Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 31日

富士登山2011 頂点

日の出の時刻を迎えたであろう時間になって、辺りの霧がちょっとずつ晴れてきた。
霧に霞む「剣ヶ峰」もそう悪くない・・・(強がり)
この日の気温は3度。真夏とは思えないでしょ?是非避暑にいかがでしょうか?(笑)

登山客のほとんどは御来光目当てに、富士吉田・須走方面にいるから、まだこの時間の剣ヶ峰は
混雑とまではいってなかった。
空いてるうちに、恒例の富士山登頂アリバイ記念写真を撮ろうと順番を待つ。
みんな様々なポーズで写真を撮っているけど、自分みたいに「碑」にしがみついて撮ってる人は見ないね。
ちなみに昨年と同じポーズですけどね。当ブログ右上にあるプロフィール写真がそれ。
その後、剣ヶ峰奥にひっそりとある展望台でも記念写真。
しかし天候がこれじゃあ、どこだかわかんない・・・背景も何も無いもん!

そして、この日本のてっぺんでのいつもの過ごし方は朝ご飯を食べること。
とん汁を食べたからか、あまりお腹が減ってはいなかったが、それでもおにぎりや菓子などを口に流しこんだ。
さすがに恒例の大福餅は食べられなかったなぁ。

いよいよ剣ヶ峰も混んできた。御来光を見られなかった登山客が、大挙して訪れてきたのだ。
何人かの登山客と会話をした後、場所を譲るかのように剣ヶ峰をあとにした。
富士山頂でのイベント「お鉢巡り」は、このような天候では景色もないし中止せざるを得なかった。
今年もまだ富士登山のチャンスがあることを願って、その時お鉢巡りを撮るとしよう。
束の間の富士山頂だったけど、惜しげもなく下山の途についたのだ!

つづく・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_23572468.jpg
f0157812_23574273.jpg


More・・・・・あ11枚、剣ヶ峰での写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2011-07-31 23:57 | outdoor | Comments(0)
2011年 07月 30日

富士登山2011 御来光断念

晴れていれば、手の届きそうな距離に思える山頂も、ガスってて何も見えない。
あとどれくらいで山頂なのかも、まったく距離感がつかめない。
ただ、足を取られていた砂礫の登山道も、いつしか他の登山道と同じくゴツゴツとした岩場になってきた。
頂上は確実に近づいているのは確か。

徹夜の登山も不思議と眠くはならず、ただ登り進めて行くことに没頭していた。
あれから何時間が過ぎただろう?すぐ上に鳥居らしいシルエットが見えたような気がした!
「着いた!」
御殿場口の山頂部「銀明水」に着いたのだ。時刻は3時になっていた。
登り始めて11時間・・・こんなにかかった自分に驚く。

御殿場口山頂には山小屋も何もない。一番賑わっていて御来光が拝める富士吉田口&須走口山頂の
山小屋が密集しているところへ行くには、少しお鉢を移動しなければならない。
富士の火口を時計で表すと、5時の方向から2時くらいのところまでの移動。
しかしここで濃霧のピークを迎えてしまった。ホワイトアウト寸前!
お鉢は何度か回ったことがあるから、大体はルートはわかるが、それでもまったく道がわからない。
他に誰もいない。真っ暗で真っ白な山頂。これはさすがに恐怖だった。
お鉢を巡ったことがある人はわかると思うけど、この間の移動はちょっと狭く危険な箇所がある。
左手に深さ200mの火口。右手には3,000m続く斜面があるのだから。
1歩1歩、恐る恐る歩みを進めて行くしかない。目の前に突然柵が出現しては、その先は道がなかったりする。
ガスで見えないんじゃない、そこに道がもうないのだ。その都度後ずさったり・・・
そんなことを繰り返し、ようやく山小屋の灯りと人の声が聞こえてくると、ホッとした。

やっぱり大勢の登山客がいる。天気予報も悪かったので、比較的少ないとは言え混んでる。
山小屋もオープン前だったので、ベンチはほとんど空きが無かった。
写真のように見事にガスの中。ここ数年晴ればっかりの富士登山だったから、ちょっと残念という思いもあるけれど
悪天候の写真もありかな?なんて思ってたので、納得できた。
高校の山岳部で登った時以来の悪天候。あの時は山開きの7月1日。山頂は吹雪でしたからそれよりマシ。

