Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

常念岳 一の沢ピストン(1)

夏山初めは、6月初旬から狙っていたのです。
しかしいつものことながら、予定立たない不定休と出張やらの忙しさで、なかなか山へ赴くことができないでいた。
そして富士山の山開きの声も聞こえはじめた6月も終わろうとした休日、「山へ行こう!」のタイミングが来た。
どこへ行くか?候補は3つに絞った。
その中から行きたい順は、常念岳 > 富士山 > 八ヶ岳 。天気の具合は、富士山 > 常念岳 > 八ヶ岳 だ。
八ヶ岳はここで落選。富士山は毎年恒例だし、近いのでいつでも行ける。
消去法ではないけど、北アルプスへの強い憧れと、若干天気の不安もあるけど一縷の望みにかけ常念岳に決めた。

仕事を終えて帰宅後、荷造りと2時間足らずの仮眠の後、午前3時に家を出た。
中央道を相模湖ICから乗り、長野道の梓川スマートICで下り、登山口へと向かう。
朝の時点で安曇野のシンボルには雲がかかっていたが、晴れそうな兆候もあったので希望を持って進む。
今回は、常念岳を目指すのに一般的な「一の沢」をピストンする日帰り可能ルートだ。
距離的には少しあるが、何となく初級向けルートな印象だったので、夏山初めのウォーミングアップには良いだろう。

登山口から約1km手前の駐車場にクルマを停めると飛び虫、羽虫が多いのが気になった。
そして当然のようにsoftbankは圏外なので、iPhoneを機内モードにしてただのデジカメにする。
舗装路を15分程行くと登山口に着いた。登山届をポストに投函し歩き出したのは6時45分でした。
5時過ぎくらいに登り始められればと思ってたけど、やっぱり表銀座と言えども北アルプスは遠いね。

しばらく急な登りというのは無く、比較的緩やかに樹林帯を沢の音を片耳に歩き進んでゆく。
沢沿いの道に出ると、気温が5℃は下がった感じがしてヒンヤリ気持ち良い。
しばらく他の登山客は、登山口で年配3人組と挨拶を交わした以外に、追わつ追われつの年配男性ひとりのみ。
しかし鬱蒼とした登山道だ。登り始めの標高からしたら仕方がないことだけど、樹林帯があまりにつづくのは
苦手と言うよりキライだ。
そりゃ景色も無ければ、羽虫が顔前を鬱陶しく飛び回るのだからそうならざるを得ない。
それでも憧れの絶景を見るためにはと希望を大きく持ち、一歩一歩足を運んでゆくのだった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_10202993.jpg
f0157812_1020465.jpg


More・・・・・あと14枚、常念岳一の沢ルートでの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-06-30 10:47 | outdoor | Comments(0)
2013年 06月 28日

試乗記 〜 HONDA アコード ハイブリッド 〜

ホンダのハイブリッド攻勢は、このアコードハイブリッドから狼煙を上げる。

今までの1モーター式のIMAシステムを一新して、1〜3つのモーターを搭載する新ハイブリッドシステムがある。
マスコミ向けのホンダミーティングが昨年行われ、記事で紹介されてたのを見聞きしてからは興味津々だった。
まず市場に投入してきたのは2モーターのSports Hybrid i-MMDだ!長いネーミングだこと。。
MMDのところは「マルチモードドライブ」ってことなんだけど、2つのモーターで3つの走行モードができるってこと。
難しいこと言うと大変だから詳しくは下記に譲るけど、如何に高効率にエンジンかモーターか、はたまた両方かを選び
モードを切り替えて走ってくれること。
しかも当然ホンダが仕掛けてくることだから、世界に類を見ない方式でってことなんだなぁ。

