Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 25日

会津の幸と地酒に酔いしれる

会津若松滞在2日目の晩。
録音部は現場からひと足先に帰宿して、さて夕ご飯はどうすんべ?というところで、ひとまず他のスタッフの
帰りを待つことにした。
助手くんと、前夜のカレーやきそばに引き続いて、B級グルメの本命ソースカツ丼を食べに行こうと目論んでいた。
むらいという出オチ感半端ないバカ盛りカツ丼のお店で、それだけを目当てに会津を訪れようとしていたところに
この出張が決まったので、是非モノで食べに行こうと思っていたのだ。

ところがこの日もまた何人かのスタッフで集まって食べに行くこととなった。
つまりは「むらい」訪問の機会を完全に失ってしまったと言っても過言ではない。
翌日もチャンスはあるが、撮影が撮り終えてしまえば即帰京な上に、定休日なのだ。
失意のまま訪れた店は、小さくて古めかしい地元の居酒屋という佇まいだった。
しかしこの盃爛処(はいらんしょ)というお店が、ソースカツ丼を忘却の彼方へ葬り去ってくれるほど素晴らしかった。

何度も通い詰めて我々を案内してくれたコーディネーターさんに感謝である。ロケハン時にも通っていたそうだ。
食べログでも相当高評価なお店のようで、吉田類のなんちゃら放浪記でも訪れた名店らしい。
特に日本酒ファンにはたまらないお店のようだ。自分は下戸だが、さすがに日本酒を数種類ちびりと飲み比べた。
酒好きの助手くんも大興奮で、稀少な酒「飛露喜」の黒ラベルをコッソリ頼んだら、もう残りが1合も無いからと
一升瓶ごとタダでもらっていた。その稀少な黒ラベルを剥がして記念に持って帰ってたよ。
自分は酒の価値も味もわからないが、ネットで調べたら一升13,000円くらいするんだね!ひぇ〜(> <)

そして出てくる料理の絶品さに感激していた。自分だけではなくスタッフ全員が。
こう言っては前日食べたお店に失礼だが、馬刺しのクオリティもうんで。
残念なことに料理の写真をほぼ撮っていないのが悔やまれるところだが、全てハズレのない食事だった。
「馬ハラミ串」なんて超美味かったし、もうこれで終わりという半生の「鯨の生姜焼き」も絶品だった。
ついには我々が来るために残しておいてくれた「馬のレバ刺し」は、呆れるほど臭みが無かった。
普通居酒屋での飲み会って、少しは料理が残る残るものだけど、最終的には全く残らなかった。
最後の〆は「いくらの漬け丼」と「芋汁」。これらも我々を唸らせた。もう溜め息しか出ないっす。

今回はソースカツ丼の「むらい」は行けなかったけど、近々晴れた平日休みにでも、紅葉写真撮りがてら
会津を再訪してみようかな。
過去のキャンプでも会津は訪れているけど、改めて隊員たちを連れてってやったら良さそうだなこりゃ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
馬レバ刺し
f0157812_17311646.jpg


f0157812_17313643.jpg


More・・・・・あと3枚、会津での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-25 09:00 | business trip | Comments(2)
2014年 10月 24日

会津のS級グルメとB級グルメ

福島県会津若松市へ出張してきましたよ。
市内の街路樹も紅葉が進み、晴れていれば山も「錦秋」と言えるほどだったと思います。
「だったと思います」と言うのは、滞在中の大半が曇り時々雨だったからに他なりません。

初日は移動のみで、しかも今回はレンタカーでの自走。
地方出張を自走で行くのは大好きで、移動の疲れよりも行動が制約されない身の方が断然楽だからね。
仕事なんだけど、半ば旅気分な訳です。

