Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 28日

積翠寺温泉

ってことでやって来ました。
武田神社からクルマで5分程のところに積翠寺温泉「要害」という一軒宿がポツリとある。
武田神社の北にある要害山の中腹に建てられたお宿って感じで、標高自体はそこまで高くはないかな?
1,000m弱といったところだろうか。

早速700円を支払い風呂場へ。
まだ日が沈みかけた頃で、夜景露天とは言えないが、程よくぬるい温泉に浸っていると、午前2時台にに
家を出たのもあって、気持ちいい眠りに入ってしまった。一瞬ね。
他に客は少なく、露天はほぼ独占状態。立ち寄り客は自分だけのようだ。宿泊客がチラホラ程度。
目が覚めると、ややマジックタイムに差し掛かっていた。
街の灯りがひとつずつ点灯していくのが見える。
南アルプスの向こうに天然の明りが消えゆくと、溢れ出す人口の灯り。
壮大な自然と、人類の英知のクロスフェード。
夕方から夜に変わりゆく、この時間に景色の良い露天風呂に入っていられるのが贅沢なことである。
しばらく甲府盆地の灯りを見つめつつ、ボーッと現実逃避はつづく・・・。

露天風呂で写真撮影は気が憚れるので、以下の写真は宿のパンフと帰り際に宿から少し下った
景色の見渡せる場所で撮影したものです。贅沢さが伝わるかな?

飛び飛びでUPしてきたドライブ写真は今回でおしまいです。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 4>
f0157812_18101531.jpg

<Canon EOS 5D>
EF35mm F1.4L USM
f0157812_18134086.jpg


More・・・・・あと3枚、甲府盆地の夜景が見られます。

by ymgchsgnb | 2011-11-28 18:15 | drive | Comments(0)
2011年 11月 26日

信玄公墓所

ってことでやって来ました。
武田神社から程近い住宅地の小さな公園のようなところに、近所の方らに守られてひっそりそれはあった。

信玄の墓は、同じ山梨県の恵林寺にあるんじゃなかったかな?見たような気がするな?
と思ってたけど後で調べると菩提寺の恵林寺にも信玄公墓所があった。
一体どっちが本当の墓所?
歴史上の人物の墓所には、諸説あっていろんな所にあったりするよね?
歴史ロマンに浸っちゃうよなぁ。

実際この墓の下に信玄が眠っているかどうかはわからないけど、静かに手を合わせてきましたよ。
写真撮っちゃってるけどね。
罰当たらないかな??

さあさ、温泉温泉〜!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_1613626.jpg
f0157812_1614720.jpg


by ymgchsgnb | 2011-11-26 16:02 | drive | Comments(0)
2011年 11月 25日

武田神社

甲府駅の北口から、真っ直ぐなだらかな坂を往くと「武田神社」に突き当たる。
甲斐国の守護大名武田氏の城ってか、館だったところ。日本100名城なんだって。
別名、躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)って言うらしい。難しい漢字だね。

何回か近くへ来た事はあったけど、境内の中に入ったのは初めてかも知れない。
この日は七五三を祝うお客さん達で賑わってましたよ。
千歳飴なんか売ってて、思わず買いそうになったけど思い留まったよ。

帰りがけに、積翠寺温泉の看板を見た。
甲府分地の夜景が望める、露天風呂があるらしい。
たまには「ほったらかし温泉」じゃなくて、違うところへ行ってみよう。車で5分の距離らしいし。

でも夜景までには少し時間がある。
なになに?近くに信玄公の墓所があるだと?行ってみようじゃないのさ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_258858.jpg
f0157812_2581888.jpg


More・・・・・あと8枚、武田神社での写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2011-11-25 08:00 | drive | Comments(2)
2011年 11月 20日