午前4時前、山小屋のオープンとともに人の流れに押され、自分も山小屋へ。
温かい食べ物を口にしたかったので、とん汁(800円)を注文。ひとときの安らぎを得ました。
日の出まで、あと30分くらい?・・・「って、絶対見える訳ない!こんなガスの中で!」

御来光はキッパリ諦め、またもやガスの中、来た道を戻って剣ヶ峰(3,776m)を目指すのであった。
つづく・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_18305339.jpg
f0157812_18313825.jpg


More・・・・・あと9枚、濃霧の山頂写真がありますよと。

by ymgchsgnb | 2011-07-30 18:40 | outdoor | Comments(0)
2011年 07月 29日

富士登山2011 夜行

太陽もとうに没して、辺りが暗くなるとヘッドライトの花が咲く・・・のは他の登山道。
ここ御殿場口では、自分の照らすライトしか見えない。
さすがにしばらくすると、下の方から登ってくる人の灯りが片手で数え切れる程度見え始める。
それでも他の人の灯りを見ると、何故か少し安堵する。
自分以外にも、この過酷な登山をしている人がいるんだと思うと、励みになったり応援できたりと。

相変わらず風は強さを増すばかり。宝永山で遮られた風が、今度は直に吹きすさぶ。
風を遮るものは何もない。富士山に歯を食いしばりながらしがみ付き、自然と1対1で向き合う。
1歩踏み出した足も、砂礫に押し戻され、風に押し戻され「365歩のマーチ♪」状態。
夜になって山頂付近がガスっているのが見えた。すぐそこに見えても、まだまだ先。
登頂する頃には晴れてるといいけど・・・。

ハードシェルのフードを被り前へ進む。体を打ち付ける風の音が耳をつんざく。
風の音以外何も聞こえない。これじゃ危険を察知するべく遠雷の音も聞き分けられない。
超スローペースで延々と終わりが見えないかのような誰もいない山道。
楽しみは、月夜ではなかったので、流れ星降る星空と、東京方面まで見渡せる街の夜景が
綺麗だったことくらいか。
逆に月が無く困ったことは、柵やロープが無いところでは、ライトを照らして目を凝らさないと、
どこが登山道なのかを探さないとわかりにくかった事。

3,000mを越えたところで、ようやく山小屋「日の出館」に到着。もうすでに23時半。
あの2,000m付近の廃墟から4時間もかかった。長かったぁ〜、ほんっとに長かったぁ〜。
安心するのも束の間、さっきまで「星屑のステージ♪」と「銀河鉄道の夜♪」を満喫していたかと
思っていたら、いつの間に「夜霧よ今夜も有難う♪」になっていたのだ!
山頂付近のガスは濃さを増すばかりで、この先ずっと霧の中を登ることになる。
気付かなかったが、肩にかけている一眼レフも霧で水滴まみれになっていた。

3,110m地点7合5勺にある「砂走館」に着く頃、時刻はてっぺんを迎えた。
このペースじゃ山小屋に泊まってゆっくりする時間などなかった。
3,290m「赤石八合館」を過ぎたら、また頂上まで500mは何も無い。
あとどれくらいで頂上なのか、何も見えない状況でまたひたすた登る。
数時間後に、この霧が晴れて御来光が見られるのだろうか?頭を絶望的観測が大半を占めるなか、
頂上にアタックするのであった・・・つづく。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_167060.jpg
f0157812_1673064.jpg


More・・・・・あと11枚、夜行の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2011-07-29 16:14 | outdoor | Comments(0)
2011年 07月 28日

富士登山2011 次郎坊

御殿場口を登り始めたのが夕方の16時半。
登り始めてすぐの1,550m地点「大石茶屋」から比較的なだらかな黒い砂礫の道をマイペースで進む。
人気登山道とは違って、自分以外誰もいない。すぐ近くの下山道を下りてくる人をたまに見かける。
左に二ツ塚という二子山を見ながら、ただひたすら歩くこと2時間弱で、1,900m地点にある
「次郎坊」というポイントに到着。
何があるでもなく、標識があるだけ。
時刻は18時半。太陽はとっくに富士山の向こうへ行ってしまったが、まだ暗いという程でもない。
これだけ歩み進めても、須走口のスタート地点よりもまだ標高が低いのだ・・・。

