Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 31日

澳門旅遊 「O clímax」

聖ポール天主堂跡のすぐ横に小高い丘がありまして、観光客の流れのまま登っていく
のであります。
そこはモンテの砦でありまして、かつてマカオの地をポルトガルから奪い取ろうと、
オランダが攻めてきた時に、ここから大砲を打って撃沈させたと言う場所。
ここも世界遺産ね。

気温も上がってきたので、頂上まで来ると息も上がり、結構汗をかいた。
しかし眺めは良いもんで、先程までいた聖ポール天主堂跡をはじめ、今まで
巡ってきた街並も見下ろせる。
砦からは幾門もの大砲が各方面へと睨みをきかせている。

大砲の場所によっては、あの「グランドリスボア」に狙いを定めて、指揮官の号令を
待っているかのようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  人気ブログランキングへ  ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_21105941.jpg
f0157812_21112118.jpg


More・・・・・あと16枚、モンテの砦から歩いて向こうのお山へ目指します!!!

by ymgchsgnb | 2011-01-31 21:27 | travel | Comments(0)
2011年 01月 30日

澳門旅遊 「Uma atração turística」

つまみ食いでお腹を満たした我々は、マカオ世界遺産観光の目玉聖ポール天主堂跡へ。
日本で言うと江戸時代が始まった頃に創建されたアジア初の大学みたいなもんで、度重なる
火災で今では前壁のみが残っている。

観光地にありがちな土産屋街を抜けると、突如開けたところにそびえ立っていた。
ガイドブックやネットで見てたよりも大きく見えた。
セナド広場よりも観光地チックに観光客がたくさんいる。
行ったこと無いけど、「ローマの休日」に出てくるヘップバーンが階段でジェラートを
食べてたシーンの所をもうちょっと広くしたような感じ?
みんな思い思いに、ランドマークのもとでマカオに来た証しを残している。
今までの観光地と比べて、あまりにも観光客が多いので、自分だけが写った記念写真を
撮ろうにも無理がある。
ならば!と先輩、勝手に人んちの団体写真にちゃっかり交ざったり、勝手に2ショットなどを
撮ってしまう有り様(笑)

このキリスト教の建物のすぐ脇には中国の寺院の世界遺産ナーチャ廟もあって、
異文化の共存と宗教の自由のマカオの歴史を物語っている。

そのさらに脇には世界遺産旧城壁がある。
ポルトガル人の生活圏を守るために築かれ、かつてはマカオ半島南部を囲んでいたようだ。
今ではここだけになっている。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  人気ブログランキングへ  ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_31069.jpg

<Canon EOS 7D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM>
f0157812_3104538.jpg


More・・・・・あと15枚、他の世界遺産などの写真もありますゆえ!!!

by ymgchsgnb | 2011-01-30 23:48 | travel | Comments(0)
2011年 01月 29日

澳門旅遊 「comilão」

世界遺産を巡るにも、お腹が減りますな。
当然セナド広場などの街中世界遺産にも、普通に商店などが軒を連ねています。

まずはセナド広場からはちょっと外れるけど、マカオスイーツの代表格エッグタルト
有名店へ足を運んでみることに。
お店はマーガレット・カフェ・エ・ナタと言って、以前紹介したコロアネにある
「ロード・ストーズ・ベーカリー」と肩を並べる有名店だけあって、結構混んでましたね。
少々の行列に並び、注文してレジで紙を受け取り、その紙を渡して厨房前でもらうシステム。
ここで思わずエッグタルトを2個注文 (^_^;)
だって1個80円くらいなもんですから。。。
ちょっと意外だったのは、見た目も味もコロアネの店と同じ感じだったこと。
コロアネの店がエッグタルト発祥店だからそう言うもんなのかな。

次に向かったのはガイドブックで気になってた餃子のお店。
「順番逆じゃない??」ってツッコミはご容赦を・・・
ここはセナド広場のすぐ裏手の路地にあった。行ってみるとお昼時だったこともあって
数人の観光客が。
小上海ってお店で、餃子の値段が1個10数円ですよ!!!こりゃ食べちゃうね!
先輩と「お昼はちゃんとしたお粥の店かなんかに行こう」って言ってたから、ちょっとの
つもりが、2種類の餃子を計6個購入(^_^:)
だってそれでも100円しないんだもん。。。