ほうとう食べて散歩

夜中から写真撮影と移動を繰り返していたので、お腹が空いてきた。
山梨へ来たら、かなりの高確率で小作のほうとうを食べている。
時間もある事だし、行った事の無い店舗へ行ってみよう。と言うことで「県立美術館前店」を目指した。
いつもよく行く山中湖店や河口湖店、双葉バイパス店は大型店舗なのに対し、県立美術館前店は小さなお店。
平日の昼時でも店前の狭い駐車場は埋まっていたので、向いの芸術の森公園の駐車場に停めた。
公園利用のための駐車場なので、食後の散歩に公園を歩こう。

店舗限定のメニューがあった。地鶏ほうとう膳。
ほうとうの他に麦とろ丼と漬物が付いている。地鶏は炙ってあって香ばしく、皮が美味しかった。
ただでさえ多いボリューミーなほうとうに、麦とろ丼も合わせて食べてしまったので満腹感が半端でない。

食後の散歩をするのに絶好の公園。
公園内には「県立美術館」と「県立文学館」がある。他に園内には彫刻やオブジェがあり、カメラを向けつつ散歩。
木々はやや紅葉もしているけど、天気は愚図ついているので写欲はあまり湧かず仕舞いの、中途半端な写真ですが
どうぞ見てやって下さい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 4>
f0157812_108346.jpg

<Canon EOS 5D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
f0157812_1083718.jpg


More・・・・・あと10枚、芸術の森公園の写真があります。

by ymgchsgnb | 2011-11-20 10:12 | photo | Comments(0)
2011年 11月 19日

白鳥の湖

南伊那ヶ湖に隣接して、菖蒲池というのがあります。
小じんまりとしてる池で、小春日和に湖畔のベンチで弁当なんて広げようもんなら最高ですな。
実に静かで、鳥のさえずりや風の音しか聴こえませぬ。

ショウブ、カキツバタ、アヤメの違いが説明書きに記してあったけど、よくわからないや。
水辺にも紫の花が咲いていたけど、あれは何だったんだろう?

池には鴨と白鳥がいたけど、1羽だけいた白鳥はケガをしてるようだったな・・・
足が片方無いのか?折り畳んだままなのか?
でも自分が湖畔を移動すると、付いてくるんだ。観光客がエサを与えてるだろうから、それ目当てだろうけど。
ちょっとカワイイけどな。

南伊那ヶ湖の北部には、同じくらいの大きさの北伊那ヶ湖ってのもあって、そっちは湖畔でキャンプが
できるみたいだね。
こちらにやってきた頃には、太陽は完全に隠れ曇り空の下の風景になってしまった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_13472617.jpg

EF35mm F1.4L USM
f0157812_13474593.jpg


More・・・・・あと7枚、県民の森でのつづき写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-11-19 13:51 | photo | Comments(0)
2011年 11月 17日

南伊那ヶ湖

「県民の森」へ辿り着くまで紆余曲折ありました。
朝霧高原から最初に向かったのは、鳴沢村の「紅葉台」。
Type Rでは少々ハードなダードの山道を延々登ったのに、紅葉台の展望台は閉まっていて、
青木ヶ原の樹海&富士山を見ることは叶わなかった。

次に、本栖みちを下部温泉経由で身延町へ。身延山の南にある「大城渓谷」を目指したが、途中で行き止まりに
なっていて、紅葉の名所まで行くことが出来なかった。

身延道を北上して、富士川町「十谷渓谷」へ行ってみるも、少し撮影してから見どころがないのですぐに退散。
困り果てて紅葉の名所を検索し、南アルプス市「県民の森」という場所があったので、あまり期待しないで向かってみると
なかなかの標高が高いところにあり、道路脇の木立から鮮やかな「南伊那ヶ湖」が見えた。
テンションが高まった。すぐ脇の無料駐車場にクルマを停めて、慌ててカメラを持ち込む。

曇りがちになっていた天気も、ちょうどこの時晴れ間が安定してきていた。
標高は900m。ちょっと寒いくらいだったけど、上着を着るのも忘れて湖を周遊しながらシャッターを切りだした。
緑の湖面に映る紅葉が美しかった。
風がもっと無かったら、鏡のような湖面になっていたんだろうな。
ちょっと穴場かも知れない南伊那ヶ湖。今度から紅葉撮影の際は、気にしておこう。
(11月11日撮影)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_18504224.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
f0157812_18513982.jpg


