Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:動物 ( 34 ) タグの人気記事


2015年 07月 30日

北アルプス・夢の縦走路へ「雷鳥」篇

中岳からの下りは、ハシゴとクサリを伝う急な岩場となっている。
しかしそこから見える大喰岳への稜線は美しく、その向こうにある槍の存在感も絶大だ。

北穂からつづくこの3,000mの稜線は、お花畑が見頃を迎えていた。
7月のアルプスはまさに百花繚乱の季節であり、この時期にそこを歩ける幸せを噛みしめる。
足腰的にはハードだが、目には優しい世界が広がっていた。

中岳と大喰岳の鞍部に差し掛かった時、先輩が何かの気配に気付き立ち止まった。
耳を澄ますと微かに「ゴロゴロゴロ…」鳴き声か?とその瞬間!雷鳥が突然我々の目の前に現れた!
しかも子連れで、確認できただけでひよこが5羽もいた。お久しぶり〜!!!雷鳥さんっ。
ここ数年会えなかったし、前にここを通ったときは全く出てきてくれなかった。
俗に雷鳥は天候が崩れると姿を現わすと言うから、晴れ男の自分とは縁が薄いのかと思っていた。
前に会ったのは2012年10月の燕岳以来で、その時はガスの中でたった。
そしたら何よこんな晴天の下で、しかも家族で挨拶に来てくれたのかい?
いつか雷鳥のひよこちゃん会ってみたかったのだ。いや〜良くぞ出てきてくれた!
良い子だから、ちょっとだけ撮影させてくれよ〜。

近くにトンビが舞っているのが見えると、親鳥は何かをしきりに喋っているようだ。
ひよこ達に身を隠すよう指示していたのだろうか?必死に岩陰にへばり付くひよこ達。
何とか捕食されずに育ってくれな。雷鳥がもっと繁殖して、そこら中のアルプスを歩き回ることを願っている。

雷鳥たちに別れを告げ歩き出し、大喰岳へ登り返しはじめると、再び鳴き声が。
今度はハイマツ帯に身を隠していた、さっきとは別の1羽の雷鳥さん。
鳴かなければ我々も気づかずスルーだったのに。せっかくだからちょっとだけ写真撮らせてくれな〜。
人に対して警戒心が薄いのが、また可愛いんだよな。

そして中岳を出発して45分、13時00分ちょうどに大喰岳(おおばみだけ)(3,101m)に到着。
昼頃槍ヶ岳に着いてゆっくりできるかと思ったてのに、意外にも時間を費やしてしまったな。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
特別天然記念物ライチョウ
f0157812_09223267.jpg
f0157812_09223263.jpg


More・・・・・あと20枚、中岳〜大喰岳までの写真がありますので見てってね☆☆☆

by ymgchsgnb | 2015-07-30 08:00 | outdoor | Comments(0)
2015年 05月 26日

伊豆アニマルキングダム(小)

伊豆アニマルキングダム、略してアニキン。

ここでは比較的小さい動物と直接ふれあうことのできるわくわく広場がある。
別料金(100円)を入り口の木箱に投入して入ろう。
そこらじゅうにいる動物を片っ端から触ってやろうじゃないか。

うさぎはカイウサギしかいなかったので、大好きなネザーランドドワーフも置いてほしいところ。
アルマジロなんて丸めて持ち上げると、ウゴウゴ蠢くのがちょっとキモチ悪い。
ハリネズミは飼いたくなっちゃうな〜。
そして昔から会いたかったカピバラにようやく会えた!
なんとも大きいネズミだこと(^ε^)
アリクイがお休み中だったけど、また行ってふれあってみたいもんだな〜。

動物園はこうやってふれあえるといいよね。
近所の県立公園内にある無料のふれあい動物園もいいけど、動物園ならではの珍しい種類もいていいね。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM>
チクチク野郎
f0157812_16064918.jpg
生みたてホヤホヤ!
f0157812_16070146.jpg


More・・・・・あと22枚、伊豆アニマルキングダムの小さめの動物の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2015-05-26 08:00 | snap shot | Comments(2)
2015年 05月 25日

伊豆アニマルキングダム(大)

新車を買ったらドライブだよね。そのクルマの評価基準として、自分はまず伊豆をドライブする。
「まず」とは言ったものの、もう尾瀬に行ったり、房総半島をドライブしたりと結構走っている。
残るは伊豆スカイラインを走ってみてどうか?