夕方にホテルへチェックインすると、翌日からの撮影を前に制作部が50人程のスタッフを食事に招待してくれました。
向かった先は籠太という郷土料理もある会津居酒屋。天気予報が芳しくない中、雨を吹き飛ばそうと乾杯の御発声。
会津の郷土料理と言うと、まず馬肉料理が思い浮かびます。当然それらの料理でテーブルが賑わった。
桜鍋、臭みのカケラもない馬刺し、会津地鶏の鶏わさなんて新鮮な白身魚としか思えない美味さだった!
あまりのS級グルメのオンパレードに、B級グルメも欲してくる我らスタッフ。
会津のB級グルメと言えばソースカツ丼が定番な訳ですが、もうひとつのカレーやきそばも食べてみたくない?
てな事になったので検索してみると、近くに店があるじゃないですか!
カレーやきそばのある店で、夜遅くまでやってる店がなかなか無い中、その近所のお店に5人で繰り出しました。

そのお店は明華苑という中華屋さんでした。
みんなカレーやきそばを注文する中、ひとりが「カツをシェアしましょう」とカツカレーやきそばを発注。
メニューにある「カツカレーチャーハン」に興味津々だったけど、そんな重そうなもの誰も頼む気にはなれなかった。
さて、出てきたカレーやきそばは、やきそばのアイデンティティーを完全に覆い尽くす、昔ながらの食堂風カレーに、
喜多方ラーメンを彷彿とさせる太ちぢれ麺。この麺がカレーに程よく絡んで、お腹いっぱいなのに食が進みます。
掘り返すと、下からソースやきそばの味が来て、まさに食堂のカレーにソースをかけたような味に。
全員笑顔でペロリと平らげ、大満足大満腹で、夜の会津を徘徊して宿に戻ったのでした。
後日、このカレーやきそばを食べたとコーディネーターに話したら「行っちゃいけない店に行っちゃいましたね〜」
と言われちゃいました。みんな「美味しい美味しい」って言って食べたからいいもんね!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
桜鍋
f0157812_11285942.jpg

カレーやきそば
f0157812_11292756.jpg


More・・・・・あと7枚、会津グルメの写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-24 11:34 | foods | Comments(0)
2014年 10月 20日

北岳 ◯皆既月食観測登山(9)

以前は、白根御池からの下りが永遠に感じられた。
今回はふたりなので、会話もあったりしたから多少短くは感じたけど、先輩は長く感じてたんじゃないあかな。
白根御池小屋の貼ってあったバスの時刻表には、広河原12時00分発があって、その次は14時。
小屋を出発したのが10時40分。例えひとりで得意の下山で駆け下っても微妙な時間だ。
まぁでも乗合いタクシーが待っているだろうから、それに乗って帰ればいいかとあまり焦らないペースで下山した。
さすがに先輩のペースは落ちていた。いわゆる下山時の膝ガクガク現象だろう。
時折紅葉の写真も撮りつつ、途中にあるベンチで休み休みゆく。

白根御池分岐に到着したのは11時50分。もうバスには間に合わないと確信。
結局広河原には12時15分に到着。
バスが出たばかりなので、当然乗合いタクシーを待つ客はロータリーに誰もいなかった。
自分と先輩の他にあと7人集まらなければタクシーは出てくれない。
タクシーのドライバーには「次の14時のバスよりは、早く出られるでしょう」と言われ待つことに。
以外とすぐ3人くらい集まったが、その後が続かなかった。
耐えかねた待ち客が、川を渡り戻って広河原山荘前でランチしていたグループに、帰らないか勧誘しに行ったが
上手く行かなかった(笑)
それでも13時前には無事9人が集まり、芦安温泉へと戻ることができた。

ここからは先輩には申し訳なかったが、急いで帰宅することになる。
登山後の醍醐味である温泉も無し!さすがに食事は摂った。手早くラーメンを食べ終え中央道へ。
先輩を家まで送り、自宅に戻ってきた時には、会食出発まで25分前。
片付けなど後回し。登山道具を床に撒き散らしシャワーを浴びる。速攻で着替えて家を飛び出ると、
何とか電車に間に合った!そして南アルプスから下山してきたことを微塵にも感じさせずに都内会食現場へ。
昨年の天狗岳に引き続き、またもや「エクストリーム飲み会」となったのだった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
無事下山〜
f0157812_7264485.jpg

