Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:京都 ( 16 ) タグの人気記事


2014年 10月 07日

夜の祇園へ

京都出張最後の夜。ホテルで寝落ちし、燻っていた自分をわざわざ迎えにきてくれた山仲間。
すでに先輩と、連夜のおばんざいを呑み喰いした後に、ピックアップに来てくれました。

昼の弁当を搔き込んで以来、固形物を摂ってない自分は食べたいものがありました。
それは以前グルメロケで訪れたことのある壹錢洋食。ロケ当時は食べてなかったのだ。

九条にあるホテル周辺は閑散として寝静まっていたが、祇園はこの世を謳歌している人の往来が激しく、
夜はまだ始まったばかりという様相。小路には芸妓さん舞妓さんが歩いている。その風情がたまらなく良い。

お店はその祇園のど真ん中にあって、界隈じゃ誰も無視できない存在のお店。修学旅行生はもとより、
芸妓さんや舞妓さん、吞み明かしたサラリーマンも深夜に立ち寄るお店。
何のお店かって、壹錢洋食の「壹錢洋食」って食べ物なのだ。お好み焼き風の食べ物で、所謂粉もんです。

ド派手な外観を入ると、テーブル席がいくつもあって、それぞれのテーブルには和服を着たマネキンがいて、
藤原紀香だの、仲間由紀恵だの、堀北真希などの女優さんのネームカードがかけられているふざけたもの。
大き過ぎるメニューを開いてみると、1ページのみで食事は1種類。「壹錢洋食680円」とあるだけ。
かつおぶし、九条ねぎ、牛肉、細かいコンニャク、卵、ちくわ、紅しょうがを薄い出汁生地で挟んだものです。
それに甘辛いソースがベットリとパンチを効かせてます。
12時間以上振りの深夜0時に頂きます! → ペロリ(秒殺)

さてお次は〜。
同じく祇園にある、京都の山仲間馴染みの料理屋で美味しいラーメン屋を尋ねてラーメン屋へ。
壹錢洋食と目と鼻の先にある「ラーメンいわき」へ。この時点で出張3日目で3回目のラーメン屋。
有名店でも何でもないラーメン屋っぽかったけど、それなりに美味しかったですよ。
ふたりは焼きみそラーメン食べてたけど、自分はWスープ(魚介&豚骨)のラーメン。
そしてシェアしたやきめしは、食べたこと無いけど新福菜館のやきめしのように、黒っぽいものだった。
普段食べるチャーハンとはまるで違う味でしたね。京都独特の黒い醤油を使ってるんじゃないかって、
前夜に行った「ろっこん」の大将は言ってたなー。
京都のラーメン屋で有名どころは、まだまだ行ってないところが多く、新福菜館や第一旭、ますたに、横綱など
どこも行ってみたいが、京都出張の日数が足りな過ぎだぁ!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_18274229.jpg
f0157812_1828733.jpg


More・・・・・あと9枚、夜の京都祇園での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-07 08:00 | foods | Comments(0)
2014年 10月 06日

京都での夜会

先週の日本女子オープンゴルフ(@琵琶湖カントリークラブ)中継の宿泊場所は、なんと京都でした。
近隣のホテルがいっぱいで、京都泊になったそうですが、逆に良かったですよ京都で。

そんな或る晩、会社の先輩と自分、そして地元京都の女性山仲間との3人で会合の席が設けられました。
九条のホテル前で、女性の外車に迎えられた先輩と自分。まずは好日山荘京都店で山装備を物色。
その後、車は京都の風情あふれる木屋町へ。四条から五条へ向かう落ち着きのある木屋町の方ね。
訪れた店は、京野菜とおばんざいの店ろっこん木屋町店
玄関で靴を脱ぐタイプのお店で、カウンターと4人掛け掘りコタツテーブルが4つ程度の小ぢんまりとしたお店だった。
何を食べたって、下の写真を展開して見てもらえばわかりますが、京都風味満載のおばんざいです。
出汁がちゃんとしてる和食は、齢40の五臓六腑に沁み渡りますよ。
山のはなしから、京ことばのはなし、店の大将から訊くはなしに華が咲き乱れました。
とても良い大人の時間が流れましたな。

