Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 31日

スノーシュー天国の入笠山へ(4)

11時40分、お昼にはちょうど良い時間にマナスル山荘へ戻ってきた。
おばさんとおじさんの招きにあい、再び山荘内へお邪魔する。
数人の登山客は休憩していたが、混雑することなく端っこのテーブルを借りて昼ごはんの支度をはじめた。

他の客は休憩と、山荘のごはんを注文するために待っていたようだが、土日で相当客が押し寄せたのか
食材があまりないようで、限られたメニューしか提供できてないようだった。
そこに若旦那らしき方が食材を担いで帰ってきた。これで他の客にも少しは食事を提供できるようだった。
我々は厚かましくも、何も注文しないで無料で休憩して自炊まではじめている。
しかもおばさんはまたもや何度もお茶を用意してくれ、尚且つ漬物まで提供してくれるホスピタリティさ。

調理は登山用ではないステンレスの重いコッヘルに野菜類、キノコ類、豚肉を詰め込み、サーモスの熱湯を注ぎ
バーナーに火を入れた。味付けは山では重宝する「プチっと鍋」2つ分。それに麓のコンビニで買ったキムチだ。
熱湯からのものか気圧の低さからか、すぐに沸騰しはじめた。山盛りの具材も、嵩が減り鍋らしくなってきた。
醸し出す鍋の良い匂いから若旦那とともに帰ってきた看板犬のコハダが少々興奮状態に。
テーブルに手をかけ危うく鍋をひっくり返す勢いだった。そんなコハダを見て外へ連れて行かれてしまった。
ゴメンなコハダ。
湯気の向こうに出来上がったキムチ鍋は並々ならぬ美味しさで、冷えたカラダを温めた。
コンビニで買ったおにぎりを途中で鍋に投入し、キムチ雑炊で〆るというアドリブも見事にハマった!

食後は小屋前で丸くなっていたコハダと戯れ、山荘を後にした。
すると小屋前の鐘が鳴った。振り返ると山荘の方が手を振って見送ってくれている。
手を振り返し「また来る!」と誓ったのだった。

小屋内のコハダの部屋に置いてある水が凍っていて飲めないのが、妙にツボった山行だった。(完)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
キムチ鍋調理開始
f0157812_16361869.jpg

恨めしそうな目で見てくるコハダ
f0157812_16361900.jpg


More・・・・・あと19枚、マナスル山荘での写真があります!!!!

by ymgchsgnb | 2016-01-31 08:48 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 30日

スノーシュー天国の入笠山へ(3)

午前10時35分、入笠山(1,955m)に登頂。
ここは南アルプスの北端に位置していて、標高こそさほど高くないが360度のパノラマが望める場所だ。
朝からの晴天はつづいていて、青空が頭上には広がっているが、周囲の山はそうではなかった。
同じ南アルプスの甲斐駒ヶ岳や仙丈ヶ岳は、稜線こそ何とか見えているが雲が浮かんでいたし、向かい側の八ヶ岳は
朝からずっと雲がかかって山頂部は見えていない。中央アルプスや北アルプスも、その峻峰を雲が隠していた。
寒波で気温はごく低いのに、全体的に春のような霞みがかかっていて、スッキリとはしていなかった。富士山が雲ひとつなく見えていたのは救いだった。その他、霧ヶ峰や諏訪湖、向かいの原村の高原野菜の畑などは
キレイに見渡せ、胸のすく思いがした。

山頂は冬型の西風が強く吹きつけているので、山頂部に積雪はほとんど無かった。
Mちゃんが山頂でするお決まりのY字バランスも風にフラついて、山頂標識に手をついてやっとのことだった。

30分弱山頂に滞在したが、この突風の中でキムチ鍋するのは現実的じゃないと最終判断し、マナスル山荘へと向かった。
帰りは、ほとんどトレースのついてない新雪の花畑で、モフモフフカフカを堪能しまくった。
粉雪を舞い上がらせながら、大はしゃぎで走り回ったり、新雪の上で倒し倒され、まるで童心に帰ったようだ。
倒れて手をついて起き上がろうとしても、手が深く沈んでしまうのでなかなか起き上がれない。