店前で他の客と同様に立食いした後、世界遺産巡りの目玉「聖ポール天主堂跡」へ向かう
のであった・・・つづく

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  人気ブログランキングへ  ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_10515740.jpg
f0157812_10521251.jpg


More・・・・・あと11枚、街角つまみ食いの写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2011-01-29 11:02 | travel | Comments(0)
2011年 01月 28日

澳門旅遊 「muito a herança mundial」

まさに世界遺産だらけのマカオ歴史地区なんだけど、22の歴史的建造物と8つの広場が
あるのです。その中心地がセナド広場になるのかな。
この広場の周囲には見所の世界遺産だらけで、カメラのメモリも目に見えて減っていきます。

ちょっと残念だったのは、セナド広場が旧正月の準備のため、舞台などの骨組みがそこら中に
あり、せっかくキレイな広場や建物の美観を損ねているところ。
まぁ、それも今ならではこの時期にしか見られない風物詩を見られたんだと思うことに・・・

下の写真で一気に世界遺産を紹介しますよ。
セナド広場が見渡せる、かつてポルトガル人が市政を行った民政総署(レアル・セナド)。

カルサーダス(石畳)の文様が美しい、マカオの目玉観光地セナド広場

アジア初の慈善救済施設だった仁慈堂

今では寺院だけど、かつて3つの商店街の長が評議会を開いていた三街會館

16世紀アカプルコからやってきたスペイン人修道士たちが設立した聖ドミニコ教会

貿易商人盧一族の邸宅盧家屋敷

マカオ半島の全カトリック教会の中心カテドラル大堂の前に広がるカテドラル広場

取り敢えず今回はこんなところ・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  人気ブログランキングへ  ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
民政総署2階からの眺め
f0157812_1754353.jpg
f0157812_17681.jpg


More・・・・・あと25枚、上記の建物&広場の世界遺産写真がありますので!!!

by ymgchsgnb | 2011-01-28 17:25 | travel | Comments(0)
2011年 01月 27日

澳門旅遊 「Uma igreja e um parque」

世界遺産を周ってた時は、ガイドブックの地図だけを見て巡ってたんですけど、ちゃんと
もっと見ておけば良かったと後悔してる点があるのです。
それは何気に訪れた聖ヨセフ教会でのこと。
ここでも教会内の写真を色々撮っていたんですが、大事な物を撮っていなかったのです。
その存在にも気付いてなかった・・・
それは、フランシスコ・ザビエルの腕の骨
マカオの南の上川島で亡くなったザビエルの遺骨は世界中に点在していて、右腕の一部は
この聖ヨセフ教会に展示してあったのだ。
偶然でも写っていればと、写真を後から探してみたが、やっぱり写ってなかったね・・・

その後も世界遺産を次々と巡って行きます。
なんとも目に優しい色合いのドン・ペドロ5世劇場や、その隣の聖オーガスティン教会
さらに隣接している聖オーガスティン広場もまた世界遺産である。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  人気ブログランキングへ  ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
聖ヨセフ教会
f0157812_0104943.jpg
f0157812_0142853.jpg


More・・・・・あと16枚、それぞれの教会内の写真なんかがあるんで見てってね!!!

by ymgchsgnb | 2011-01-27 23:48 | travel | Comments(0)
2011年 01月 26日

澳門旅遊 「peregrinação」

マカオってこんな狭い国土に、たっくさん教会があるイメージ。
かつて故郷を離れて、極東まで来たポルトガル人の心の拠り所だったんだろうかね。
ヨーロッパでは、こんなに密集はしてないだろうな。

そのマカオの教会も大抵世界遺産に登録されているんだけども、このペンニャ教会
世界遺産に登録されてないんだよねぇ。
マカオ半島南西部の山の上に建つ、遠くからもひと際目立つカッコイイ教会なのにね。
16世紀には建てられてて、途中無くなっちゃったみたいで、20世紀に再建されたとか。
この教会の前に広がる景色は、とっても眺めが良く好きなスポットですね。
夜景を眺めたらさぞかしキレイなんだろうけど、夕方に閉まっちゃうんだ。
でも教会の下に、ちょっとした公園があったな。そこからでもキレいかも。

