Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 27日

山田うどんのパスタ

山田うどんって知ってます?
埼玉を中心に関東で展開してるチェーン店で、ごく普通のリーズナブルなうどん・そばを中心にメニューを据えたお店です。

そんなお店、何故わざわざ紹介するかと言うと、何年か前にTV(ケンミンSHOWかな?)で紹介されてた中で、
「もつ煮込み」が美味しくて人気だと言っていて、過去に1回しか行ったことがなく、その時は食べなかったから、
改めて今になって行ってみようと思い訪れてみました。
さらに、パスタを扱ってる店が数店舗あって、本拠地の埼玉では7店舗あるものの、その他では東京、千葉、神奈川に
1店舗ずつしか存在しないと言う。
ちょうど友人との旅の最終打ち合わせがあったので、神奈川県では唯一の「亀井野店」に出かけてみたのだ。

パスタと言っても、うどん用の小麦粉とパスタ用の小麦粉を合わせた独自の粉で仕上げたパスタで、今回は
カルボナーラを発注した。
そして忘れてはならないもつ煮込み、通称「パンチ」(笑) 何故パンチなのかはわからない。。
友人はチャーハンとうどんのセット。味の確認用?で一応餃子もね。
国内旅行の打ち合わせをしながら、テーブルの上では世界旅行をしているような感じになった。

出されたカルボナーラはイタリアには存在しない、まさしく日本のそれだ。しかも肝心な黒コショウの存在すら感じない。
散りばめられているのはパセリだろうか?早速うどん屋のパスタを頂いてみよう。
ふむふむ。もっちり食感で悪くはない。そう言われればうどんで、そう言われればフィットチーネだ。
あとは「日本然」としたカルボナーラの美味しい味だった。
そしてパンチ。これは無条件に美味しい。メンマなんかも入っていて食感も満足。通販もやってるから取寄せちゃおうかな?
あとの餃子、チャーハン、うどんはリーズナブルチェーン店レベルで特にコメントはありません。想像通りでした。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_14371115.jpg


More・・・あと2枚、山田うどんの写真があります。

by ymgchsgnb | 2013-10-27 14:38 | foods | Comments(0)
2013年 10月 26日

家系総本山「吉村家」

自分の中でラーメンに火がついたのは、かれこれ20年近く前のことか。
神奈川が地元ということもあって、家系ラーメンがお気に入りだった。
その若かりし頃、県内にある家系の店を回ったりもした。太ってた頃だ(今もか?)
いわゆる豚骨ベースのしょう油ラーメンに、ベージュに濁ったスープに中太麺、のりとチャーシュー、ほうれん草が
トッピングされているやつが好きだ。

今ではそんなラーメン店巡りまではしなくはなったが、お気に入り店には今でもふつうに足を運ぶ。
大桜などがそうだ。
最近では町田商店系に、むむむっとキテいる。家の目の前にもできたしw

さて、そんなこんなで家系大好きっ子を自称してますが、その家系発祥の店には行っておりませんでした。
発祥店 ・ 一号店好きでもありながら、何故今まで訪れてなかったのか、自分でも謎であります。
そしてようやく家系総本山 吉村家を訪れる機会が巡ってきたのです。
場所が横浜西口からちょっとのところにあって、駐車場は無いし、西口界隈には縁が無かったので行けなかったが、
ついに仕事で行った「ニッパツ三ツ沢球技場」の帰りに寄ることができた。

どしゃぶりの午後5時、行列ではなかったものの一人の待ち客がいた。先に食券を買ってあとに並ぶ。
すぐにカウンターに通され食券を出す。ラーメン(中盛)でトッピングはのり(60円)、味玉(60円)、野菜畑(80円)。
そして忘れてはならないお好みは、油少なめ。
先に野菜畑がやってきた。これはトッピングじゃなくて別皿のサラダなのか?ネットで見た写真にはラーメンと一緒に
盛ってあったけど。まぁ、ラーメンが来たら盛大に盛ってやれ。
程なくしてラーメンが来ると、野菜畑を盛りつけ写真を撮る。そして念願の実食・・・。

