Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:八ヶ岳 ( 59 ) タグの人気記事


2017年 02月 10日

北八ヶ岳スノーシュー初め(後篇)

縞枯山から南の茶臼岳方面へは一気に下る。
そこそこの急斜面を下るのは、かかとの長いスノーシューでは少々歩きづらいが、スキーの要領で
滑りながら下ってゆく。

縞枯山と茶臼山の中間部には、五辻への分岐があり、縞枯山からだと右折するカタチで五辻へ向かう。
このルートにはわずかなトレースが付いていたが、トレースも若干迷った痕跡がある。
枝にある目印のリボンも少なく、これは迷いかねないと思った。
トレースに従って少々迷いながら進むにつれ、目印のリボンが目立ってきた。
途中の斜面で、スノーシューを雪に隠れた岩に引っ掛け、その引っ掛かった足に反対の足が引っ掛かり
完全にロックした両足はそのままに、下りで勢いのついた上体から前につんのめり、腕は肩まで雪に刺さった。。
痛みもケガも全くないが、調子に乗って走り下るとこうなるな、と反省。

分岐から30分弱で五辻に到着した。何ともない三叉路だが、ここで食事休憩することにした。
後からわかったことだが、五辻から出逢いの辻方面へ少し行ったところに東屋があったらしい。
そんな事は露知らずで、凍った鍋焼きうどんをバーナーで温めていた。
寒冷地用ガスだが大分時間はかかったが、何とか沸騰まで漕ぎつけ温かく食べる事ができた。
台湾おカップ麺とは違って、しっかりした日本の旨味がカラダに染み渡り、心から温まった。

五辻からは縞枯山の西麓を巻いて、ロープウェイ山頂駅へと戻ってゆく。
同行のMちゃんはスノーシューを脱ぎ捨て、ツボ足で歩くと言い出したも束の間、次々と踏む抜いていて
「言ったこっちゃないのに・・・」と心で思っていたが、誰しも踏み抜く時って声を上げちゃうよねぇと
後ろから見ていて、静かにほくそ笑んでいた。

ほぼ平坦な道のりを30分強歩くと、スタート地点の山頂駅へ戻ってきた。
全行程はちょうど3時間のショートハイクだったが、2017初の山は堪能できたかな。
スノーシューで歩きたいところが、まだまだ山ほどある。この冬どれだけ行けるか愉しみで仕方ない。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_21495680.jpg
f0157812_21495773.jpg


More・・・・・あと18枚、八ヶ岳ブルーの写真がありますからっ

by ymgchsgnb | 2017-02-10 08:00 | outdoor | Comments(0)
2017年 02月 09日

北八ヶ岳スノーシュー初め(前篇)

2017年は台湾旅行へ行ったり、色々してたのでなかなか山へ行けずにいた。
なんとか1月末の31日に、天気とタイミングが合ったので、ここに報告しよう。

本来の目的地は霧ヶ峰だった。
小淵沢から八ヶ岳エコーラインを抜けて蓼科へ向かったのは10時近くだったので、路面が凍結していたとしても
難なく登れるだろうと大門街道の登りに差し掛かると、警察が「路面が凍結しているので、迂回してくださーい!」
アナウンスしていて、来るクルマを追い返していた。
いやいや、4WDでスタッドレスの我がクルマなら問題ないだろうと、警察を突破!
しかしすぐに大渋滞・・・先でスタックした車が道を塞いでいるのだろう。
時間も時間だし、ここは計画変更してお馴染み北八ヶ岳ロープウェイへ向かったのだったのが事の顛末。

ビーナスラインをグングン標高を上げてゆく。路面は所々圧雪路になっていて、凍結してるようなことはなかった。
ロープウェイの山麓駅だって1,800m近い標高なので、霧ヶ峰も問題なく登ることはできただろう。
平日なりにスキー客は多く、10時20分発のロープウェイは満員御礼であった。

地上でも朝から暴風が吹き荒れていて、風の影響が心配されたが、山頂駅に来ると全くの無風!
氷点下10度ほどだったがポカポカ陽気で、ご覧のような晴天。八ヶ岳ブルーの世界が広がっていた。
昨年の雪不足に比べれば積雪は多いが、一昨年に来た時に比べればまだ少ない。

