Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 30日

徳島ラーメン

先日、某番組のロケで京都と徳島へ行ってきました。
1泊2日の行程で、京都の現場から車移動で徳島に夜入り、スタッフで食事となったのです。

まずは居酒屋で阿波尾鶏を堪能して、鍋の〆にラーメンも食べたのに「徳島に来たのに、徳島ラーメンを
食べない手はない」ということで、スタッフ&出演者ほぼ全員で有名店へ押しかけました。

行ったのは本場徳島の味「東大」というラーメン屋さんの本店。
時刻は日が変わった頃、狭い店内はお客でほぼ埋まっており、店前の券売機で食券を購入して順次入ってゆく。
スタッフ全員が店内に入ると、我々で店を占拠したようになった。
自分が注文したのは普通のラーメンと半チャーハン。
実は居酒屋で食べる前に、芸人さんがひとりでこの店を訪れていたようで「世界で2番目に美味しいチャーハン」
だと言うので注文してみたのだ。すでにお腹はいっぱいなので味見程度で他の人とシェアするつもりでの発注。

徳島ラーメンと言えば、濃厚で甘めなスープにチャーシューじゃないバラ肉と生卵トッピング。
この店は生卵無料発祥の店と謳っていた。
芸人さんは餃子をつまみにチューハイを呑んでいた。その餃子を頂きつつラーメンを待つ。
そこにラーメン登場。10年くらい前、鳴門で食べたラーメン以来の徳島ラーメン。
お腹いっぱいのはずなのに美味しいなぁ〜もう。前述した特徴の濃厚で甘め。バラ肉が良い。
テーブルの皿に盛られた生卵を割り入れたら、もうそこはすき焼きの世界。
チャーハンはやや油っこいが、かなり美味しい。世界トップ100には入る味だ。

これで満腹の極み乙女となり、徳島での短い夜を堪能できた。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_10113714.jpg
f0157812_10113750.jpg


by ymgchsgnb | 2015-12-30 10:59 | foods | Comments(0)
2015年 12月 26日

陣馬山〜高尾山トレイル(3)

景信山を過ぎてしまうと、この先特に素晴らしい景色には出会わない。
写欲も失せ、純粋に山歩きを愉しむのみだ。

小仏峠への下りで同行のMちゃんの膝が悲鳴を上げはじめた。
ここのところ平気だったようだけど、再発してしまったか?今後の山行に響いてもよくないし、
一緒に買ったスノーシューへ行けなくなったら元も子もない。
大事をとって、城山は巻き道へ逃げるが、高尾山まではまだ先が長い。
高尾山からの下りもアスファルトや石道になるので心配だった。

高尾山への最後の階段で息を切らし、13時40分高尾山(599m)に「到着」。
そう、あくまでも到着。「登頂」とは言い難い場所。
1年前のように足の踏み場もないことはなく、適度な観光客の人数。
西日と霞みで富士山どころか、景色もままならない情景だった。

滞在10分で下山開始し、膝に負担のかかる道を何とか下っていった。
帰りは乗ったことのないリフトで下る予定だったが、まさかの点検運休中!
仕方なくケーブルカーの行列に並び、ケーブルカーに押し込められ下界へと降り立ったのだ。
新しくできた高尾山口駅前の極楽湯は、混んでそうだったので回避し、京王線で京王高尾駅まで帰った。
その後はお決まりの温泉&肉とサラダバーへ寄って、この山行を締めくくった。

年末も押し迫り、恒例の箱根駅伝仕事までの間、はたしてスノーシューへ出かけられるのだろうか?
相変わらずの暖冬で仕事は楽になりそうだが、山には良くない。頼むから降ってくれ〜!(叫)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM>
f0157812_13022721.jpg

高尾山
f0157812_13022779.jpg


More・・・・・あと11枚、景信山〜高尾山までの写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2015-12-26 08:00 | outdoor | Comments(0)
2015年 12月 25日

陣馬山〜高尾山トレイル(2)

陣馬山で30分ほど休憩して、再び歩き始めたのが9時30分頃。
ここからいよいよ縦走がはじまる。
1年前はよく育っていた霜柱が、この日は欠片も見せない暖かさで、ドライレイヤーは着ているものの
ウールではない速乾性の長袖Tシャツだけで十分だった。

