悲劇中の悲劇の舞台。
そこには生々しさを超えた世界だったことだろう。
周囲には海外からの観光客も多かった。

元安橋を渡り平和記念公園へ向かいます。
モダンな設計で広がる公園で、昼間は市民の憩いの場なのだろうか。
近年は、オバマ大統領が慰霊に訪れてザワついたね。

原爆死没者慰霊碑には「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と彫られている。
間からは、1964年から燃え続ける「平和の灯」と原爆ドームが見える。ここで記念集合写真をパチリ。

厳かな気持ちをあとに残し、ほど近いホテルへ戻り長い1日を終えた。
数日2〜3時間睡眠が続いているが、夏休みとて睡眠が十分に取れる我々ではない。
旅2日目へつづく。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)
f0157812_12510118.jpg

原爆慰霊碑
f0157812_12510296.jpg


More・・・・・あと13枚、原爆ドームと平和記念公園の写真があります

by ymgchsgnb | 2017-09-27 08:00 | travel | Comments(2)