Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:test ride( 18 )


2016年 12月 17日

試乗記 〜 MAZDA ロードスターRF VS 〜

ソフトトップのロードスターに試乗した直後に、今度はハードトップのロードスターRFに続けて試乗です。
これなら素人の自分にも「違い」がわかりやすいだろう。

「RF」はリトラクタブルファストバックの略であり、先代までの「RHT(リトラクタブルハードトップ)」とは
呼び名が違う。
ハードトップをソフトトップ同様にトランク容量を犠牲にしないで格納させようと試みたらしいが
さすがにハードルが高かったようで、無理に押し込んで出っ張るよりも、ファストバックスタイルにして
デザインを美しくした方が得策なのでは?となったようだ。
「やっぱり押し込められなかったかぁ」と発表当初は思っていたが、オープン時もクローズ時も同様の
ルーフの滑らかな美しさが存在するファストバックに、今では賛成票を投じたいと思っている。

ソフトトップ版との差異は、大きなところではエンジンの排気量が500ccアップの2リッターになっている点。
ファストバック機構とエンジン容量のアップによる重量増は最大140kg。
試乗車したモデルで比較すると、RFはAT車だったので110kgだ。AT車にはi-ELOOPを標準装備しているので
それによる重量増の約20kgも含まれる。
ついでにi-ELOOPとは何か説明すると、ハイブリッド車にあるようなニッケル水素やリチウムイオンのような
化学反応を利用した二次電池ではなく、キャパシタと言われるコンデンサーなので、減速エネルギーを
電気のままの状態で瞬時に充放電可能なもので、資料によると7〜10秒の減速で満充電し
60〜80秒電装系に供給できるという。それによりオルタネーターによるエンジンの負荷が軽減され
燃費が良くなるというもの。
CX-3にもオプションで装備できたが6、7万円くらいしたし、1km/L未満程度しか燃費改善が見込めない
ようだったので、費用対効果を考慮して装備しなかった。

話しがやや脱線したが、試乗の感想を述べるとしよう。
試乗したモデルはロードスターRF VSという松竹梅でいう「竹」のグレード。価格は約360万円。
高っいね〜、買えないね〜。それでは試乗記は下記リンクからどうぞ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_09131369.jpg


More・・・・・MAZDAロードスターRFの試乗記はコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2016-12-17 12:50 | test ride | Comments(0)
2016年 12月 16日

試乗記 〜 MAZDA ロードスターS 〜

今冬は雪が普通に多そうなので、年内にスタッドレスタイヤを交換にしディーラーへ行ってきた。
その待ち時間、試乗車としてロードスターロードスターRFがあったので乗り比べしてきました。

まずはじめに乗ったのはロードスターS レザーパッケージのMT仕様。
4世代目のロードスターは原点回帰で、モデルチェンジ毎に大きくなる通例とは異なり、よりコンパクトに
そしてより軽く、初代のように車重1,000kgを切ってきた。
昨今の安全基準を満たすため軽自動車でない限り1,000kgを切るのは難しいはず。しかしSKYACTIVの賜物か
MAZDAはそれを実現させた。しかし実際1,000kgを切るモデルは、エントリーモデルのMT仕様のみ。

今回試乗したモデルはレザーパッケージのMTなので車重は1,020kg。それでも素晴らしくライトウェイトだ。
見るからにやる気を想起させるロー&ワイドなプロポーション。4代目発表直後の印象は、正直カッコいいとは
思わなかったが、街で走る姿を見る機会が増えてゆく内に、自分が羨望の眼差しで見つめていることに気づく。
元S2000乗りとしては、オープンカー回帰への火種が燃え上がる感覚を禁じ得ないのだ。

試乗記は下記につづく↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_16483669.jpg


More・・・・・MAZDAロードスターの試乗記はコチラからどうぞ!!!

by ymgchsgnb | 2016-12-16 19:16 | test ride | Comments(0)
2015年 03月 10日

試乗記 〜 MAZDA CX-3 XD Touring 〜

「ひと昔前のMAZDA車では、想像もできなかったですよ〜」
「素晴らしいクルマをお売りできるので幸せですね〜」
近所のディーラーの営業課長の言葉である。これ、実に心の奥から出た言葉であろう。
それだけMAZDAは「(生まれ)変わった」のだと思う。

CX-3のデビューナイトイベントへの参加を応募して、幸運にも当選し、当日仕事で行けなくなるほど
このクルマに惚れてしまっていた。
先日デミオに試乗しまくったのも、プラットフォームを共用しているこのクルマを見据えてたからに他ならない。

今回の試乗にあたっては、心持ちがただの試乗ではない。なぜなら真剣に購入までを見据えているから。
そして試乗をするなら、悩みどころでもある「FFかAWDか」「AT車かMT車か」、本当ならそれぞれを
乗り比べてみたい。アポなしで近所のディーラーへ行ったにもかかわらず、AT車とMT車両方の試乗車の
用意があったのは幸運だった。残念ながらAWDはディーラーサイトで検索しても県内にはなかった。
AWDは寒冷地メインなのだろう。