陣馬山から奈良子峠へと歩いてゆくとヤケに多くのトレイルランナーの姿を見かけたが、明王峠でその答えが出た。
明王峠に貼り紙があり、23日の天皇誕生日にトレランレースが行われ、この縦走路がコースになっているのだった。
それからというもの、登山客よりもトレイルランナーの方が多く往き交っていた。
確かにスキーヤーとスノーボーダーが混在したゲレンデの如く賛否両論あるのもわかる気がした。

1年前は巻き道へ逃げた堂所山(733m)へも登頂し、景信山(727m)へ着いたのは11時20分だった。
都心方面の眺望が素晴らしい山頂だが、相変わらず霞んで遠景は望めない。
良い陽気の中、カップラーメンといわしの缶詰を熱してランチ休憩。
売店が2つあるが、土日にしかやっていないようで、前回同様閉店していた。
山頂から段差のある階段を結構下ったところにあるトイレは、帰ってくるのに息が上がる。
小1時間休憩したのち、高尾山へ向けて再び歩きはじめるのだった。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
堂所山(どうどころやま)
f0157812_12324583.jpg
景信山(かげのぶやま)
f0157812_12324502.jpg


More・・・・・あと18枚、陣馬山〜景信山までの写真がありますよ!!

by ymgchsgnb | 2015-12-25 08:00 | outdoor | Comments(0)
2015年 12月 24日

陣馬山〜高尾山トレイル(1)

暖冬っぽいですね。なかなか雪が降りませんね。そして積もりませんね。
スキーヤーやスノーボーダーの嘆きのようにも聞こえるが、今季からスノーシューデビューする自分も嘆いている。
この日も気温が20度近くまで上がろうという予報が出ていたので、スノーシューを閉まったまま
近場の高尾方面を目指した。

1年前にも登ったコースと同じ縦走路でゆく。
JR高尾駅前に駐車して、中央本線に乗って藤野駅まで移動してくると、辺りは霧に煙っていた。
相模湖周辺の谷あいは霧が溜まりやすいが、山の上は平地同様晴れていることだろう。

バスを利用せず歩いて栃尾尾根の登山口に着いた頃には、すっかり汗ばんでいた。確かに気温が高い。
民家の畑を登山道に向けて登ったところに、素晴らしい富士ビューがあるはずなのだが、気温の上昇からか
水蒸気の霞みで遠景は望めなかった。この分だと陣馬山頂上からの景色も危うい。

前半の緩やかな登山道と後半の九十九折りとラストの階段を経て、駅から2時間20分で陣馬山(857m)に登頂した。
上空は雲ひとつ無い晴天だが、想像通り遠景は霞んでいた。
ここからの素晴らしい富士山、相模湾、スカイツリーなどの景色を見たいなら1年前のブログを見て欲しい。

山頂では小休憩。Mちゃん謹製のりんごの煮っころがし(笑)で糖分を補給して、ここからの長い縦走路へ
歩き出すのだった。(つづく)

撮影日:12月16日

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_11210156.jpg
f0157812_11210107.jpg



More・・・・・あと13枚、藤野駅〜陣馬山までの写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2015-12-24 07:59 | outdoor | Comments(0)
2015年 12月 23日

築地でお寿司

初の胃キャメラとの戦いを終えた先輩と2人で、お昼に何を食べるかとなる。
当然昨日から食べていないので空腹の極みのはずだが、喉の麻酔のせいでそこまでの食欲はなかった。
麻酔が抜け切る1時間くらいは、水や食事は控えるようにとも言われていた。

健診場所が築地というのもあって、魚河岸に一目散と迷うことはなかった。
しかし年の瀬と昼時が重なり、すでに築地場外は揉みくちゃ状態。各店行列を成していた。
時速1キロで進みつつ寿司屋を探す。表通りはどこも混雑なので、奥まった路地の店にも目をやる。
結局は客引きの招きに応じ、路地の2階にある少々高級なカウンターの寿司屋にした。

虎杖(いたどり)別館というお店。ネタ用の冷蔵庫のない本格カウンターに通された。職人も数人いる。
こちらも丼ものを注文する気はない。にぎりのセットで勝負に挑む。
自分は先輩よりも品数の多い10貫にぎりと巻物のセットという幸(みゆき)を注文した。
3,000円を軽く超える値段に足が震える(大袈裟)。
程なくして板に乗せられ出された至宝の10貫。こんな機会はそうそう無い。憚られようが構いやしない。
先輩とiPhoneでの撮影大会勃発。