このような画期的なハイブリッドシステムをどうしてセダンのアコードから?って思うところもあるけど、
セダンシェア90%にも及ぶトヨタの牙城を少しでも切り崩したいってことなんだろうね。
ちょっと前に発売されたトヨタのクラウンハイブリッドよりも、サイズが大きいけど軽く、実質燃費も良く、
それでいて安いというね。走りの質感や内装のラグジュアリー感はクラウンに乗ってないから比較できないけど、
トヨタはおじさまたちの固定客が多いですからね。いくらアコードが良くて画期的なシステムでも、
なかなかトヨタのシェアは割れないでしょうね。
ホンダは少しでも早く、この2モーターシステムを売れ筋のステップワゴンやエリシオン統合型オデッセイに
投入すべきでしょうね。
あ、1モーター式の次期型フィットは9月5日発売ですってよ(フフフ...)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_17164237.jpg


More・・・試乗記のつづきはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2013-06-28 13:00 | test ride | Comments(0)
2013年 06月 26日

猫とあじさい

ファインダーに集中してあじさいを撮影していたら、突然足に何かが触れた。
思わず「ヒャッ」と飛び上がってしまった。
「なんだぁ、ぬこさんかよ・・・」
すっかり被写体はあじさいから猫に変わってしまっていた。

公園にいる野良猫だろう。
3匹いたぞ。
みんな耳がかじられてるぞ。
ケンカか?病気か?

雨に濡れないところをわかってるんだね。
ずっとあじさいの下から動かない猫。
レンズを向けると、こっちに向かって来て足元にまとわりつく猫。
他へ移動すると付いて来る猫。逆にこっち来いよと誘導してくれる猫。

ついつい雨の中、夢中になって猫を追っていた。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF100mm Macro F2.8L IS USM
f0157812_0424949.jpg
f0157812_0432786.jpg


More・・・・・あと14枚、猫とあじさいの写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2013-06-26 10:00 | photo | Comments(0)
2013年 06月 25日

あじさいと雨

あじさいって真ん中のつぶつぶの部分が花なんだよね?だよね?
ちゃんと調べてないけどさ。
じゃあ周りの花びらみたいなのは何なんだ?
ガクってやつかね?
真ん中につぶつぶがあるやつは、ガクアジサイって言うよね。

よく土壌のpHで色が決まるって言うよね?
赤っぽいのはアルカリ性、青いのは酸性かな。
鎌倉の明月院のあじさいはキレイだよね。明月院ブルーって言うよね。
自分は、土壌が酸性だろうが、断然ブルーのあじさいが好きだね。

今度、明月院以外のあじさいも見に行ってみたいぞ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
f0157812_20422523.jpg
f0157812_20423925.jpg


More・・・・・あと9枚、あじさいの写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2013-06-25 20:45 | photo | Comments(0)
2013年 06月 24日

雨とあじさい

紫陽花(あじさい)と言えば「梅雨」だとか、神奈川では「鎌倉」だとかのイメージがあるねぇ。
この時期の雨の日に、鎌倉へ行ってあじさい写真撮りたいなとか思ってるけど、なかなかタイミングと
重い腰が上がらない。。

鎌倉のあじさい写真は以前にも撮ってるけど、人が多くて嫌んなっちゃうもんね。
雨の日に行けば多少は空いてるかなぁ?でも雨だと撮影大変だろーなぁ。
雨が止んだ直後に行ければベストだよね。

今回は地元相模原でのあじさい撮影となりました。相模原の市の花があじさいなんでんでね。
しかも雨が止んだあと(ちょっとは降ってたけど)だから、撮影自体もそんなに大変じゃなかったしね。

色んな種類のあじさいが咲いてたな。色、形、大きさ。
雨のしずくが良いシズルになってるわい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_1065036.jpg
f0157812_107954.jpg


More・・・・・あと8枚、あじさいの写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2013-06-24 10:10 | photo | Comments(0)
2013年 06月 15日

試乗記 〜 ABARTH 595 competizione 〜

FIAT / Alfa Romeo東名横浜店の2階にABARTHの正規ディーラーがオープンしたのが4月だったかな。
ABARTHの試乗目的で訪れたのが5月の半ば。土日のフェアには仕事で行けなかったから、訪れたのは月曜日だった。