閉店の23時半までいて、宿にはまだまだ戻りませんよ〜。
ひとりしか呑んでませんが、呑んだ後はラーメンですか?京都と言えば有名ラーメン店が目白押しです。
クルマがあるならと、ちょっと遠いあそこに行きましょう!一度訪れてみたかった北白川の天下一品総本店
そこで総本店限定メニューを食べない訳には行かないね。
「すじ中華そば」です。普通の中華そばに辛めの牛すじがトッピングされてるんです。このドロドロ感好きやわ〜。

「甘いのも食べに行く〜?」の誘いを丁重にお断りして、ホテルまで送っていただき、京都の夜を大満喫致しました。
ただ、京都のもてなし旅は、翌晩もつづくのでありました。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
ろっこん木屋町店
f0157812_14395773.jpg

天下一品総本店
f0157812_1446263.jpg


More・・・・・あと8枚、おばんざいたちの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-10-06 15:00 | foods | Comments(0)
2014年 03月 04日

京の想ひ出

出張で京都・福岡を5日間巡って参りました。
京都はプライベートでも少し立ち寄ったりしてるけど、どっぷり3日間滞在したのは久しぶりかな。

そんな京都の思い出は、仕事は別にして「食」ばかりだったような。
しかもほとんど御馳走になって、心の底から「ゴチになりましたっ」と。

初日は、宿泊先の四条大宮から四条寺町まで歩いて、京風の鉄板焼きを頂いた。
九条ねぎをふんだんに盛ったねぎ焼きからデザートに至るまで、初日から食べ尽くした。

2日目は、撮影が深夜まで及ぶも、宿のすぐ近くにある「餃子界のエルサレム」こと餃子の王将一号店へ。
夜のロケ弁を極力控える計画的来店で、聖地での嘆きの餃子を堪能。

助手のひとりが朝帰京し行われた京都ロケ最終夜は、残りのスタッフ全員ですき焼きを食べに木屋町へ繰り出した。
三条にある「こま井亭」さん。なかなか辿り着けないほどの細い小路を行った先にありました。
食べログ見ると3.64ポイントと高得点で、平均利用金額を見ると8,000〜9,999円(!)
メニューなんて、すき焼き、しゃぶしゃぶ、オイル焼き以外のサイドメニューは一切無し。
松竹梅ならぬ、雪・扇・月という肉質による値段差があって、たぶん食べたのは雪では無いと思う。
仲居さんが付きっきりでお世話してくれる鍋で、まずは肉のみを焼いて食べさせてくれた(おいひ〜!)
わり下は使用せず、粗目と生醤油だけの味付けと、野菜の水分だけでいただく上品な鍋。
九条ねぎ、水菜の京野菜はもとより、淡路の玉ねぎなどの食材をたっぷりの卵に絡ませたら、
目尻も腹回りも垂れる一方だ。
仲居さんの小粋な京トークとともに、贅沢な夜に舌鼓が打ち鳴らされたのでありました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
こま井亭
f0157812_10111854.jpg

餃子の王将一号店
f0157812_10113846.jpg


More・・・・・あと5枚、京都での写真がありますえ。

by ymgchsgnb | 2014-03-04 10:14 | business trip | Comments(0)
2013年 12月 21日

西国弾丸ドライブ 〜皿盛〜

京都へは昼過ぎに到達していた。五条大路をそのまま東へ突っ切るはずだったが、ここで葛藤が起こる。
そのまま通過するか?立ち寄るか。腹は減ってない。しかし「あれ」が気になって仕方がない。
「あれ」とは「皿盛」のこと。What's SARAMORI???