下山するかの如く、ペンニャ教会を下って、いよいよ世界遺産密集地へと向かう。
まずは聖ローレンス教会から。ここは世界遺産だよ。
教会内は撮影禁止で、辛うじて外から中を撮った写真が1枚あるけど、主に外の写真を。
最近修復されたみたいで、外壁もキレイだった。
他の教会にはあまりなかった、庭が充実してる感じで、植物に彩られ、見所も結構あったかな。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  人気ブログランキングへ  ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
ペンニャ教会
f0157812_2422158.jpg

聖ローレンス教会
f0157812_243258.jpg


More・・・・・あと17枚、それぞれの教会の写真がまだまだありますので!!!

by ymgchsgnb | 2011-01-26 08:39 | travel | Comments(0)
2011年 01月 25日

澳門旅遊 「herança mundial」

住宅街の細い坂道を上って行きますと、それまで雑居ビルのようなマンション群とは
まったく違う建物が現れてきます。
宮殿かな?一体何の建物だろ?
港務局大樓という。やっぱりここも世界遺産のようだ。
元は兵舎として使われ、のちに港務局になったようだ。イタリア人の設計で、アラブ様式で
イスラムの装飾がされているとある。
港務局とは言え、高台にありまったく海に近くない。埋め立てされる前のマカオ半島では、
海が近かったのだろうか?

港務局をあとにして、さらに小道を進むと小さい広場に出た。
こんな住宅街の狭間の広場まで世界遺産とは。リラウ広場というようだ。
この界隈は、ポルトガル人が最も早く住み始めた地区らしい。
この公園の周囲は、ポップな色彩の建物が多く、広場の様式もあって、完全にここだけ
アジアではないヨーロッパな雰囲気を醸し出していた。
昔は井戸があって、炊事や洗濯なども行われ、また憩いの場でもあったようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  人気ブログランキングへ  ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_23564348.jpg
f0157812_2357955.jpg


More・・・・・あと9枚、世界遺産の港務局とリラウ広場の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-01-25 23:36 | travel | Comments(0)
2011年 01月 24日

澳門旅遊 「世界遺產巡遊開始」

3日目。
朝からバスに乗って、マカオ半島へ。この日は徹底的に主要世界遺産を巡る日。
バスターミナルに降り立つと、すぐ向こうに中国は広州が見える。
ガイドブックの地図を片手に、最初の世界遺産 媽閣廟(マァコウミュウ)を目指す。
ここはマカオで最も古い寺院で、「マカオ」の名前の由来になっている所。
中国風の寺院の前には、西洋風の広場が広がっていて、何ともマカオチックである。

山の上まで小さな寺院が点在していて、階段を上ってひと通り回ってみた。
太い線香に、垂れ下がった渦巻き線香。お札。
キョンシー想い出した!

世界遺産なのか、結構写真撮っちゃって、時間取っちゃって。
こんなペースでは1日で世界遺産巡れるのか??
世界遺産のマカオの歴史地区は20以上ありますからね。
ココはこの程度にして次行きましょう!

その前に朝食は?と探していると・・・あったあった我々にお誂え向きな場所が!
建物と建物の間の裏路地って言うか、通路って言うか、観光客は来ないだろう的な食堂。
助かったのはココのおばちゃん、結構英語が堪能だったこと。
なんとか注文して貴重な地元食を頂けましたとさ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  人気ブログランキングへ  ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_1572947.jpg

<Canon EOS 7D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM>
f0157812_1583083.jpg


More・・・・・あと19枚、世界遺産のつづきと朝ご飯の様子ありますから!!!