坪庭には上がらず、まっすぐ雨池峠方面を目指した。
雪の回廊を10分少々スノーシューで進むと縞枯山荘へ到着。営業はしていなかったが、青と白銀の世界が素晴らしい。
雨池峠まで進んで、ここから縞枯山まで深い森の中を直登する。
幸運にもトレースはバッチリ付いており、ありがたくトレースを辿った。
途中から急登に変わると、額からの汗がにじむ。タオルを頭に巻けば良かったが、ニット帽を脱いで登る登る。
直射日光の届かない森の中では、汗ばんだニット帽は凍りつき、坊主頭の後頭部にはかき氷を一気喰いした時の
痛みがはしる。カラダは火照っているが、外気に晒されている箇所が凍りついて痛むのだ。

30分で急登を制した先には縞枯山(2,403m)の爽快な眺めが待っていた。
樹々には海老のシッポが発達していて、風の強さが窺えるが、今は時折上空を強風がかすむ程度で
幸いカラダが煽られるような風はなかった。
立ったままの休憩だったが、北アルプスから南アルプスまでの景色を存分に堪能するのだった。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
縞枯山荘
f0157812_16262071.jpg

縞枯山
f0157812_16262129.jpg


More・・・・・あと20枚、八ヶ岳ブルーの写真がありますぞ!

by ymgchsgnb | 2017-02-09 08:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 08月 22日

お盆2016

世の中すっかりお盆休みも終わったと同時に、台風に見舞われている関東。如何お過ごしでしょうか?
私はお盆休みなんてありませんが、休みのタイミングが母と叔母と合ったので墓参りへ行きました。

日曜日の昼を過ぎ、その日の最高気温を迎える時刻。関東では今年は冷夏なのでは?の声も聴くけど
太陽も出てきてさすがに暑かった。
墓参りも済み、さて何しましょうか?となったが全くのノープラン。
自身、遠くへ出かけるつもりもなかったので、持ち物は財布とiPhoneのみ。
涼しいところへ行きたいというのだが「夏休み」「お盆」「日曜日」という中、どこも混んでいそうだ。
ニュースでは高速道路のUターンラッシュを伝えていた。

何も決まらず時間だけが過ぎてゆくので、乗り気ではなかったがとりあえず山梨方面へと向かうことに。
相模湖ICから中央高速に乗ると反対車線は大渋滞。昼も大分下がった談合坂SAも混雑していた。
走りながら「清里」「八ヶ岳」のキーワードが出てきたが、とりあえず韮崎ICで下りて
明野のひまわり畑に立ち寄ることにした。
15時を回っていたのでピークは過ぎていたが、曇りがちではあったけれどそれなりに人出も多く
ひまわりも南アルプスをバックに一斉にこちらを向いて咲いていた。

次に向かったのは清里萌木の村という敷地内に多数店舗が連なっている場所で散策したり
高原野菜を閉店間際の農家から安く買い漁ったりした。サビれた清里駅前もさすがに人が多かった。
その後、清里の代名詞清泉寮のある高原地帯へ。
美味しいパンを求めて清泉寮のパン工房へ行ったが、こちらも閉店間際でほとんどパンは無かった。
夕刻の高原で気温は20度を上回る程度、名物のソフトクリームはスルーして八ヶ岳倶楽部へ向かった。
ここは柳生博さんの店で、高原の雑木林の中にレストランや雑貨屋、ギャラリーなどがある。
入り口へ入るとやはり柳生博さんご本人がおられまして「こんにちは〜」と挨拶してもらいました。
仲間と団欒していられるようでした。
ひと通り雑木林や店を散策したのち、レストランでティータイム。実際はティータイムというより
ディナータイムであったので、パンやソーセージを注文したのだが、本気の夕食はどこで何を食べようか
弱い電波状態の中iPhoneで調べはじめた。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
明野ひまわり畑
f0157812_13310469.jpg
f0157812_13310587.jpg


More・・・・・あと1枚、八ヶ岳倶楽部での写真がありますよ

by ymgchsgnb | 2016-08-22 14:03 | drive | Comments(0)
2016年 01月 07日

スノーシューデビュー戦(3)

