Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

桃色盆地

温泉を探しながら、北八ヶ岳ドライブからの帰りに出会った風景。
どこの温泉に入ろうかなんて半分以上「あそこ」に決まってるんだけどね。

甲州街道を避け、甲府盆地の北側を通って定番の「ほったらかし温泉」へ。
西関東道路(無料)から山の中腹を走るフルーツラインへ移行。
フルーツラインだけあって、沿道の斜面は畑だらけ。
の花もちょうど満開の季節を迎えていて、ピンクに染まっています。
ふと車を停めて甲府盆地を眺望すると、盆地全体見渡す限りの色。

この日は4月19日。曇りで薄暗い夕方だった。それなのに目を見張る程の色風景。
こちらの山梨市側斜面と南側の一宮、勝沼側の斜面、そして盆地に至る全てが彩られている。
もしこれが昼間で晴れていたらと思うと、鳥肌ものだろう。

これらの花が、夏になったら一斉にあの甘い果実になるのだからたまらない。
夏になってこの景色を想い出しながら、あのジューシーなをかじってみるのもいいかも知れない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_12195936.jpg


More・・・・・あと5枚、桃色の甲府盆地の写真があります。

by ymgchsgnb | 2012-04-30 12:21 | drive | Comments(0)
2012年 04月 28日

道の駅「南きよさと」

何だか狙って来てる訳ではないのに、決まってこの季節にここへ寄る。
4月からゴールデンウィークにかけて、清里方面へ出かけてるってことなんだろうけど、
この道の駅付近へ来たら絶対寄りたくなるよね?こんな景色が見られるなら。
道の駅に用はなくても、ついでに寄っちゃうんだよな。

今回は清里高原を下ったこの辺にも春が訪れつつあったようで、一部桜が咲いている木もあった。
桜と鯉のぼりが青空に映えていて、とても気持ちの良いひとときだった。

今日から始まるゴールデンウィークっつーんすか?世の中では。
暖かくなって、桜も咲き出して、みんな立ち寄るんでしょーな。
みなさんゴールデンウィークは、是非車でお出かけになって、経済の活性化を図っていただきたい。

さて、話しは戻ってここの鯉のぼり、谷間に吊られ春風を受けて元気に泳いでますね。
風の谷を気持ち良く泳いでいる光景は、目を見張るものがありますよ。
全国的にこのような鯉のぼりスポットいくつかあるみたいだけど、実は地元の相模川でも見られるんだよね。
今年も時間があったら、ちょっくら撮影しに行ってみようかな?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_172387.jpg
f0157812_174470.jpg


More・・・・・あと10枚、道の駅「南きよさと」での写真があります。

by ymgchsgnb | 2012-04-28 12:00 | drive | Comments(0)
2012年 04月 27日

白駒池 〜後編〜

シラビソの森の木々の合間から、光り輝く雪原が垣間見えた。
実際はやや曇り空だったのにあれだけ光り輝いて見えたのは、薄暗い森の中から見たからなのか?
或いは期待値から、より輝いて見えたのか?

やや興奮気味で傾斜を駆け下りていた。程なくして白駒池湖畔に出ると、えも言われぬ世界が待っていた。
見渡す限り白銀の雪原。いや、凍りついた湖面か。
しばしの時間、景色に圧倒されて湖面を眺める。時折野鳥のさえずりと、旅客機が空高くゆく音が聞こえるが
それらさえ無ければ、無音の世界がやってくる。
静かに深呼吸をして両胸いっぱいに空気を頬張ると、北八ヶ岳の贅沢な酸素が体を駆け巡る。
付近に人間の気配など無い。むしろ野生の何かの気配を感じてしまうが怖くはない。

湖畔近くは、さすがに雪が柔らかめで、おもむろに足を踏み込むと膝まで雪に沈んでしまう。
湖上を歩いてみようかと思ったが、これ以上はかんじきが必要だった。
池周遊散策路もあるようだが、これも雪深くかんじき無しでは行けそうになかった。
しかし白駒池周辺には山小屋が3件あるのだが、驚いたことに通年営業している。
雪山登山、雪中行軍の客には実にありがたいに違いない。

もう少し暖かくなって雪が溶け出したら、絶対にトレッキングに出かけてやるんだ!
毎年富士登山を楽しみにしていたけど、今年からは八ヶ岳トレッキングに挑戦していきたい!
今では八ヶ岳の春の訪れが、待ち遠しくて仕方がなくなっている。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_14514969.jpg


More・・・・・あと13枚、白駒池での写真があります。

by ymgchsgnb | 2012-04-27 14:56 | outdoor | Comments(0)
2012年 04月 26日

白駒池 〜前編〜

麦草峠から数百m八千穂高原側へ下りると有料駐車場がある。まだ営業してないようなので取り敢えず駐車した。
当初麦草峠へ来たら白駒池へ行ってみたかった。しかし当然雪の中だろうし行けるとは思っていなかった。
麦草ヒュッテからの道も雪に閉ざされていて、スノーシューでも履かない限り行ける訳も無かった。
この有料駐車場から白駒池までは、地図上ではすぐ近くにある。