9人集まるのを待つ・・・
f0157812_7272570.jpg


More・・・・・あと12枚、広河原までの下山写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-20 08:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 10月 19日

北岳 ◯皆既月食観測登山(8)

仙丈ヶ岳が徐々に姿を現しはじめた。
何も無かった景色が、まるで手品のタネを明かしたように周りが見えてくる。
北岳から間ノ岳方面への、あのステキな稜線が拝めなかったので、こうして小太郎山への稜線が見えてることに
感激もひとしおだった。
晴れた稜線歩きは登山者にとってのご褒美だ。しかしずっとこの稜線を歩いていくことはできないのだ。
小太郎山分岐から稜線を離れなくてはならない。
白根御池小屋へと草すべりを下って行かなければならないのだ。
しばし分岐点では南アルプス北部の景色を瞼に焼き付けた。また帰って来ると心に決め、本格的な下山の開始だ。

草すべりという下山ルートは白根御池を見下ろしながらの下山ルートのこと。
前回ここを通ったとき、不覚にも初の滑落(プチ)をやらかしてしまった現場だ。
その現場で記念?写真を撮ってきた。二度とあんなヘマはしないと自戒の念を込めて。

すでにその標高を鳳凰三山にとっくに抜かされ、白根御池へと着地。
キレイな池とは言えないただの大きな水たまりだ。ヤブ蚊の発生源としか思えない白根御池。
映る景色も迷彩色にしか見えない。
そんな池のごく近くに白根御池小屋は佇む。ザックを下す最後の休憩とする。
広河原からのバスまたは乗合タクシーの時間によっては、会食の時間に間に合うかどうかの瀬戸際に来ていたからだ。
関係ない先輩には申し訳なかったが、先を急がせてしまった。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 7D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM>
南アルプスの女王のアンヴェール
f0157812_9174139.jpg

何の変哲もない過去の滑落現場...
f0157812_9195788.jpg


More・・・・・あと16枚、稜線〜白根御池小屋までの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-19 08:00 | outdoor | Comments(2)
2014年 10月 18日

北岳 ◯皆既月食観測登山(7)

御来光撮影を終えて部屋に戻ると、大半の登山客は準備を整え山小屋を後にしていた。
ザックをデポして間ノ岳に向かった客も何人かいた。
自分も当然間ノ岳の登頂を果たしたかったのだが、夕方から東京の半蔵門で仕事の会食が予定されてたので、
少しでも早く下山しなければならない状況だったので、断腸の思いで間ノ岳は諦めた。
せっかく北岳山荘に泊まったのにね・・・。

下山ルートは、まず前日踏まなかった北岳を登って、北岳肩ノ小屋方面へ下り、白根御池経由で広河原へ下りる前回と同じルートに設定した。
登りと同じルートではつまらないからね。

6時45分。部屋で出発の準備を整えている横で、山荘スタッフはせっせと布団の撤収をはじめており、
若干追い出されているような感じがした。部屋に荷物が残っていたのは自分だけだったから仕方ないか。。

北岳山荘を出ると依然ガスに包まれている。稜線に出ると風も半端ではない。
日本第2の高峰へ向けて歩き出すも、風と寒さが行く手を阻む。自分は耳が、先輩は手がちぎれるように痛い。
視界の効かない強風に打ちつけられ、ザックや服に細かな水滴が生まれる。地面には長い霜柱、草は凍っている。

それでも何とか1時間弱で、3,193mの南アルプスの頂点に着いた。
残念ながら今回は「日本一高い所から眺める富士山」は見えなかった。こんな濃い霧では名物のブロッケン現象もない。
先輩はひたすら冷えた指に悶絶しているが、山頂は風が上手く避けられる位置にあって助かった。
30分程の滞在時間で、眺望のない景色の中、山頂に居合わせた者同士出来るだけ記念の写真を撮り合った。
「待っても晴れはない」との判断と、若干急がねばならない事情によって、北岳肩ノ小屋へと稜線を下っていった。
肩ノ小屋を過ぎた頃、行く手に晴れ間が覗きはじめた。 北岳山頂方面は相変わらずのガスに包まれていた。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_8142175.jpg
f0157812_8145164.jpg


