Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

corn

最近出かけて写真を撮ったりしてないから、食事カテゴリーばっかり・・・
今回も例に漏れず。

とうもろこしってどうやって調理してます?
一般的には茹でるんでしょうけども。
自分も普通は茹でるんですけど、皮付きのまま鍋で水から茹で始めますかね。
数分茹でたら粗熱をとって、塩を擦り込んでます。
別にこれがベストかどうか知りませんが、皮を剥いてから茹でるよりも甘く茹で上がるんじゃないかな。

他にもうひとつ調理の仕方があって、今度はまず皮を剥いて、水に濡らしたらラップで包みます。
そして、電子レンジでチン!と。
これも甘さが逃げなくて美味しいですよ。

でも何だかんだ言っても、朝採れのとうもろこしをすぐに茹でて食べるのが美味しいんだろうな。
今度機会があったら、朝のうちに畑で採れたてのヤツを食べてみたいものだなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_15395632.jpg
f0157812_1540823.jpg
f0157812_15402043.jpg


by ymgchsgnb | 2011-06-30 15:40 | foods | Comments(0)
2011年 06月 28日

あんころ餅

この写真一体何だと思いやす?
あんこと餅がグチャグチャになった、決して見栄えのいい食べ物ではなですよねぇ?
自分はこれを良く食べるんですけどもぉ。小腹が空いたときに、えぇ。

我が家の冷蔵庫に常備しますは、個包装の「切り餅」と「こしあん」でして、小皿なんか用意
しますれば、切り餅をささっと水にくぐらせ皿の上に。
さらには、こしあんを小さじ2杯程度餅の上に盛る訳ですな。
それを電子レンジへラップをしないまま、自動で温めるのです。
そしたらお客さん、目を離しちゃあイケません。ものの30秒で「チーン!」ですわな。
トイレに行こうたって、旦那!そうは行きませんぜ。
レンジの回転台で大きく膨らんだのも束の間、下の写真のように何とも情けない風体を晒す姿たるや、
何とも美味そうじゃね〜か、えっ!

こんな季節にゃ少々合わねぇかも知れやせんが、あつあつの「赤福」ってところですかね。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
f0157812_1614873.jpg


More・・・・・あと4枚、あんころ餅の写真があります。

by ymgchsgnb | 2011-06-28 16:15 | foods | Comments(0)
2011年 06月 25日

Bubby's YOKOHAMA

何で知ったか忘れたけど、横浜桜木町に2年前からオープンしていたというカフェ&レストランBubby's横浜
いつでも食べに行ける環境だけど、なかなか来れずにいたところ、仕事の打ち合わせ場所が
近くだったのもあって、ようやく行って参りました。ダイエット中にもかかわらず!

場所はJR桜木町駅前って言うか、ガード下。駅前広場に面してるので電車で来る人はアクセスがいい。
横に長い店舗で「カフェ」と「ダイナー」に部門分けされている。ひと続きだけどね。
今回の目的は食事でしたのでダイナー側から入店する。夕食には早い夕方4時半頃、客はまばら。
カフェの方が混んでた。
店内はゆっくり寛げる雰囲気で、様々なタイプの座席があり、おひとり様の自分が通されたのは、
壁沿いのベンチシート。
早速メニューをのぞくとホームページに載ってる食事よりもたくさんのメニューがあった。
が、最初から決めてた「チーズバーガー」(1,150円)と「アップルパイ」(600円)で即決オーダー。
打ち合わせまでに余り時間が無かったのに「ハンバーガーは15分程お待ち下さい」とのこと。
Bubby'sは元々「パイ専門店」らしいので、初めて来たら「伝統」のと謳われているアップルパイは
欠かせないんじゃないかと、温かいのを食後に持ってきてもらうことに。

まずは「チーズバーガー」。
サンドされること知らされていないかのような背の高い団子状のパティをバンズで強引に挟んで、
串に刺さって出てきた。フォークとナイフが欠かせない、ありがちなハンバーガーの形。
そして思ってたよりも控えめなポテトフライ。もっとアメリカンに盛って欲しかった。
そしてハインツのケチャップとマスタードでぐちゃぐちゃにしてやりたかった。
味は飛び切り美味しくは感じられなかった。肉汁はまぁまぁあったけど、ややレアの赤身肉で
肉本来の味をあじわえるアメリカ人が好きそうなヤツって印象。ハンバーガーだけで言ったら、
「シズラー」のハンバーガーの方が断然美味いと思う。