結論を言えば、素晴らしいクルマと再認識した。
今までのスポーツカーとは違い、ヒラリヒラリとコーナーを攻めるような走りには自然とならず、
ゆったり、おっとりと懐の深い走りをしてくれた。
相変わらず燃費もパワーも申し分無い。

行き当たりばったりで向かった伊豆なのだが、伊豆の動植物園でシャボテン公園熱川バナナワニ園
聞いたことがあるけど、伊豆アニマルキングダムなんて聞いたことがなかった。
「じゃあ行こう」となり、向かった。稲取の山の上にあるんだね。
目玉動物の中にホワイトタイガーがいるようで愉しみだ。

以下の写真を見て頂ければ、どんな動物たちがいるかおわかりになるでしょう。
まずは大きめの動物からの紹介です。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM>
百獣の王
f0157812_15420141.jpg
MAZDAの魂動デザインってつまりこう言うこと
f0157812_15421154.jpg


More・・・・・あと18枚、伊豆アニマルキングダムの大きめの動物の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2015-05-25 08:00 | snap shot | Comments(0)
2015年 04月 03日

ふれあい動物園

さくら散歩をしていた近所の公園。ふれあい動物公園もあるから立ち寄ってみた。
平日なのに午前中から人出が多いのは、春休みだからかな。

寒い時期は動物たちの動きも鈍く、特に撮り応えのある「リス」なんてのは、冬眠するから
冬は出てこない。
この日もはじめは全くいなかったけど、桜を見に行った帰りに立ち寄ったら、元気に動き回ってた。
マクロレンズの特色を生かして、至近距離からリスたちを狙ってみる。
愛らしい動きと仕草を狙っていると、時間を忘れてしまう。
子供達に交じって、変なおじさんです。

このブログにも何度も登場しているリス達ですが、どうぞご覧あれ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
f0157812_14504722.jpg
f0157812_14505094.jpg


More・・・・・あと9枚、動物公園のスナップ写真があります。

by ymgchsgnb | 2015-04-03 08:00 | snap shot | Comments(0)
2013年 12月 13日

西国弾丸ドライブ 〜大久野島(3)〜

もうね、特にうさぎの子供達はカワイイ訳よ。ふわふわであどけないの。
日向ぼっこして、眠たそうにしてると、そのままお持ち帰りしたいね☆
実際どうなんだろ?この島のうさぎ達は、誰のものでもないでしょ?もはや野生なんだから。
拾って帰る人とかいるのかなぁ?

そんな「うさぎの楽園」こと大久野島だが、過去には地図からも消された負の歴史があるのをご存知だろうか?
戦時中、この島は日本軍による「毒ガス製造工場」だったのです。国際法上禁止されていたにも関わらず製造していたので
地図上からは消されていた。
イペリットガス、ルイサイトガス、クシャミガス、催涙ガスなどを製造していたらしい。
島内には「毒ガス資料館」があり、負の歴史を今に伝えているそうだが、今回は訪れていない。

調べてみると、戦後米軍などによって半年で雑に処理されたようだ。
島内の地中に埋没処分したり、焼却処理したり、土佐沖(これも怪しいらしいが)に船ごと海洋投棄したりしてる。
そして島内の土壌にカルキを数センチの厚さで撒き(その量から全ての土壌に撒かれてないらしい)除毒したと。

そして何故現在のようなうさぎの楽園になったかと言うと、通説では現在野生化している700羽を超えるうさぎは
島外の小学校で飼育されていた8羽のうさぎを放したのがきっかけだとしている。
しかし毒ガス資料館元館長へのインタビューにあるように、それより過去にもうさぎがいたと言う。
戦時中にはうさぎを実験にも使っていたと言うし、食べてもいたと。(うさぎ肉は西洋では食べられているよね)
戦後処理でうさぎも処理されたと言うが、繁殖力満点のうさぎの全てを処理できているのだろうか?
それより完全に除毒されてないだろう土地で、今なお増え続けるうさぎさん。毒ガス貯蔵庫付近や防空壕などは
今でもヒ素などに汚染されているという。そしてその付近のうさぎには今でも毒に冒されているような個体もいるようだ。