そんなルーティーンの後いよいよシースー、いや寿司を頂く。
手でこさえられたものは手で食べる自分の中の常識で、にぎられた寿司をにぎり返し口へ運び入れる。
口内の楽園、胃キャメラとは雲泥の差の喉越し。ポリープも喜んでいるようだ。
まぐろは生の味、飾り包丁の施された白身と光物、貝には炭塩があしらわれている。
極上のひとときだった。

しかし問題は満腹に至らないこと。
この後、我々が向かったのは築地の家系ラーメンであった(満腹〜)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_09483479.jpg
f0157812_09483427.jpg


by ymgchsgnb | 2015-12-23 11:03 | foods | Comments(0)
2015年 12月 22日

胃キャメラ

健康保険組合の事業所が移設して新しくなり、それを機に無料で胃の内視鏡ができるという。
昔から「胃カメラ飲むくらいなら死んだ方がマシ」とさえ思っていた。
大した不調もないのだが、年齢的にも一度覗いてみないと、もし自覚症状のない何かがあって
手遅れになったら嫌だし、一大決心をしてキャメラを飲み込んでやることにした。
負担が少ないという鼻から入れる経鼻内視鏡も選択可能ということが何よりも大きかった。

健診当日、まずは麻酔をという段階になって、書類に経口となっていることに気付いた。
申し込みの段階で経口になっていると言う。会社が勝手にそう申し込んでいたのだ。
少々ゴネて、急遽経鼻にしてもらうことに成功。
誰でも経鼻でできるとは限らない旨の説明を受ける。アレルギーの具合や鼻腔の狭さ、曲がり具合など
条件が揃わないとダメなようだ。
リクライニングシートがあるだけの狭い準備室で、鼻に麻酔をかける処置をはじめた。
まずは胃の中の泡を消すという、ペットボトルのキャップ程の量の液体を飲み、片鼻ずつ麻酔を噴霧しつつ
奥まで吸い込みつづける。鼻の麻酔は効きが遅いようで、約15分待たされる。
麻酔がかかっている感じが全くないまま、ついに隣りの内視鏡を入れる部屋へと導かれた。

仰向けに寝かせられ、右の鼻に今度はジェル状の麻酔を医師によって入れられる。
「喉に達するまで吸い込んで下さい」と鼻水を啜るように思い切り吸い込むと、右後頭部下がツーンとなり
そのジェルが喉まで達した。
すると今度は右鼻にストローを入れられた。思わず痛みで顔が歪む。
喉の手前までストローが刺さり、このまま2分ほど放置の刑だ。

時間が経つとストローはスッと抜かれる。左を下に横になっていよいよキャメラ挿入の儀となる。
エイリアンがヨダレを垂らしながら迫ってくるように、直径約1cmのキャメラがシューシュー音を鳴らし
液体を垂らしながら右鼻に入ってゆく。
先程のストローよりも強烈に鼻の穴を縦に広げる感じで入ってくる。自分の鼻腔の形なのか、かなり痛い。
しかもなかなか入らないようで「入らないなぁ〜」「ここはどうだ?」など難儀しているようだった。
脳の下部を突かれているような痛みに耐え続ける。
あらゆる道を試した最後に「ちょっと我慢してね〜」と最後の突破口に賭けた感じでキャメラがねじ込まれたが
自分的にはそこが一番楽だった。そしてキャメラが喉まで達した時には、頭の中で中島みゆきの「地上の星」が流れ
最後の発破でトンネルが開通した工員の物語と重なった。
歓喜の抱擁か、看護師が背中をさすってくれている。よく頑張った!と健闘を祝してくれているようだ。
しかしその刹那、頭の中の曲がカットアウトして「オェ〜」「ゥオェ〜」と突然2回もえずいた。
歓喜の抱擁と思われていたさする背中の手が激しく動く。「もう苦しいところは過ぎましたからねー」となだめる声。
そうか、負担の少ない鼻からと言っても、さすがにのどを痛感する時はえずくのか!
呼吸が速くなり身体が強張っているのを感じたが、言われていたように力を抜き、深呼吸をして
目を開いてやや上の一点を見つめるよう努める。
食道から胃、十二指腸の入り口へとキャメラは巡り、様々なアングルで何テイクも撮影をしてゆく。
それに関してはあまり痛みも違和感も感じなかったが「空気を入れま〜す。ゲップを我慢して下さい」
やや腹が膨れたが、元々ゲップもしにくいし、これも比較的楽だった。

