Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 30日

唐松岳(八方尾根日帰りピストン)〜4〜

午前9時の時点で、頂上山荘横にある八方尾根分岐に着いた。
初めてこの距離から見る剱岳と立山連峰が素晴らし過ぎる。言葉を失う美しさだ。

さて、このまま五龍への縦走に移るか、はたまた眼前の唐松岳のピークを踏んでから行くか。
しばしの葛藤の末、取り敢えず唐松岳山頂を目指すことにした。
今思い返してみると、すぐそこにある端正なピークを目の前にして、五龍への縦走に行けただろうか?
例え先に五龍へ行ったとしても、あとでまた帰って来るのだ。今行くのも後で行くのも時間は同じさ。
天気が良いうちに、頂上で大パノラマを撮影してから、縦走しても遅くはない。
リフトの営業時間も気にしなくていいし、最悪夜行の装備もあるではないか。

さて唐松岳頂上山荘から唐松岳は目と鼻の先。片道15分と言ったところか。
贅沢にも剱岳と立山連峰を左に見て、ピークへとアタックすること15分。唐松岳(2,696m)を制覇した。
休日の合間を縫っているので山頂は空いていた。
不帰の嶮をクリアしてくるパーティや、これから挑むパーティが時折この山頂を通過してゆく。
記念写真を撮り合いながら、「気をつけて行ってきて下さい」と声をかける。
ひと通りの写真撮影を済ませた、と言っても結構の時間を要してしまった。それから落ち着いて景色を堪能する。
いつまでも見飽きない眺望。目の焦点も遠くを見据えたまま、時を忘れるのだった・・・(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_16342521.jpg
f0157812_16344498.jpg


More・・・・・あと14枚、唐松岳頂上での写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2014-09-30 08:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 09月 29日

唐松岳(八方尾根日帰りピストン)〜3〜

振り返る八方池は、まさに雲上の楽園だった。色づいた山肌に落ちたエメラルドの雫。

八方池から先は行楽客の姿は無い。当然早朝のため、登山者の姿も無ければ、下山者もまだ下りて来ない。
しばらく岩場の登山道を進むと樹林帯があらわれ、その一帯がこの山行で一番紅葉に染まっていた辺りだ。
カエデのグラデーションに、ほぼ赤く色づいたナナカマド。まだ青々としている木々もあった。
それらの紅葉と真っ青な秋空が、登山のテンションをさらに高めていった。

中盤戦は斜面をトラバースしたり、樹林帯を抜けて行くようなところもある。
木々によって風が遮られるので額から汗がにじみ、やがて滴り落ちるほどになった。
その樹林帯を抜けたところに小規模な雪渓があらわれた。扇雪渓というらしい。
清涼感のある風が頬を撫で、汗ばんだカラダを適正な体温に下げてゆく。

そこからすぐに、ハイマツの緑が目立つ尾根をゆくと丸山ケルンに到着だ。
先程より雲海との距離をさらに広げた景色は、遠く南アルプスか八ヶ岳の峰々が見えた。
残念ながら沸き立つ雲で富士山は確認できなかった。しかし目指す五龍岳は驚くほど眼前に迫ってきていた。
雪渓を懐に抱いた不帰の嶮も三大キレットの名に恥じない荒々しさを見せていた。
やがてトラバースしてゆく断崖のせいで、行く手の唐松岳方面は視界から見えなくなる。
所々、崖に落石防止のネットが張られていたり、木組みの足場が組まれていたり、ロープが括り付けられている。

そしていくつかの崖の曲がり角を曲がると、赤い建物がチラ見する。
午前9時ジャスト。駐車場から3時間で唐松岳頂上山荘に到着だ。一気に五龍まで行っちゃえ!(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_15445421.jpg

五龍への稜線
f0157812_15453827.jpg


More・・・・・あと20枚、唐松岳頂上山荘までの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-09-29 08:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 09月 28日

唐松岳(八方尾根日帰りピストン)〜2〜

普段なら八方池山荘付近は、登山客や行楽客で賑わっていることだろう。
乗り継いできたリフトの終着地で、ここからは散策路のスタート地点なのだから。
しかしリフトはまだ営業前。そこには、交じりっけのない空気が済んだ、音の無い世界が広がっていた。
まだ見ぬ八方池とはどんな所だろう?
写真やポスターでは見たことがあるが、実際はどうなんだろう?鏡のような水面が見えるだろうか?