北の空に西日を浴びた積乱雲があるも、この登山道周辺に雷を発生させるような雲は見当たらない。
時折、霧の塊が背後に迫ってきたり、小さな雲が風に煽られ変幻自在な形を見せている。

宝永山の麓に位置する「次郎坊」を境に、勾配が急になってきた。
下山道の大砂走りとは対照的にジグザグと続く登山道。行く手を阻む黒い壁のようだ。
細かい砂礫の登山道なため、1歩進んではズリ下がるを繰り返し、歩合いのロスが大きい。
しかも風が強くなってきた。上からの吹き下ろしの嫌な向かい風である。

程なくすると、ずっと下から見えていた小屋の近くに来た。
この小屋は2,150m地点にあり、廃墟のようで錠がかかっており中には入れない。
気温も少し下がってきたし汗もかいているので、ここで一旦小休憩して着替えをした。
すると下から年配男性2人組が上がってきた。登り始めて最初の遭遇者である!
挨拶をして少し会話をした後、夕暮れの中2人は先に上がって行った。

風も大分強くなってきていた。これから暗くなり、何もない荒涼とした斜面をひとり登っていくと
思うと、今更ながら少々不安になってきたのも正直なところだった。
19時。次の小屋までの標高差約1,000m・・・長い夜の幕開けだ。

つづく・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_2012487.jpg
f0157812_20122867.jpg


More・・・・・あと13枚、御殿場登山道の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-07-28 20:22 | outdoor | Comments(0)
2011年 07月 27日

富士登山2011 御殿場口

会社のシフト表を舐めるように見ていると「これはもしや2連休か!?」と思しき箇所が。
1日目の休みの昼間にデスクに聞いてみた。
ymgch「明日もしかして休みっすかね?もし休みなら富士山登ってきちゃうんすけどぉ・・・。」
デスク「いいよ。」
なんと!ふたつ返事の承諾を得たのだった。
(うちの会社は前日夕方にならないと、翌日のシフトが確定しないので予定が立てづらい)
そこで早めに休みの確定をもらおうと、昼間に電話したのだった。

慌てて用意しました、富士登山装備を。車を走らせ一路御殿場口へ。
富士山の主な4つの登山道で、一度も登ってみたことがない登山道が御殿場口で、4つの中でも1番
登山客が少ないし、駐車場へのマイカー規制もない。
どうして人気がないのか?それは頂上までの標高差2,300m。距離も11kmともっとも過酷な登山道
なのである。
今回はひとりで登るし、山小屋に泊まるとか泊まらないとか一切ノープラン。マイペースで登って、その時どうするか?という事にした。登山計画としては少々素人のようではあるが・・・。

問題は天気だ。
よろしくない情報だけはある。予報は曇り一時雨&霧。雷注意報も出ている。
撤退も視野に入れ登り始めたのだった。
でも案外晴れっぽいのだ。雨は全くなし。積乱雲も近くでは発生してない。薄曇りではあるけど、
これだったら行ってしまえ!と。

つづく・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
御殿場口は1,440m地点からのスタート
f0157812_1711196.jpg

立ちはだかる黒い砂礫の壁
f0157812_17115770.jpg


More・・・・・あと10枚、富士登山の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-07-27 17:19 | outdoor | Comments(0)
2011年 07月 24日

Vintage Scene

久々のお気に入りアプリの紹介。写真系です。

Vintage Scene HDって言うアプリでiPhone用やiPad用、Mac App用などがありまして、
自分はiPad用を購入しました。
一瞬危うくMac App用の高いやつを購入するとこでしたが、iPad用があるのに気づき余計な出費は
抑えられました。
レンダリングの処理速度なんか比べれば、Mac App用の方が有利だろうけど、iPadで充分さ。
パソコンへ取り込むのもイメージキャプチャを使えば一瞬で取り込めるしね。