しかしこのCX-3、MAZDAは相当力を入れていることが窺える。発表前なのにディーラーには3台も展示車が
用意してあったし、豪華なデビューイベント、さらには大量出稿のネット広告と、オーナーに車両価格に隠された
多額の広告料を支払わせる気なのだろうかと心配になる。

それでは、下記より試乗記をご覧いただきたい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 6>
f0157812_17434498.jpg


More・・・・・MAZDA CX-3の試乗記はコチラからどうぞ!!!

by ymgchsgnb | 2015-03-10 08:00 | test ride | Comments(0)
2015年 01月 09日

試乗記 〜 MAZDA デミオ XD Touring L Package 〜 ドライブ篇

前回の内外装デザインについての感想に引き続き、今回は走りがどうだったかを綴ってみたいと思います。
この1日試乗で乗ったクルマはデミオの1.5Lクリーンディーゼルターボエンジンを搭載したAT車だった。
ディーゼルエンジンと普通のガソリンエンジンの違いを簡単に説明すると、まず燃料が軽油なので、燃料コストが安いこと。
そして低速トルクが豊かなので、排気量2.5Lクラス以上のトルクが、アクセル踏みはじめから出る。
そんなパワーを出力しながら燃費がすこぶる良いこと。AT車のカタログ値で、ハイブリッドでもないのに26.4km/Lという
数値を叩き出す。
エンジン寿命が長いという長所もあって、数十万km走っても大丈夫だ。
短所を挙げれば、高価なことと重量が嵩むということ。エンジンオイルもちょっと高価になることかな。

走りの感想を語る前に、今回の1日試乗での燃費を記しておこう。
走行距離140kmで、メーター燃費は20.3km/Lだった。
走行条件としては、日曜日の大渋滞や山坂道、高速でのフル加速などが入っているので、平日の郊外への
快適ドライブだったら、25km/L近い燃費を出す自信がある。

では試乗記をどうぞ。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_21424919.jpg
f0157812_21432377.jpg


More・・・・・MAZDAデミオの走りについてはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2015-01-09 12:00 | test ride | Comments(0)
2015年 01月 08日

試乗記 〜MAZDA デミオ XD Touring L Package〜 デザイン篇

昨年メルセデスと競り合って、日本カーオブザイヤーに輝いたこのMAZDAデミオというこのクルマ。
自分的にも大注目の1台で、ホンダ党の自分も今ではMAZDA魂動デザインにメロメロなのである。
いや、すでにMAZDAのファンになってしまっている。日本中を見渡しても、内外装ともに外国車勢に対抗できる
デザイン性を持っているのは、MAZDA車だけであると言っても過言ではないだろう。

今回の試乗は、関東マツダが行っている1day乗りホーダイ!!のキャンペーンに申し込んでの試乗なので、時間、距離ともに
たっぷりゆっくり乗れ、その感想を思いのままに綴ってみよう。
今回は国内随一の洗練された内外装を、そして乗り味走り味は次回とに分けて紹介したいと思う。
まずはデザイン面から!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_1853197.jpg
f0157812_18531721.jpg


More・・・・・MAZDAデミオのデザインについてはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2015-01-08 19:33 | test ride | Comments(0)
2014年 04月 27日

試乗記 〜 HONDA ヴェゼル ハイブリッド 〜

フィット3から派生したSUVモデルがVEZELだ。
もちろんプラットホームはフィットのもので、センタータンクレイアウトや多彩なシートアレンジも共通。
初めて青山のホンダ本社で実車を見たときは、その大きさにちょっと驚いた。
自分も所有していた初代CR-V並の大きさだと思っていたからである。しかし寸法を調べてみると、さして大きくもないのだ。
車重も1,280kg程とギンギンのスポーツカーであるS2000とほぼ同じ。大きさにしては軽く仕上げられていた。
実際試乗してみても、それほど大きさは感じられず、長さもCR-Zのプラス18cmだし、車幅もプラス3cm程度なのだ。
その着座位置の高さから視界が開け、逆に車体感覚が掴みやすいのだろう。

それではいつもの短距離、渋滞路の試乗コースを走った感想を語ろうか。
ちなみに写真は撮ってないので、ネット上にあったものを拝借。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_22265445.jpg


More・・・・・VEZEL Hybridの試乗記のつづきはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2014-04-27 23:15 | test ride | Comments(0)
2013年 12月 25日

試乗記 〜 MAZDA アクセラ ハイブリッド 〜

CX-5のディーゼルから、アクセラのハイブリッドに乗り換えての試乗です。
アクセラに関しては、モーターショーで見て触って、非情に好印象を受けていたので試乗は絶対したかった。
このアクセラの存在があったからこそ、ディーラーに足を運ばせたようなものだ。
微妙な営業マンとともに、アクセラハイブリッドに乗り込む。

その前に、アクセラのハイブリッドって「セダン」しか選択の余地が無いと言うのが、その時点で「なし」だけどね。
アクセラって、ハッチバックだから素敵だなって思うし、何ならホットハッチバージョンもあって良いようなモデル。
何でセダンなの?買う人いるの?いるでしょうけどね。
お荷物のニッケル水素バッテリーがハッチバックでは隠すことができないんだろね。床下収納すればいいのにって思うけど
ダブルウィッシュボーンサスへのこだわりからか、リアの床下には入れられないんだろうね。
ここがホンダとは違う所。ある意味、哲学を貫いていて良いけどさ・・・。