最後、トラックバック撮影をしながら食道を通り「空気を抜きま〜す」となったところで、溝落ちが萎んだ。
喉をから一気にキャメラを抜く時にえずくことはなく、何とかこの戦いを終えた・・・。

時間にしてどこくらい経ったのだろう?実際は、鼻腔で格闘したのが1〜2分、胃に入ってからは
5分もかかってないんだろうけど、10〜15分は戦ってる感じがした。
起き上がって垂れたヨダレを拭きつつ、医師による撮影のプレビューがはじまった。
結果的に、胃に4つ、食道に1つのポリープが見つかった。胃のは問題ないと思うが、食道のは経過観察だと言う。
何も無かったら、来年やるのは遠慮したかったが、この結果ではまた飲み込まざるを得ない。
しかも健診での胃キャメラは覗くだけで、何かあっても処置はしてくれない。問題があったら病院へ行って
またキャメラを飲み込んで、改めて処置をしなくてはならないのだ。
とは言ってもタダだし、やらない手はないだろう。来年もやる覚悟を決め、そして食道に優しく
あまり熱いものは飲み込まないと意識しつつ、自分を労って過ごそう。
それより負担の少ない経鼻というけど、決して楽ではなかった。鼻の奥が痛いし。
でも口からだとえずきまくって大変なんだろうなぁ〜(恐)来年も鼻からかなぁ。
さて、この勢いで大腸キャメラもやっとくか!?何よりも手遅れにならないようにね。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_07461961.jpg


by ymgchsgnb | 2015-12-22 08:12 | essay | Comments(0)
2015年 12月 11日

晩秋の筑波山へ(5)

11時50分、ケーブルカーに沿った御幸ヶ原コースで下山開始です。

すぐに樹林帯に突入し展望は奪われてしまいます。階段も多く、登りに設定したらヤバイかもと思ってしまう。
ぞくぞくと登ってくる軽装の登山客も青息吐息だ。
男女川(みなのかわ)辺りまでは急な下りが続いた。
杉の大木も多く、筑波山神社の霊験のあらたかさを感じてしまう。


ケーブルカーが見えてくると、徐々に傾斜は治まりなだらかになってゆくが、まだまだ先は長い。
いつも思うが、登りより下りの方が、時間が経つのが遅い。
筑波山神社までの下りのコースタイムは70分だが、1時間ぴったりで到着した。
改めて筑波山神社の境内を少し散策し、13時10分に駐車場へと戻って下山完了〜。

筑波山周辺の温泉は高い料金設定になっているので他を探したいが、近くにはなかなかこれと言った所も無いので
近場のつくば湯に立ち寄った。割引券を使って1,000円だが、施設の見てくれ的に高く感じる。
風呂も特筆ずべきものもなく普通。マイナス点はシャワーの温度が定まらず、何ともフラストレーションが溜まること。

まともな食事もしなかったので、風呂上りにお腹ペコペコ。帰りの道すがらで探していたらばんどう太郎があった。
茨城が本拠地の和風ファミレスと言った感じだが、是非行ってみたかったのもあって、そこで食べることにした。
コシの無い味噌煮込みうどん美味しかったですよ。
そうだ!「カウボーイ家族」行こうって言ってたの今頃思い出した。まぁ筑波周辺には無かったか?(完)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D +EF35mm F1.4L USM>
御幸ヶ原コース
f0157812_17213811.jpg

下山して男体山を振り返る
f0157812_17213894.jpg


More・・・・・あと13枚、筑波山(御幸ヶ原コース)での写真が!

by ymgchsgnb | 2015-12-11 08:00 | outdoor | Comments(0)
2015年 12月 10日

晩秋の筑波山へ(4)

女体山には30分弱滞在して、次にもうひとつのピーク(この時点では最高点だと思っていた)男体山へ向かった。

時刻は10時40分。男体山へ登って、その後に買ってきたラーメンなど食べて暖まろうと、
女体山から男体山に向けて歩いていると火気厳禁の看板。
これはバーナーなどの火器類は使用してはいけないのかも!