以前「有吉くんの正直さんぽ」で見ちゃったんだ、その店を。それで次、京都へ行ったら寄ってみたいなって思ってたの。
三条大橋のすぐ袂の大通り沿いにあるのは、番組で見てわかっていたので、付近へ行ってみるとすぐに見つかった。
近くの路地のコインパーキングにクルマをねじ込ませ店へ。

篠田屋は、古都でも現代でもないが、昔ながらの食堂という感じ。もういい味が染み出てるでしょ?
店の軒下に下がる提灯には、大きく「皿盛」と書いてあって、メニュー写真も貼り出してあるので、入店する前には
皿盛がどのようなモノかはわかる。では早速店に入ってみよう。
昼を大きく過ぎているというのに、観光客や常連客がそこそこいて、堂々と店内写真を撮るのは控えた。
テーブルがいくつかと、狭い小上がりがあり、ガラスコップのお茶が食堂のシズル感を引き立てている。
おばちゃんに「皿盛」を注文して待つことに。

そしてやってきた。テレビで見てた時、「皿盛」という響きだけで、勝手に皿うどん的なものだと思ってたんだけど
その時は、まさかライスだとは思わなかったんだ。
目の前にあるのは、まさにライスにそば屋の出汁カレーがたっぷりかけてあって、カツが乗っている。
散らしてある青ねぎは、九条ねぎかな?そして片栗粉でついたとろみは強力。
味は想像の通り。素朴で美味しい。カツも薄めで脂身も多いB級さが良い。これで600円。
絶品とは言えない。でもまた行ったら注文しちゃうかもね。

こうして弾丸ドライブは終わりを迎えた。頑張って一般道で浜松まで来たところで時刻は夜9時。
眠気に絶えられず、東名高速に乗り、最初の遠州豊田PAで仮眠した。
2時間程寝ようと目覚ましをセットしたが、まさかの2度寝をしてしまい、気付くと朝4時半だった!!!
その日の仕事が11時からで助かったが、慌てて帰ることに。8時前には帰宅できたけど、荷物も片付けず
シャワーを浴びて、仕事に向かったのだった。まさに「弾丸」ドライブだったなぁ〜と今では良い想い出。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_19411614.jpg
f0157812_19412833.jpg


More・・・・・あと6枚、篠田屋での写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2013-12-21 08:00 | foods | Comments(0)
2013年 11月 14日

W式年遷宮弾丸ツア〜 京阪篇

京都の亀岡で山陰道に再び合流。徐々に交通量が大都会化してゆく。
そんな折り、「京漬物が食べたいねぇ」と自分が言ったか誰が言ったか、そのつぶやきを実現すべく西京区を嵐山へ向け北上した。
夏の大雨なんて忘れたかのような賑わいの渡月橋を車で渡り、北野天満宮から程近い京漬物の店に着いた。
そこは、昨年某携帯キャリアの「しゃべってなんちゃら」のロケで訪れた近為という京漬物の老舗店だった。
店内には六角形の木枠にギッシリ並べられた漬物群。それらを試食しまくりながら選べるからいいのだ。
隊員たちも試食しまくりながら土産をたっぷり購入。でもこの店、東京にも鎌倉にも支店があったんだね。。

予定外に大きく寄り道をしたあとは、京都を大きく南下して予定だった天王山を目指した。
勝負の分れ目のような時に「天王山」って言葉が使われるけど、あれは本能寺の変以後、明智光秀と羽柴秀吉が天王山という
山の麓で交えた「山崎の戦い」から来てる言葉なんだよね。結果明智軍が敗れていわゆる「三日天下」となった訳だね。
その天王山に登って古戦場を見下ろそうという計画だった。しかし、あまり観光地化されてないのか、天王山への登り口が
結局見つからず、ひとまず近くにあるサントリーの山崎蒸溜所へ行ってみるかとなった。

天王山の麓、名水百選「離宮の水」が湧く立地に1923年日本初のウイスキー蒸溜所は造られたのだった。
到着したのは13時過ぎで、14時からの部で工場見学ができると、早速酒好きの隊員が手続きをしてきた。
自分を含むドライバー2名は、試飲できないようドライバーである証を首から下げられ、約1時間の工場見学をスタートさせた。
14時の部だけでも軽く30人は超える人数が参加し、係りのアナウンスを聞きながら進んでゆく。
撮影禁止は一切無しで、バシバシ撮ってくれというので、その詳細は写真とともに下記に譲ろう。