雨池で1時間ちょっと過ごし、帰りはチェーンスパイクを装着した。
自身初めてのチェーンスパイクで歩き出すと、締まった雪を噛む感触は、12本爪のアイゼンと遜色無いほどに
気持ちの良いものだった。

林道への登りも、こんな積雪じゃスノーシューよりもアイゼンよりも、チェーンスパイクがベストだと感じた。
でもさすがに林道では、スノーシューの方が歩き易いと感じた。平地を歩くのは少ない積雪でも改めて
スノーシューにアドバンテージがあるな。

雨池からの下りに苦心した斜面も、チェーンスパイクでは水を得た魚の如く、雪を得たチェーンといった感じだ。
サクサクと小気味良く、軽快に登って行けた。
振り返ると浅間山方面がキレイに見渡せる。あちらも同じく雪が無いなと一見してわかる。
どうせ雪が少ないなら、少ない内にチェーンスパイクで黒斑山に登って、浅間山でも愛でてくるか?

順調に雨池峠と縞枯山荘を通過して坪庭へやってきた。雨池からは約1時間の行程だった。
以前来た厳冬期の坪庭は荒涼とした雪原で、樹々の露出はほとんど無かったが、積雪の少ない今は
岩や樹々、ベンチやコースロープまで露出している。
それでも坪庭は「氷の美術展」といった感じで、自然が作った様々な造形を鑑賞できて愉しめた。

30分弱散策してロープウェイの山頂駅に戻ってくると、相変わらず大勢のスキーヤーやスノーボーダーが
ロープウェイから排出されてくる。
ロープウェイを下る客は、ほぼ登山客だけなので、帰りは悠々快適に乗ることができた。

14時50分、山麓駅に到着。また改めて厳冬期に来て、スノーシューを存分に味わうコースを歩いてみたいな。
それには兎にも角にも、モフモフの雪が積もってくれるのを雪乞いするしかないのだろうか。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_08392657.jpg
f0157812_08392614.jpg


More・・・・・あと27枚、雨池〜坪庭での写真がありますので見てってね!!!

by ymgchsgnb | 2016-01-07 08:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 06日

スノーシューデビュー戦(2)

ちょうどお昼に雨池(2,070m)に到着した我々は、ここをランチフィールドとすることに決定。
しかしその前に雪原をスノーシューで走るーーーっ
がしかし!!!・・・変な音。氷割れてる!?
ストックで突くと氷に穴が開くポイントもあり、すっかり静まり返った我々だった。

以前が白一色の雨池も、他と同様岩が多く露出していた。
5〜10cmの雪をかき分けると結氷した湖面が見える。それがどれくらいの厚みかがわからない。
ここは弱気に、岸に近いところで荷を下ろした。
岩をテーブルや椅子に使ったが、太陽に温められた岩の周囲は雪がなく、氷も薄そうなので注意が必要だったが
氷が割れることはなかった。
湯を沸かし、スープやホットワインで暖をとる。おにぎりは冷たかった〜。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_10374082.jpg
f0157812_10374047.jpg


More・・・・・あと12枚、雨池での写真がありまーす!!

by ymgchsgnb | 2016-01-06 08:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 01月 05日

スノーシューデビュー戦(1)

エルニーニョのせいですか?暖冬半端ないですよね。年末年始の箱根駅伝仕事も例年になく暖かでしたよ。
なもんで、早くも11月には購入していたスノーシュー冬用登山靴スタッドレスタイヤの出番が全然無いまま
年末を迎えた次第。なんとか年内にスノーシューデビューしたくて、スノーシュー初級者には最適と言われる
入笠山の状況を逐一チェックしていたものの全く積もらずで、より標高の高い北八ヶ岳を目指しました。

北八ヶ岳ロープウェイへ行くなら、スタッドレスとMAZDAのi-ACTIV AWDの性能もついでに試せると思ったら
駐車場まで除雪が行き届いており、完全に夏道でありました・・・。

さて、暖冬と言ってもロープウェイで上がった山頂駅(2,240m)からは白銀の世界であります。
しかし一見して積雪は少ないのがわかった。
チェーンスパイクで十分な感じだったが、少々強引にスノーシューを装着し、デビュー戦に挑んだ。
一応坪庭へ上がってみようと向かったが、積雪の少なさから階段が露出しており、スノーシューでは歩くことが
できなかったので、直接雨池方面へと進路を変えた。