八方池山荘を後にすると、すぐに「尾根ルート」と「木道コース」に行く手が別れる。
登山道はこれから嫌という程歩くので、敢えて木道コースへ進んだ。整備された木道を九十九折りに登ってゆく
気持ちの良いコース。九十九折りもあれば、平坦路もある。木道脇には休憩スペースが多く点在していて、
本当散策には最高なロケーションだ。
朝の光が届いていない箇所は、霜が下りていて滑りやすくなっていた。
木道と尾根道が合流すると息(やすむ)ケルンに続いて八方ケルンが見えてくる。ここまで八方池山荘から30分。

八方ケルンに着いたということは、もう八方池に着いたも同然。コースから下へ木道が伸びている。
草紅葉野原を抜けると、ついに見えてきた。想像よりやや大きめの池が。
標高2,060mの天空に浮かぶ水面。若干風が吹いていて、水面は波立っていた。
池の周囲をグルっと回ってみる。ここも普段なら行楽客で賑わっていることだろう天空の楽園を独占している。
何とも贅沢すぎる時間が流れた。「八方池独占禁止法」に抵触しそうである。
八方池で写真を撮るならココだろうという場所に辿り着いた。先程まで吹いていた風がやや収まった。
その隙を突いてシャッターを切る。雲ひとつない抜けるような秋空と白馬三山や不帰の嶮が水面に映える。
明鏡止水の心境とは、まさにこのことだと思った。
あまりに美し過ぎる景色を独占し続けたい欲求が高まってきたので、ここで軽食タイムとする。
朝も早よからランチパックに舌鼓。アミノ酸も摂取しておこう。深呼吸もこれまた美味しい調味料。
7時半までの30分間、まったり八方池を十分満喫したので、いよいよ本格登山をスタートさせますか!

ちなみにコチラが、白馬八方尾根のガイドマップです。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
八方池
f0157812_9143129.jpg

木道コース
f0157812_919626.jpg


More・・・・・あと20枚、八方池までの散策写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-09-28 09:31 | outdoor | Comments(0)
2014年 09月 27日

唐松岳(八方尾根日帰りピストン)〜1〜

今年は紅葉の便りが例年より早いようです。
夏からの「山不足」で少々焦っているところに一瞬のチャンスを突いて、白馬村を目指しました。

日曜日と秋分の日に挟まれた平日の月曜日。世の中は、前の週に連休があったので、この日はただの平日と
あまり変わらないであろうと言う目論見で計画。
今回は強行軍で、八方尾根から唐松岳へ登り、五龍岳へ縦走して、そのまま同じ道を帰ってくる縦走ピストン
日帰り山行ばかりの自分だけど、やっぱり縦走がしたい!自分の脚力なら行ける自信はあった。
しかし後立山は、高校の山岳部で白馬岳に登った以来で、八方尾根は初見参。さて、山行の顛末や如何に・・・?