味は濃くしてないのに、しょっぱい。あの家系の濃厚なとんこつのまったり感よりも、しょう油の塩分が突き刺さる。
えっ?これが本家本元の味なのか!?
食べ進めていくが、思ったのと違う。勝手な期待だが、これだけ「家系」の名が全国津々浦々広まっている、その最初の店なのに
驚愕し過ぎて、頭の中は「???」だった。
そして追い打ちをかけるように、味玉の黄味が完全にハードボイルドだった・・・。
しかも野菜畑は、盛るもんじゃないと・・・。

他の家系のお店たちが、この味をベースに発展させて行って、そのおかげもあって今の「家系」があるんだろうなと解釈した。
次に吉村家を訪れることはないと思うけど、家系発祥店というリスペクトはある。
その気持ちを胸に、これからもお気に入りの家系店に足を運ぼう。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_1484265.jpg

店を出ると、行列を成していた
f0157812_148574.jpg


More・・・あと2枚、吉村家の写真があります。

by ymgchsgnb | 2013-10-26 14:11 | foods | Comments(0)
2013年 10月 17日

初めての涸沢へ 2013秋(6)

前穂北尾根の最低鞍部である屏風のコルのすぐ上を抜けて、荷揚げのヘリコプターが行き交う。
さてこの屏風のコル、屏風の耳〜頭へ向けての分岐路になっている。
屏風の頭まで行かなくとも屏風の耳まで行けば、充分涸沢の大展望が臨めるようだが、今回は断念した。
耳まで往復しても1時間もかからないだろうけど、それにこの天気では、曇天の悔しさの方が先に立ってしまう。
槍穂の稜線も見えずに涸沢を見下ろしても納得いかないだろうから、少しでも早いうちに上高地へ戻ろう。
これからの人生、涸沢へは何回も来ることだろう。またいつか最高の天候に巡り会った時に来ればいいのだ。

屏風のコルからは本格下山になる。梓川の河原へ向けて、まずはもう何も咲いていないお花畑をジグザグ下ってゆく。
ちょっとした樹林帯や枯れた沢を通るが、足場が悪いところもしばしば出てくる。
濡れ落ち葉に隠れた滑りやすい岩場や、足を運びづらいフラットな面のない岩場がつづいてゆく。
樹林帯の慶応尾根の鼻を過ぎても、足場の悪い岩場がつづく。

屏風のコルから下ること45分で奥又白谷河原に出た。ここを登ってゆくと奥又白池、下ってゆくと梓川沿いの林道に出る。
白く角の取れた岩がゴロゴロしている河原を印に沿って下り、再び樹林帯に入ると「ナイロンザイル事件」の碑がある。
小説「氷壁」のモデルになった事件のようだ。いつか小説読んでみようかな。

もはや完全に林道感のあるなだらかな下りを進むと、平坦な治山林道と合流する。
しばらく梓川に沿って歩き、新村橋を渡って、行きに通った徳沢〜横尾間の林道に戻る。
そこから徳沢まではあっと言う間だ。

涸沢から徳沢まで、屏風の耳に寄り道しないで2時間45分。13時50分になっていた。
そこからは一気に河童橋まで歩き、上高地バスターミナルに着いたのが15時15分。
バス待ちもなく、ガラガラのバスに揺られ、快適に沢渡まで帰ってきた。

今回惜しくも曇天ではあったけど、誰でも陥る涸沢の魅力に完全にハマってしまった。
次の日にでもまた行きたいと思うほどだ。だがもう北アルプスは冬を迎えてしまったので、また来年だね。
穂高連峰周辺には、まだまだ行きたい道がある。何年もかけて踏破することだろう。愉しみで仕方ない!(完)
(撮影日:10月10日)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_2252444.jpg
f0157812_2272068.jpg


More・・・・・あと18枚、パノラマ新道の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2013-10-17 08:00 | outdoor | Comments(0)
2013年 10月 16日

初めての涸沢へ 2013秋(5)