最後は、酒好きのみなさんお待ちかねの試飲のコーナー。この蒸溜所ならではのシングルモルトをつまみ類とともに頂く。
ドライバーは、伊右衛門となっちゃんで乾杯ね。みんなは山崎や白州などをハイボールで頂いている。
自分はウイスキーはもとより酒がまったくわからない為、蘊蓄を言われても「ふ〜ん」と、どれも同じに感じてしまう。
工場見学終了後は土産売り場に通され、下戸の自分までもまんまとウイスキー類を購入 ← (後日ブログで紹介予定)
試飲が物足りない人達には、有料で国内外の膨大なウイスキーを堪能できるコーナーもあり。
目の周りを真っ赤にして呑んでる輩もいてはりましたわ。

当初このブログは京都篇とする予定だったが、この蒸溜所ギッリギリ大阪だったので京阪篇とでもしよう。
山崎の駅は京都なのに、徒歩数分の蒸溜所は大阪に100mほど入った所だったのね。
そして一行は、明朝の決戦?にそなえ、伊賀を抜け伊勢へと向かったのであった。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
山崎蒸溜所
f0157812_11571583.jpg
f0157812_11573932.jpg


More・・・・・あと24枚、ダブル式年遷宮弾丸ツアー京阪篇の写真がたっぷりあります!!!

by ymgchsgnb | 2013-11-14 12:33 | outdoor | Comments(2)
2012年 06月 24日

ひとりぶらりプチ京都観光 〜木屋町・先斗町〜

プチぶらり旅を終えて一旦ホテルへ戻り、食事へ出かけた場所は先程まで散々歩き回った界隈だった。
何度も通っているかのように「木屋町が〜」とか「先斗町はですね〜」などと知った口を聞いている。
さも常連のように。。

夜の先斗町はなかなか風情があるというか、観光的な通りなんだろうけど、数人連れがすれ違うのも
やっとという道幅の狭さに、ぎっしり軒を連ねたお店。片側(東側)のお店は、川床がある店。
路地を入るともっと狭く、そこにもお店があったりする。
ローカルな話しだが、東京の大井町駅前の飲屋街のようにひしめき合っている。

居酒屋で食事をして、食後の散歩がてら甘味を探し?また祇園まで歩いて来た。
四条大橋から見る夜の鴨川の川面には、川床を有した店の明りが映り、なんとも雰囲気がいい。
河原には夕涼み?をしている観光客やらカップルやら。。。

夜の京都もいいもんどすな。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_23541853.jpg
f0157812_23542899.jpg


More・・・・・あと5枚、京都の夜の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2012-06-24 18:00 | business trip | Comments(0)
2012年 06月 23日

ひとりぶらりプチ京都観光 〜近江屋跡〜

このサークルK、四条河原町から三条方面へ河原町通を行ったところにあるんです。
そんなに京都に詳しくないけど京都で一番賑やかな場所なのかなと。
繁華街のど真ん中にあって、普通に沿道にあるコンビニなんです。
でもただのコンビニじゃないんです、自分にとっても、歴史マニアにとっても、龍馬ファンにとっても・・・

実はここ、かつての近江屋跡なんです。
コンビニの左端には碑が立ってます。「坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地」と。
おわかりでしょうか?そう、坂本龍馬が暗殺された場所なのです。
実際の近江屋があった場所は、ちょっとズレでるようだけどね。

さすがにこの前に立って、しばらくの間立ち尽くしてたかな。言う程龍馬ファンでもないんだけど、
いち歴史ファンとして、重大な歴史舞台の前に時を越えて立っているんだと思うと、なんだか感慨深くて。
しかしあれだけの事件で、今も昔も犯人が特定出来てないってのは、何やら陰謀説の信憑性も高まって
しまいますなぁ。

あ、結局サークルK店内に入ってないや。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D>
EF35mm F1.4L USM
f0157812_2373412.jpg


More・・・・・あと2枚、近江屋跡での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2012-06-23 23:09 | business trip | Comments(0)
2012年 06月 22日

ひとりぶらりプチ京都観光 〜三条大橋〜

ここには是非来てみたかった。だって東海道五十三次のゴールだもん。江戸から見て。
東の起点「日本橋」には何度も立ち寄ってるけど、西の起点は初めてだね。
ホントは東海道の宿場町全てに行って、写真撮ってみたいんだよなぁ。
思った通りに古い感じがしていい。江戸の頃から変わってないのかな?当然橋脚は鉄筋だろうし、
路面だってアスファルトだけど、欄干なんかは木だし、擬宝珠は青銅っぽいよなぁ。