短い山行だけど、これで十分運動したかな?ごはんもさぞかし美味しいことだろう。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
入笠山頂上
f0157812_15483144.jpg
花畑で大はしゃぎ!
f0157812_15483191.jpg


More・・・・・あと18枚、入笠山頂上からの眺望と、新雪の花畑での写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2016-01-30 09:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 29日

スノーシュー天国の入笠山へ(2)

マナスル山荘には是非来てみたかった。
日頃から入笠山の積雪状況などを調べるために、マナスル山荘のfacebookで常にチェックしていたからだ。
それに同行のMちゃんの事前調べでは、休憩や火器類を使用しての自炊も無料で出来ると知ったからだ。
そうと知って、お昼ごはんにキムチ鍋を作るべくMちゃんは食材を、私はキャンプ道具の中からコッヘル類を持参したのだ。

入笠山へ向かう前に、とりあえずマナスル山荘の場所を確認するために寄ったら「寒いからお茶飲んで行きな」と
山荘のおばさんに声をかけられた。はじめは遠慮していたが、何回も声をかけられると遠慮しづらくなってお邪魔した。
誰も先客のいない山荘内。どうも一番客のようだった。会うのを愉しみにしていた看板犬のコハダは
宿泊客を送りに外出中だと言う。
山荘内では話好きとみえるおばさんと話しつつたくさんお茶を頂き、すっかり心もカラダも温まった。

お昼にまた寄って自炊させてもらう旨を伝え、山荘の外へ出た。
山荘の目の前に御所平峠登山口はあった。峠だけに時折西よりの突風が吹くと、今度はすっかりカラダが冷えてしまった。
しかし心は温かなままなので、登山道へと意気揚々と歩き始めた。
山荘の方が付けたと思しきトレースにありがたく従い登ってゆく。雪の斜面もスノーシューのヒールリフターを立てると
登りやすい階段を上がってゆくように楽に歩けるから快適だ。
たまに新雪に足を踏み入れると、スノーシューでさえ膝上まで簡単に沈んでしまうモフモフさに歓喜する。
凍てつく空気のせいで雪もサラサラで、まったく濡れない。

今までの雪の山行では薄着でないとすぐに汗をかいてしまい、ニット帽も暑くてタオルを巻く始末だったが
ここまで空気が冷たいとまったく汗をかかない。冬用登山靴もさすがに指先の感覚が無い。
グローブはウールのインナーと、今回新たに防寒テムレスを装着したが、足先同様ヤバかった・・・。
今回はスノーシューで歩き回って汗をかく想定だったので、いつもより薄手の出で立ちで来てしまった。
ちなみに着衣は、フェニックスのドライレイヤー、ベースにモンベルのメリノウールプラス、そしてシェルは
ファイントラックのニュウモラップのみ。ウインドストッパーだけど少々ソフト過ぎたかな?
晴れで、激しく動いても汗をかくまで至らない、ちょうど良いくらいだった気もする。問題は末端だね。

入笠山の頂上へは岩場ルートを迂回するルートでアプローチした。
マナスル山荘からたった30分ちょっとで山頂標が目に入った。さすがに初級の山だ。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
御所平峠登山口
f0157812_14264976.jpg
f0157812_14264903.jpg


More・・・・・あと15枚、入笠山でへの写真があります!!

by ymgchsgnb | 2016-01-29 08:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 28日

スノーシュー天国の入笠山へ(1)

昨年11月にスノーシューを買い、長い間雪を待つこと2ヶ月、ようやく遅い冬がやってきました。
スノーシュー初心者はまず入笠山へ!の思いも、我慢できずに北八ヶ岳や斑尾高原に行ってしまったが
ようやく大雪の便り。天候も晴れ予報。前日から心踊っていた。

この日は沖縄に雪が降る大寒波が襲来し、富士見峠付近の甲州街道脇にある気温計はマイナス16度を示していた。
ラジエターの不凍液も寒冷地用の軽油も入れてなかったので、仮眠時もエンジンは切れなかった。

