Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:北海道 ( 16 ) タグの人気記事


2015年 11月 19日

はこだて雪んこ

函館出張から大分経っているけど、買ってきたと或る菓子がある。
函館市長賞受賞したはこだて雪んこというスイートポテトだ。
滞在中にフリーペーパーは何かで見て、帰りの空港で売ってれば買ってみようかなと軽く思っていた。

空港に到着してから搭乗まで時間のない中、実際は血眼になって探した。
ようやく見つけたこの商品、冷凍菓子なので保冷剤とともに購入。
6個入りで1,000円(税別)はちょっとお高めだが、どれどれ試してみようじゃないか。

ダイエット強く決意した函館出張に於いて、こんな菓子など買ってきてどういうつもりだ?と
自身に強く突っ込みを入れながらパッケージを開けた。
個包装になっていて、そのビニールを開けると更にプラの受け皿に入っていた。
雪んこを取り出して持ち上げてみると、そのカタチを維持できない程に柔らかく、潰れてしまう。
外側は求肥で覆われていて、生クリームが透けて見て取れる。
ひとかじりすると、求肥好きも納得のもちもちグニョグニョの食感。いつまでも口内で味わいたい求肥だ。
函館の牛乳を使用した生クリームは、洋菓子の直球の甘さで脳に快楽を与えてくれた。
そして何より主人公のスイートポテトは、北海道厚沢部町産のさつまいも黄金千貫のみを使用したという。
しっとりしていて、和菓子の奥床しい甘さが何とも言えない。

口内は和洋折衷・文明開化の嵐が吹き込んできたようで、これは丼ぶりいっぱい食べたい。
しっとりしたスイートポテトに、まったりさを加える生クリームを超絶柔らかい求肥が包んでいるんだから
美味しくない訳はないし、配合というか全てがミックスされ胃に届くまでが計算され尽くされたような味だ。

様々な名菓が乱立する菓子王国北海道。さすがにその中から出てくる菓子はレベルが高過ぎる。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_09152222.jpg
f0157812_09152362.jpg


More・・・・・あと2枚、はこだて雪んこの写真があるよ!

by ymgchsgnb | 2015-11-19 09:17 | foods | Comments(0)
2015年 11月 09日

ラッキーピエロ

ようやくラッキーピエロを訪れるチャンスが来た。
函館のB級グルメになるかどうかわからないが、世界的なファストフードチェーンでも歯が立たない
函館ローカルチェーンだ。
言っておくが、決してラッキーピエロはファストフードではない。ちゃんと注文を受けて作るタイプなので
オーダーから少々時間がかかる。電話予約して行くのがオススメなようだ。

基本ハンバーガーがメインだが、カレーやピザ、カツ丼、スイーツと様々なメニューがあって
全17店舗それぞれに独自のメニューもあるようだ。
優勝した力士が祝勝会で祝い酒を飲み干す巨大杯のようなデカ盛りメニューもあって、大食漢をも唸らせる。

普通に食事をしに行ってみたかったんだけど、朝昼は仕事で行けず、行けるのは夜。
しかし夜はみんなの居酒屋で食事&呑み。なので呑んだ後の「ラッピ」となるのだ。
まず
訪れたのは五稜郭公園前店。五稜郭タワーのとい面にあって、五稜郭の観光客を飲み込める大きめな店舗だった。
噂に違わぬド派手な内装。おかしなサーカス団に入団したような世界である。
ここで食べたのはラッキーチーズバーガーラキポテだ。コーンスープを注文したが、売り切れなのか無かった。
同行者は人気No.1のチャイニーズチキンバーガーコーヒー。後にシルクソフトクリームを注文していたが
機械のメンテナンスで食べられなかったそうだ。
自分はコーヒーは飲ま(め)ないが、このシンプルなコーヒーをえらく美味しいと絶賛していた。
そして大きめのバーガーはこれひとつで十分な食事になる。メニューには「お二人でどうぞ」と書いてあろ300gあるそうな。
食べた後に食べる量ではないが、まずまず美味しかった。ありがちなぺったんこなバンズではなく
ゴマがたっぷり奢られたバンズに、肉は大判だけどクドくないあっさりめでチーズとトマトが寄り添っている。
ラキポテは店の派手さと正反対のシンプルなマグカップに盛られたポテトに、ホワイトソースと
デミグラスソースがかかっていて濃厚だ。

