Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 31日

みちのくひとり旅 〜 稲庭 〜

喜多方でラーメンチャージした後は、ひたすらにクルマを北上させた。
山形県入りして米沢、南陽、山形、天童、尾花沢、新庄と華麗にスルーして行き、いつの間にか秋田県入りしていた。
完全に山形はスルーなのであった。。

昼ごはんは、B級グルメでお馴染みの「横手やきそば」を食べようと横手へ向かっていたが、
ふと、稲庭うどんの存在を思い出した。
ナビで調べてみると、稲庭地区まで15km程と近かったので、羽州街道を反れて稲庭へと向かう。
稲庭うどん屋は佐藤養助 総本店が老舗中の老舗らしいので、そこを目的地とした。
田んぼを抜け、山間を縫って行った先、国道398号に合流したところにお店はあった。
昼時とあって、マイクロバスなど来店してきている団体もいたが、店には混雑することなく入店できた。
早速メニューに目を通すと、由緒ある老舗でも値段はまぁ普通でひと安心。その昔、一子相伝、門外不出の製法で
明治、大正、昭和の天皇に愛されたうどん。明治期には宮内省以外の一般には出回ってなかったとか。
江戸期には佐藤さんち以外「稲庭干饂飩」を名乗ってはいけなかったとも。
今は7代目の佐藤さん。「現代の名工」にも選ばれているよ。

そんなどんうー(怒られるよ)だけど、味は如何か?
そう言えば、これで日本三大うどん制覇だ!讃岐も水沢も、ちゃんと現地で食べてるもんね。やった!
注文したのはおすすめの「二味天せいろ」。つゆがしょう油と胡麻の2種類楽しむことができるんだ。
余談だけど、こんな伝統と格式の佐藤養助商店なんだけど、メニューにグリーンカレーつけめんやら
魚介トマトスープつけめんなど、モダンなものもあって「時代」を感じてしまう。。

さて肝心の稲庭うどんは?個人的には細いうどんは好きじゃないんだけど、ツルッツルの食感が最高。
讃岐、水沢ほどの衝撃はないものの、のどごしが良くて冷たいうどんを真夏にツルッとやりたいね。
しょう油つゆは、だしが利いてて香りが良く、胡麻の方は、しゃぶしゃぶの胡麻ダレみたいにしつこくなく
サラサラ系でクドくない香りが良かった。

お土産に、店で出してるのと同じ長さ太さの直営店限定お徳用干饂飩を買った。
別タイプの手延べうどんの切れ端セットもサービスで貰っちゃって、家で食べるのが今から楽しみ☆

ここで薄々気づいていたが、麺喰いの旅の様相を呈してきたのである。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_2211349.jpg


More・・・・・あと3枚、稲庭での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-05-31 22:16 | foods | Comments(0)
2013年 05月 30日

みちのくひとり旅 〜 喜多方 〜

GWを有する5月にもかかわらず休みが少なく、連投も続いていた。月末の帳尻合わせかシフトは連休(仮)になっていた。
デスクは「95%連休」と言うので、その言葉を真に受け仕事が終わって帰宅後、準備を整え22時頃出発した。
向かったのは「北」だ。何故か?西から梅雨入り宣言が聞こえる中、雨を逃れるために北へ向かった次第。
若い頃によくやっていた車中泊の当てのない貧乏旅だ。最近またこれが愉しくなってきた(笑)
極力高速を使わず、一般道でひたすら夜を往く。
東京から青森までつづく日本一長い国道4号線に埼玉で合流して、栃木、那須を抜け関東を脱出。
東北の玄関口、白河に着いたのは夜中の3時になっていた。
朝食は、札幌、博多と並ぶ日本三大ラーメンの地「喜多方」でラーメンと決めていたので、そこに照準を合わせ、
白河スマートICから東北道に乗って、最初の阿武隈PAで仮眠をとった。
ほんの2時間ほどの仮眠の後、東北道から磐越道に移り、磐梯河東ICで高速を下りる。

