Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:foods( 249 )


2017年 11月 18日

シークヮーサーさ〜

那覇空港で土産売り場を練り歩いていると、シークヮーサーが目についた。
せっかくだし、10個弱あって298円だったので、初めて生の果実のシークヮーサーを買ってみた。

半分に輪切りにしてみると、皮の部分がとても薄くて、実がたっぷりで見るからにジューシー。
炭酸で割ってシークヮーサー(サワーじゃなくて)ジュースにしてみたら美味しいかもと、気取ってペリエを購入しておいた。
絞ってみると、驚くほどの果汁が出てくる!種も思いの外ボロボロと出てくるので「排除」しましょう。

こんな小さな果実1つで十分な量の果汁が絞れたので、ここにペリエを投入〜。
シュワシュワと天然の二酸化炭素の粒が湧き上がってくると同時に、爽やかなシークヮーサーの香りも立ち上ってきます。
飲んでみるとこれまた驚きの美味さ!まさに爽やかコーク!じゃなくてシークヮーサー
これ、ヤミつきになっちゃうかも。本格ダイエットも始動してることだし、食前に炭酸で腹を膨らませるのにちょうど良い。

他にも、鯖の塩焼きに添えたりして沖縄の恵みシークヮーサーを堪能してますよ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM>
f0157812_07153622.jpg
f0157812_07153762.jpg
f0157812_07153720.jpg


by ymgchsgnb | 2017-11-18 07:31 | foods | Comments(0)
2017年 11月 17日

沖縄土産

束の間の那覇空港で購入した自分土産たち。

生もずくは沖縄を訪れたら必ずキロ単位で買ってくるんだけど、今回は久米島産の太もずくを2kg買ってきました。
ちょっと洗って、そうめんのように麺つゆにつけて啜って食べると美味しいです。

そしてバヤリース。オレンジだけじゃなくて、シークヮーサーグァバマンゴーもあるんですね。
シークヮーサーは出張中にコンビニで買って飲んでたけど、他のはまだ飲んでないから大事に飲みます。

小ちゃいのが売ってて安いし、使い切れていいなと思ったので、コーレーグースー(島とうがらし)も買ってきました。
島とうがらしを泡盛に浸けたもので、沖縄そばなんかに入れる調味料です。
300円くらいだったので購入しました。ちょいちょい何かに垂らして食べてみよう。

生のシークヮーサーも買ってきたので、それは次回の更新で。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM>
太もずく
f0157812_12102786.jpg

f0157812_12102840.jpg

バヤリース
f0157812_12102758.jpg
コーレーグースー
f0157812_12102807.jpg


by ymgchsgnb | 2017-11-17 08:00 | foods | Comments(0)
2017年 11月 12日

山梨県産バルサミコ酢

先日の茅ヶ岳登山の帰りになでしこ農園寄って来ました。
満天☆青空レストランでやっていた山梨県産バルサミコ酢を買うためにです。

後輩が行っていたロケでもあり気になっていたのですが、番組を見て「こりゃ登山帰りに寄らにゃ!」と思っていました。
ところがなでしこ農園への入り方が最初わかりづらかった。かつて秩父宮殿下も泊まったという格式高いお家の、重厚な門は
閉ざされていて、屋敷の横にクルマが停められるようなスペースがあったので駐車して、庭を覗いてみた。
入口にあった小屋に、人がいない時はベルを鳴らすようにと案内があったので、ボタンを押してみるも返事はない。
しばらく迷った末、庭の中へ不法侵入ばりに入ってゆくと、そこは青空レストランで見た庭だった。
屋敷の入口に小さく「営業中」の看板があった。なんだぁやってるのかよ〜と中へ入ってゆく。しかし誰もいない。
後から来た客もわからなかったようで電話したのか、奥から電話に対応する声が聞こえてきた。