ヒ素が地中に染み出ているだろう土壌の地下水などへの影響も計り知れない。
うさぎにちょっと会いに行くだけならまだしも、休暇村に宿泊するのはちょっとコワくない?
休暇村の建設自体、ちょっと怪しいんだから・・・。
上記のリンクから、3時間に及ぶ元館長へのインタビューに一度目を通してみるといいだろう。

でもまた訪れてみたい島だな。うさぎの写真をもっと撮りたいし、島内散策して廃墟や毒ガス製造所を見学してもみたい。
今回は早めに切り上げ、12時45分の船で忠海へと帰って行った。夕方前にちょっと行きたいところがあったからね。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
文脈とは対極の光景
f0157812_1958855.jpg
f0157812_19583274.jpg
f0157812_19584820.jpg
f0157812_1959968.jpg


More・・・・・あと22枚、「うさぎの楽園」大久野島での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-12-13 08:00 | drive | Comments(0)
2013年 12月 12日

西国弾丸ドライブ 〜大久野島(2)〜

いよいよ、うさぎが群れを為す休暇村へとやってきた。
休暇村の前は広場になっており、島でもこの周辺に多くうさぎがいるようで、その通り見渡す限りのうさぎがいる。
そりゃ観光客がいて、100円で買えるうさぎのエサをバラ撒いてくれれば、当然そこにうさぎは集まる。
自分も休暇村のフロントでうさぎのエサを購入し、いざうさぎの中へ突入する。

エサを持っていようがいまいが、人に向かって突進してくる。
これはなかなか写真を撮る身には、いささか厳しい条件だ。まっすぐ向かってくる被写体にフォーカスを追従させつつ
フレームに収めるのは至難の業。EOSのAIサーボが唸りをあげる。
しかしエサを持ってしまった状態で、低くカメラを構えようもんなら、瞬く間にうさぎ達に囲まれエサを奪われてしまう。
そこで写真の撮り方を変えた。エサをレンズ近くに持ち、それで釣りつつベンチなどの高台へ呼び寄せる。
釣られて登ってきたうさぎはエサには届かないが、一生懸命エサを取ろうと欲しがる。そこを狙うのだ。
少々可哀相な気もするが、良い写真が撮れたうさぎには、たんと褒美を授ける。
と言ってもなかなか難しいや。思い通りの画は撮れないもんだね。。

そうやってエサで釣って写真を撮ってると、なんとエサの入ったコップごと喰わえ奪われた!
地面にエサのペレットがバラ撒かれるや、一斉にうさぎ達が寄って集ってきてエサを食べてしまう。
少しでも奪い返そうと必死に拾う自分。しかし9割ほど食べられてしまった・・・。
また100円出してエサを購入してもいいのだけど、エサを持ちながらじゃ写真が撮り辛くて仕方ない。
あとはエサなしで、なんとかうさぎ達の写真を撮ることに専念したのだった。(うさぎの楽園はまだつづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
f0157812_1525689.jpg
f0157812_1531458.jpg


More・・・・・あと22枚、「うさぎの楽園」大久野島での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-12-12 08:00 | drive | Comments(0)
2013年 12月 11日

西国弾丸ドライブ 〜大久野島(1)〜

10時40分。ついに「うさぎの楽園」こと大久野島に上陸です。
フェリーから島へ降り立ったのは、自分ひとりだけだった。
休暇村大久野島への無料送迎バスがわざわざ待機してくれていたが、休暇村まで徒歩10分程度だというので歩くことにした。
ちなみに送迎バスは、船の発着に合わせて桟橋まで送り迎えしてくれるのだそうだ。

桟橋に着いた時からわかっていた。そこらじゅうにピョコピョコ動いているものを。
まるで自分を迎えてくれているかのように、うさぎが寄ってくる(喜)
しかし当然出迎えてくれているのではなく、エサを求め駆け寄ってくるのだ。しかしもらえないと悟るや、そっぽを向いてしまう。
送迎バスの下にもうさぎが隠れていて、轢かれないか心配になる。クルマで島へ渡ろうもんなら、気が気じゃないだろう。