しばらく橋の上から鴨川の流れをボンヤリ眺めたり、河原へ下りて橋を見上げてみたり、江戸時代に
思いを馳せたりして時を過ごしていました。
橋の袂にあった案内を何気なく読んでみると、池田屋事件の時についた刀傷が擬宝珠に遺っているというので
実際見に行ってみると、確かに刀傷のようなものがあった。
長州・土佐の尊王攘夷派志士と新撰組による騒動だね。
ちなみに現在の池田屋は池田屋って言う居酒屋になってるみたいだね。行ってないけど。。

三条大橋を更にwikiってみると、なかなか歴史マニアには堪らないであろうポイントじゃありませんか!
六条河原と並ぶかつての処刑場で、石川五右衛門が釜茹の刑に処せられたのがここ。
六条河原で斬首されて、ここ三条河原に首を晒されたのが石田三成。
豊臣秀次や近藤勇もここで晒し首にされている。

そんな歴史舞台も今では、川床が立ち並んでいて、スターバックスも川床を出してるんだから。
昔の人には想像もつかないだろうなぁ。
川床も昔からあったのかな?昔からあったとしたら、処刑見物なんかもしてたのかな?
恐ろしや恐ろしや。。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_21402989.jpg
f0157812_21404187.jpg


More・・・・・あと8枚、三条大橋での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2012-06-22 21:44 | business trip | Comments(0)
2012年 06月 21日

ひとりぶらりプチ京都観光 〜建仁寺〜

京都に限ったことではないだろうけれど、このような庭園があるのも魅力だよなぁ。
建仁寺でもひと際観光客が多くいたのが、この「潮音庭」。
座敷と渡り廊下に四方を囲まれた庭園。新緑、紅葉、雪、どの景色も素敵だろうね。
どの方角から見ても心静まる景色だった。

この他にも「◯△ロ乃庭」という面白い名前の付いた庭園があったのも、後に小冊子を見て気づいた。
貰ったものは現場で目を通すべきだよな。。

薄暗い広間がいくつかあって、その襖絵に「雲龍図」なるこれまた迫力満点な襖があった。
部屋毎に違う画があって、「花鳥図」「竹林七賢図」「山水図」という襖絵も。
桃山時代に描かれたものだそうだけど、京都文化協会とキヤノンによって高精細デジタル複製なのだそうだ。
なかなか当時のものを保存するのも大変だろう。温度湿度など条件を厳密に管理された博物館ではなく、
京都の夏の暑さと冬の寒さ、観光客に晒され続けていんだからね。

いや〜、思いがけず建仁寺で良いものと出会えたよ。下調べして行くのもいいけど、こう言う偶然の
出会いもいいもんだ。
次回は祇園をあとにして、鴨川をちょっと遡上。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_9495978.jpg


More・・・・・あと6枚、建仁寺での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2012-06-21 09:52 | business trip | Comments(0)
2012年 06月 20日

ひとりぶらりプチ京都観光 〜双龍図〜

入っていきなり「風神雷神」で度肝を抜かれたが、まだまだこんなモンじゃなかったようだ。
それは別棟にあった。

やや現代風セキュリティがある渡り廊下を走らずに渡ってゆくと、法堂(はっとう)に出た。
その中に入るや、頭上からただならぬ気配が!
なんと、天井いっぱいに二体の龍が描かれているではないかっ。
24mmの広角レンズをもってしても、全ては撮りきれないほど大きな絵。

しかし、入館時にもらった小冊子で情報を見てみると、創建800年を記念して、2002年に描かれたもの
だとわかった。
なーんだ、10年前にものか・・・。
でもこの法堂は江戸中期に上棟されたもの。それにこの「双龍図」、大迫力ではないか!
そう言われてみれば、現代的なものに見えてくる(気がする)が、見たときの感動は新しいか古いかなど
関係ない。
数百年後、この天井画を見るであろう人にも同じ感動が伝わるはずだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_1842533.jpg


More・・・・・あと4枚、「双龍図」の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2012-06-20 18:44 | business trip | Comments(0)