自分も青空レストランのロケに行くが、お取り寄せで紹介された食材のO.A後は大変なことになる。
人気テレビ番組の影響力はとんでもなく、電話やサーバーはパンクを免れないのだ。
例に漏れずここのバルサミコ酢もサーバーは落ち、O.Aから1ヶ月経った今もネット販売はできない様子。
そもそも今年分の商品の一部は売り切れてしまったらしい。恐るべし青空レストラン。

対応してくれた女主人はテレビで見たまんま。自分のこともテレビを見て来た客だと思ってるのだろう。
まるで番組を見た前提での会話になっている。笑 まぁ確かに番組を見た一視聴者であることは間違いない。

バルサミコの原料であるぶどう果汁を煮詰め糖度を上げに上げたモストッコットは、残念ながら売り切れていた。
バルサミコ酢は味見ができる。ひとつひとつ丁寧に説明しながらでわかりやすく、オリーブオイルと合わせて味見もさせてくれる。
バルサミコ・サバは、熟成5年未満の若いバルサミコ酢なので酸味が少なめで、やや甘めだった。
ヨーグルトやアイスクリームにかけると美味しいそうだ。
バルサミコ・ホワイトは5年以上の樽熟成で、自家農園のシャルドネで作ったバルサミコ酢で酸味もややあり、ちょうど良いと思ったので
ホワイトを購入した。白ぶどう由来なので白ワインに合う料理と相性が良いらしい。
バルサミコ・ネロも、5年以上熟成で糖度の高いデラウェアなどが原料という。中でも酸味を感じたやつだ。と言っても全然マイルドだけど。
一番サラダに合うんだろうな。

さて値段ですが、とりあえず買う前提で来ているのでいくら高くても購入するつもりだった。1,000円は超えるな。
量り売り用のバルサミコ酢しかなく、瓶も売り切れてちゃんとしたやつは無いそうだ。
そして値段・・・(ドラムロール)・・・100g 2,300円 どっひゃ〜!!!お高い!!!
平然とした顔で買いましたけど、膝はガクブルでしたよ。

番組でも紹介されてたように、手間暇かけて作られた、混じりっけなしの純国産バルサミコ酢ですもの。そりゃしますよ。
大事に頂きます(舐めます)。高価すぎて全然食べてなく、冷蔵庫の奥に鎮座してることの方が多いんだけど
バルサミコ酢に見合った素晴らしい料理でもこさえて、仰々しく頂こうかな。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM>
バルサミコ・ホワイト(100g)
f0157812_16460445.jpg

<iPhone 7>
なでしこ農園
f0157812_16460614.jpg



More・・・・・あと5枚、なでしこ農園のバルサミコ酢の写真がありますよ〜

by ymgchsgnb | 2017-11-12 09:00 | foods | Comments(0)
2017年 11月 11日

オールドヒッコリー

地元にあるピザ屋のオールドヒッコリー

子供の頃何回か行ったかな?数年前の同窓会の二次会でも行ったか。

ちゃんとしたピザが食べたくなって、久しぶりに行って見ました。ちょっとお高めのお店なんだけどね。

本場イタリア風のピザと、アメリカンピザの両方があるんですよ。

イタリアンピザが好みなので、今回はマルゲリータフンギを2枚。

写真撮るの忘れたので、かなり食べ進んだあとの写真です。

石窯のピザはいいね。

それと、よくあるイタリアのピザ職人大会で世界一になった人がいるようです。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_15442696.jpg
f0157812_15442672.jpg


More・・・・・あと2枚、オールドヒッコリーの写真がありますよ

by ymgchsgnb | 2017-11-11 08:00 | foods | Comments(0)
2017年 11月 08日

甘えび1ダーズ

これも先月のことだったか。

自身の誕生日前後のことだったか。

ちょっとお高めな回転寿司屋でのことだったか。

メガ甘えびです。

員数確認してみたら、1ダースおりました。

12尾ってことです。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone7>
f0157812_08381196.jpg


by ymgchsgnb | 2017-11-08 08:42 | foods | Comments(0)
2017年 10月 10日

中国大返しツアー(旅の終わりに)