縞枯山荘への白銀の針葉樹を抜ける道も、樹木の高さと道の狭さが感じられた。
雨池峠へもコースロープや岩が露出していて、スノーシューでは注意が必要だった。
雨池へとスノーシューで下った人のヤマレコを寸前に見たが、その通り岩の露出で歩行困難であった。
新品のスノーシューを傷付けないよう気を使いつつの下りは、冷や汗なのか熱気からのものなのかわからない。
雨池への林道も、両側に笹原が露出しており道が狭く感じたが、さすがに平坦路でのスノーシューの
アドバンテージは威力があった。

雨池への下り斜面も、標識とトレースが明瞭であったが、岩と根っこが行く手を阻んでいた。
そして山頂駅を歩きはじめて1時間半、雨池の雪原が見えてきた。(つづく)

撮影日:12月28日

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
MSR REVOアッセント 25インチ
f0157812_09400865.jpg
f0157812_09400984.jpg


More・・・・・あと14枚、北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅〜雨池までの写真がありまーす!

by ymgchsgnb | 2016-01-05 08:00 | outdoor | Comments(0)
2015年 10月 17日

紅葉散策「白駒池」(4)

今回は八ヶ岳の山を登る!って感じではなくて、白駒池周辺を散策するというテーマだったので、
高見石小屋から、さらに高い所は目指さず下山方向へ。
同じ道を帰ってもつまらないので、行ったことのない丸山経由で麦草ヒュッテに下山して、そこから
メルヘン街道を歩き駐車場へ戻ることにした。

ちゃんと地図も等高線も見ないまま、丸山までは多少の登りはあっても、麦草ヒュッテまではちょちょいのちょい
だろう思っていた。しかしそんな甘い考えの過去の自分を叱ってやりたい。
丸山までは想定内で、平坦な苔の森歩きから山頂に向かってちょっと登りがある程度だった。
問題は、やや残念な山頂の丸山からの下りが意外に急で、しかも苔むした岩と根っこに足を取られそうになり、
お気楽な下山コースとは到底呼べなかった。
「登山」という枠組みであれば、大したことはないよくある下山路だが、今回のテーマは「散策」で、
しかも同行のMちゃんは、膝に問題を抱えていたので、このような道は通りたくなかったのだ。
結果として高見石小屋から同じルートで白駒池へと下ってゆくのが勾配も緩く、正解だったようで
Mちゃんには悪いことをしてしまった・・・。

1時間程、深い森の急な下りなどを繰り返し、ようやく麦草ヒュッテが見えてきた。
そしてこれも膝には悪いが、白駒池の駐車場まで国道歩きを強いてしまった。
駐車場へ戻ってくると、路上には観光バスが並び、駐車場もほぼ満車状態で、紅葉シーズンの白駒池とは
こうなるもんなんだと思い知らされた。

思うような快晴にはならずに、白駒池畔の鮮やかな紅葉はまた来年以降に持ち越しだし、
膝に悪い道選びもしてしまったので、ちょっと反省の山歩きでした。愉しかったけどね☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
丸山(2,329m)
f0157812_09263284.jpg

麦草ヒュッテと向こうに茶臼山
f0157812_09263345.jpg


More・・・・・あと13枚、高見石小屋〜麦草ヒュッテ〜駐車場の写真があるんだよ!!!!

by ymgchsgnb | 2015-10-17 09:00 | outdoor | Comments(0)
2015年 10月 16日

紅葉散策「白駒池」(3)

高見石小屋の脇からテトラポットのように積み重なった大岩群が高見石だ。
白駒池を眺めるには絶好のスポットである。
この日も多くの登山客が高見石からの景色を愉しんでいた。
高見石中央の取分け大きな岩の反対側に回ってみると、そこには他の登山客の姿はなかった。
みんながいる場所よりも、広く安定したところが多いのに誰もいないなんて。
そこを我々で占拠するカタチで、小1時間過ごし大満喫した。