「パノラマ新道」って聞くと朗らかな道で、さぞかし大展望が広がっているコースなんだろうなって思う。
確かに景色は良かった。晴れてればもっと良かっただろう。でも朗らかでもなんでもない初級者進入禁止の危険路だ。
地図で見ても徳沢〜涸沢間の近道では?って思うけど、下りに使ってもコースタイムで1時間以上余計にかかる。
徳沢までは、途中屏風の耳を往復して約4時間半かかるという。この時間(11時)に涸沢を出れば、
夕方までには上高地へ戻れるだろうと言うことで、思い切ってパノラマ新道に進んで行った。

難路だとは聞いていたが、なかなかどうして早速アドレナリンが分泌してくる。
いきなりの核心部なのだろう、危険なトラバース路やルンゼが次から次へと現れる。
所々崖にザイルロープがかかっているが、前日の雨で多少ぬかるんでいる箇所と、岩場に張り付いた濡れ落ち葉で
足元の条件は良くない。時間をかけ、細心の注意を払いスピードより安全重視で進んで行く。

だからと言って、余裕なく崖にへばりついていても仕方ないので、ちゃんと景色も愉しんだよ。
曇天の下でも「錦秋」という言葉がぴったりな涸沢が遠のいてゆく。何度振り返って見ても溜息が漏れる景色だ。
晴れていれば槍ヶ岳も見えてくるはずだが、この日の槍様は終始雲隠れでした。

前穂北尾根に出ると梓川の河原が見えてきた。尾根伝いに少し下ると屏風のコルに出る。
コースタイムより早い1時間ほどで到着したが、ここから屏風の耳を往復するかどうか?
時間に余裕はあるが、はてさて如何いたそうか?(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
どこに道があるんだ!?
f0157812_9291457.jpg

北尾根最低鞍部より涸沢
f0157812_9282543.jpg


More・・・・・あと13枚、パノラマ新道での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-10-16 09:39 | outdoor | Comments(0)
2013年 10月 15日

初めての涸沢へ 2013秋(4)

涸沢ヒュッテから涸沢小屋までは、テント場を挟んですぐのところだ。
北穂高岳南稜取付きの斜面に佇んでいて、涸沢ヒュッテより50mほど標高が高い。

しばらくここで休憩としよう。ザックを下ろすとテラスに風が吹いてきた。気温的には寒くはなかったけど
汗が冷えて体温を奪われるシーンではあるが、この日着ていたfinetrackのドライレイヤーのおかげで、
まったく汗冷えすることはなかった。
ドライレイヤーに関して、今度詳しく記事にしようと思ってますので〜。

お腹も空いたので、温かいものでも食べようと売店をのぞくと、おすすめに「もつ煮込み」とある。
涸沢ヒュッテにあった気になってた「おでん」もあったので、合わせて注文した。どちらも500円である。
テラスに持ち出し、涸沢を眼前にして優雅に頂く。この景色を前にしてしまえば、どんな食事もより一層美味しくなる。

天候は相変わらず曇天のままで、前穂も7、6峰以降は雲の中だし、吊尾根も姿を見せてくれはしなかった。
しかしこのカール地形と雪渓、紅葉の織りなすスペクタクルは、ここに行かないとわからなかった。
スケール感に圧倒される。ここは訪れるべきだ。何なら修学旅行はみんなココにしろってくらい。
混むから嫌だけど。。

ヤマテンの予報からも、天候の回復は見込めなかったし、何より日帰りなので、ゆっくり堪能するのは、
いつか泊まりで涸沢を訪れる時に譲って、下山する方向で動き出そう。
どの登山者も、この涸沢を離れるのは名残惜しいだろう。ずっとここにいたくなるに決まってる。
後ろ髪は無いもので、後頭部をつかまれながら涸沢を後にするのは、まだ午前11時のことであった。
(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_363148.jpg
f0157812_364545.jpg


More・・・・・あと16枚、涸沢小屋での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-10-15 08:00 | outdoor | Comments(0)
2013年 10月 14日

初めての涸沢へ 2013秋(3)