姫路城を後にした我々一行はすべての観光を終え、もう帰るだけとなった。
あとは帰りがけに昼、夕食と土地土地のモノを食べながら行けたらいいなという体制に入った。
姫路からは国道2号線を東へ進み明石市へ向かった。都会の渋滞に巻き込まれ、旅から現実へと引き戻される嫌な瞬間だ。

昼食というにはいささか遅い時間の15時過ぎ、もはや「おやつ」と言っていい時間帯だが、それにぴったりな名物を頂いた。
明石と言えば「たこ」そして明石焼である。明石では普通に玉子焼と呼ばれているものだ。
駅近くの魚の棚商店街へ行けば何でもある。港も近く新鮮な魚介や加工品などの店が多く、商店街というより市場に近いだろうか。
そこで目に止まったたこ磯というお店に入った。看板に「甘党たこ磯」と書いてあるので、ぜんざいやおしるこなどもあって
若い女性客の姿も多かった。
空腹のはずだが4人で2つの玉子焼(700円)を注文。この店の玉子焼は比較的高く観光地価格か。同じ量でも500円台の店も
あったが定休日だった。例の斜めの板に乗って提供される玉子焼。熱々を頂くことにした。特徴的なダシにつけて頬張ると熱いのなんの。
ふわふわでダシの美味しさがいい。後で思い出したが以前出張帰りに後輩とこの店立ち寄ったな・・・違う店で違う味も知りたかった。
まだまだお腹に余裕がある私の隊員の一名は、向かいのお肉屋さんでその場でコロッケなどを揚げてもらって食べたりして、明石を後にした。

神戸西ICから山陽道に乗ったが最後、旅はいよいよ終焉を迎えるが、それに抗うように夕食を新東名岡崎SAの矢場とんでみそカツを
喰らうべく向かった。
次に大阪方面に来たら551蓬莱の豚まんを食べてみたかいと常々思っていた。まさかSAには無いだろうと調べてみると、嬉しいことに
名神の大津SAで売っているという!これは寄らない手はない。ちょうど夕食時に到着し店の列に並んだ。
お土産用にチルドの豚まんとしゅうまい、その場で豚まんをひとつ食べた。
思っていたよりみんなが言うほど「甘く」はなく、ネギたっぷりの美味しい豚まんだった。確かひとつ180円くらいの手頃な値段なので
コンビニの肉まんには圧勝ですな。是非関東やコンビニでも手軽に買いたいところだが、大阪限定のこだわりがある店だし、だからこそ
買ってしまうんだろうな。

そして第2夕食会場を目指してさらに東へ進むが、私は助手席で眠りに落ちた。これが悲劇の始まりだった・・・。
ドライバーの隊員が岡崎SAのある新東名ではなく東名へ分岐してしてしまったのだ。
岡崎SAは新しく延伸して伊勢湾道との間の道にあり、気がついたが時すでに遅しだった。もう「みそカツの口」になっていたが
ちょこちょこ買い食いしてカロリー的にもみそカツはヤバイと言い聞かせ、新東名浜松SAに落ち着いた。
気を新たにして、ここには個人的には未知の浜松餃子がある。だがこれにごはんやラーメンを付けてはガッツリ過ぎるので
ここは天神屋のしぞ〜かおでんをサイドディッシュに添えた。
おでんと餃子というミスマッチ的な食事だ。しかも店員がおでんの具を1つ見過ごす失策のおかげで安く済んだし、これはこれで正解だった。
そして、この日は朝から「TKG」「玉子焼」「おでんの卵」と卵づくしの食事であったことに気づいて驚いた。

そんなこんなで2017年の21回目の夏キャンプを安全に無事終了することができた。
すでに2018年、そしてそれ以降に向けての企画がいろいろ頭を擡げてきたが、ひとまずこのブログを書き終えたことで沈めるとしよう。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
玉子焼
f0157812_13190965.jpg
しぞ〜かおでん&浜松餃子

f0157812_13191085.jpg


More・・・・・あと15枚、明石、大津、浜松での食事写真がありまーーーす

by ymgchsgnb | 2017-10-10 08:00 | foods | Comments(2)
2017年 10月 08日

中国大返しツアー(食堂かめっち。)