最後の夜も呑んだ後、数人で本町店へ出かけた。そこでは普通のラッキーハンバーガーシルクソフトクリームを発注。
もっと類を見ないハンバーガーを発注したいが、食べた後ではシンプルに行かざるを得ないところが勿体無い。
ソフトクリームはソフトクリーム立てで出てきて郷愁を感じた。味は特筆すべきものではない普通のアイス。

最終日の仕事中、なんとスタッフが現場近くの人見店からカレールーポテトチャイニーズチキン
テイクアウトしてきてくれ、やや味気ないロケ弁に華を添えてくれた。
カレールーはひと皿2人前のようで500を超える。目立った具は無いが、ひき肉がたっぷり存在していて
なかなか食べ応えがあるカレーだ。チャイニーズチキンはタレが美味しいザンギと言ったところ。
ポテトは普通のポテトだったから、ラキポテで頼むのがいいね。
そのテイクアウト時でオマケ商品が当たったようで、自分が全部もらって来てしまった。
ド派手な黄色いクリアファイルと、ラッキーワン賞「幸運強運賞」と書かれた金色のカードと、缶バッチ。

実店舗にはあと15店舗行ってない。全て制覇したい欲がフツフツと頭を擡げてきた。
そして全てのメニューも制覇したい。函館にしか無く、滅多に行けるところではないというのがもどかしいが
いつか少しずつでも行って訪れてみようじゃないか!

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
五稜郭公園前店
f0157812_08335960.jpg
f0157812_08340084.jpg


More・・・・・あと8枚、ラッキーピエロでの写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2015-11-09 11:00 | foods | Comments(0)
2015年 11月 08日

函館の幸

函館出張の前から「あれ食べたい」「これ食べたい」「あそこに行きたい」などなど頭が膨らんでいた。
ところが、愉しみでもある夜の食事は、領収書や精算の面からスタッフ全員で行くことになる。
そのほとんどが居酒屋で、初日の夜に行った北海道の幸があるところ以外、普通の居酒屋ばかりであった。
最後の夜なんてジンギスカンに行こうとして、混雑してたから諦めてどこに行くかと思ったら、中華屋ですよ。
なんで函館まで来て中華食べなきゃならんのよ!って静かに突っ込んでいた。

だから食事の愉しみと言ったらホテルの朝食。5日間食べ続けて飽きない食事だった。
イカの街だけあって、朝から新鮮で透き通ったイカの刺身が食べ放題なのが良かった。

心残りは、函館朝市に行けなかったこと、ジンギスカンが食べられなかったこと、スープカレーを忘れてたこと、
塩ラーメンすら食べられなかったことだ。

北海道新幹線が開通するからとかじゃなくて飛行機でもいいから、また仕事でもプライベートでも
函館を訪れたいと思っている。明るい内の五稜郭も行きたいしね。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_20371563.jpg



More・・・・・あと12枚、函館の幸の写真がありますぞ!

by ymgchsgnb | 2015-11-08 17:00 | business trip | Comments(0)
2015年 11月 07日

函館出張

函館出張へ行ってまいりました。
学生時代北海道を周遊しまくっていた者にしてみたら、それだけでテンションが上がります。
その頃、道南は青森へのフェリーの乗り降りのための通過点でしかなかった。
仕事では2、3回訪れたことはあったが、せいぜい1泊程度で今回は5泊6日だった。
函館の街を歩いて回るなんて初めてだったんじゃないだろうか。

今回訪れたのは現場の函館競輪場、仕事終わりでスタッフたちと行った函館山、その帰りに乗った市電、
飲んだ後に散歩した五稜郭周辺といったところ。
毎晩の飲み会が無ければ、もっと出歩きたかったんだけど仕方ないね。。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
函館競輪場
f0157812_19463617.jpg