More・・・・・あと20枚、北岳山頂付近の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-18 08:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 10月 17日

北岳 ◯皆既月食観測登山(6)

山小屋で泊まる際、アラームをセットするかしないか問題。
携帯電話をバイブにしてポケットに入れておく人が多いのかな?自分は枕元に置いて小さく音を鳴らす派です。
だって、バイブに気づかず御来光タイムを逃すのは、極刑に値するからです。
ただし、実際音が鳴る前に他の人たちが蠢く気配で起きますので、アラームは鳴らさずに起きますがね。

2日目。他の人が起き出す気配で4時30分頃に起床。まだ真っ暗で、窓外の景色に御来光の気配はない。
身支度と防寒対策を整え外へ出てみた。相変わらず西寄りの風が強烈な稜線。
昨夜は東の空で怪しげに光っていた月は、その明るさを取り戻して反対側の西の空で輝いていた。
雲海に浮かぶ中央アルプスと、雲の切れ間から伊那の街灯りが見えた。

東の空は、天と地のわずかな狭間に富士山のシルエットが見える以外は、ブルーモーメントの空が広がっている。
テント組の方々も寝袋から這い出てきて、レンズを東に向けている。
ここで思い出した!iPhoneのiOS8から加わった新機能タイムラプスを使って御来光を撮影してみようじゃないか!
どこにiPhoneをセットしようか?ベンチや石の上では風の力で動いてしまう。そこで部屋の窓にセットすれば
風の影響をほとんど受けずにセットできるかもしれない!
急いで部屋に戻り、窓を開けてその窓枠にある深めのサンに立てかけ、画角を決める。
水平を維持するために下に物を噛まし、万が一の風対策に絆創膏でiPhoneを固定した。撮影スタート。

日の出の時刻は5時45分くらい。朝食の時間が5時30分。何とももどかしい時間設定。
写真を見れば思い出すのだが、何を食べたかわからないほど朝ごはんをかき込み、急いで外へ繰り出す。
今にも雲海から太陽の光が漏れ溢れるくらい御来光の寸前。間に合った!
やがて、光の飽和状態が限界を迎えたように、神々しい赤い光が世の中を照らしはじめた。
その光は網膜を通して体内時計をリセットさせる。かじかんだ指先にも、わずかな熱を伝えた。
太陽が雲海から飛び立つと、暗黒の地平に群がる雲のアウトラインが赤味を帯びた。
朝日によって雲の動きに躍動が感じ始めると、同調するかのように稜線から雲が湧き立った。
タイムラプス動画を見てもらうとわかるが、瞬く間に稜線はガスに包まれ、それまでの景色を奪ってゆく。
開始わずか10分程の劇的なショーが終演を迎えた。
山小屋からは早くもザックを背負って行動を開始する登山客の姿がチラホラ。
景色は一瞬で残念なガスに包まれたものの、タイムラプスの出来が気になって部屋へ駆け上がった。
そして再生・・・素晴らしい映像が撮れていた。こんなに簡単にこんな不思議な映像が撮影できるなんて!
さすがに自動露光の影響で露出がふわふわしているが、それ以上の動画が撮れたことに興奮を覚えた。
雲海はどこかへ向かう大群のように蠢き、御来光とともにガスに包まれる刹那を捉えていた。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_825352.jpg

<iPhone 5>


More・・・・・あと18枚、北岳山荘からの御来光写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-17 08:00 | outdoor | Comments(2)
2014年 10月 16日

北岳 ◯皆既月食観測登山(5)

稜線に吹く風は西寄りの風だった。
月が昇ってくるのは東の空。山小屋の陰になっていて風はあまり強く吹かないのが幸いした。
と言っても、時折横から風は吹き込んでくるので、それなりに寒い。
ましてや2,900mの稜線上だから、気温は一桁になっている。手足の先の感覚は奪われていった。