前日の日曜日の仕事が昼に終わったので、準備を整え夕方には自宅を出発できた。
いつものケチケチ貧乏旅だけど、休日ETC割引を利用して、まずは甲府まで高速道路で行くことに。
夜の高速道路はツマラナイから、一般道を走るのが好きなのさ。夜のドライブは景色はないけど、渋滞もなくて
気持ち良いドライブができていいよ。燃費もリッター20km/Lを軽く超えてくるしね。
甲州街道から西街道、千国街道と快走して道の駅「白馬」に着いたのがてっぺんくらい。車中寝袋にて就寝。

朝4時半。未明の暗闇の中、黒菱ラインを通って標高1,500mにある黒菱駐車場へやってきた。
読み通りクルマの数は少ない。日の出まで車中で待機することに。
隣接するカフェテラス黒菱の公衆トイレは24時間利用可能ですよ。(ウォシュレットあり)
夜が明けるか明けないかで登山準備を整えていると、白馬三山の一角白馬鑓ヶ岳がモルゲンロートに染まった!
では唐松・五龍目指して登山開始!駐車場横にある黒菱第3ペアリフトの営業はまだまだの午前5時50分。
まずはペアリフトの終点黒菱平までゲレンデを登ってゆく。ダートから後半の舗装路になると、いきなり難所が訪れる。
この日一番の急登が待っている。勝手に「新」日本三大急登のひとつに認定!

黒菱平(1,680m)からはグラートクワッドリフトに乗り継ぎができるけど、当然営業前。
ここからは自然研究路トレッキングコースが上へと続いている。白馬村を覆っていた雲海から太陽が顔を出すと
辺りのガスを掻き消し、一面の鮮やかな草紅葉の中にいる自分に気づいた。
北側には白馬三山。南側には遠見尾根につづく巨大な山塊五龍岳と双耳峰の鹿島槍ヶ岳。そんなただ中にいる。
否が応にもテンションは高まってくるどころか、テンションのリミッターをビンビンに突いてくる。
6時30分。ひと気のない八方池山荘(1,830m)に着いた。(つづく)

撮影日:9月22日

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
白馬鑓ヶ岳にモルゲンロート
f0157812_923987.jpg
f0157812_9241235.jpg


More・・・・・あと15枚、黒菱駐車場〜八方池山荘までの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-09-27 09:34 | outdoor | Comments(0)
2014年 09月 25日

美濃キャンプ(8)

郡上八幡から下呂温泉まで快走してきました。
今回は温泉に入る目的ではありません。帰りがけに立ち寄って、ちょっと散策して、昼ごはん食べて帰ろうとね。

20年近く前に泊まりに来たことあるけど、あんまり街は歩かなかったような気がする。
だって、全然街の印象がないんだもん。宿の露天温泉の記憶が多少あるくらい。
でもここ下呂温泉は、草津、有馬に並んで日本三名泉に数えられてる温泉地なんですぞ。
かつて「湯之島温泉」と呼ばれてた土地らしいけど、「下呂」なんて言う名前になったのは昭和以降のようだね。
「下呂」なんてキャッチーな名前でなけりゃ、これほどの温泉街にならなかったかもよ。
それでも潰れてる温泉旅館が目立ってたし、そもそも温泉の湧出量が減ってきてるみたい。

さて散策の話しです。市営駐車場にクルマを停めて、飛騨川に架かる橋を渡ると、下呂温泉の源泉が見えます。
河川敷に、橋から丸見えの無料混浴露天風呂があって、脱衣所も洗い場もない温泉です。
今は水着着用義務があるらしいけど、すっぽんぽんで入る方が勇気がいるね。深夜ならいいかも。

橋を渡ったところが、どうやら温泉街の中心っぽく、飛騨川への支流の川沿いに土産物屋や旅館が林立してます。
なぜかチャップリンの銅像がありますが、下呂とチャップリンには縁もゆかりもないそうです。。
温泉街を歩いても大した見どころがなく、ようやく「温泉寺」なる寺があったので、長い階段を登って行くと、
普通に寺があるだけで、中途半端な高さからの下呂温泉街の眺望があるくらいでした。