富士見パノラマリゾートの無料駐車場で、ゴンドラチケット発売開始の8時まで待機(運行開始は8時30分)
ここは暖かくてキレイなトイレがあっていいね。
冬山登山という滑走なしのゴンドラ往復券1,650円を購入し、ゴンドラへと向かった。
雲ひとつのない気持ちの良い空と、まだシュプールの描かれていないゲレンデの前を歩いてゴンドラ乗り場へ向かうと
自分の鼻の異変に気付いた「凍ってる!」。氷点下の空気を吸い込むことで、鼻毛が凍りついて違和感を覚えたのだった。

いよいよゴンドラすずらんに乗り込み、10分ちょっとの空中散歩。窓越しに見えてくる八ヶ岳には雲がかかっていた。
見渡す限りの白銀世界に、期待が膨らんだ。
1,780mの山頂駅からゲレンデに出ると、一段と空気がキーンと尖っていた。
早速スノーシューを装着し、電波塔方面へと歩き出す。ここはスノーモービルが走っている通り踏み固められており
難なく歩ける道だった。5分程で電波塔脇へ来ると、入笠湿原へと促す道標があり、そちらへ向かう。
短い森を抜けると鉄製のゲートだけがある。夏は鹿用のネットでも張り巡らされているのだろうか。
そこからは湿原へ向けての広い下り坂がはじまる。一面真っ白だが雪が締まっていて沈み込むことはなかった。
湿原に下りてくると、それでもまだ積雪が少ないのか、木道の支柱やコースロープが露出していた。
コースを外れた新雪に足を踏み入れると、たまに沈み込むのが愉しい。
ここは本来はすずらんの群生地。夏も写真を撮りに訪れてみたいところだ。

湿原の脇の林道に建つ山彦荘方面へと上がる。小屋は営業していないようで、隣りの公衆トイレも閉鎖されていた。
林道に沿って歩くとすぐに入笠山山頂遊歩道入口と案内されているが、ほぼ林道と並行している道だった。
よりふかふかの道を求め遊歩道へと歩き出す。
この辺りは案内標識にもあるようにカゴメの森と言って、カゴメ株式会社が森林保全をしている森のようだ。
遊歩道を抜けると大阿原湿原に繋がる林道の脇から花畑が広がっていた。もちろん今は白一色のみ。
愉しそうなゲレンデとなっているのであとで堪能するとして、まずはマナスル山荘へと向かうのだった。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
富士見パノラマリゾート
f0157812_10495959.jpg

入笠湿原
f0157812_10495988.jpg


More・・・・・あと19枚、入笠湿原などの写真がありますよ〜!

by ymgchsgnb | 2016-01-28 14:09 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 25日

雪の三つ峠山断念記(3)

滝の駐車場脇にあった小屋での軽食タイム。
この日、ずーっと雲をかぶっていた富士山頂が顔を出した。あの雪煙が舞ってる感じを見ると
とんでもない暴風な吹き荒れてるに違いない。誰が登ってる人はいたのだろうか。
その後、我々が付けたトレースを下り、悠々と下山した。

さて、ここからは気持ちを切り替えて観光だ!
下山前に軽食を食べたけど、まずは河口湖畔のオシャレなカフェにてピザとケーキでまったり。
山中湖、河口湖と来たら富士五湖全部回ったれ!ということで、西湖、精進湖、本栖湖と巡った。
西湖と精進湖の間にある西湖野鳥の森公園で車窓に何やら気になるものを見つけた。
クルマを下りて近づくと、氷の芸術というべきか、スプリンクラーで撒かれた水滴が木に凍りつき
オブジェのようになっているものが幾つかあった。
こちらも母の白滝同様、氷の玉などがキレイだった。自然の美しさと人工の美しさを両方堪能できた感じだ。
ライトが仕込んであったので、夜になるとライトアップされるようだ。それも見てみたかった。