ブログに全部はアップしてないが、体の柔らかいMちゃんのポース大会が繰り広げられたので、
まるで写真集の撮影でもしてるのではないかと言うひとときだった。
自分もはしゃぎつつ撮影してもらった。
そんなおふざけモードでの高見石だった。
雲が切れて、まずまずの天候になったのもテンションが高まった要因だろう。
(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_13173764.jpg
EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
f0157812_13173630.jpg


More・・・・・あと11枚、高見石での写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2015-10-16 08:00 | outdoor | Comments(0)
2015年 10月 15日

紅葉散策「白駒池」(2)

白駒荘の脇から登山道は延びている。全般を通して急な箇所はなく、緩やかな森歩きが愉しめる。
晴れていて木漏れ日が射すより、このような天候の方が光が優しく潤って見える感じがした。と、
ポジティブに思う方が気分も良い。

40分の森歩き、10時20分に高見石小屋に到着すると、辺りはガスに覆われていた。
これでもまだ瑞々しい森が良いなんて言ってられない。晴れてくれ。
展望も期待できないので、すぐには高見石に上がらず、高見石小屋名物のあげパンでも食べて待とう。
これは「いつか食べてみたい山グルメ」のひとつ。早速小屋内で注文、少々寒いけどテラス席で食べよう。
あげパンはセットで売っていて、同行のMちゃんは「きなこ抹茶」、自分は「きなこココア」いずれも350円。
やがて一皿に4つあげパンが乗って出てきた。普通のロールパンサイズで、それぞれ味の付いた粉がまぶしてある。
もちろん揚げたてのパンは、やや塩が効いている感じがしたのは、汗をかく山での調合だろうか。
とても美味しく、勿体ないほどにペロリと平らげてしまった。違う味のあげパンを食べるためにまた来よう。

あげパンを美味しく食べてる間に、晴れ間が出てきた。何という絶好タイミング!
ザックを小屋にデポし、高見石によじ登りはじめると、そこには絶景が広がっていた。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
高見石小屋
f0157812_09580054.jpg
あげパン❤︎
f0157812_09580010.jpg


More・・・・・あと10枚、高見石小屋までの写真がありますよ!!

by ymgchsgnb | 2015-10-15 08:00 | outdoor | Comments(0)
2015年 10月 14日

紅葉散策「白駒池」(1)

石川出張の前日に日光白根山へ登り、その出張直後に今度は八ヶ岳方面へ行ってきました。

紅葉時期と言ったら白駒池です。その紅葉を見るのが長年の夢だった。
予報は申し分なく、睡眠不足も何のその意気揚々とクルマを走らせた。
野辺山高原へ来ると、なんと濃過ぎる霧。経験上、白駒池は雲の上なので楽観視していたが、
いざメルヘン街道の八千穂高原を越え、麦草峠付近の白駒池までやってくると、ギリで濃い霧は抜け出したが
風も強く曇っていた。「ヤマテン」や「てんくら」の予報を覆し、雲の上もまた雲だったのだ。
午前8時の到着時点で、平日なのに駐車場は8割方埋まっていた。
ややテンションが上がりきらないまま、白駒池に向け森に入っていった。

日本有数の苔の森も、秋はその青々とした感じではなかった。
10分程で白駒池に着いたが、相変わらずの曇天模様。わずかに青空が出る時もあるが、これではダメだ。
湖畔に並ぶアマチュアカメラマンも大勢いたが、みんな同じ気持ちであろう。
何度か白駒池に来たことはあるが、いつもやや曇っていて快晴にはなってくれない。
自分は晴れ男ではあるが、実情は「雨が降らない男」で、曇りがちな時が多い。
天候の回復を期待しつつ、白駒池を周回する散策路を歩く。
シャッターを押す気が起きなかったが、それでも一生懸命紅葉らしい画を映し込んでいった。

池の周りをゆっくりと小1時間巡った。天候が回復する気配はない。
この後目指す高見石にも、厚く雲が被さっているが、一縷の望みを持って向かうのであった。(つづく)

撮影日:10月5日

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_09143227.jpg
対岸の白駒荘
f0157812_09143254.jpg


More・・・・・あと13枚、白駒池の紅葉写真がありますのでね。

by ymgchsgnb | 2015-10-14 08:00 | outdoor | Comments(0)