印象の良くない営業と対することとなる。まぁFIAT / AlfaとABARTHの兼任営業マンなのだろう。
ABARTHの試乗車は何があるのか訊ねると、500のコンバーチブルのモデルと595のコンペティツィオーネだと言う。
まずはノーマルな(?)ABARTH500を乗るべきなのだろうが、コンバーチブルよりもクローズドボディが良かったし、
何よりコンペティツィオーネというホットなクルマに乗ってみたかった。

淡々とした営業マンとのトークも盛り上がらないし、つまらなかったので一切595の写真は撮っていない。
今回は一部ネットの画像を拝借しましたよ。

さて、FIATのチンクと比べて、どんな乗り味・走り味なのだろうか??

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_1593117.jpg
f0157812_1594581.jpg


More・・・試乗記のつづきはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2013-06-15 16:20 | test ride | Comments(0)
2013年 06月 08日

みちのくひとり旅 〜 南三陸 〜

三陸海岸を宮古から南下してきて、ショッキングな光景をずっと見てきましたが、不謹慎だけど
それらの光景が見慣れてしまってきている自分がいるのも事実だった。
しかし陸前高田から気仙沼、南三陸に入ると、見慣れてきているにもかかわらず、さらにショックが増してきた。
川に架かる橋が仮設なものもあったり、歌津地区に来てみると、依然国道でさえ落橋したままで、
迂回をせざるを得ない箇所もあったりした。
そんな中、千羽鶴が壁一面に飾られていて「全世界のみなさんありがとう」と震災の支援についての感謝が表わされていた。

そしていよいよ南三陸に。津波の高さも相まって、特に被害が多かった地区だ。
今では瓦礫も片付けられ、何も無くなってしまった町に、防災対策庁舎の骨組みだけが物悲しく象徴的に残り、
あの悲劇を想起させる。

高台に上がり町を見下ろす。元の町の姿を知らないけど、震災以前の映像や写真を見ると、変わり果てている。
しかもこの町を見下ろしている高台でさえ波に飲まれているのだ。あの庁舎の屋上をも上まる潮位だったんだから
想像を絶する・・・。

しかし希望もあった。JR東日本のCM撮影も行われ、ポスターにもなっている南三陸さんさん商店街の存在だ。
海から約1.5kmの場所にあるが、ここも当時は津波に飲まれたのだろう。
三陸名物のウニ丼を売りにした海鮮のお店や、土産物屋、電機店から美容院まで集結している。
観光バスが多く停まっていて、駐車場もクルマがいっぱい。中央のフードコートも人で賑わっていた。
気仙沼で食事をしてきてしまったことを後悔するほど、ここでウニ丼を食べれば良かった!
せめてもと、お茶屋さんで売ってる抹茶ソフトクリームを購入した。
各店舗に地元中学生が職業体験で参加していて、学生にソフトクリームを作ってもらった。ありがとう!

町中に点在する白いメッセージボードには、町民たちの思いが書かれている。
また南三陸を訪れてみたい。ここがどのように「福興」していくかが気になる。そして応援したくなった。
今度来たら、さんさん商店街でたくさん買い物して来よう!!!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_20485784.jpg
f0157812_20485171.jpg


More・・・・・あと19枚、南三陸での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-06-08 07:15 | drive | Comments(0)
2013年 06月 07日

みちのくひとり旅 〜 気仙沼 〜

気仙沼の魚市場へ来てみたら、漁業は行われてるようだけど、周辺の建物の1階部分は持っていかれたままだった。
遅い朝ごはんというか、早い昼ごはんを食べたかったのだが、果たして気仙沼の幸は頂けるのだろうか?

漁港沿いを走っていると、2002年の旅で見た風景に出会った。そこに「気仙沼お魚いちば」があった。
ごはんが食べられそうな事と、ちゃんと復興していることに嬉しさを感じた。しかも新鮮な海の幸が豊富なのだ。
サメの心臓がまんま売ってたり、心臓の刺身も売ってた。ってことはフカヒレも獲れているのだろう。
隣接の食堂でご覧の海鮮丼を頂き、格別な旨さだった。食べて応援、お土産も買って微力ながら応援だ!