あとはいつものお決まりコースで、温泉に立ち寄り帰ってきたという1日だった。
リニューアルされたばかりの紅富士の湯の露天風呂からの富士山は良かった。
「日没前の馬鹿っ晴れ」で暮れゆく空に雄大な富士のシルエットがとても印象的だった。
またこの冬にでも、富士周辺の低山にスノートレッキングしに来たいな。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D>
EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
f0157812_04574775.jpg
EF35mm F1.4L USM
f0157812_04574897.jpg


More・・・・・あと15枚、三つ峠山から観光までの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2016-01-25 08:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 24日

雪の三つ峠山断念記(2)

滝の駐車場に来てみると、滝は見えないが微かに水の流れる音が聞こえてきた。
駐車場からは若干下り勾配になっていて、地図と照らし合わせてみてもそんなに遠くないようだ。
積雪がなければ何てことない距離だろうが、下り勾配とは言え多少時間を要した。

歩くこと20分。正面の樹林帯の奥に水の流れが見えた。メインの滝の流れはあるものの、そのほとんどが凍っていた。
ここが母の白滝という滝だった。
はじめは見るまでもない小さな滝と思っていたが、そんな思いが恥ずかしくなるくらい圧倒的に素晴らしい滝で
幾重に重なる小さな氷柱がとても神秘的だった。
思い切って滝壺に下りてみた。薄い氷を避け何とか滝壺の氷の山の上に辿り着いた。
下からのアオリは迫力があり、近くで見る氷柱は見事で、飛沫が凍ってできた小さな水晶の玉がキレイだった。

この母の白滝からが本格的な登山道のスタート地点のようで、滝の上部へと繋がる階段があった。
凍てついた鉄の階段に注意しながらも滝の上へ出てみると、そこにも鳥居と祠があった。
こちらの氷柱と氷玉も実に見事だった。
思いがけずこんなに素晴らしい滝を鑑賞できたので思い残すことはない。
清々しい気分で三つ峠山から撤退できるってもんだ。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
母の白滝
f0157812_21103959.jpg
f0157812_21103969.jpg


More・・・・・あと14枚、母の白滝の写真がありますよ〜!!

by ymgchsgnb | 2016-01-24 09:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 23日

雪の三つ峠山断念記(1)

ようやく冬将軍が雪をもたらしてくれました。
待ちに待った入笠山辺りでのスノーシューかな?どこ行こうかなぁ?などと思案するも、行きたいところの天気が
イマイチなのと、今回は近場にしようかということで、富士山周辺は三つ峠山を目指しました。

御殿場経由で籠坂峠を越え山中湖へ出ると、朝日に照らされた湖面からは湯気が上がっていました。
気温はマイナス11度。すべてが凍てつく世界です。凍結路を慎重に進んで河口湖へ来た頃は朝の通勤時間になってました。
三ツ峠山へのアクセスは色々あって、カチカチ山ロープウェイ方面や三つ峠駅、御坂峠方面からなど
四方八方からアクセスできる。
今回はまだロープウェイの営業開始前だったので、河口浅間神社から登ってカチカチ山へと下るプランで行くことにした。
河口湖畔から御坂みちを通り、御坂トンネル方向へ向かったところに河口浅間神社はある。
神社前の駐車場にクルマを停め、神社方向へ歩き出した。

舗装されている林道歩きは、はじめは住宅地があったりするので、タイヤの跡の轍に沿って歩いていたが
滑りやすく歩きにくいので、すぐにチェーンアイゼンを装着した。
今季はアイゼンよりもチェーンアイゼンが活躍する山ばかり行っている。アイゼンに比べて安いのに
素晴らしいグリップ力に助けられている。

前日の大雪による積雪は結構なもので、タイヤ跡も徐々に寂しくなってゆき、とうとうタイヤ跡もなくなってしまった。
ラッセルを覚悟して足を踏み入れると、表面は硬く中はフカフカで、深いところでは膝下くらいあった。
まるでキャラメリゼしたような雪上歩行は、流氷を割って進むガリンコ号のようだった。
雪に埋まった足を抜くのに慣れない筋肉が悲鳴を上げる。
自分はすでに三ツ峠山への登頂は諦めていた。しかしせめてこの先にある滝を見るまでは帰らないとも思った。

