Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 23日

おいしい学校

八ヶ岳倶楽部にて夕食をどこで何を食べるか検索していた。
麓へ下りた甲斐大泉近辺で美味しそうなそば屋を調べていると、良さそうなお店は軒並み昼営業だった。
本気の店は少量を手打ちして、無くなり次第閉店って店が多かったので、どの店に妥協しようか迷っていた。
結局クルマで走りながら良さそうな店があったら寄るスタンスで八ヶ岳倶楽部を後にした。

最悪そばを諦めるとしたら、次に何を食べたいか。答えはザーピー。
高原のおいしいイタリアンなんてあるだろうか?少し遠いがあるにはあった。
しかしもう少し検索していると、帰り道に謎の店?が検索に引っかかった。
それはおいしい学校。なにそれ??イタリアンなの?
とにかく向かってみる。国道141号清里ラインからそれた津金という集落にそれはあった。
かつての学校か?学校というか「学び舎」という言葉が合っているが、リフォームしたのか新しそうだった。
駐車場は校庭。子供たちがボール遊びをしている。田舎の学校の風景。
学校に入ってゆくと、道の駅でも見られるような地元食材売り場があり、農家ごとに値付けが違う。
入って右側に木造の教室と和室。和食処のようだが、食事は給食スタイルで面白そう。
左側にパン工房。とてもいい感じ。さらに奥に宿泊所や日帰り風呂。温泉ではなさそうだ。
そして左奥が目指すイタリアンのぼのボ〜ノ。温かみのある明るいウッドを基調とした店内。
石窯もある厨房にはシェフたちが仕事をしていて良い雰囲気。
コース料理もあったが、直前に少し食べているだけに、3人でサラダ、ピザ、パスタの3品を単品で注文。

まず「具だくさんの季節のサラダ 生ハム添え」というサラダが来た。
地元の新鮮野菜感満載で野菜の味が濃い。きゅうりはピクルス的な漬物、コーンは生かな?
結構大皿で嬉しい量で大変美味しかった。これは他の料理も期待できそうだ。
そしてサラダを食べ終わるのも見計らったかのようにピザが来た。びっくり仰天の大きさ。
悠に30cmを超えている超大型「マルゲリータ」で薄い生地で良い。人数分に均等に切ってあった。
バジルの香りが良く、チーズもたっぷり!今までで一番感動したピザかも。
最後の〆はパスタで「信玄豚と野菜のトマトソース」というもの。
信玄豚は細かいブロック状で旨味たっぷり、野菜はピーマンだったんだけど、味と香りの濃さが凄かった。
ピーマン嫌いだった子供の頃だったら食べられなかったって言うくらい濃いピーマンだった。
そしてアルデンテの加減が最強だった。いつまでも歯答えが脳裏をよぎるパスタだった。

こんな店がこんな所にあるなんて・・・これは通う。八ヶ岳の登山帰りにも寄れるし、良い店発見!

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
おいしい学校
f0157812_14501391.jpg
ザーピー!
f0157812_14501481.jpg


More・・・・・あと10枚、おいしい学校内「ぼのボ〜ノ」での写真がありますよ〜

by ymgchsgnb | 2016-08-23 08:00 | foods | Comments(0)
2016年 08月 22日

お盆2016

世の中すっかりお盆休みも終わったと同時に、台風に見舞われている関東。如何お過ごしでしょうか?
私はお盆休みなんてありませんが、休みのタイミングが母と叔母と合ったので墓参りへ行きました。

日曜日の昼を過ぎ、その日の最高気温を迎える時刻。関東では今年は冷夏なのでは?の声も聴くけど
太陽も出てきてさすがに暑かった。
墓参りも済み、さて何しましょうか?となったが全くのノープラン。
自身、遠くへ出かけるつもりもなかったので、持ち物は財布とiPhoneのみ。
涼しいところへ行きたいというのだが「夏休み」「お盆」「日曜日」という中、どこも混んでいそうだ。
ニュースでは高速道路のUターンラッシュを伝えていた。