岡山市街へつづく朝の通勤渋滞に捕まりながらも、JR津山線沿いに国道53号線を津山方面へ北上した。
中国地方の内陸部へと進んでいくこと1時間余り、午前9時の開店時間ちょうどにある店に着いた。
ここは岡山県美咲町にある「たまごかけごはんの店食堂かめっち。」TKGの聖地とも言える。
行列もできる有名店だが、開店直後なのでこの日最初の客が我々だった。

店内の自販機で黄福定食(350円)を各々注文。たまごかけごはんだけでは寂しいと思ったので、おかずとして「日替わりの一品」(300円)も 
同時注文。この日の日替わりメニューは若鶏のからあげだった。
食券を渡して席に着くや否や、すぐにお膳が提供される。それもそうだ、ごはんにみそ汁漬物、そして生卵だけなのだから。
そして嬉しいのがこの定食は食べ放題ということ。ごはんもたまごも追加料金なしで、いくらでも食べられるのだ。

普段TKGをする時は、別皿に卵を割りしょうゆをかけてよく溶いたものをごはんにかけるが、ここはほかほかごはんに直接割り落とした。
この方が絵になるのだ。そこにしょうゆを少々かけて、粗く溶いたのちに大口を開けてかき込む。
朝から何も食べずに2箇所観光したので、それはそれは美味しく感じたが、美味しいには訳がある。
ごはんは地元美咲産の棚田米で、卵は森のたまごブランドでもある美咲ファームから毎日新鮮たまごを仕入れているのだ。
「TKGは飲み物だ」と誰かが言ったとか言わなかったとか、1杯目をあっという間に完食すると「お代わりください」と宣誓。
すぐに定食がリセットされ元通り。今度は味変に挑戦。テーブルには3種の薬味的なものが置いてあり「しそ」「ねぎ」「のり」があった。
いずれもほぼ液状化したタレで、一番好みだったのは「ねぎ」だった。ラー油の入ったタレに刻みねぎがTKGにマッチ。
「のり」はのりの佃煮の液体バージョンのようなもので、「しそ」はしそ自体苦手なのであまり覚えていない。

結局、美味しいからあげと2度のおかわりで計3杯のTKGを完食。お腹いっぱいの幸せ状態で店をあとにした。
ついでに津山線の亀甲駅の駅舎が「亀」なので見に立ち寄った。決してカワイイとは言えないデザインだけど、なかなか珍しい駅舎だね。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
TKG
f0157812_09541153.jpg

食堂かめっち。
f0157812_09541135.jpg


More・・・・・あと19枚、TKGと亀甲駅の写真があります〜

by ymgchsgnb | 2017-10-08 12:22 | foods | Comments(2)
2017年 10月 06日

中国大返しツアー(尾道ラーメン)

旅2日目の昼までびっちりだった行程も錦帯橋をもって終了。このあとは行き当たりばったりで行く。
というのも2泊目の宿は取っていない。いわゆる健康ランドってやつで仮眠する。
チェックインの時間制限もなく、23時間営業なので夜のうちに到着できればいいのだ。

錦帯橋を後にしたのが15時で、ここからケチケチと岡山にある健康ランドへ向かう。
広島市街の混雑を避けるのともみじ饅頭をお土産に買いたかったのもあって、宮島スマートICから山陽道に乗った。
宮島SAでは各メーカーのもみじ饅頭がバラ売りしてある広い売り場があり、大変助かるオススメの場所だ。
オーソドックスなもみじ饅頭以外、ほとんどのやつをバラ買いしてお土産とした。