気仙沼をさらに南下してゆくと、三陸の鉄道の復興は絶望的なんじゃないかと思えてくる光景が次々と現れてくる。
橋脚や橋桁はあるけど、線路やその盛り土が無いのだ。そして線路の繋がっていないトンネル。
「陸前小泉」という駅がナビ上にあったのでクルマを停め行ってみた。ただの瓦礫と化していた。。
また一から鉄道を通すなんて、ホントにできるのか?一体いつになるんだ?
色んな意味で途方も無く思える。それらの光景を目の当たりにしてしまうと。

南三陸町へ入ると、さらに愕然とする光景が待っていた。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
3,200円也
f0157812_2225714.jpg

陸前小泉駅
f0157812_2232384.jpg


More・・・・・あと8枚、気仙沼での写真があります。。

by ymgchsgnb | 2013-06-07 10:00 | drive | Comments(0)
2013年 06月 06日

みちのくひとり旅 〜 陸前高田 〜

2002年の夏キャンプで、東北の海沿いを秋田の男鹿半島から福島のいわきまで走ったので、
三陸の海岸を走るのはそれ以来だ。今回は宮古から南下して行くルート。
宮古の市街から三陸国道に合流する際に、フラッシュバックのように映像が思い出された。
震災の報道で何度も流れた映像の中に、市役所から撮った防潮堤を真っ黒な海が乗り越えて、
船や車を押し流して行く見覚えのある場所に出たのだ。
宮古市は比較的高台が多く、三陸でも北側に位置しているし、宮古湾も北に向いているから、
2年以上経った今では、車窓から見える被害状況は大分落ち着いているようだった。
ただこれから見て行く、町などに比べたらの話しだ・・・。

三陸を南北に走る国道45号線は「ここから過去の津波浸水区間」〜「ここまで・・・」の看板が、
ひっきりなしに出てくる。区間内も現在地の前後左右のどこまで浸水したかの表示が多数ある。
後世に伝える意味もあって良いと思うが、ここまで浸水区間が多かったのかと圧倒される。
この後通過して行く山田町では、国道沿いの家々は半壊したままの姿が晒されたままの状況だし、
大鎚町の吉里吉里(きりきり)地区は、かつての陸橋が飴のようにひしゃげている。
今では草が生えて、畑かな?とも思う所も前までは人の暮らしがあったのだろう。
そんな中でも新しく家を建ててたり、コンビニがプレハブで営業していたりすると復興の兆しを感じた。

釜石、大船渡と大きな街を通過。カーナビの地図と実際の風景が合ってないところもある。
みんな海沿いはヤラれたまんま。
そして陸前高田市へやってきた。道の駅でクルマを停めてじっくりこの街を見てみようと思った。
ん?無い・・・道の駅が無い。
今Yahoo地図を見てみると、まだ街がそこにある。ショッピングセンターも公園も団地もあったんじゃん。。
あの有名な「奇跡の一本松」は見に行けるのかな?近くに行ってみると、工事現場かな?と思った所が
一本松への駐車場になっていた。朽ち果てた浄化センターを通り、荒れ果てた荒野のような道の向こうに
見えたいた。ひょろっとした一本の松に足場が組まれている。
最近復元をやり直してるようで、葉っぱの部分は下に置かれていた。一本松の向こうにかつてのユースホステルは
崩れたままだし、高田松原は無惨に何も無い。この元海水浴場から街に目を向けると、元の街がどうだったかは
覚えてないけど、一面何も無くなっている。陸前高田は「市」だから結構大きな市街があったのだろう。
でももうそこは荒野だ。これらの街が復活するのはいつなんだ?元へ戻るのか?元へ戻すのか?
直面してゆく車窓の風景に、苦々しい思いを抱きながら宮城県へと入っていった。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_7575517.jpg
f0157812_832997.jpg