お昼時ということもあり、温泉寺を下ったところにある微妙な食堂に入りました。
目的は飛騨地方南部のB級グルメ鶏ちゃん。郡上や下呂の名物らしいです。鶏ちゃん合衆国なんてサイトもあったわ。
店では各々、鶏ちゃん丼、飛騨ラーメン、飛騨牛スジ丼を注文。
鶏ちゃんは、鶏肉とキャベツを味噌ダレと炒めた、言うなれば回鍋肉丼ですな。
飛騨ラーメンは、高山ラーメンってことかな?ごく普通の何でも無いラーメンみたいでした。
結局一番の当たりは飛騨牛スジ丼。これは美味しかったねぇ。丼ものにはトマトがトッピングされてました。

土産を買って下呂を後にした我々は帰路についた。
途中寄り道で長野県飯田市のパスティチェリア プラーチドでブルーベリーロールケーキを購入。
これは以前青空レストランのロケのお取り寄せコーナーで紹介したスイーツです。
テレビのおかげで相当数売れまくったようで、良かったですね。
ちなみにロールケーキの写真は見事に消してしまいましたのであしからず。
長野県富士見町のゆ~とろん水神の湯で最後の温泉に浸かり、今年のキャンプ旅はお開きとなりました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
f0157812_5415224.jpg

EF50mm F1.4 USM
鶏ちゃん丼
f0157812_5422672.jpg


More・・・・・あと20枚、下呂温泉での写真がありま〜す!!!

by ymgchsgnb | 2014-09-25 08:00 | travel | Comments(3)
2014年 09月 24日

美濃キャンプ(7)

城下町へやって参りました。
以前仕事でロードムービーを撮影したときにも訪れていて、その時は夜ご飯を食べに来たのだった。
どの店が覚えてないけど、えらく愉しい場だったことを記憶している。

今回は午前中の明るい時間の訪問。夜は風情がとてつもなくあったけど、昼は昼で良いですね。
きれいな水が街中に流れている、素敵な歴史的街並みです。

土産物屋を中心に街角歩きを堪能しました。
郡上八幡は「食品サンプル」の町のようで、町のあちらこちらに食品サンプル店が点在しつつ、土産物屋にも
商品が陳列していたりするのです。実際、サンプル作りを体験することもできるところがあります。

旅の計画が大きく変更されたので叶わなかった大垣の「水まんじゅう」も、露店で売っていたので
食べることができました。
ゼリー状の餅の中にこしあんが入っていて、涼やかで瑞々しい甘味の和菓子でありました。

訪れた酒蔵の平野本店や、肉桂玉の桜間見屋も雰囲気抜群の構えが印象的でした。
季節は過ぎていたけど、郡上踊りの巨大提灯も町を彩っていましたね。

郡上八幡の町並みは、近隣の美濃のうだつの街並み、飛騨高山の歴史的街並み、白川郷・五箇山の合掌集落と並んで
国の「重要伝統的建造物保存地区」に指定されているのです。
岐阜県って観光地が少ないイメージとか、印象薄いって思われてるけど、中部北部は実は観光地だらけだよね。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_11373128.jpg
f0157812_18311592.jpg


More・・・・・あと22枚、郡上八幡散策の写真がありま〜す!!!

by ymgchsgnb | 2014-09-24 11:52 | travel | Comments(3)
2014年 09月 23日

美濃キャンプ(6)

起床は5時半。われわれ一行は朝からグズグズなどしてはいない。
すぐさま寝床を撤収すると、朝食の用意や片付けと分担してゆく。朝食のテーマは中華粥だった。
しかし成功とは言えない仕上がりの中華粥が出来上がった。今度は丸鶏を使ってダシを抽出してやろう。
おかずは夕食の残り食材が、多々残っているのでそれの残飯整理だ。
夕食時、完全に冷蔵庫に忘れ去られたサンチュがここで活きた!