More・・・・・あと10枚、南伊那ヶ湖での紅葉写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-11-17 18:58 | photo | Comments(0)
2011年 11月 15日

赤富士・青富士

これはデフォルメというか、完全に色温度をいじってます。
ケルビンを低温度と高温度に振り分け、赤い空と青い空にしています。
ただの遊びです。

この道の駅「朝霧高原」で小1時間、空のスペクタクルを楽しんだ。
さて、このあとは何処へ行こうか?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM>
f0157812_7414252.jpg
f0157812_7415839.jpg


More・・・・・あと7枚、朝霧高原でのひとコマ写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-11-15 07:44 | photo | Comments(0)
2011年 11月 14日

紅空富士

写真を撮り続けること1時間弱。
東の空が、見事なまでに赤く染まってきた。
このチャンスを逃すまいと、レンズを換えつつシャッターを立て続けに切ってゆく。

このような場合では、ややアンダー気味に撮ると、より濃い赤に撮ることが出来る。
これらの写真も、そのおかげでデフォルメされた写真だと思うだろうが、驚くことに実際肉眼で見ても
空が今にも焦げそうな程に、真っ赤に染まっていたのだ。

これはラッキーか。
こんな朝焼けと、富士の麓で出くわすなんて。
早起きして「徳」するってこう言うことなんだな。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_1610456.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
f0157812_16104143.jpg


More・・・・・あと8枚、富士の上空が真っ赤に染まった写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-11-14 16:14 | photo | Comments(0)
2011年 11月 12日

朝霧高原、午前5時半

山中湖の反対側、富士の西麓道の駅「朝霧高原」へとやって来た。
ここには展望台があるのだ。絶好の富士山ビューポイント。
しかしまだまだ暗い。しばし寒い車中で待機。

一応かけておいたアラームに目を覚ます。寝ていたようだ。空が白みはじめている。
カメラ機材を持って展望台へと向かうと、同タイミングでアマチュアカメラマン御一行が来た。
軽く挨拶を交わし、それぞれの撮影ポイントへ。

富士山の向こう側、東の空にわずかなグラデーションが見える。
午前5時半。
三脚を構え、シャッターを切り出す。
「これは良い写真が撮れるぞっ」と言うよりも「これは良い景色が見られるぞっ!」と言う気持ち。
睡眠時間を削って、早起きしたからこそ出会える、お徳な光景。

間近だからこその富士の雄大なフォルムと、朝になる前の朝をご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_1320265.jpg

f0157812_13231636.jpg


More・・・・・あと8枚、朝霧高原からの未明の富士山写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-11-12 13:24 | photo | Comments(0)
2011年 11月 11日

山中湖、午前3時

仮眠と言う仮眠もせず、未明にドライブへ出かけた。
最初の目的地だけ決めて、カメラ機材を持って。

天気予報では、この日から冷え込みが厳しくなってくると伝えていた。
真冬の防寒着も忘れずに持っていこう。

国道413号、通称「道志みち」を最初の目的地山中湖へ。
真夜中のワンディングロード。オーディオの音量を下げ、エンジン、マニュアルミッション、クルマとの対話を楽しむ。
外気温計の数値は、見る見る下がっていく。
山中湖畔に着いた時には、気温は1℃になっていた。

午前3時半。時折クルマが通行する以外に音は無い。
静かな湖畔の森の影から、レンズを富士山へと向ける。
彩雲の向こうの月は明るいが、肉眼では暗くて富士山は見えない。
ノイズを抑えるための低感度長時間露光の末、液晶に浮かび上がる富士山のシルエット。
やや雲がかかって、全体像はハッキリしない。

そうだ。富士山の反対側へ行ってみよう・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_7391328.jpg


More・・・・・あと3枚、真夜中の山中湖での写真があります!

by ymgchsgnb | 2011-11-11 07:41 | photo | Comments(0)