涸沢には2つの山小屋があり、涸沢カールのモレーン上にあって、標高が低い方にあるのが涸沢ヒュッテです。

まずここに着いた時は、北穂から涸沢岳、奥穂、前穂に囲まれた壮大な景色に大感動!
稜線に雲がベッタリ張り付いて、青空が臨めないのが何より残念だったけど、そのスケールに圧倒された。
厚い雲に遮断された太陽光では、色づいた樹々も鮮やかでなないけれど、見事な紅葉だ。

上高地からの登山客は、まだあまり到着していないし、涸沢に泊まってた客はほぼ下山したのだろうか
紅葉真っ盛りの時期にしては、思ったより登山客は少なく、テントもそう多くはなかった。
平日ともなるとこんなもんなのかな?平日休みがある自分にとっては、これくらいだと助かるけどなぁ。
涸沢ヒュッテには雄大なカールを一望できる広いテラスがあって、登山客たちは売店で食事買ったりして
思い思いに過ごしていた。

横尾から登ってくる時から、荷物を運搬しているだろうヘリの音が聞こえていたが、涸沢までやってくると
涸沢ヒュッテや、もうひとつの涸沢小屋に頻繁に往復していた。
あらゆる物資を山小屋へ届け、帰りにはゴミや汚物を持ち帰っているのだろう。
特に涸沢ヒュッテは、小屋のすぐ周り数カ所に物資を下ろしたり運び上げたりしているので、テラスにいる登山客も
コックピットの操縦士に向けて、手を振って愉しんでいた。
しかし当然プロペラの風がとんでもなく、帽子が飛ばされそうになったり、食事を飛ばされそうになっている客もいた。

何度かヘリの荷揚げを見送ったあと、もうひとつの山小屋「涸沢小屋」に向かって歩き出した。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_514411.jpg
f0157812_5171260.jpg


More・・・・・あと18枚、涸沢ヒュッテでの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-10-14 09:00 | outdoor | Comments(0)
2013年 10月 13日

初めての涸沢へ 2013秋(2)

横尾大橋から先は、初めて足を踏み入れる領域でワクワクしてくる。
今までの林道と打って変わって道幅は極端に狭くなるけど、平坦路はしばらく続く。
横尾から先に出発して行った中高年の団体客が気になっていたが、程なくしてその長い行列の後についてしまった。
早やる気持ちを抑えつつ、オーバーテイクできるところまで超が付くスローペースで同行していった。
しばらくすると、その隊のしんがりがメンバーに号令をかけ譲ってくれたので、お先にすいやせん精神で長い列をパスした。

多少傾斜が増えたけど、まだ息が切れるまでに至らず、横尾から45分で本谷橋に出た。
そこはグワングワン揺れる吊り橋が横尾谷の沢にかかっている広めな河原で、たくさん休憩している人達がいた。
夏は最高に気持ちいいだろう。この日も季節外れに温かい気温だったので、沢に足をつけて休んでる人もいた。

本谷橋を渡ると傾斜が厳しくなり、いよいよ本格登山の感じになる。ここからは先行者をごぼう抜きにかかった。
涸沢から下ってくる登山者も増えてくるので、登り優先とは言えゆずり合いの精神でゆく。

今回の山行ではこの時が一番晴れていて、そびえる屏風岩も対岸の本谷も、見事なまでに色づいている。
日に当たったカエデの黄色や、ナナカマドの赤が燃えるように眩しいが、少しずつ見えてきた涸沢の谷には
太陽がまったく当たっていない。それどころか稜線は厚い雲がかかりっ放しであった。

気持ちを奮い立たせ、期待を持って涸沢へまっしぐらに歩き、9時50分河童橋から3時間50分で涸沢に到着した。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
屏風岩
f0157812_058551.jpg

本谷橋
f0157812_0591920.jpg


More・・・・・あと19枚、横尾〜涸沢までの紅葉写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-10-13 07:30 | outdoor | Comments(0)
2013年 10月 12日

初めての涸沢へ 2013秋(1)

週始めに山へ行かなかった後悔もあったので、次の平日休みにはどうしても出かけたかった。
毎日、ネットで秋山の紅葉の具合を気にしつつ訪れた休日。ヤマテンの予報はまずまず。
完全に秋晴れとはいかないが、満を持して聖地「涸沢」へ行こう!