駐車場から道路を渡った反対側に、白駒池への道の入口があり行ってみると、どうもスノーシューを履かなくても
歩いて行けそうなのだ。
早速トレッキングシューズを履き、カメラを持って白駒池へのアプローチを試みた。
雪は圧雪され固まっており、難なく歩ける状態だった。
駐車場に他に車も何台か停まってたし、人が歩いた形跡もある。途中カメラを持った登山客や、
テレビのENGクルーにも会った。どうも白駒池周辺の山小屋は通年営業していると言う。

「ザサッザサッ...」雪を踏みしめる以外の音と言ったら、シラビソの枝から溶けた雪が落ちてくる
「ピチョッピチョッ...」という音以外、何も音がしない。
景色から感じられる寒さはなく、着込んだフリースで汗ばんできた。
ここまでゆるやかな上り勾配で、息が切れるまでには至らない程度のライトトレッキング。
駐車場から写真を撮りながら歩くこと10分少々。ふと先を見ると、道が下り坂になっており、
その木々の合間からまばゆく白く光る光景が覗いた・・・。

後編へつづく。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_153377.jpg


More・・・・・あと10枚、白駒池への登山道での写真があります。

by ymgchsgnb | 2012-04-26 12:00 | outdoor | Comments(0)
2012年 04月 25日

メルヘン街道

先週の休みに何をしようか考えていた前夜。なんとなくネットを眺めていると、
2012年4月19日 メルヘン街道開通 という情報を目にした。
これまで何度もドライブしたことある道だが、冬期閉鎖が解除される日に行ってみるのも面白いかも知れない
と言う思いと、自然のただ中に身を置く久々の機会だと思い、出かけることにした。

開通は午前11時。その前までに行っておこいと思ったが、連日の寝不足からか二度寝をしてしまい
少々遅れた。蓼科側の登り口に着いた頃には開通した後だったが、何かイベント的なものがあったのか、
無かったのかすらわからなかった。ネットで見たときは昨年の開通時のセレモニー的な写真を見たんだけどな・・・。

春の訪れには少し早い蓼科のワインディングを抜けてゆくと、周辺の峰々にはまだ残雪も多く目立つ。
本家ドイツのメルヘン街道は行ったことが無いけど、テレビや何かで知り得た情報だと、如何にも
中世ヨーロッパの気風漂う、まさに「メルヘン」チックな印象だ。
それに引き換え日本の国道299号線、通称メルヘン街道はどうだろう?
茅野から麦草峠を越えて、八千穂高原から佐久甲州街道へ抜けるその道に、メルヘンを感じるかどうかは
是非行ってみて感じてみてはどうだろうか。少なくとも私はメルヘンは感じなかった。

前述に出た「麦草峠」だが、志賀草津道路の「渋峠」の日本国道最高地点(2,172m)に次いで
国道で2番目に高い2,127mもある。
この日の下界は暖かな春の陽気だったが、当然麦草峠は春遠い冬の気温。写真で周囲の景色を見てもらえば
一目瞭然ですね。まだこんなに積雪があるのに開通してくれるなんて、なかなか良いもん見せてくれますわ。

麦草ヒュッテの駐車場で、危うく雪でスタックしかかるも、マニュアルならではの微小トラクションで
抜け出せました(汗)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_13181358.jpg


More・・・・・あと5枚、「メルヘン街道」麦草峠での写真があります。

by ymgchsgnb | 2012-04-25 13:22 | drive | Comments(0)
2012年 04月 19日

京漬物

移動の多いロケで、まったく京都らしいものを食べられんかったし、音声は日帰りやったし
お土産くらいは京都らしいものでも買おて、仕方無しに家で楽しもか?と思ってはりました。

慌ただしく京都駅構内でパパッと買おたお土産は、京漬物。
千枚漬すぐきみぶな の3点セット。
まともに食べたことありまへんし、白いご飯と一緒に食べるのが楽しみどした。

後日、ブログ用に写真を撮り終えると、早速白いご飯にOn The Rice。
「ええなぁ〜、日本人やなぁ〜」
お茶漬けにでもしようとしはったけども、気づいたら全部食べ終えてはりまんの!
ってことで、またゆっくり京都に出かけた際は、ゆったりはんなりと京都の幸に舌鼓を打ちたいと
思った次第でありんす・・・?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_23431221.jpg

f0157812_23433776.jpg


More・・・あと6枚、京都土産の京漬物の写真があります。

by ymgchsgnb | 2012-04-19 23:48 | foods | Comments(0)
2012年 04月 18日

先日の京都ロケ

先週O.Aされた「鉄腕DASH」のロケで、京都へ行ってきた時のスナップです。
全国的に桜の開花が遅れてますけど、O.Aのとおり京都もまだまだでした。
東寺の枝垂桜もご覧の通り、まったくの状況。。。

今回のロケでは京都の中心部というよりも、郊外を巡りました。
今まで、公私ともにあまり京都へは行く機会が少なかったですが、夏のキャンプでも行こうと
計画していたり、プライベートでも桜や紅葉の写真を撮りに、是非とも訪れてみたいところ。
そのプライベートで行った際に、非常に役に立ちそうな情報を今回は仕入れてきたので、
近々出かけてみたいなと・・・。
それでも車で行った方がいいのか、電車や夜行バスで行った方がいいのか、迷うところでもあります。
ひとりで行くのか、何人かで行くのかによりけりですな。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 4>
東寺の五重塔と枝垂桜
f0157812_15595443.jpg


More・・・あと9枚、京都ロケでの写真があります。

by ymgchsgnb | 2012-04-18 16:06 | business trip | Comments(0)
2012年 04月 14日

Good Bye , Grandfather...