管理人が来る8時ちょうどに、キャンプ場を出発した一行は、郡上八幡の町を目指した。
ここにも城はある。郡上八幡城だ。現存天守でもなく、有名な武将がいた訳でもないが、この城が好きになった。
後で調べてみると、模擬天守とは言え木造で再建されていて、現存する日本最古の木造模擬天守のようだ。
310円の入城料を払って天守へ上がる時、やけにギシギシと音が鳴ると思ったら、なるほど納得しました。
端正な佇まいの城構えと言い、町から見上げる姿も美しい。周りの木々の配置も良く、紅葉の時期に訪れてみたい城だ。
その時期にはライトアップも行ってるそうで、なおさら訪れてみたい。
こんな美しい城が、日本100名城に選定されていないのは、ちと納得がいかないねぇ。

さて、城へ来る時も通って見てきた、風情溢れる郡上八幡の街並散策と行きましょうか!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
デジャブのような食事風景
f0157812_16145352.jpg

郡上八幡城にて
f0157812_16152783.jpg


More・・・・・あと22枚、キャンプ場の朝と、郡上八幡城での写真がありま〜す!!!

by ymgchsgnb | 2014-09-23 09:00 | travel | Comments(2)
2014年 09月 22日

美濃キャンプ(5)

全ての食材の下ごしらえを終え、竃の周りに全員集合。コテージの設備も使っての半野外料理のはじまり〜。

いつもながら調理と写真と食事を同時進行でやるのは大変だが愉しい。
料理のテンションが高過ぎて、写真が疎かになりがちではあったけど、必要最低限の証拠は残せたと思う。
メイン料理のシュラスコは、大きい方がローストビーフ用オージービーフで、小さい方がちょっとお高めな国産。
どちらも粗塩を擦り込んでいる。豚肉の方、ヒレ肉にニンニク塩で下味を付け、鉄串に巻き付けた。
しっかり火を通すべく豚肉からU字溝のグリルにかけつつ、焼けたヤゲン軟骨やきのこ類を頬張ってゆく。
燻製改め、炙り豚も少々味がストロングだが実に美味かった。
やがてメインのビーフを火にかける。こちらはあまり火を通したくないので、表面に良い焦げ色が付いたら
シュラスコの醍醐味、鉄串を立てナイフで削ぎ落とした肉を直接口に運んでゆく。やはり国産の牛肉は
格別に美味かった。
肉ばかりでは画的にも栄養的にも問題があるので、シェラカップで網にかけていたバーニャカウダソースを
蒸し野菜に付けて食べてゆく。当初バーニャカウダソースは一から手作りするはずだったんだけど、
まさかのイオンでアンチョビが売ってなく、値段的にもお得な出来合いのソースを買って来たのだった。
米も馬鹿みたいに4合炊いたので、全員満腹の訪れは早く、残った食材は翌朝のおかずへと持ち越した。

調理場の後片付けと食器類の洗い物も手分けして行うので、作業が早い。
薄暮の18時を過ぎた頃には、良い感じに落ち着いてきた炭火で、デザートのマシュマロを焼いた。
グローブをして炭火にかざせば、こんがりと焼けて表面はサクサク、中はとろとろのマシュマロになる。
実に心地良い時間が流れて行ったのだった。

後片付けが終わったら温泉だ。近くの美人の湯しろとりに出かけようと支度をしたところで、定休日と気づく!
ちゃんと下調べしたはずなのになぁ〜。。
すぐに付近を検索すると、10kmちょっと南に道の駅「古今伝授の里やまと」があって、そこに隣接している
やまと温泉やすらぎ館という温泉があった。ここが言ってみると、露天風呂も広く良い温泉だったので、
完全救われた気分になった。

温泉後はコンビニと、地元の驚愕激安チェーン「ゲンキー」で酒とつまみを購入。
コテージのリビングでTVを見ながら、翌日の計画などを話しながら呑んでいた。
夜を徹して移動してきた疲れもあるので、23時には就寝となった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF50mm F1.4 USM
シュラスコ!
f0157812_1565347.jpg

EF24-105mm F4L IS USM
焼きマシュマロ!
f0157812_1592775.jpg


More・・・・・あと27枚、キャンプ料理の写真がありま〜す!!!