時間も無くなってきたので、アップルパイを催促すると、やってきました生クリーム添えで☆
自分はアップルパイが好きでもなんでもない。マクドナルドのアップルパイくらいしか食べたことない。
ただ「伝統の」と「パイ専門店」で頼んでみたのだ。
苦手なシナモンの香りをこの際無視して、上品に食べすすめてみると、パイ生地が非常に美味し!
生地だけ食べたい感じ。リンゴも歯応えがあってシャクシャク美味しいけど生地が美味しい。
生クリームを絡めて三位一体になったパイが、あっと言う間に食道に落ちてゆく。

これはまた違うパイを食べに来なきゃならんだろう。その時はもっとゆっくり、誰かと食事をしに来たいものだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_13104554.jpg
f0157812_1310591.jpg


More・・・・・あと4枚、Bubby's横浜での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-06-25 13:15 | foods | Comments(0)
2011年 06月 23日

川を下って江ノ島へ

ダイエットの一環&富士登山を見据えての体力作り。
ここ数日運動と言う運動が出来てなかったから、梅雨の晴れ間の休日にBD-1を駆って
長距離走ろうかなと。

近所で快適なサイクリングロードと言うと、東京と神奈川の境を流れる「境川」沿いにある
サイクリングロードだ。
家を出発して川に出るところは、既に県境でもなんでもない。
写真は境川と国道246号が交差するところから始まる。家からここまでで30分程。

大和市の住宅街を川は流れてゆく。田んぼや畑などが川沿いに点在していて、夏の匂いを
増幅させている。
今日は何たって風が強かった。しかもアゲンストの南風。
BD-1はコンパクトで車体は軽めだけど、タイヤも普通の太さがあって路面抵抗もある。
そこに強風と言う空気抵抗が加わって、20km/hで快走していたスピードが風が吹くと、
12km/hくらいまで落ちるのだ。でんでん進まない・・・。

休憩を取らずにひたすら漕ぐ。一部サイクリングロードは無くなり住宅街のただの道を走る。
川は蛇行し、団地を抜けてゆく。藤沢市に入るとサイクリングロードも川もキレイに整備されて
いる。遊水池なんかも出来ていて人と水鳥にとってのオアシスだ。

国道246号から漕いで、国道1号藤沢橋までジャスト1時間。ここまで来れば江ノ島は近い。
藤沢の街を抜け、最後は船が係留されている境川の下流沿いを走って片瀬江ノ島駅前に到着。
ノンストップだったけど、さほど飛ばさずに家から2時間ちょい。
お尻も痛くなる寸前にゴールできた。

しばらく江ノ島周辺で休憩し、BD-1を折り畳んで電車で帰ってきました。
今日は元々電車で帰ってくる予定だったのです。
でもあの強風だったら、帰りは南風をアシストに楽に漕いで帰れたかも!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 4>
f0157812_1912285.jpg
f0157812_1912141.jpg


More・・・・・あと10枚、ポタリングの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-06-23 19:38 | outdoor | Comments(0)
2011年 06月 16日

(ケータリング+弁当)÷2=

コマーシャル撮影の現場での食事。
予算や場所によって、いわゆるロケ弁〜ケータリングサービスまで様々ある。
その中でも、いくつか自分のお気に入りがあって、昨日はそのひとつだった。

表題にもあるように、ケータリングと弁当の中間的存在。
どこの何て言うケータリング弁当屋さんなのかわからないんだけど、昔から知っていて
いつもの調子のいいオヤジが待ち受ける。
メインディッシュが肉か魚の数種類から選べるので、魚好きの自分は満を持して魚を選ぶ。
昨日は「いわしのフライ」をチョイス。
次に豆腐部門があって、麻婆豆腐か冷や奴の分かれ道。
今までは麻婆ライス目当てに、麻婆豆腐をチョイスするが、今はカロリー的に冷や奴。
改めて豆腐そのものの美味しさに気付く。
そして自分の隠れメインディッシュ「まぐろの中落ち」が必ずあるのだ!
いつも余ってしまうんだったら「俺が全部食ってやる〜!」って思うのだ。
一度、録音部で「残りの食材全部どうぞ」という夢のような事があったが、今では良い想い出(´q`)

副菜は毎回違うけど、今回は無くて残念だったが「長芋のスライス」のわさび醤油がお気に入り。
この他に熱々の白米とみそ汁が付いているのだ。
今回予算が無かったのか、みそ汁が無かったっす(小声)