by ymgchsgnb | 2011-01-24 23:21 | travel | Comments(0)
2011年 01月 23日

澳門旅遊 「再び氹仔(タイパ)ビレッジへ」

タイパに戻ってきてから、初日の夜天気が悪かったので、再びタイパビレッジを訪れ
写真を撮り直すことに。
とても夕陽がキレイな夕暮れだった。
夜になると街灯が灯りはじめ、辺りをオレンジ色に変えてゆく。
この海外に多い、夜のオレンジ色がなんとも暖かく好きだな。

20世紀初頭のポルトガル政府高官の邸宅を復元したと言う、タイパハウスミュージアム
がある。昼間見てきた密集した住宅とは違うよね。そのお屋敷がキレイにライトアップ
されている。その前にカオのラスベガスを見渡せるベンチがあり、カップルが一様に座って
いた。我々は居場所がなくなり退散したとさ・・・。

その後、夕食をどこで食べようかとタイパビレッジで店を探す。
ダックライスというポルトガル料理を食べようと店を探していると、愛想の良いおかみさんに
接客され、お目当てもあるとのことだったので、店を決めた。

初日と似たような料理屋だが、美味しければそれでいい。
早速、赤ワインとそのダックライスを注文。
上に乗ってるのは生ハムで、中にアヒル肉が入って炊き込んである。米はややベチャついて
いたけど、美味しかったですよ〜。
他に2人じゃ多過ぎるサラダやチキンのカレー煮込みも頼むと、もうお腹がいっぱい過ぎて
全部食べきれなかったな(> <)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  人気ブログランキングへ  ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon EOS 5D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_1833142.jpg

f0157812_18333128.jpg


More・・・・・あと18枚、タイパの夕暮れと食事の様子がございますぞ!!!

by ymgchsgnb | 2011-01-23 02:04 | travel | Comments(0)
2011年 01月 22日

澳門旅遊 「漫歩」

紅街市を出て、すぐ近くにある義字街(イージーガーイ)に向かってみた。
そこは年末のアメ横のような混雑振り!何なの?今日は何の日?ってくらい皆さん買い物に
来てる。野菜、乾物、衣料品などなど付近の区画の沿道には、あらゆる商店が密集していた。

朝からエッグタルト1つしか食べてなかったので、お昼を食べる事に。
今になってガイドブックを読み返してみると、近くに美味しそうな店がいっぱい紹介して
あったなぁ。何の為にガイドブック持ち歩いてたんだよ!って思うくらい、テキトーに
店を決めて入る。
アジア的なものを食べてなかったので、麺類や炒飯が食べたかったから決めた店。
下にメニューがあるけど、漢字だらけ。そりゃそうだ。漢字検定1級の自分もお手上げ。
ワンタン麺はわかった。炒飯は雰囲気で注文。
何でも「美味しい美味しい」って食べる自分ですが、日本のが美味しいね。

取り敢えずお腹を満たした、我々は午後歩きに歩いた。
ゴミゴミした街をひたすら。思いつくまま角を曲がり、最終目的地は何となく中心地に建つ
ホテルグランドリスボア近くのバスターミナルかなと。
先輩がマカオのCDショップ屋さんがあれば行ってみたいと言ってたけど、どこを歩いても
それらしい店は無し。こっちもダウンロード全盛でCDは売れないから店がないのかなぁ?と。

街角の広場では、おじさん達が謎のテーブルゲーム。地元学生たちはジャージ姿で街を歩き
周っている。構造的に怪しいアパート群からは洗濯物が垂れ下がり、まさにアジアな感じが
どの街角にも広がっていました。
疲れ果てた我々はこちらでも盛況なマクドナルドに入り、ドリンクと紅豆パイで1時間半も
休憩&仮眠^^
夕方近くになると空jは晴れ渡ってきた。この日は世界遺産を完全無視したから、明日も
このまま晴れてる事を期待して、またバスに乗ってタイパへと戻っていった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ  人気ブログランキングへ  ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon EOS 5D>
EF24-105mm F4L IS USM
義字街
f0157812_1717306.jpg

麺と炒飯で500円くらい
f0157812_17184183.jpg

目指すはグランドリスボア
f0157812_17193333.jpg


More・・・・・あと19枚、ひたすら街を歩いた様子がたくさんあります!!!

by ymgchsgnb | 2011-01-22 17:36 | travel | Comments(0)