男体山側にはケーブルカーの山頂駅があり、そこは御幸ヶ原という土産屋などの小屋が軒を連ねる
広場になっていた。観光客も多く、休憩適地でもあった。
最悪、この小屋のどこかで温かいものでも食べればいいかなと、まずは男体山を目指した。

階段と岩場を登ること10分。ついに男体山に登頂・・・あれ??
この如何にも人工的に造られた階段と神社の基礎。しかも自然の地形に盛られている感満載。
展望も樹々に遮られて良くない。てっぺんに神社とその横に社務所的な建物があるのみ。
こりゃ山頂じゃねぇぞ?調べてみると男体山の標高はなんと871mで、女体山より6m低い!
ここで気づいた。ヤバイ!最高点でちゃんと写真撮ってない!でももう行く気はない・・・。

失意の中、5分と滞在せずに下山開始。
御幸ヶ原に戻ってきて、ベンチで休憩です。Mちゃんが持ってきたガトーショコラで気持ちを落ち着かせる。
店で何かを食べる気にもなれず、30分程で下山の途につくのだった。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
御幸ヶ原
f0157812_17063748.jpg

男体山(871m)
f0157812_17063731.jpg


More・・・・・あと16枚、男体山での写真があります!!!!

by ymgchsgnb | 2015-12-10 08:00 | outdoor | Comments(0)
2015年 12月 09日

晩秋の筑波山(3)

筑波山ってツインピークス、いわゆる双耳峰で、東の女体山、西の男体山からなるんだけど
地図を読み間違ったのか、男体山の方が高いと思い込んでしまっていたんです。
だから、はじめに登頂した女体山では周りの景色は撮影したものの、自分の写真や三角点、山頂標など
凝らずに何気なく撮っただけで、後にしてしまったのです。
それを男体山側に登って後悔することになるのは後述で。

そんな中、暴風に耐えていつもの望遠で景色を見回しました。
関東平野のだだっ広い感じや、遠くに微かに富士山と、都心のシルエットから突き出るスカイツリー。
霞ヶ浦や牛久沼、付近のゴルフ場だったり麓の樹々の紅葉も見下ろせる。
奥秩父や赤城山も見えたのかな。
上空真っ青な晩秋の快晴がとにかく素晴らしかった!
夜景なんて眺めたら、さぞかしキレイなんだろ〜な。

山自体も1,000mもない楽勝な山登りかと思ったけど、舐めてましたよ。ちゃんとした登山ですし
海抜200mほどのスタート地点からの標高差だけあって、普通に登り甲斐があって良い運動になりましたとさ。
(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
女体山から男体山を望む
f0157812_16133218.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
スカイツリー!
f0157812_16133260.jpg


More・・・・・あと17枚、女体山での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2015-12-09 08:00 | outdoor | Comments(0)
2015年 12月 08日

晩秋の筑波山へ(2)

弁慶茶屋跡からはおたつ石コースと合流して筑波山最高峰女体山を目指します。
すぐに弁慶七戻りという石門が現われます。頭上の岩が落ちそうで落ちない不思議な石門。
ホント弁慶とか弘法大師って全国津々浦々に名前が出てくるよな。どこまで本当なんだか。。

ここから山頂までは巨岩が多く、それぞれに名前が多く付いている。
高天原、母の胎内くぐり、陰陽石、国割り石、出船入船、北斗岩、大仏岩など。

弁慶茶屋跡からは尾根沿いであまり勾配は強くないが、女体山直下は岩の急登が待っておりますのでご安心を☆
頭上を頻繁に行き来しているヘリが少々うるさくて気になった。荷上げかな?

弁慶茶屋跡〜女体山のコースタイムは40分。そこをまずまずの35分で通過。
10時15分、筑波山女体山(877m)に到着。21座目の百名山を制覇しました。
今までは樹林帯と東側の尾根を来たので、風の影響はあまりなかったがさすが山頂、暴風が吹いておりました。
平日であまり登山客も見かけ無かったけど、山頂にはちゃんと人がいるもんだな。
しかも観光地っぽい山頂だし、ロープウェイでもケーブルカーでも登って来られるのでね。
本格的な登山客と観光客の割合は半々と言ったところだろうか。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
弁慶七戻り
f0157812_11582169.jpg

女体山が見えてきた
f0157812_11582167.jpg


More・・・・・あと18枚、筑波山(白雲橋コース)での写真があります!!

by ymgchsgnb | 2015-12-08 07:55 | outdoor | Comments(0)