何も決まらず時間だけが過ぎてゆくので、乗り気ではなかったがとりあえず山梨方面へと向かうことに。
相模湖ICから中央高速に乗ると反対車線は大渋滞。昼も大分下がった談合坂SAも混雑していた。
走りながら「清里」「八ヶ岳」のキーワードが出てきたが、とりあえず韮崎ICで下りて
明野のひまわり畑に立ち寄ることにした。
15時を回っていたのでピークは過ぎていたが、曇りがちではあったけれどそれなりに人出も多く
ひまわりも南アルプスをバックに一斉にこちらを向いて咲いていた。

次に向かったのは清里萌木の村という敷地内に多数店舗が連なっている場所で散策したり
高原野菜を閉店間際の農家から安く買い漁ったりした。サビれた清里駅前もさすがに人が多かった。
その後、清里の代名詞清泉寮のある高原地帯へ。
美味しいパンを求めて清泉寮のパン工房へ行ったが、こちらも閉店間際でほとんどパンは無かった。
夕刻の高原で気温は20度を上回る程度、名物のソフトクリームはスルーして八ヶ岳倶楽部へ向かった。
ここは柳生博さんの店で、高原の雑木林の中にレストランや雑貨屋、ギャラリーなどがある。
入り口へ入るとやはり柳生博さんご本人がおられまして「こんにちは〜」と挨拶してもらいました。
仲間と団欒していられるようでした。
ひと通り雑木林や店を散策したのち、レストランでティータイム。実際はティータイムというより
ディナータイムであったので、パンやソーセージを注文したのだが、本気の夕食はどこで何を食べようか
弱い電波状態の中iPhoneで調べはじめた。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
明野ひまわり畑
f0157812_13310469.jpg
f0157812_13310587.jpg


More・・・・・あと1枚、八ヶ岳倶楽部での写真がありますよ

by ymgchsgnb | 2016-08-22 14:03 | drive | Comments(0)
2016年 08月 11日

宇宙一うまい枝豆

先日、新潟県の弥彦村へ仕事で行ってまして、ここ数年毎年行ってる恒例仕事なんですが
新潟県は枝豆の産地として有名で、昨年近くの農家の朝採り枝豆を茹でたやつが現場に差し入れられた。
食べてみると、今まで食べたどの枝豆よりも美味しくて、驚嘆したほどだった。

そんな弥彦村の枝豆を農家から直で郵送してもらえる注文書があったのも知っていたが
現場でも、夜の居酒屋での十分過ぎるほど堪能していたので、注文せずに帰ってきた。
そして今年また訪れてみると、ちょっと期待していた差し入れの枝豆がなかった・・・。
途端に枝豆を欲してしまって、今年もあった注文書に速攻で記した。

1把(300g)300円で、関東へのクール便配送料が900円。
5把発注したので、計2.400円。
朝採れたてのものを順次配送してくれるそうで、愉しみに出張先から戻った。

1週間ほどで家に枝豆が届いた。箱を開けてみると300gって思ったより量がある。
新潟県の枝豆は品種が多く、旬が長いという。今回送られてきた枝豆はやひこ茶豆という品種。

枝豆というと、自分の中で山形はJA鶴岡のだだ茶豆が最高だと思っていた。
しかしそれを上回る美味しさということは、日本一つまり宇宙一うまい枝豆な訳です。
品種もさることながら、朝採れたてなら採れたてほど美味しいのだろう。
いつまでも保存できないので、順次塩茹でにしていくとする。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_09583330.jpg

f0157812_09583211.jpg


More・・・・・あと2枚、枝豆の写真がありま〜す

by ymgchsgnb | 2016-08-11 14:08 | foods | Comments(0)
2016年 08月 09日

第70回あつぎ鮎まつり大花火大会・後編

一眼レフと三脚があれば、何となくキレイな花火写真は撮れる。
自分が花火を撮るときは、マニュアル撮影をしているので結構忙しい。
何をしているかと言うと、シャッタースピードと絞りを弄くり倒しながら撮影しているからだ。
「写真なんか撮ってないで、心のシャッターを押せ」と言われたことがあるが、撮影に没頭している訳でもない。
これでもちゃんと花火を堪能しているのだ。

感である程度の画角を決め、2〜5秒のシャッタースピードに設定しておき、空を眺めてその瞬間を待っている。
その際、感で絞りの量も決め、写し込む光の量を決めている。
常にファインダーを覗いていることもなく、打ち上がったらシャッターを切る。
一眼レフはシャッターを切っている時(この場合は数秒間)はファインダーは閉じて何も見えなくなる。
だから必然的に花火を見ている。そして大迫力の音ももちろん感じている。