雲がかかった磐梯山を背に向かったのは坂内食堂。朝からやってる有名店ということで決めた。
開店10分前の6時50分に店の前に着くと、もちろんまだ開いていないが、ホントに朝7時に開店するのだろうか?
隣接する稲荷神社が店の駐車場なので、そこで待機して7時過ぎに再び行ってみると、暖簾が出ていて、すでに先客がいた。
まず注文してお金を払い席で待つ方式だ。この店は喜多方ラーメンの全国チェーンにもなっていて、
何度か行ったことがある。
本店に来るのはもちろん初めてだけど、やはりチェーン店とは店の雰囲気が違う。老舗感が半端ない。
店内に充満しているスープの香りで、さらにお腹が減ってきて待ち遠しい。

さぁ来た!朝ラーだ!!
頼んだのは「肉そば」(900円)。やはり写真映えするものを注文してしまう☆
12枚のチャーシューで特徴的な極太ちぢれ麺がまったく見えない!
透明なスープは口に含んだ途端、旨味が全身を駆け巡る。麺も大好きな太麺。香りがいい。肉もバクバク進んでしまう。
食べてるうちに、地元の常連客であろう年配のおじさんやおばさんが、ぞろぞろとやって来た。
地元に根付いたラーメン屋さんなんだなぁ。

休日ともなると朝から、数十人レベルの行列ができてしまうようだけど、平日はさすがに余裕だね。
今度来た時は、喜多方ラーメン発祥店に行ってみようかな。

さて旅の本格スタートです!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_15403435.jpg
f0157812_15405243.jpg


More・・・・・あと5枚、喜多方での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-05-30 15:42 | foods | Comments(0)
2013年 05月 19日

国営ひたち海浜公園(5)

これまで紹介してきたネモフィラ畑。キレイで広大で、目を奪う光景ですよね。
さぞかし清々しく花香るところなんでしょう・・・いや、お肉の焼けた匂いが充満しております(笑)

昼どきともなると、隣接している売店から美味しい匂いが5月の風に乗って漂ってくるんです。
その中でも「豚ドッグ」と「ハム焼」の売店からはひと際いい匂いがしてきます。
これは食べなくてはいけません!

豚ドッグ(400円)は、40cmもあろうかというウインナーを豪快に挟んだホットドッグです。
パキパキでジューシーで、食べ甲斐あります。
ハム焼(500円)は、五浦ハムを30cmほど巻き付けた、これまた豪華な串焼きです。
まさに旨味の塊で、何本も食べたくなってしまう串でした。また食べたい(´ρ`)

ひたち海浜公園は、ここ以外にも季節によって様々なお花畑が鑑賞できて、ギリギリでチューリップも咲いてました。
ポピーも少し咲いてましたね。
遊園地の方にも足を延ばして、園内を散策してみましたが、ホントに全部を見回そうとしたら、レンタサイクルを
借りないと行けなそうでした。
こんな公園が近くにあって、ひたちなか市民が羨ましい。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_13274043.jpg

EF35mm F1.4L USM
f0157812_1328042.jpg


More・・・・・あと10枚、国営ひたち海浜公園でのオマケ写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-05-19 13:31 | photo | Comments(0)
2013年 05月 17日

国営ひたち海浜公園(4)

マクロ撮影に没頭しまくってます。。
レンズを手前のネモフィラに押し付けつつ、キレイな前ボケを狙います。
今回は自分的に満足できる写真がいくつか撮れました。
でもマクロ撮影の達人レベルには到底届きません。本当上手な人はキレイな世界描写しますものね。
こりゃ完全にアングルファインダー買った方がいいのかな・・・。

今回でネモフィラのマクロ写真は一応おしまいね。
国営ひたち海浜公園的には、あとちょっとオマケがありますが、来年もネモフィラの季節になったら
撮影しに来たいね。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
f0157812_2431137.jpg
f0157812_2432770.jpg


More・・・・・あと9枚、国営ひたち海浜公園でのネモフィラ畑の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-05-17 10:30 | photo | Comments(0)
2013年 05月 16日

国営ひたち海浜公園(3)