話しは戻るけど、「全部どうぞ」の時はみそ汁の具が「あさり」だったのでバケツ1杯食べてやった
感覚。今では良い想い出(´p`)

しっかし今回の「いわしのフライ」は絶品だった!カロリー的にはフライは避けたい所だけど、
あんなに美味しかったら、また今日も食べたいよ。
また近いうち、現場で巡り会いたいものっす。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 4>
f0157812_1314188.jpg


by ymgchsgnb | 2011-06-16 13:15 | foods | Comments(0)
2011年 06月 13日

メガーヌRS

日産のリーフを試乗しに行ったカレスト座間には、日産・ルノーの車がいろいろ展示してある。
その中のはずれにポツンとナンバー付きのメガーヌ・ルノー・スポールがいた。
試乗車ではないようだし、従業員のクルマでもなさそう。なんだったんだろ?

とりあえず自分の好きな「黄色いクルマ」だったし、写真を撮り始めた。
よく見てみると「意外にカッコいいんじゃない?」
まりもっこりみたいな目がイヤらしいけど、丸っこい中にエッジが利いていたり、
サイドからリアにかけては結構好み。
しかも標準のホイールもカッコ良いし、赤く存在感のあるブレンボキャリパー。
内装ではシートも薄くスポーティで、インパネは左に黄色い盤のタコメーター、
真ん中にはスピードメーター、右は液晶パネル。フェラーリチックでいいかも。
マニュアルのシフトもいいね。

どんなクルマか詳しく知らなかったので、店内のカタログを見てみる。
1,430kgの車重はもっと軽くできないかなぁ?サイズを見るとデッカイんだな。
もう一回り小さくていいから、あと100〜200kg軽量化して欲しいところ。
2リッターターボで34.7kgmのトルクがあれば、かなりのパワー感があるんだろうなぁ。
試乗したいなぁ。
カタログ燃費も11.8km/Lでまぁまぁか。実際は10km切っちゃうだろうから、やっぱり車重とか
軽くすればねぇ。
それにしても試乗してみたかった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 4 + Instagram>
f0157812_18285561.jpg
f0157812_18291111.jpg


More・・・・・あと6枚、メガーヌRSの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-06-13 18:31 | snap shot | Comments(0)
2011年 06月 11日

深化するNSX

憧れのクルマ「Honda NSX」・・・今はもう発売されていないクルマ。
自分にとって、高嶺のスポーツカーである。

この程、新たに純正パーツSports Moduloを開発し、販売されているようで、ホンダ本社の
ウエルカムプラザ青山に展示してあったので、見に行ってみた。
サスペンション(291,900円)とリアスポイラー(819,000円)。高けぇ〜。
スポーツブレーキパッドは震災の影響で販売中止だそう。

ホンダ最高峰のスポーツカー「NSX」と言えども、発売から20年も経っているのだ。
当時と比べれば現代の技術は、大分進化しているだろう。
その現代の技術をもってNSXを見つめ直した結果、このような純正パーツが開発された
みたいなんだな。
20年も建ったクルマは、かなり古い車のように感じるが、NSXは今でも色褪せていないと思う。
そのNSXが現代版アレンジで、進化+深化=真価を発揮するみたい。

絶版となったクルマの純正パーツを開発し続けるHondaってメーカー。イイネ!
あ〜乗ってみたい!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 4 + Instagram>
f0157812_2238784.jpg
f0157812_22382725.jpg


More・・・・・あと5枚、ウエルカムプラザ青山での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-06-11 22:42 | snap shot | Comments(0)
2011年 06月 10日

試乗記 〜NISSAN リーフ〜

近所にある日産の工場跡地に出来たカレスト座間から、リーフを試乗できる旨のメールを受け取った。
早速呼ばれてみました。

試乗は、カレスト座間の敷地内にある数100mのコースを2周。制限速度40km/h。
たったそれだけの走りで、全てを理解するのは自分には絶対無理。
まぁ、どんなモータージャーナリストでもハイパーモータージャーナリストでも、それだけじゃ
大したインプレッションは記せないでしょう。
なので「たったそれだけの走り」であらゆる感覚を研ぎすませて得た、自分なりの簡単な
インプレッションを綴ることにします。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon PowerShot S90>
f0157812_1424532.jpg


More・・・Nissan LEAFの試乗記はコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2011-06-10 16:00 | test ride | Comments(0)
2011年 06月 07日