More・・・・・あと13枚、大鎚町〜陸前高田までの写真があります。。

by ymgchsgnb | 2013-06-06 08:40 | drive | Comments(0)
2013年 06月 05日

みちのくひとり旅 〜 盛岡 〜

この日は朝から喜多方ラーメン、稲庭うどん、横手やきそばと麺三昧で来ている。
ここは当然夕食も麺で行かなければ、この日は終われない。
盛岡には三大麺というものがあって、わんこそば、冷麺、そしてじゃじゃ麺がある。
実はこの旅、当ての無い旅とは言いつつも、東北へ趣くなら盛岡で「じゃじゃ麺」を食べてみたい!
そんなコンセプトがあったのだ。だから夕方に盛岡を目指してたし、迷わず元祖店の「白龍(パイロン)」を目指した。

岩手県庁と盛岡城址公園の間にある、50m四方ほどの雰囲気ある一角のど真ん中に白龍はあります。
夕方だけにサラリーマンや学生で混雑しています。テーブルがいくつかと幅の狭いカウンターがあります。
カウンター席についてメニューを見ると、ぎょうざ以外まったく想像できないものばかり。
じゃじゃ麺が何かもよくわからないまま、何の予備知識も入れず訪れたので、とりあえず「じゃじゃめん(中)」を注文。
数分後出されたのは、幅の狭いきしめんのようなうどん?にきゅうりが散らしてあり、濃い色の肉味噌が鎮座している。
ちょうど自分の目の前にじゃじゃ麺の食べ方が書いてあったので、それを参考にやってみる。
酢を入れる → にんにく、ラー油を入れる → 肉味噌と、はじめから皿に添えてあるおろしショウガを交ぜる。
それらをひたすらに交ぜるのだ。2〜3口食べた感想はどうか?
味噌は見た目通りしょっぱい。隣りのサラリーマンが味噌を追加していて驚いたが、特別美味しいとは思えなかった。
お腹が空いてないからかなぁ?ちなみに添えてある真っ赤やつは紅ショウガね。

ところでメニューにある「ちいたんたん」って何だ?しかも50円って!
よく見るとちいたんたんの食べ方も書いてあったが、よくわからなかったので隣りのサラリーマンをマネてみた。
じゃじゃ麺をほぼ食べたところで、テーブルに無造作に置いてある生卵を皿に割り入れる →
卵を執拗なまでに溶く → 箸を添えて皿を店員に差し出す → するとゆで汁とネギを入れてもらい、かき玉汁のようになって
改めて出されるのだ。ちいたんたん(玉子スープ)とも書いてあった。
少し残った味噌をスープに溶かし、熱々を飲み干して〆るのが通例のようだ。なるほど。

ここまでじゃじゃ麺初心者とはバレずに振る舞えたかな?カメラバッグ抱えてた時点でよそ者感満載か(笑)
そして問題は会計だ。たぶん普通に「ごちそうさま〜」と言えばお代を言ってもらえるのだろうが、
他の客のお会計のやり取りを盗み実践してみた。
それは、常連を装い、店員に向かって「中のちん」と言ってみた・・・「550円でーす」と店員が言った。通じた!
店を出る背中は、完全に常連客だった・・・(だろう)
また改めてじゃじゃ麺食べに盛岡に来たいな。わんこそばもやってみたいし、冷麺は前に食べてるけど、
発祥店に行ってないからね。あ〜、盛岡今すぐにでもまた行きたいよホント。じゃじゃ麺もまた食べるだろうな。

このあと盛岡の広くて混雑してない、なかなか良い日帰り温泉施設でゆったりした後、三陸へ向けて
岩手の山道を横断して行った。途中暗黒の道の駅「やまびこ館」で車中泊して、翌朝は東日本大震災の
被災地を南下してゆく。ここからはお気楽グルメドライブとは行かない。心して走ってみたいと思った。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_19331296.jpg
f0157812_19332399.jpg


More・・・・・あと4枚、じゃじゃ麺の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-06-05 12:00 | foods | Comments(0)