誰も踏み入れてない新雪かと思いきや、先客はたくさんいた。人間のものではない。
うさぎ、猿、カモシカ、リスなどの足跡が林道や崖のそこかしこに付いている。
彼らもやっと来た冬の到来を喜び、愉しんでいるように縦横無尽に駆け回っている跡があるが、人間は四苦八苦だ。

神社から歩き出して約1時間、道路脇に「あぅん」と書かれた小屋があり、そこが滝への駐車場のようだ。
この先は車止めがあり、歩いてしか行けないようだ。
さぁ、この先にある滝を存分に見て帰ろう!(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
朝の山中湖
f0157812_08325104.jpg
ラッセーラ〜
f0157812_08325187.jpg


More・・・・・あと17枚、三つ峠山への写真がありますので見てってね!

by ymgchsgnb | 2016-01-23 09:51 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 20日

ちょっぴり雪化粧の高尾山 〜 後編 〜

下山開始は11時。帰りは違う道で、ということで6号路で下りました。
一瞬薬王院の方に下ってゆく、すぐに6号路方面へ分岐して行きます。まずはちょっとした舗装路から。
しかしまたすぐに分岐点があり、6号路方面へ下ってゆくと、急階段が現れる。
少々段差も大きく、山頂直下であることから登りで使うたくない道だなと思いながら、滑らないよう
膝を痛めないよう注意しながらも足早に下って行った。

階段を過ぎると谷に沿って折れながらゆくと、次第に道なのか川なのか分からない道になった。
石が連なっているので、そこを伝って歩けばいいのかな?雨と水の流れで石は滑りやすくなっている。
なんとか滑らずにやり過ごすと、そこからはひたすたになだらかになだらかに下ってゆく道になる。
傾斜を感じさせないくらいの道で、これだったら最後の階段を我慢して登りにすればいいかもと思った。
今度は6号路で登ってみよう。

たまに登ってくる登山客とすれ違うところ以外で、足場が安全なところは極力走って下った。
あまりトレイルランニングは好ましく思わないが、まさに自分がやっていることはトレイルランニングだった。
途中琵琶滝などの名所も寄りつつ、最後まで傾斜はあまり感じなかった。
高尾病院脇の一般道へ出てしばらくアスファルト道を歩き、ケーブルカーと並走して、ついに清滝駅脇に出て
稲荷山コースのスタート地点に戻ってきた。

小雨は上がったが相変わらず観光客はいない。駅から歩いてくる登山客とすれ違いざまに、自分から立ちのぼる
湯気に気づかれただろうか。
良い運動に良い汗をかいた。あとは竜泉寺の湯「八王子みなみ野店」を愉しむのであった。

今年は誰かと登らない時は、このようなダイエット登山をちょくちょくやってみようかな。
近場の低山なら写真もグルメも堪能せずに登れそうなので、身軽に登れていいかもな。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<iPhone 6>
f0157812_15055271.jpg
琵琶滝
f0157812_15055205.jpg


More・・・・・あと17枚、高尾山(6号路)の写真がありますので見てね!!!

by ymgchsgnb | 2016-01-20 08:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 19日

ちょっぴり雪化粧の高尾山 〜 前編 〜

カラダを軽くしたい!15kgもダイエットできたのは、もはや過去の栄光。
年々登る山は増えていっても微増してゆく体重に、焦燥感すら麻痺していってるようだ。
いい加減なんとかしないと手遅れになってしまう。

近所に裏山くらいのところがあれば、毎日のように駆け回りたいけど、生憎近所には山はない。
クルマでなら丹沢か高尾方面だろうか。
あまりお金をかけない程度に、頻繁にそこらへ行って汗をかく目的に登ろうかな。
日頃から歩いているものの大汗をかくには至らないので、ソロ登山で激しくやってみようかなと
八王子にオープンしたお気に入りの温泉チェーンに行くついでに、その前に高尾山へ登ってこようと出かけた。