てなことで写真をいくつか加工してみましたよ。
ヴィンテージってことで、歴史的建造物の日本と西洋の写真を試しに。

いい感じですよね?
加工のパターンも組み合わせれば、ものすごいパターン数があって、どう処理するか悩むけど
便利なランダム処理ができるのでそれでやってます。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_192440100.jpg

亀戸天神
f0157812_19245792.jpg

ノートルダム大聖堂
f0157812_19251797.jpg


by ymgchsgnb | 2011-07-24 19:27 | essay | Comments(0)
2011年 07月 17日

ブロッコリーとしらすのパスタ

最近料理などのちょっとした写真はInstagramにアップしてたけど、ブログネタ欠乏症に
陥っているので、わざわざ一眼レフを手に取り、ここに紹介している次第であります。

休日のブランチにパスタを作ろうと、数日前の買い物でブロッコリーと釜揚げしらすを
買い込んでました。
そんでもって今朝作ってみました。

ダイエット中につき、こういう物は朝か昼に食べるようにしてます。夜は粗食にしてるからね。
でもさ、自分でパスタを作るにあたって、いつまでたっても学習しないのが「パスタの量」ね。
ちゃんとグラムを量ってるのにもかかわらず、どうやたって多く茹でてる。
まぁ、それは今後の課題として・・・

たまたま家にあったパスタがやや平打ち麺。ブロッコリーと一緒に茹でちゃいます。
茹で上がったブロッコリーは、まな板上で予め少し細かくしておく。
フライパンには多めのオリーブオイルとにんにく。パスタとともにブロッコリーをぶちまけ、
そこに大量の釜揚げしらすを散らす!あとはゆで汁とコショウで調味。
最後にエキストラバージンを回し入れて出来上がり。実に簡単にできちゃう。

初めて作った「ブロッコリーとしらすのパスタ」上出来でしたな。
オリーブオイルは、もっと潤沢にかけた方が良かったかも!
あともっと緑色にしたかったけど、これはパスタの量だね・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_11454068.jpg


by ymgchsgnb | 2011-07-17 11:45 | foods | Comments(0)
2011年 07月 15日

墓参りへ行ってきました。

連日の暑さで皆さん平気かいな?
屋外で労働している皆さん方は、特に水分と塩分のバランス補給が大事ですからね。
と言いましても、熱中症は屋内で発症する人の方が多いようですから、しつこいようですが
いずれの皆様も、水分と塩分のバランス補給ですぞ!

良い事ではありますが、7月になったら暇になるかと思いきや、忙しさ継続中であります。
夜の撮影や、徹夜からの夜まで労働が重なり、「ひとり時間差」もしくは「国内時差ボケ」状態から
一旦は脱し、休日らしく暮らしていますよ、今日の私めは。
ブログを更新するほどの、お出かけ写真を撮るでもなく、休日はまったく有意義に過ごしてませんな。

今日も例によって、ダラダラと・・・。
午後は久々に墓参り。からの、スーパーで買い物といういつものコース。
お供えは基本和菓子。ばあちゃん用だからね。自分が食べたいものを買ってくるわけ。
供えたか供えてないか、一瞬のところで自分のお口へと運ばれちゃうんだけどね。

まぁ、昼下がりの午後も暑いですわな。夕涼みなんちゅう風情のある気温域になるのは、
いつのことやら。早く秋よ来い!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_19242822.jpg
f0157812_19243934.jpg
f0157812_19245126.jpg


by ymgchsgnb | 2011-07-15 19:25 | snap shot | Comments(0)
2011年 07月 04日

IKEAの子供椅子

前々からIKEAのMAMMUTシリーズの子供用スツールを愛用しています。

子供がいる訳じゃありません。あたすが使っているのです。
何か床で作業をしたり、時には高い所へ手を届かせるために台にしてみたり。
いろいろ重宝します。
それでいて、オシャレと言いますかかわいいデザインですしね。
もうカタログには無いようでしたけど、水色のも持っていて会社に置いてあります。
って最近会社で見ないなぁ。また風呂場に片付けられたかな?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_13164484.jpg


by ymgchsgnb | 2011-07-04 13:17 | essay | Comments(0)