広島市街を回避して志和ICで高速を降り、国道2号線で東広島、三原と経由し尾道へ到着したのは、夕食にちょうど良い時間になっていた。
尾道と言えば尾道ラーメンなので検索すると、一番の老舗で行列店は残念ながら定休日だったので、あとは適当に店を決めた。
向かった店は牛ちゃん。店に入ってみると、各テーブルに焼肉用のロースターがあるので「あれ!店間違ったかな?」と思ったが
この店は焼肉屋で、ラーメンも出してる店のようだった。
尾道ラーメンの特徴は背脂!ラーメンの脂は排除したいと思っているが、尾道に来てそんなことしたら意味がないので素直に受け入れる。
澄んだしょうゆ系スープには、見たことのない大粒の背脂が所狭しと浮いていた。麺は細めのストレートで、焼肉屋を主張する
大きなチャーシューが鎮座している。
食べて見ると背脂の存在を感じないくらいサッパリとしたしょうゆ味のラーメンで、焼肉を食べた後にでもスルスル行けてしまいそうだ。
今思えば、焼肉を突きながらラーメンを啜っても良かったな。

この店のすぐ近くに松愛堂という菓子屋があり、隊員のひとりが気にしていたはっさく大福が売っていた。
広島の隠れた名物のようで、ひと口もらったがいちご大福より甘みと酸味のバランスがかなり酸味側に寄っている印象。
日持ちがしないので買わなかったが、すぐ帰れる出張とかには、広島土産のひとつにいいかもだ。

再び国道2号線を東へ、福山、岡山県に入って笠岡、倉敷、岡山とケチケチ移動した。
稲荷山健康センターに到着したのは、確か22時前くらいだったか。この手の健康ランドは、長距離ドライバーや不規則な就労勤務者で
混み合ってるイメージだが、ここは空いていて快適だった。街道沿いにないところが要因だろう。
ここは、長距離移動のため高速代やガス代が嵩む訳だが、旅の打ち合わせ時に隊員が見つけた場所だった。我々には大当たりである。
朝までいる客は深夜料金込みで3,000円だが、JAFカードをチラつかせて2,700円にした。
ロッカーに荷物を入れると、この初の温泉へジャブンだ。名物という漢方励明薬湯に入ると、全員急所をヤラれてしまった!
薄いカレー味で煮込まれているようなスパイシーな湯だった。
入浴後はすぐに仮眠室へGOで、隊員たちは眠りに落ちた。自分も超寝不足のはずだが、なかなか寝付けなかったのは尾道から岡山まで
助手席で寝落ちてたからかな⭐︎


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
焼肉テーブルで尾道ラーメン
f0157812_09102633.jpg

牛ちゃん
f0157812_09102640.jpg


More・・・・・あと8枚、尾道ラーメンと健康ランドの写真がちょっとあります〜

by ymgchsgnb | 2017-10-06 10:03 | foods | Comments(4)
2017年 10月 04日

中国大返しツアー(いろり山賊)

本当は夜に来たかった・・・。山口県は岩国の山奥にある「不夜城」の名に相応しいいろり山賊という店。もはや観光名所だ。
岩国市内に3店舗あり、今回は玖珂店をランチで訪れた。どうしてもスケジュール的に夜に来られなかったのだ。

到着するや否や、ド派手な店構えに隊員たちも湧き立つ。これが夜だったら「どんだけ」だろうか。
広島カープのセ・リーグ制覇と気の早いハロウィン仕様で、鯉のぼりとジャックオーランタン提灯で埋め尽くされている。
今回訪れた玖珂店にはさらに「いろり山賊」「竃」「桃李庵」の3店舗に分かれていて、メインのいろり山賊は定休日だった。
定休日と言っても残念がることはない。なぜならどの店もメニューはほとんど一緒で、ただ食べられる場所の違いなだけだ。

店の前は年中祭りのようで、出店に様々なものが売られている。「竃」は昼から満席で並んでいる。店員も忙しそうに動いているが
手が足りなそうで、片付けが追いついてないので満席状態になっているだけのようだ。
しばらく待った後に店員が、「奥にある桃李庵なら空いてますよ」と。早く言って・・・。
同じものが食べられるけど、外で食べたい人は竃でその席を狙うしかないかな。ロケーションにこだわらなければ。
我々も滝を見ながら外で食べたかったが、すごすごと桃李庵にあがった。