奇しくも東京に、例年よりだいぶ遅れて初雪の便りが届いていた。
クルマを高尾山口駅前の駐車場に停め登山口へ向かった。観光時期でもなく天候も悪いので観光客の姿は疎らだった。
本来晴れている時にしか山へ行かないのだがこの日は小雨で、マムートのウインドストッパーソフトシェルと
前日アウトレットで半額以下で買ったfoxfireの短パンという出で立ちで臨んだ。

高尾山にはいくつも登山ルートがあって、今まで1号路でしか登ったことがなかったのだが
この日は稲荷山コースで登ってみようと決めた。
観光客とは無縁の本格登山道で、たまに登山者とすれ違う程度の静かな道だった。
ケーブルカーの清滝駅の向かいに稲荷山コースの登山口はある。いきなりの急階段に気持ちが奮い立つ。

9時40分にスタートすると、普段の登山ではやらないように息を切らしながら足早に駆け上がる。
汗も極力かかないように登るところも、すぐに汗が噴き出しはじめる。
小雨でも樹々のおかげで登山道は多少乾いていたのでスピードも上がる。平坦なところは競歩並みに登った。
10時ちょうど、階段の先に東屋が見えてきた。そこが稲荷山だったと後で知ったが、なかなかの展望のようだ。
この日はもちろん白い霧のみ。中島みゆきの歌のように「霧に走る」。

途中、笹の葉に雪が積もっているのを確認すると、木道などにも白いものが目立ってきた。
東京都心で初雪が降ったのなら、高尾山も降っているだろうから当然だ。
景色も無いので夢中で駆け上がること1時間弱、突然頂上に到着してしまった。もっと先だと思っていたので
唖然としてしまった。しかも人に溢れている頂上しか知らないので、こんなにも人のいない頂上は不気味だった。
富士山の展望も皆無。東屋で雨宿りしている登山客がいるのと、薬王院から歩いてきた観光客が数人いる程度。
ベンチに雪が積もっていたので、思わず「初雪」と書いてしまった。

いつの間にか小雨も小雪へと変わっていた。自分からは湯気が立っている。
カラダを冷やさない内に、低カロリーな行動食を摂り、行き着く暇もなく下山するのだった。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<iPhone 6>
f0157812_14051449.jpg
f0157812_14050040.jpg


More・・・・・あと20枚、高尾山(稲荷山コース)の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2016-01-19 08:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 18日

りんご三兄弟

斑尾高原からの帰りに小布施ハイウェイオアシスに立ち寄った。
高速道路のPAと道の駅、公園が併設されているところで、土産物を物色するのにちょうど良かった。

目的は、せっかく奥信濃まで来たんだから本場の野沢菜漬けが欲しかったのと、八幡屋礒五郎の七味唐辛子
そして信州りんごだった。
ところが小布施はが名産なようで、栗の加工食品で溢れていたのだった。
あまり栗に興味が無いので、目的物を物色してなんとか野沢菜は確保に成功。七味唐辛子の方は直前に我に返り
不足している訳でもないので買わないことになった。
そして残念ながらりんごは売っていなかった。あれだけ沿道に農家直営の店があったにもかかわらず
買わなかったのが悔やまれることに。

失意の中、下りパーキングの方に寄り道しながら歩いて行くと、なんとりんご直売所が2件あった!
聞いたことも見たこともない様々な品種が売られているし、何よりとてつもなく安い。
2件の店を見比べて選んだのはりんご三兄弟®というセット。3品種10個入って350円!
食べ比べできるようにちょっとずつ買いたかったので、ちょうど良いパッケージで売られていた。

写真の左からシナノゴールド秋映シナノスイートだ。
お店のおばちゃん曰く「あいかの香り」という品種も入ってると言うが、それでは四兄弟になってしまうし
味の区別がつかないので真相はわからない。
自分の味の感想は「どれも美味しい」なので、細かい評価についてはコチラで確認いただきたい。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
f0157812_12242382.jpg


by ymgchsgnb | 2016-01-18 08:00 | foods | Comments(0)