今週、じいちゃんが逝った。
齢90でしたよ。

もう、かれこれ3年くらい転院を繰り返しながらの寝たきり生活を送ってたんだ。
あんなに丈夫だったのにね〜。
ちょっとした脳梗塞が原因で転けて入院したが最後、筋肉は衰え、関節は固まり、誤嚥により
食事は栄養分を胃に直接送るだけで、経口での食事は何年も摂れなかった。
元々耳も遠かったから、コミュニケーションも満足に取れなくなり、見舞いに訪れても、
晩年は眠っていることが多く、目も開いてなかった・・・。

ようやく楽になれたんだ。
桜満開、春爛漫、満月の夜に旅立った。最高の季節に。

初孫の自分をはじめ、たくさんの曾孫達と、ばあちゃんとまったく同じ形で見送った。
また向こうで、ばあちゃんとケンカが始まると思うとやれやれだが、それもまた微笑ましいものか。
あんまりばあちゃんを怒鳴るなよ。。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM>
f0157812_16333689.jpg


by ymgchsgnb | 2012-04-14 16:33 | essay | Comments(0)
2012年 04月 11日

桜 photo by Instagram

仕事の合間や、散歩の途中、様々なシーンで桜を見上げることの多い今日この頃。
なかなか今年はスケジュールが合わず、一眼レフを持って桜ドライブする機会に巡れないですが
こうやって「iPhone + Instagram」の最強コンビで撮影しまくっています。

Twitterに連動したInstagramやFacebookでもUPしているので、既出のものばかりですが
改めてブログにも上げておきましょう。
最近ブログの更新も滞ってることですし・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 4>
青山霊園
f0157812_12122495.jpg


More・・・あと7枚、桜の写真があります。

by ymgchsgnb | 2012-04-11 12:15 | snap shot | Comments(0)
2012年 04月 02日

東京無線アプリ

TAXIを利用するには、タクシースタンドに並ぶ、流しているタクシーに手を挙げる、タクシー会社に
電話して配車してもらうなどの方法がありますよね。今までは。
最近ではスマートフォンの普及により、様々なアプリが開発されるなか、タクシーを呼べるアプリも
チラホラ出てきました。
そこで東京ではお馴染み東京無線のアプリでタクシーを呼んでみました。

事前に設定から携帯番号やカナ氏名を登録していたので、起動してすぐにGPSで今の位置を地図上に
表示された「いまココ」に 「ココに呼ぶ」マークを合わせる。
以降の操作手順などは下記で画像とともに説明するとして、初めてこのアプリを使ったときに感動したことをひとつ・・・

仕事が深夜にまで及んだ午前3時頃。タクシーを拾おうと、都心からやや離れた幹線道路沿いにいた。
タクシーチケットには東京無線を含め3社の指定があったので、それらのタクシーを探していたけど、
夜では辛うじて空車のランプまでは見分けても、ヘッドライトの逆光で、タクシー会社の判別までは
なかなかできないものだ。特にスピードを上げて走っている深夜の幹線道路では尚更のこと。
かと言って、横道に入っても深夜なのでタクシーはおろか、一般の車すらいない。
一緒にいた仕事仲間が「もう、配車センターに電話しようか」と言ったところで、決心がつき(何で?)
試しにインストールしたてのアプリで呼んでみることにした。
アプリを起動し、「いまココ」に呼び出すこと数秒、迎車中となるとともに無線番号が表示された。
画面下に「現在のタクシー位置」という項目があって、地図を表示しようとしたその刹那、、、
目の前にタクシーが1台急停車したのだ!
何が起こったかと、そのタクシードライバーに恐る恐る名前を告げると、「いや〜、お客さんの名前が
いきなり表示されて・・・」と、そのドライバーさんもアプリで呼び出されたのは初めてのようだったのだ!

話しを聞くには、アプリから送信された情報はネットを通じ、配車センターのサーバー、GPSを介し、
東京無線4,000台のタクシーの中から、注文を受けた場所周辺の最適な車両に、客の名前と位置情報が
ナビに表示されるようだ。

ドライバーも、また客である自分も、やや興奮気味で深夜のハイウェイを往くのであった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_159228.jpg


More・・・あと6枚、東京無線アプリの画像と説明があります。

by ymgchsgnb | 2012-04-02 15:29 | essay | Comments(0)