確かにそこそこ空いてたが、写真撮影的には桃李庵は厳しい。暗めで、なにより明かりが水銀灯なのだ。
何を撮っても緑色になってしまう。私はRAWで撮影しているので、あとで何とかここまでの色に戻しているが、スマホなどは辛いだろうな。

注文するのはお決まりのメニュー「山賊焼」「山賊むすび」だ。大きいのでふたりで1つ。サイドメニューで餃子とサラダも注文した。
山賊むすび(519円)は、名物だけに大きくて、しゃけ、こんぶ、梅など具だくさん。山賊焼(789円)は、長い竹串に刺さった
豪快なメニューで、食べる姿はまさに山賊のようになる。しょうゆベースのタレがまた美味。

いろり山賊の夜の姿を見ることは叶わなかったけど、お腹も満足したし、見た目の派手さも見られて、心置きなく次の観光地へ移動です。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
山賊焼
f0157812_09190506.jpg
f0157812_09190492.jpg


More・・・・・あと21枚、いろり山賊での写真があまりすよーーー

by ymgchsgnb | 2017-10-04 08:00 | foods | Comments(2)
2017年 08月 16日

小田原漁港でランチす!

お盆で親戚がやって来て、墓参りをした後にいつも「さて、どこ行こうか?」となる。
毎回ノープランなのだが「小田原の漁港のアジフライが食べたい」となったので向かった。

昼を大分回った時間だったが平日とは言え、お盆休みだけにたくさんの人が訪れていた。
西湘バイパスの橋梁の真下にある無料の駐車場に停めるのに多少苦労したが、何とか駐車できた。

漁師飯などの店が点在しているので、まずはロケハンがてら散策。
ネットで見つけたアジフライの店は、お盆休みだったり、行列ができていたり。
中でも一番行列ができていたのは、かき氷の店だった。。

浜焼きバイキングの店も気になったが、言うほど空腹でもなかったので、小田原漁港の公設卸売市場の2階にある
魚市場食堂に向かった。
平日は朝7時からやってる食堂で、普段は市場関係者の朝昼ごはんを提供している所なのだろうが、土休日には混雑するんだろうな。
先に食券を券売機で購入するタイプの食堂なので、2階部分の狭いキャットウォークには行列ができていた。
窓ガラスにメニューが書いてあったが、決め切らないウチに券売機を前にすると焦る焦る。

15時ラストオーダーの30分前に何とか食券を購入し、ほぼ埋まっているテーブル席に着いて落ち着く。
テーブルに置いてあるメニュー表を改めて見ると「こんなのもあったじゃん〜!」と後の祭りは世の常。
もっと冷静に焦らずメニューを決めなければならない。

渡された番号札の番号が呼ばれたら、取りに行くシステムだ。ちなみに返却もセルフだぞ。
自分が注文したのは、本日のオススメの中のひとつ「刺身(マグロ&カンパチ)定食+アジフライ」で、母たちは
「アジフライ定食」(910円)を頼んでいた。
マグロは安めのメバチかな?カンパチは脂が乗っているというよりも脂っこく、養殖なのかな?歯応えはあった。
アジフライは2枚付いていて、もちろん美味しかったが特筆すべきものではなく、極普通のアジフライだ。
アジフライ定食は4枚付いていて、1枚だけカレー風味だったそうな。さすがに4枚ともなると飽きていた。

何度か小田原漁港は車でどんなもんかと寄ったことはあるけど、降りたことはなかった。
朝からやってるし、他にも漁師飯や夜までやってる浜焼きバイキングもあるし、ひとりでもみんなとでも再訪してみよう。
次は敢えてシーフードカレーと刺身盛り合わせかな。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
刺身とアジフライの定食(1,450円)
あら汁が無くなり、アジのつみれ汁になった
f0157812_13340686.jpg
f0157812_13340684.jpg


More・・・・・あと11枚、小田原漁港でのランチ写真がありますぞ

by ymgchsgnb | 2017-08-16 14:06 | foods | Comments(0)