Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 25日

パンのペリカン

以前テレビで見て、パン屋を訪れてそこのパンにカルピスバターを合わせて食べたら最高だって言うグルメロケを見たんです。
そのパン屋は浅草にあるペリカンってお店で、昭和24年創業の老舗。
機会があったら行って買って食べてみたいな〜と思ってはみたけど、なかなかそっち方面に行く機会が無いままに
そのことは忘れてしまっていた・・・。
カルピスバターのことは覚えてて、以前のブログネタにさせてもらった。

そんな或る日、友人から突然浅草土産だと言って包みを渡されたのです。
「何?人形焼き?せんべい?」いずれもハズレだと言う。促されるまま開けてみると「ペリカン」と書いてある紙袋 (゚O゚ )
中には角形のパンが1斤入っていた!
ややっ!!!一気に忘れてた事が思い出されたと同時に、嬉しさと喜びと驚きと部屋とYシャツと(ry
職場の近所に店があるようで、夕方前には売切れてしまう有名店だから、仕事を抜け出してわざわざ買ってきてくれたんだって!
そのことが嬉しくて、抱きしめて捏ねまわして焼き上げてパンにして喰ってやろうかと思ったほど。

しかしペリカンのパンとカルピスバターを合わせて食べたい願望はブログにも書いてないし、
当時Twitterでつぶやいたのかな〜?友人に問うと、そんなこと「知らな〜い」と無邪気な答え。
実際はパンにして喰っちまわず、感謝を述べてありがたく頂いたのであった。

ドライイーストによって発酵してるんじゃないかと思うくらい膨れ上がったワクワク感がピークに達した翌朝、
満を持して分厚めにナイフを入れ、9cm四方と小柄な食パンをトースターで焼くのであります。
友達曰く、トーストがベストな食べ方のようで、サンドウィッチには向かないようだと念を押された(しつこく)

朝の香りをともなって焼き上がったトーストと、久しく冷蔵庫で眠り続けていたカルピスバターのご対面だ。
早速こんがり肌のペリカンさんに抱かれ、しばしの緊張が和らいでいくように溶けてゆくカルピスさん。
そんな空気感漂うふたりの間合いを切り裂くようにかぶりつく。
やがてふたりは結ばれたのだ、わたしの胃の中で。。。

まぁ簡単に言うと「うんまい」のです。カリカリでもちもち食感なのです。
ん?もちか・・・? いや、パンです。
カルピスバターが溶け切らないうちに食べるのがいいと思う。テレビでも言ってて過去のブログでも紹介したけど
パンに塗ってと言うよりも、パンに乗せて食べるバターなのだ。
パンがバターを、バターがパンをお互いの良い所を引き出しているような、そんなトーストでした。

「新しいパンを作りたいと思ったことは一度もない」「さりげなく、細く長くおつきあいができるパン」
そこを追求してるから、それだけの人気と信頼が得られるパン屋さんになってるんだなぁと思うのでした。

ちなみにわたしは、ごはん党です(てへぺろ)(死語)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_1410138.jpg

f0157812_1494019.jpg


More・・・・・あと3枚、ペリカンのパンの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-04-25 14:19 | foods | Comments(0)
2013年 04月 22日

鎌倉土産 (2)

飛び飛びになっちゃってますが、もうひとつお土産を買ってきたんです。
これまた豊島屋ですけど。。

鳩サブレーのあぶらとり紙なんですけどね。
これ、名刺入れにいいなぁって。
だってオイラの顔面の脂は、この手のあぶらとり紙じゃ何枚使わなきゃいけないんだよって程の
油量なもんで、実際は男のゴシゴシペーパーじゃないとさ、、

だから名刺入れとして使いますよ。
デザインもかわいいしね。

でも名刺入れに鏡が付いてるってのも変か・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_229319.jpg
f0157812_2294210.jpg


More・・・・・あと2枚、あぶらとり紙の中身写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-04-22 10:00 | essay | Comments(0)
2013年 04月 20日

鎌倉土産 (1)

前回のパンケーキネタから、かなり間が空いてしまったけど、そのとき行った時に買った土産物をば紹介します。

鎌倉土産の定番お菓子って、やっぱり豊島屋の鳩サブレーだよね?
本店に行ってきて買ったんです。お菓子じゃなくて、グッズ的なやつを。

まずは「鳩けし」。鳩サブレー型の消しゴムってことですな。
しかもそのサブレー消しゴムを分解すると、中にも小さな2羽の紅白鳩けしが入ってるんです。
かわいいね。
普段消しゴムなんて、メッキリ使わなくなってしまったけどね。
消しゴムよりも、入れ物の缶缶の方が使えるかなって思って買ってきたんだけどね。
だって、消しゴムとして使うのもったいないよね?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_1159347.jpg
f0157812_11595279.jpg


More・・・・・あと4枚、鳩けしの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-04-20 12:03 | essay | Comments(0)
2013年 04月 15日

「カフェ坂の下」のパンケーキ

長谷はやっぱり長谷寺だね。
写経したんだぜっ。スゴイだろっ。初めてだぜっ。
入山料(300円)の他に写経代(1,000円)払って弁天堂へ行くと、机にはなんやかんや一式揃ってんの。
正座じゃないから安心だよ。
写経や写仏などあるけど「般若心経」を選択した。用紙には薄く書いてあって、文字をなぞるだけになってえるの。
久々に硯で墨を磨ると、心が鎮まるような?みたいな?いよいよ書き始めると墨汁が薄い薄い(笑)
心を持ち直してまた磨る。300文字弱の書き写し、丸々1時間かかります。
堂内には数人が写経をしていたが、静寂の空間。外からの観光客の喧騒など意に介せずといった空間。
最後に志をそえて奉納して出てきました。だから、写経の写真は一切無しよ。堂内も撮影禁止よ。
でも、ちゃんとやったよっ。