詳しい試乗記は↓をご覧ください。(写真は、MAZDA公式Facebookより)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_1437938.png
f0157812_14374942.jpg


More・・・・・アクセラハイブリッドの試乗記のつづきはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2013-12-25 15:30 | test ride | Comments(0)
2013年 12月 24日

試乗記 〜 MAZDA CX-5 XD 〜

もう発売されて1年以上経過してるんだっけか?
スカイアクティブ以降、特にクリーンディーゼルに試乗したいと思いつつ、なかなか試乗できないでいました。
何度行っても試乗って、恥ずかしいというか、(買う気もないので)申し訳ないというか、慣れたもんじゃない。
今回は自宅から最寄りのMAZDAディーラーへ。月曜の昼下がりなので、営業的にもチカラが入ってない様子。
若手の営業マンが対応してくれました。試乗したい旨を伝えてる段階で、手応えのない印象。
東京モーターショーあとの興奮が、まだ心の片隅に残ってる自分と温度差のある営業マンとの短いドライブの始まり〜。

試乗したのは、CX-5 XDというクリーンディーゼルを搭載した2WDモデル。
詳しい試乗記は↓をご覧ください。(写真は、MAZDA公式Facebookより)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_11571224.jpg
f0157812_11572362.jpg


More・・・・・CX-5の試乗記のつづきはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2013-12-24 13:09 | test ride | Comments(0)
2013年 09月 15日

試乗記 〜 HONDA フィット ハイブリッド 〜

「Fit3」って広告してるよね。フィットが3代目にフルモデルチェンジしたんだよね。
1〜2代目は正常進化って言うかキープコンセプトな感じだったけど、今度はガラって変えてきた。
月に2万台程も売れるドル箱モデルだけに、ここまで違ったデザインで出すのは、なかなか勇気がいるんじゃなかろうか。

まず自分の素直な感想を言うと、カッコ良いとは思えない。見慣れちゃうと思うけど。。
これからホンダが採用してくるフロントのマスクの「エキサイティング H デザイン」だけど、フィットに関しては、
ライト周りの造形が気に入らないのかなぁ?サイドのキャラクターラインもつまらないし、前後グリルデザインも
取って付けたような感じに見える。
デザインについては散々なことを言ってるけど、自分はフィットのファンであり応援しているからこそなんだけどね。
メカニズムだってIMAとは違う新たな1モーターシステムの「SPORT HYBRID i-DCD」に期待していて、
これからのホンダのコンパクトカーやミニバンに至るまで、比較的低コスト車すべてこのシステムが搭載されて来るんだろう。
全てのクルマをハイブリッドにするって発表したしね。

フィットのスペースユーティリティはさらに進化して良くなっているはずなので、このハイブリッドシステムと走りについて
重点的に感想を書いてみたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_6441483.jpg


More・・・試乗記のつづきはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2013-09-15 07:44 | test ride | Comments(0)
2013年 06月 28日

試乗記 〜 HONDA アコード ハイブリッド 〜

ホンダのハイブリッド攻勢は、このアコードハイブリッドから狼煙を上げる。

今までの1モーター式のIMAシステムを一新して、1〜3つのモーターを搭載する新ハイブリッドシステムがある。
マスコミ向けのホンダミーティングが昨年行われ、記事で紹介されてたのを見聞きしてからは興味津々だった。
まず市場に投入してきたのは2モーターのSports Hybrid i-MMDだ!長いネーミングだこと。。
MMDのところは「マルチモードドライブ」ってことなんだけど、2つのモーターで3つの走行モードができるってこと。
難しいこと言うと大変だから詳しくは下記に譲るけど、如何に高効率にエンジンかモーターか、はたまた両方かを選び
モードを切り替えて走ってくれること。
しかも当然ホンダが仕掛けてくることだから、世界に類を見ない方式でってことなんだなぁ。

このような画期的なハイブリッドシステムをどうしてセダンのアコードから?って思うところもあるけど、
セダンシェア90%にも及ぶトヨタの牙城を少しでも切り崩したいってことなんだろうね。
ちょっと前に発売されたトヨタのクラウンハイブリッドよりも、サイズが大きいけど軽く、実質燃費も良く、
それでいて安いというね。走りの質感や内装のラグジュアリー感はクラウンに乗ってないから比較できないけど、
トヨタはおじさまたちの固定客が多いですからね。いくらアコードが良くて画期的なシステムでも、
なかなかトヨタのシェアは割れないでしょうね。
ホンダは少しでも早く、この2モーターシステムを売れ筋のステップワゴンやエリシオン統合型オデッセイに
投入すべきでしょうね。
あ、1モーター式の次期型フィットは9月5日発売ですってよ(フフフ...)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_17164237.jpg


More・・・試乗記のつづきはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2013-06-28 13:00 | test ride | Comments(0)