生で花火を体感しながら、素敵な写真が撮れた時の喜びたるや相当なものだ。
意味もなくストロボを焚きながらスマホで下手な写真を撮っている人より、よほど花火を味わっている。

今回はフィナーレのスターマインで、ある程度横に長く打ち上がってくれたので、下の写真のように
カラフルで写真映えする花火写真が撮れたが、日本三大花火大会のような競技会も撮影してみたい。
新潟の長岡や秋田の大曲なんかに行ければ、花火撮影の醍醐味も相当味わえるだろうなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
スターマイン
f0157812_17043381.jpg

ナイアガラ
f0157812_17043345.jpg


More・・・・・あと16枚、第70回あつぎ鮎まつり大花火大会の写真がありますよ!!

by ymgchsgnb | 2016-08-09 08:00 | photo | Comments(0)
2016年 08月 08日

第70回あつぎ鮎まつり大花火大会・前編

夏の風情に花火は欠かせない物のひとつ。
その花火を写真に収めたい!というのが個人的な夏の感情。
これをやらないとひと夏が終わらないってやつ。

今回の花火大会は神奈川県の中央に位置する厚木市で行われる第70回あつぎ鮎まつり大花火大会
5年ぶりに訪れる花火大会で、前回は下調べ無しに原付で突入した結果、打ち上げ場所から遠く
望遠レンズを使っての撮影を余儀なくされた。
今回は打ち上げ場所の近くまで一気に潜り込んでやろうと、原付を走らせた。
なぜ原付で行くかと言うと、ひとりで撮影に行くんだったら、クルマよりも公共交通機関よりも
懐深く潜り込めるからだ。

今回は潜入大成功となった。歩道に連なる人集りを避け、野生の感か畑の中を抜けてゆくと
打ち上げ会場から間近のメイン会場のすぐ脇に出られた。
抜群のカメラポジションながら周りにアマチュアカメラマンの姿を見なかったのが不思議だ。
もっと良いポジションがあるのかな?
厚木市の祭りとは言え、相模川を挟んで海老名市側からも見られる立地なので、上手くカメラマンも
分散できているのかも知れない。

三脚を構えると時刻はちょうど19時。市長のやや長いお話しにつづいて、カウントダウンコールがはじまった。
最初の花火が打ち上がる。ファインダーを覗きながら、絶好の位置を確保できたことにニヤリと
笑みが漏れた。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_16510366.jpg
f0157812_16510384.jpg


More・・・・・あと12枚、第70回あつぎ鮎まつり大花火大会の写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2016-08-08 08:00 | photo | Comments(0)
2016年 08月 07日

レンズ修理

何年前の秋のことだったか、軽井沢の歩道で一眼レフのレンズを交換してた時のこと、不用意にも
レンズを落としてしまい、プロテクトフィルターが割れた。
そのレンズは標準ズームで一番使用頻度の高い「EF24-105mm F4L IS USM」だった。
若干動作もおかしくなったが、何とか使える状態だったので、フィルターだけ買い直して常用していた。
さらに山登りの際の度重なるカメラ落下など、精密機械には酷な使用状況が続いていた。

それ以降気にはなっていたが、見て見ぬ振りをしていた致命的な症状があった。
それは画像ににじみやレンズのケラレで、よくもこんな症状で写真を撮り続けてたと思うよ。
とっとと修理出せば良かったんだ。

一念発起?してようやく新宿にあるキヤノンサービスへ。
症状を説明したり、試し撮りしてみたりとサービススタッフとやり取りをした。
基本の技術料金9,000円はかかるとして、細かなパーツ(マウントゴム、Lリング、化粧環)を交換することと
調整することで見積もり上は2万円ちょっとになった。
もし内部に深刻なダメージがあった場合、上限を3万円としてそれ以上になるようなら連絡をするとの
ことで修理に出した。