芝桜の時ほどの風は強くはなかったけど、ネモフィラは芝桜と比較して茎が長いから、ちょっとの風でも
揺れ幅が多く、相変わらずのマクロ撮影泣かせではあります。
でも昼頃にもなると、ほぼ無風状態に近くなり、安定した撮影を続けることができました。

乱暴な感じで言ってしまえば、マクロ撮影なんてフォーカスさえ合っていれば、美しい写真が撮れるんですよ。
偉そうついでに言うと、あとの要素は構図なり、前ボケ後ボケなりで美しさが決まるじゃなかろうか。

このようなお花畑は、マクロ撮影に持ってこいの場所。ついつい時間を忘れて、没頭してしまうのです。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
f0157812_2132112.jpg
f0157812_21331211.jpg


More・・・・・あと8枚、国営ひたち海浜公園でのネモフィラ畑の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-05-16 10:00 | photo | Comments(0)
2013年 05月 15日

国営ひたち海浜公園(2)

昼頃になると、人出が増えてきた。
と言っても、芝桜の時と同じようにGWほどではないでしょう。
そんな昼頃になって、ようやく撮りたかったアングルを見つけたのです(遅い)

一面のネモフィラ畑に松の木が1本だけある、ここの代表的な風景。
残念ながら観光客なしでは撮れませんでした。
これ、どうして全然気づかなかったか?
この公園には入口が4つあって、一番近いと思われた「海浜口」から入園したんです。
そうすると、ネモフィラ畑の横っちょに到達してしまって、そこからだとなかなかこの風景に気づけないんですよ。。
もうひとつネモフィラにアクセスし易い「西口」から入園していれば、方向的に真っ先にこの風景に出会えたはず。。

どうもこのネモフィラ畑、丘に上がって見下ろしながら眺めたり、写真を撮ったりするよりも、
下から見上げるようにして眺めたり撮ったりした方が、迫力がありますな。

ひきつづき、望遠で撮ったり、ソフトフィルター入れたりして撮ってますので、どうぞご覧あれ☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
この景色が撮りたかった(> <)
f0157812_8294057.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
ポピーが紛れてるぞ (゚o゚)
f0157812_830931.jpg


More・・・・・あと11枚、国営ひたち海浜公園でのネモフィラ畑の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-05-15 08:36 | photo | Comments(0)
2013年 05月 14日

国営ひたち海浜公園(1)

富士の芝桜まつりへ行ってきたことを紹介したばかりだけど、実はその翌日、今度は別のお花畑にいた。
ここは茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園
とてつもなく広大で、ディズニーランドの5倍ほどの敷地面積があるようだ。
実際公園として利用されてるのは、その半分程度らしいが。。

何年も前からここに来たかったけど、ようやく来れた。
ゴールデンウィーク前後になると咲き乱れる、圧巻のネモフィラを見に来たかったんだ。

朝4時半に神奈川の自宅を出発し、頑固なまでに高速を利用しないで一般道をひた走って行った。
時間はかかるが、なにより一般道は面白く、都会でもそれなりに旅情を感じる。
1回のコンビニ休憩と、土浦辺りの朝の渋滞を経て、開園時間の9時半ぴったりに着いた!
国営公園だから開園が遅いよね。。

駐車代500円と入場料400円がかかる。
多少撮影準備に時間を要したので、よーいドンで入場した訳ではないけど、早歩きでネモフィラ畑を目指した。
何故かは、誰もいない広大なネモフィラ畑を写真に撮りたかったから。

畑に着くと、目を丸くするほどの眼前の景色に心を奪われるも、急いでシャッターを切ってゆく。
木が1本だけ立っていて、それ以外はすべてネモフィラ畑という、印象的な風景はどこにあるんだろう?
見つからないまま右往左往してう内に、ドヤドヤと観光客とアマチュアカメラマンが押し寄せる。。
結局撮りたかったアングルでの撮影が叶わないまま、人ゴミに覆われた青い山と化した・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_18272880.jpg
f0157812_18274319.jpg


More・・・・・あと10枚、国営ひたち海浜公園でのネモフィラ畑の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-05-14 12:00 | photo | Comments(0)
2013年 05月 13日