18時30分を過ぎると、月は徐々に欠けはじめた。
シビアな望遠撮影の開始だが、月が明るいうちはシャッタースピードが稼げる。
しかし次第に月が欠け、その光が弱まってゆくとシャッタースピードが落ちブレてくる。
感度を上げて反抗するも、画質が落ち粗が目立ってくるジレンマに陥る。
それでも何とか月に喰らいつくとこ1時間余り。夢中になって忘れていた寒さが、カラダに応えてくる。

19時58分。皆既月食の最大食を迎えた。
月は怪しさを漂わせながら、仄かに赤暗く光っている。
それまで光に満ちていた雲海も鳴りを潜め、暗く沈んでいた。
下界の街灯りが透過する光でのみ、雲海の存在を知ることが出来る。
月の光に遮られていた星たちは、まばゆいほどに満ちてきた。
北岳のシルエットから昇る天の川は、間ノ岳のシルエットまでつづいている。
ちょうどこの稜線と平行して、その真上を流れていた。

こんな天体ショーをこんな素晴らしい環境下で観測することができた偶然に感謝。
20時の消灯時間を過ぎて部屋に戻ると、大半の登山客は眠りに就いていた。
みんな夜空や天体観測に興味ないのかな?それとも疲れているのだろうか。
カラダが芯まで冷えて、眠りに就くまでに時間を要した夜であった。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
皆既月食
f0157812_17394319.jpg

EF50mm F1.4 USM
天の川
f0157812_17402465.jpg


More・・・・・あと11枚、満天の星空写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-16 08:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 10月 15日

北岳 ◯皆既月食観測登山(4)

17時の夕食に合わせて一応アラームをセットしておいた。
iPnoheアラームで起きたのか、腹時計の唸りで目が覚めたかは定かでない。
昼寝としては長過ぎる2時間近く眠っていたようだ。寝不足だから仕方がなかったね。

夕食券を持って食堂へ。山小屋スタッフの案内によってテーブルについた。
ごはんのお櫃と味噌汁の鍋の近くに座った者が、テーブル全員分をよそうのは暗黙の了解か、山小屋あるあるか。
知らない者同士の共同作業。嫌いではない。
その晩のメニューはメインディッシュがハンバーグ。付け合せの炒め野菜、煮野菜、マッシュポテト、ひじき。
そしてセルフで取り分けるそぼろ肉じゃが。先輩はジョッキビールを注文していた。(900円!)

食事を食べ終え窓の方をふと見てみると、なんと!もう月が昇ってきてしまっていた。ヤバイ!
地平線(雲海)から登ってくる大きく赤々とした月を撮りたかったのに、すでに大分上がっている。
今宵は満月なのだ。しかもその満月からの皆既月食
そんな天体ショーを2,900mの稜線上から観測できるなんて夢のようだ。
急いで食器を片付け、撮影道具一式を持って外へ飛び出した。

まだ十分月は大きく、そして怪しかった。
東側に上がった月と、西側へ沈みゆく太陽。その間に自分(地球)がいる。
北岳はアーベントロートに赤く輝いている。稜線に駆け上がって行ったが、すでに太陽は中央アルプスの向こうに
沈んでいた。
漆黒の中央アルプスと瑠璃色の空のわずかな茜色のラインに、北にたなびく御嶽山の噴煙が確認できる。
景色としてみると美しいものだが、今はとても悲劇的な光景に見える・・・。

さらに高度と光度を上げた満月は、敷き詰められた雲海の絨毯を明るく照らしているのだった。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_9461395.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
月光雲海
f0157812_9463292.jpg


More・・・・・あと12枚、夕食と夕景の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-15 08:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 10月 14日

北岳 ◯皆既月食観測登山(3)

八本歯のコルで満足に休憩を取らなかったのがいけないのか、バテが続いていた。
コルからの登りがまだまだキツイのだ。支稜線と言っても登りが多く、階段梯子とゴツゴツとした岩場が多い。