しばらく海沿いの朗らかな道をゆくと、数人の観光客も目にする。この島にいる観光客は、99%兎人(うさんちゅう)なんだろな。
クルマで乗り入れ可能なキャンプ場なんかもあるので、ここで天気の良い日にキャンプをしたら、最高だろうなと思った。
バーベキューなんかしてたら、うさぎに囲まれちゃうかな?w

地面に窪みが点在しているのは、うさぎが掘った巣のようなものだろう。この島のうさぎの種類は、アナウサギというらしい。
ポロポロ丸く転がっているのはもちろんうさぎの糞だけど、ニオイもないし汚い感じがしない。
今になって思うけど、あれだけの動物が集団でいるのにも関わらず、ニオイが気にならないってのはいいね。

さてそろそろ、島で一番うさぎのいる休暇村へと近づいてきた。(うさぎの楽園はつづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_14101078.jpg

EF100mm Macro F2.8L IS USM
f0157812_14111917.jpg


More・・・・・あと19枚、「うさぎの楽園」大久野島での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-12-11 08:00 | drive | Comments(0)
2013年 06月 26日

猫とあじさい

ファインダーに集中してあじさいを撮影していたら、突然足に何かが触れた。
思わず「ヒャッ」と飛び上がってしまった。
「なんだぁ、ぬこさんかよ・・・」
すっかり被写体はあじさいから猫に変わってしまっていた。

公園にいる野良猫だろう。
3匹いたぞ。
みんな耳がかじられてるぞ。
ケンカか?病気か?

雨に濡れないところをわかってるんだね。
ずっとあじさいの下から動かない猫。
レンズを向けると、こっちに向かって来て足元にまとわりつく猫。
他へ移動すると付いて来る猫。逆にこっち来いよと誘導してくれる猫。

ついつい雨の中、夢中になって猫を追っていた。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF100mm Macro F2.8L IS USM
f0157812_0424949.jpg
f0157812_0432786.jpg


More・・・・・あと14枚、猫とあじさいの写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2013-06-26 10:00 | photo | Comments(0)
2012年 12月 22日

白鳥の湖

山中湖1周ウォーキングも終わりを迎えた頃、遠くに鳥が集まってる湖畔が見えた。
近くまで来てみると、白鳥にエサを撒いているおじさんがいた。白鳥おじさんかな?
軽トラには「白鳥パトロール」の文字。
山中湖村がやってることなのかぁ。
そのおじさん、時たまピストル状の空砲を放っておりまして、カモたちを追い払っているようでした。
白鳥はビビりながらもエサにありついているのだけれど、カモたちは一目散に逃げて行きます。
村は白鳥だけを可愛がって、カモたちは邪魔者扱いなのかな??

程なくして白鳥おじさんが立ち去ったので、白鳥たちに近づき写真撮影となりました。
白鳥たちって仲が悪いのかどうなのかわからないんだけど、それぞれがエサを食べながらも近隣の白鳥たちを
威嚇するようなカタチで突き合ってるんだよね。首を噛んだり、おしりを噛んだり。
穏やかそうに見えて、意外と気性は荒い性格なのかな?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D>
EF35mm F1.4L USM
f0157812_13441928.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
f0157812_1345854.jpg


More・・・・・あと18枚、白鳥の湖での写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2012-12-22 13:52 | outdoor | Comments(0)
2012年 12月 14日

湘南の空に舞う

その日の湘南の空は澄んでいた。

そこに舞うトンビ。猛禽類の猛々しさを伴って宙に浮いている。

トンビをはじめ色んな鳥がいたなぁ。

野鳥の会にも属してる訳でも無いけど、動物や鳥って撮影したくなる恰好の被写体だもんね。

ただそれだけ・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM>
f0157812_0215997.jpg
f0157812_0221580.jpg


More・・・・・あと10枚、稲村ケ崎での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2012-12-14 10:00 | drive | Comments(0)