カチカチ山

本栖湖の芝桜会場をあとにしてまず向かったのは、お昼ごはん会場でした。
もうこれは是非モノなわけで仕方がないんですよ。そう、ほうとうの「小作」(河口湖店)でございます。
写真は無いけど一応、(珍しく)ノーマルかぼちゃほうとうと、(珍しく)馬もつ煮をいただきましたよ。
大変美味しゅうございますだ。

さて、河口湖畔には天上山、通称「カチカチ山」があって、ロープウェイで登って行けるのは知っていたので
「天気も良いからいっちょ登ってみっか!」と相成りました。
JAFカード提示で10%OFFの往復料金630円を払い、ほとんど待つこともなくロープウェイへ。
1,075mの山頂駅まで約3分。もうそこは絶景であります。
富士山は裾野から山頂まで100%丸見えだし、河口湖も丸見え!
眼下に富士吉田の町を見下ろし、眺望は最高です!

そもそも何でカチカチ山?
これが、太宰治の「お伽草紙」に収録されてる「カチカチ山」の舞台に(たぶん)なったからなんですって。ふ〜ん。
それで、たぬきに対するうさぎの残酷過ぎる仇討ちの様子がわかる人形がチラホラしてるのね。

山頂駅付近には展望台や売店、うさぎ神社などがあり、三ツ峠への登山道入口もあります。
今度ハイキング程度に三ツ峠登山してみようかなぁ。往復6〜7時間コースらしいっすよ。
あと、混雑必死だろうけど河口湖湖上祭の花火をここで見てみたいなぁ〜。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
どどーん
f0157812_4253969.jpg

じゃじゃーん
f0157812_426474.jpg


More・・・・・あと12枚、カチカチ山での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-05-13 09:45 | drive | Comments(0)
2013年 05月 12日

富士の芝桜まつり(4)

バリアングルの液晶も無い、寝そべってもいない、じゃあどうやって撮ったか?

まずは普通にカメラを右手で持って構える。
そのまま右にカラダを傾けて、右手が地面に付くくらいローアングルにする。つまり縦フレームになる訳だ。
下半身は片ひざついて、上半身は90度折れ曲がってる状態。
左腕を地面に手を付け、上半身を安定させるといいね。
その体勢でアングルを探って、いざシャッター!

縦フレーム写真になっちゃうけど仕方がないよね。
今回の横フレーム写真は、縦写真をトリミングしたんじゃなくて、単に頑張っただけねw
こうなると本気でアングルファインダーか、外付け液晶が欲しくなるよ・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
多摩の流れ
f0157812_3525938.jpg

スカーレットフレーム
f0157812_3531732.jpg


More・・・・・あと8枚、芝桜のマクロ写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-05-12 08:00 | photo | Comments(0)
2013年 05月 11日

富士の芝桜まつり(3)

マクロ撮影での大敵は「風」でしょう。
ミリ単位でフォーカスを合わせなくてはならないから。

この日は写真では、いっちょ前に五月晴れだけど、放射冷却の影響で春先に逆戻りしたかのような寒さ。
しかも北風がビュービュー吹き荒れて、比較的茎の短い芝桜も、絶賛風にあおられています。
厚めのウインドストッパーを着て行かなかったら、大変な事になっていたよ。

そんな状況下ではじめたマクロレンズでの撮影。最初はまったく思った通りに撮れず、挫けそうになった。
自分的にはズルなんだけど、ライブビューでの撮影を試みるもまったく効果なし。。
風を止む一瞬を突いて、フォーカスを合わせ、シャッターを切ってゆく。
マクロ撮影をしている姿って、他人には滑稽なんだろうなぁ。地べタに這いつくばるようにして撮ってるんだから。。
本当は完全にうつ伏せの状態で、匍匐前進しながら撮りたいんだけど、他人の目を気にCだからやらない(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
マックダニエルクッション
f0157812_5473549.jpg

リトルドット
f0157812_5482060.jpg


More・・・・・あと10枚、芝桜のマクロ写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2013-05-11 08:00 | photo | Comments(0)