そんな道を30分程進むとトラバース道分岐点がある。これは主稜線に行かずに北岳山荘へ直接向かう近道の分岐点。
この日は北岳の山頂は踏まず北岳山荘へ向かい、チェックインして荷物を置いてから間ノ岳を目指そうと思っていたので
トラバース道へと向かっていった。
トラバースなのでキツイ登りはもう終わり、逆に北岳山荘へ向けて下ってゆく。
しかしこの道、見た目がちょっと危険。断崖に丸太の階段梯子がかかっていたり、手すりがあったり。

30分ちょっとで北岳山荘の目の前までやってきた。13時の到着でした。
この山荘は建築家の黒川紀章デザインの山小屋だけあって、外観が独特なデザイン。
でも中身は普通の山小屋って感じで、黒川デザインな感じは全くしない。玄関ドアだって重く鳴いてたしね。

チェックインは早い方だろうか、まだ数人の先客しかいなかった。
北アルプスの山小屋と違って1泊2食で8,700円は比較的安い。「間ノ岳」という大部屋に通されると、
まだガラガラ状態だったが、すでに一人で寝ていた先客のすぐ横から詰めっ詰めの布団を指定された。
さて間ノ岳はどうするか?13時現在で夕食が17時。行って来いするには時間はちょうどだが、先輩と話した結果
バテもあったし、睡眠不足でもあるので、敢えなく間ノ岳は諦めた。いつかまた泊まりで来た時に、白峰三山を
農鳥岳まで縦走して奈良田へ下りる計画を立てよう。

山小屋周りを少し散策&撮影した後は、夕食まで昼寝をすることにした。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 7D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM>
トラバース道
f0157812_759721.jpg

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
北岳山荘(2,900m)
f0157812_759382.jpg


More・・・・・あと18枚、トラバース道〜北岳山荘までの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-14 08:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 10月 13日

北岳 ◯皆既月食観測登山(2)

二俣で休憩と栄養を補ったら、まだまだつづく登りへ再びエンジンをかけた。
このルートで一番タフな区間でもある八本歯のコルまでの前回の北岳日帰り登山の記憶を辿ってみると
大して苦労はしていないような記憶なのだ。
八本歯のコル手前に連続する、心臓破りのアスレチック風階段梯子すら、駆け上がっていったくらいの記憶だ。

それが今回は睡眠不足のせいか、階段に辿り着くまでにオーバーヒートしてしまった。
調子の良かった先輩までも、この辺りでペースが落ちた。
ふたりして息を切らしながら、一向に近づかない八本歯のコルの稜線を仰ぎ見るのだった。
このバテが、睡眠不足由来のものであってほしいと願うのだが、これが体力の低下だったら一大事だ!

紅葉のピークは二俣周辺の中腹辺りが見頃だろうか。ナナカマドが燃え上がるような赤だ。
右手を見上げれば600mの大岩壁北岳バットレスがそそり立っている。
目を凝らしてみたが、この日はクライミングしているクライマーの姿は見つけられなかった。

やっとのことで例の階段の取付きにやってきた。
八本歯のコルに至るまで、幾重にも連なる階段の応酬。これで一気に2,920mの稜線まで上がるのだ。
確実に前回よりカラダが重く、足も上がらない。しかし限界を迎えてる訳ではない。
意地とリザーバータンクのエネルギーを振り絞り、コルへと駆け上がった。

まるで山頂のような達成感。大樺沢を見下ろす気持ちは「やってやったぜコンニャロー!」なのだ。
鳳凰三山よりも高い稜線。間ノ岳も全貌を現した。この日の宿「北岳山荘」も見えている。
富士山だって雲海から頭を出している。
疲れてたのに休憩の予定を変更して、一気に山荘まで行ってしまおうじゃないか!(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 7D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM>
我慢の登り
f0157812_17295740.jpg

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
八本歯のコル
f0157812_17305224.jpg


More・・・・・あと15枚、二俣〜八本歯のコルまでの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-13 10:00 | outdoor | Comments(0)