写経を終えて境内を散策。長谷寺は紅葉時期のライトアップ写真を撮りに来ただけで、こんな高台からの
展望があるなんて知らなかった。材木座海岸越しに逗子、葉山、三浦半島までの眺望がキレイだった。

さて、おやつの時間になりました。気になるカフェの場所を確認と言いつつ中へ。。
ここはカフェ坂の下。ドラマのモデルになったんだってね。へぇ〜。
まんま家のカフェ。椅子とテーブルもまちまち。とりあえずパンケーキ。本日パンケーキ2品目。

とにかく、しあわせな時間が流れたのであった。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_111999.jpg


More・・・・・あと2枚だけ、長谷寺での写真があるよ!!!

by ymgchsgnb | 2013-04-15 11:02 | snap shot | Comments(0)
2013年 04月 14日

「イワタ珈琲店」のホットケーキ

鎌倉行ってきたよ。
目当てはいろいろあったけど、ホットケーキが目的かな?と女の子みたいなことを言ってみる。

まずはお昼時にイワタ珈琲店へ。鎌倉駅前小町通りへの入口付近にあるよ。
混んでて並ぶのを覚悟してたけど、全くの待ちなしで庭に面した最高の席に通されちゃった。
今回はあまり写真は撮ってないんだ。そして写真もちょっとヘタっぴなんだ。
店に入った途端に聞かれる「ホットケーキは食べますか?」の問いに「もちのろん」という心の返答。
焼き上がりに30分ほどかかるから、最初に尋ねるんだね。
ホットケーキの焼き上がりまで、プリンアラモードとドリンク発注してその時を待つ。

そして、その時がやって来た☆
ハイタワーですよ!わっぱ弁当で言ったら豪華二段弁当ですよ!
見た目より直径は短いけど、圧巻の分厚さであります!
プリンアラモードも同時に運ばれてきて、まさに「わーーい!」であります。

ホットケーキに重点を絞って語ると、見た通りのフワフワふっくらで、天面はややカリカリに焼き上がってた。
味は素朴な昭和のホットケーキで美味しかった。どうやって焼くんだろ?
添えてあるバターを配置し、ギアナ高地に雨を降らせるかの如くシロップを潤沢に流し命を吹き込む。
高所から流れ落ちるシロップはまさにエンジェルフォールであります。

とてつもなく、しあわせな時間が流れたのであった。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_9211970.jpg


More・・・・・あと2枚だけ、イワタ珈琲店での写真があるよ!!!

by ymgchsgnb | 2013-04-14 09:21 | foods | Comments(2)
2013年 04月 02日

宮崎の夜

宮崎に泊まるのは初めてだったんだけど、たった1泊だけだったのが残念。
宮崎の幸をもっと堪能したかったね。

夜は、音声部全体飲み会があって地元の居酒屋に出かけた。
そこで宮崎名物の一角「炭焼き地鶏」は食べられたけどね。美味しかったよ!いつまでも咀嚼していたい感じ。
飲み会が終わると、三々五々宮崎の夜に散って行く皆さん。自分はうどんを食べにいく一行に付いて行った。
最初、なんで宮崎なのにうどんなんだよ・・・って思ってたんだけど、後からうどんも名物だと知った。
一緒に行った中に3夜連続で通ってる奴もいて「そんなに!?」って思ったけど、食後にはそれもわかる気がした。

宮崎の歓楽街の一角に、そのうどん屋さんはあった。宮崎名代「戸隠本店」。
店内に入ると結構広く、10人近い人数で訪れたのに余裕で受け入れる客席数。
客の入りは活況で、撮影部隊の連中も食べていた。壁にはサインが四方八方に埋め尽くされている。
メニューは下の写真の通り、シンプルなものだけど「戸隠」って店名からすると蕎麦を連想するけど、
うどんがメインのようだ。一応蕎麦もあるけど誰一人食べてる人は見かけなかった。
自分が注文したのは「釜揚げうどん卵入り(並)」、みんなは(大)を注文してた。

運ばれて来たのは、稲庭風の細めの茹でたてうどん。泡立っている。
つけダレには揚げ玉とネギ、卵が沈んでいる。
早速食べてみると・・・「美味い!びっくり!!」九州だけあってタレは甘めだけど、嫌味のない柚子?の香りも。
初めて食べるタレの味だった。もしかしたら柚子じゃなくて日向夏とか九州名産の柑橘類とか使ってるのかなぁ?
うどんの細さも相まって、つるつる入っちゃう。こりゃ3日通うのわかるわ!替え玉したいくらい。
ちなみに麺もタレも別々で注文できるから、替え玉も可能だね。

歓楽街で呑んだら、こういうの食べたくなるんだろうねぇ。自分は呑兵衛じゃないけど、いいねコレ☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_113735.jpg
f0157812_1132047.jpg


More・・・・・あと2枚、うどんとメニューの写真があるよ〜!!!

by ymgchsgnb | 2013-04-02 11:05 | business trip | Comments(0)