伝説のすた丼屋

昨日から本格的に始まったダイエット。運動の習慣と粗食の夕飯をセットで、昔のように
なんとかダイエットを成功させようと思ってます。

ダイエット初日、所用のためと夕飯の枝豆などを買いに、BD-1を漕いで軽く運動です。
ところが、帰りに寄ってしまったのです。伝説のすた丼屋に・・・
「ダイエットしてんじゃないのかよっ!」なんて言わないでくだせぇ。
朝食または昼食に関しては、しっかり食べるのが自分のダイエットポリシー。

初めてだったんです、すた丼屋。だから基本の「すた丼」(580円)を注文。
すた丼ってな〜に?って言われれば、美味しい豚丼って言えばいいのかな?
普通の並サイズでも、他の牛丼チェーンの丼ものに比べればボリュームはありますね。
なんでも北イタリアのホエー豚に、特製にんにく醤油で味漬けされたもので、確かに美味い!
普段まったく牛丼チェーンに行かないですが、メニューも豊富にあってチャーハンからラーメンなど
男のメニューが多数揃ってます。思わず通っちゃいそうな豚丼派の自分がここにいる・・・。
豚肉はダイエットにも良いビタミンB群が豊富だし、朝からやってればいいのに!
ダイエット期間中は、絶対夕食として食べてはいけないな。
でもミニメニューもあることだし、豚丼食べたくなったら行っちゃおうかな!?
がっつり食べたい人には、ご飯・肉、別々に増すこともできるのでいいかもね。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 4>
ちょっと店名が大げさだよね・・・
f0157812_13392746.jpg


More・・・・・あと3枚、すた丼の写真があります!

by ymgchsgnb | 2011-06-07 13:42 | foods | Comments(0)
2011年 06月 01日

100,000万年後の安全

何気なく見ていたテレビから、聞き覚えのあるクラフトワークの「放射能」が流れてきた。
何かと思い注視すると100,000万年後の安全という放射性廃棄物をテーマにした映画の紹介だった。
随分とタイムリーな映画だなと思っていると、北欧を中心に製作された2009年の映画だった。
福島原発の問題が起きたから、改めて日本で公開されたのだろう。
興味関心があったので、是非観に行きたかった。上映している劇場も日付も限られているけど、
ちょうど近所のシネコンで上映していたので早速観てきました。

どんな映画か?
決して面白く、痛快な映画な訳はなく深刻なドキュメント。
もちろんポップコーンなど似合わない。ちなみに私はラージを頼んだが・・・
クラフトワークの他に不気味なSE、美しいオペラなどをバックグラウンドにゆったりとした外国語の語り。
寝不足のまま仕事をした後の鑑賞は少々堪えた。興味はあるのに、気付くと目をつぶってることもしばしば。
映画の後半は、ほとんど目を閉じていたかも。

でも内容は理解している。人類にとって深刻極まりない現状がそこにはあった。
現在全世界にある放射性廃棄物(核のゴミ)は推定20〜30万トン。捨てる場所も決まっていない。
ただ世界で唯一の地層処分場がフィンランドのオルキルオト島にある地下500mの「オンカロ」と呼ばれている施設がある。
当然全世界の廃棄物を処分できるキャパはなく、フィンランド分だけで精一杯。貯蔵終了は22世紀の話し。
そして封鎖・・・

高レベルの放射性廃棄物が無害化するのに10万年かかるという。どんだけ先!?
その頃の「そこ」はどうなってるの?
現在の最新科学ですら、たった数千年前の遺跡の全てを知る由もない。では10万年後に人類がいたとして、
10万年前に造られた施設(遺跡)の意味を知ることができるのだろうか?この遺跡を発掘してしまわないだろうか?
18億年安定し続けているフィンランドの地層に処分して、果たして10万年後も安定したままか?
地殻変動は起きていないか?地上の環境はどうなっている?平和か?別の種が食物連鎖の頂点に君臨しているか?
もしくは人類か何かが、放射性廃棄物を無毒化できる技術を発明しているか?

是非ひとりでも多くの「人類」が、この問題について考えるべきかと。
チャンスがあれば上記のリンクから<劇場情報>を調べ、観てきてもらった方がいいかも。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

               映画『100,000年後の安全』

        

我々人類は、未来永劫伝えていかなければならない。
「忘れてしまうことを忘れてはならない」と。

f0157812_003958.jpg


by ymgchsgnb | 2011-06-01 01:05 | essay | Comments(0)