結果的に修理完成予定日まで連絡がなかったので、深刻ではなかったことと金額的には見積もり程度で
済んだということだった。
修理状況を照会できるページがあったので、出張中覗いてみるとすでに予定通り修理は完成していて
修理代金は税込みで23,873円となっていた。ひとまず胸を撫で下ろしたが、それでも痛い出費になる。
窓口に受け取りに行った際にも説明を受けたが、レンズの前玉が浮いていたそうで、1群レンズユニットを
交換したとのこと。
細かなパーツとレンズユニットを交換したことでのパーツ代だけなら1万円ちょっとだったので
技術料と消費税で2万円を超えたが、そこまで高くはないのかな。

早速、景色でも撮りに行って、試してみたいが、まずは花火撮影に持って出かけてみよう。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
f0157812_14543308.jpg


More・・・・・あと6枚、レンズの写真がありま〜す!

by ymgchsgnb | 2016-08-07 09:00 | photo | Comments(0)
2016年 08月 06日

コナミスポーツ

昨年末の健康診断の結果から、私のもとに健康保険組合から刺客が送りこまれたのは2月のこと。
個人的には軽肥満の自覚はあれど、メタボだと判断されるような材料はなく、なぜ指導が入るか謎だった。

会社での保険指導員との面談で指摘されたのは、空腹時血糖の値ことだった。
99mg/dlまでが正常値のところ、今回は102mg/dlだった・・・。
指導員曰く、ひと昔前なら正常範囲内が、昨今の厳しくなったメタボ対策で閾値が低くなったそう。
話しを進めるほど、それ以外の項目は正常で、普段からのウォーキングや山登りのことを考えると
今回たまたまちょっとオーバーしただけで問題ないですねと。私もこの数値でわざわざ指導に訪れるのも
意味がわからないと笑い話になりました。

でもせっかく指導に来たのだがら、一応目標を設定しましょうかとなった訳です。
その時の体重が75〜6kgだったので、半年後に72kgにする目標を設定された。
指導員の計算によると、食事で60kcal、運動で60kcalを毎日削減すれば、半年後には目標体重になると。
3ヶ月後に通知、6ヶ月後には電話連絡で報告することを約束され面談を終えました。

しかし春から夏にかけて山には登っていたけれど、運動もサボりがちで食事も奔放になっていた。
その顛末は顕著で、体重は77kgを超え、胴回りの贅肉はTシャツでは隠しきれなくなっていた。
目標とは正反対を突き進んでいたのです。6ヶ月後の報告を意識した訳ではないけれど
自分的に「これはイカン!」と(やっと)思い立った。
若い頃に比べて代謝は目に見えて落ちているので、脂肪が燃焼しづらいのを体感していた。
そこで、お金がかかるので敬遠していたスポーツジムへ通うことを6月の頭に決意。
しかしなぜかその1ヶ月後の7月から通うことになった。

スポーツジムは近所にいくつかあるコナミスポーツに決めた。
コナミには料金の違う4つの施設グレードがあり、下から2番目のカテゴリー2に通うことにした。
週2回(月8回)プランにしていたので月々8,316円だったが、6〜7月はキャンペーン中だったので
4,428円で全国どのカテゴリーで回数制限無しで利用できるとのことだった。
しかもweb入会限定の1,000円分の商品券と、毎回使えるバス&フェイスタオル利用券が特典としてあった。
忙しい最中ではあったけど7月は5回通え、食事制限も相まって73kg台まで体重は減った。

そして耳寄り情報が届いた。コナミスポーツは所属健保組合と提携しているという。
調べてみると法人料金で利用できるとな!前述のプランで行くと7,452円と1,000円弱お得になる。
その情報早く言ってよ〜と保険証を片手に契約の変更をフロントに申し込むと朗報が!
この健保組合なら1回毎の都度利用を1,000円ポッキリ(法人都度利用1,512円/回)で利用でき
それ以上は健保側が負担してくれるという。
さらに朗報!4回分の回数券(4,000円)を買えば1回分無料に。つまり1回800円で利用できることに!
先月は忙しくても仕事終わりとかに通って5回の利用だったことを考えると、最初のプランに比べて
半額くらいで利用できることになりそうだ。

全国展開してるスポーツクラブだけに、食生活が乱れがちな出張先で通うなんてこともできるかも知れない。
さぁ、そろそろ保険指導員から連絡が来る頃だろう。首を洗って待ってますよ〜。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_09451931.jpg


by ymgchsgnb | 2016-08-06 09:45 | essay | Comments(0)