沢渡バスターミナル駐車場へは午前3時頃到着。辺りは霧に包まれ、時折ポツリと雨が降っている。
しばし車内で仮眠して、天候が回復することに期待した。
5時過ぎ、やや明るくなってきた沢渡バスターミナルは、雨は止んでるものの霧に煙ったままだった。
バスの始発が出る前に、他3名とタクシーに乗合い上高地へ入る。
まだ人気の無い朝の河童橋は清々しい。朝日とともに霧が晴れてきて、奥穂や西穂の稜線が赤らむ。

さて今日は涸沢を日帰りする訳だから、早いうちに先へ進まねば。午前6時、朝露に濡れる林道を歩き出した。
まずは大勢の猿のファミリーが待ち受けていた。林道上やら茂みの中、木の上の至る所に猿たちがいる。
愛らしい光景に写欲をそそられるが、メモリは涸沢まで取っておいて、先を急ぐことにした。
上高地〜明神〜徳沢〜横尾までのコースタイムは3時間だが、そこを1時間50分程で通過。
河童橋〜横尾間を東京の地図と照らし合わせてみると、渋谷〜秋葉原ほどの距離があった。

写真を見てもらえばわかる通り、落ち葉は多いものの標高1,500〜600mの木々の色づきはこれからのような感じだ。
青空が期待を膨らませる一方、稜線にかかる雲が気になるところではあったが、トイレ休憩を済ませ
横尾大橋渡って涸沢へと踏み入って行くのであった。(つづく)
(撮影日:10月10日)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_15593935.jpg
f0157812_160683.jpg


More・・・・・あと13枚、上高地〜横尾までの林道歩き写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-10-12 16:10 | outdoor | Comments(0)
2013年 10月 09日

山土産2013

今年登った山で買ってきたお土産です。
この夏はたくさん登ったから、もっとあってもいいようなもんだけど、よほど気に入らないと買わないな。
それでもさすがに、槍ヶ岳ではちょこちょこと買い物しちゃったね。
もっと欲しいデザインの手ぬぐいや、Tシャツがあったんだけど売り切れちゃってた。
今度行ったら「槍Tシャツ」欲しいな!

別に今年の登山はまだ諦めた訳じゃないんで、もっと増えるかも知れないね。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
槍ヶ岳山荘限定 鈴木ともこ「山登りはじめました」バンダナ
f0157812_1314765.jpg

槍ヶ岳山荘限定 鈴木ともこ×and wanderコラボTシャツ
f0157812_133179.jpg


More・・・あと4枚、山土産の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-10-09 13:05 | essay | Comments(0)
2013年 10月 07日

秋山雑誌

「今日チャンスだったかなぁ〜」
・・・と言うのも、山の天気予報も上々で、紅葉真っ盛りの季節に山へ行っていない事実。

体力的には問題ないけど昨日までの6日間の出張で、山へ行くまでの準備&移動を含めた気力が失せてしまった。
もう次がいつ休みかわからない。
もし明日も休みなら中央アルプスの木曽駒ヶ岳辺りへ出かけてみたいと思っていたが、早朝から仕事でした。はい。

北アルプスの紅葉の見頃は、もうピークが過ぎそうだし、今年もシーズン真っ盛りの秋山には行けず仕舞かな。
せっかく秋山特集の雑誌を3冊も買って、頭の中ではすでに真っ盛りなんだけど。
雑誌を活かし切れてない。勿体ないことだ。
願わくば、平日連休が欲しいところ。

秋山は北・中央アルプスだけじゃないから、まだまだ諦めるには早いけど、八ヶ岳辺りも狙いたいね!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_15322373.jpg


by ymgchsgnb | 2013-10-07 15:33 | essay | Comments(0)