by ymgchsgnb | 2014-09-22 08:00 | outdoor | Comments(4)
2014年 09月 21日

美濃キャンプ(4)

岐阜の山城から下界へ下りてくると、お昼を過ぎていた。
今年のキャンプ料理のテーマはシュラスコをメイン料理にすること。ブラジルでW杯もあった年だしね。
田舎の方ではシュラスコに適応する肉が買えそうにないので、岐阜市内のイオンで食糧を調達することに。
それでもなかなか良いサイズの肉は無かったけど、あるモノで何とかするしか無い!

早めにキャンプ地へ辿り着きたかったので、ここでようやく東海北陸自動車道を利用して、ぎふ大和ICまで飛んだ。
今年は郡上市白鳥町にある油坂さくらパークをキャンプ地とした。
2007年「北信濃キャンプ」以来、野営から遠ざかっていて、キャンプと題するのが恥ずかしくなっている次第だが
「いつかまたTHE CAMPを」の志しは胸に秘めている。

このキャンプ場はコテージが9棟あるのみの、いわゆるコテージ村だ。
この日は我々を含め2組のみだったので、いつものように豪快に荷物を広げ、設営?に入った。
何も言わず決めずで各々が作業を分担していく様は、なかなかのチームワークだと自負している。
ここのコテージ、実にキレイで十分過ぎる装備が整っており、食材さえ持って来れば後は何も要らない。
荷物をまとめ入れ、調理の下ごしらえをする頃には、外の竃では火が熾されている状態になっているので、
シームレスにことが運ぶのが、いい連携になっている証拠。

さて今夜は豪快に肉を貪り喰らおうではないかっ!(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_1433182.jpg
f0157812_1434958.jpg


More・・・・・あと11枚、油坂さくらパークでの写真がありま〜す!

by ymgchsgnb | 2014-09-21 09:00 | outdoor | Comments(3)
2014年 09月 20日

美濃キャンプ(3)

犬山城から中山道を通り、やってきました岐阜城へ。
自分的には過去にバラエティロケで来たことがあるので大して興味は無かったが、それでは歴史好きの猛者たちが
納得しないので、再訪した訳だ。

岐阜城へは犬山城から見た通り金華山のてっぺんにあるので、ロープウェイ(JAF割引で往復980円?)で行くんだけど
ロープウェイを下りてからもしばらく階段の登りがつづく。真夏だったら滝汗必至。
開けた山の上にある城ではないので、近くからは木々の間から垣間見える岐阜城を撮影するしかない。
城の全体像を撮影するのは困難である。
特別な許可をもらって隣りの山の電波塔の上から撮るか、空撮でないと良い画は撮れないと思った。

さて岐阜城はどんな城か?(ちなみに入城料は200円でJAF割引は未対応)
現在は金華山、かつての稲葉山。斎藤道山が本格的に稲葉山に城を建て、「稲葉山城の戦い」後は織田家のものに。
そして織田信長の居城となり、古代中国の周王朝が「岐山」で天下を平定したのに因んで、町もろとも「岐阜」に改名。
徳川家康によって廃城にされるまでの戦国絵巻の中心となった城ってところで如何でしょうか。

当然模擬天守な訳で、しかも犬山城の後に来てしまったもんだから、嘘くさいのなんのって感じの城です。
田舎のお金持ちが、自宅を城風に改築しちゃった感じと言ったら、県民に怒られそうですが、そんな感じ。
ただ、この立地は素晴らしいものであります。よくぞこんな山の上に建てたものだと感心しきりなのであります。

金華山からの眺望は申し分ないので、次来るチャンスがあれば、是非夜景を見てみたいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_1130874.jpg
f0157812_11302530.jpg


More・・・・・あと16枚、岐阜城での写真がありま〜す!!!

by ymgchsgnb | 2014-09-20 11:42 | travel | Comments(2)