世界三大夜景
f0157812_19464143.jpg


More・・・・・あと8枚、函館の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2015-11-07 20:06 | business trip | Comments(0)
2012年 12月 19日

函館朝市

先日、函館日帰りロケという仕事があって、起床3時で北海道まで行ってきましたよ。
函館まで行って日帰りなんて言うからにはタイトなスケジュールで、撮影終わりで逃げるように帰京という流れだった。
ところが、某タレントの大遅刻によってスケジュールが大幅に狂いに狂った。
多少巻き返したものの最終便には微妙な時間になり、結局制作サイドから「函館に1泊して下さい!」とのこと。
自分的には翌日の仕事を別のスタッフに代わってもらい、休み扱いになった上で翌日帰京となった。

ならば、美味しい塩ラーメンや世界三大夜景の函館山へ行ったりと、夜の函館を満喫しようと目論んでいた。
ところが函館市内のホテルにチェックインできたのが21時を過ぎていて、スタッフ全員で食事に出ると言う。
居酒屋で函館の幸は満喫できたが、自由な時間は無かった。。

では朝に勝負だ!
函館の朝市というのがあって、毎朝開かれているという。しかも朝5時から!
ホテルの出発時間が8時だったので、それまで函館を堪能しよう。
5時に起きて、15分くらい歩いたところにある函館駅へ向かう。まだ始発待ちの客がいる。
駅の向かいが朝市となっているが、まだ開店したてだったので、名所のレンガ倉庫まで歩いてこよう。
20分くらい歩くと観光名所のレンガ倉庫群があるのだが、当然店はやっていない。
しかしオレンジの街灯りに照らされていて異国情緒があった。
函館山の麓まで来たが、ロープウェイも動いてないし山へは登らずに、レンガ倉庫周りをうろうろ。
暗がりで若干怪しい人物に思われそうだが、怪しむ人すらいない早朝。
写真には撮り忘れたけど、日本最古のコンクリート電柱なんかがあった。

再び朝市に戻ってきた6時過ぎ、まだまだ夜は明けてないが市場らしい活気が出てきていた。
市場中をグルグル周り、根ぼっけとキンキの大きい干物をお土産で購入したのち、朝ごはんをどこで食べるか探し回った。
「どんぶり横丁」なる一角があったが、観光客用な気がしたのでそこは避けた。
まぁ朝市全体どこも観光客用だけど、少しでもいい感じのところを探した。
それでも無難な店を見つけ入店したが、豪華海鮮丼!みたいなのはどこもあまりなく、どの店も基本の丼もの
しか無かった。
3種を自分でチョイスする海鮮丼と、寒かったので温かい汁物で三平汁を注文。
醤油漬けいくらはプチプチで、エゾバフンウニは磯味でトロトロしててが最高、ホタテはしっかりした食感だった。
食べ終わって外へ出ると街は動き出していて、車や路面電車は行き交っていた。
自分もそろそろホテルに戻り、帰京の支度をするとしよう。
なんとも束の間のプチ函館観光であった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_9343081.jpg
f0157812_9344465.jpg


More・・・・・あと11枚、函館朝市での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2012-12-19 09:39 | business trip | Comments(0)
2011年 02月 16日

おんまさん

帯広競馬場にて。ばんえい競馬の馬です。
大きくて、穏やかで、優しくて、力強くて、従順で・・・

ばんえいは、輓曳って書くんだよ。難しい漢字だね。
鉄っちんの重いソリに乗った騎手ごと曳く、世界で唯一帯広にだけある公営競馬。
障害もあって、坂も登るんだよ。逞しいね。
北海道を開拓した農耕馬なんだろうね。スゴいね、働き者だね。

なんか、馬に跨がりたくなっちゃったよ。
そう、颯爽と江姫よろしく琵琶湖畔を駆けてみたくなったよ。

でもね。時代劇に出てくるサラブレッドは時代考証的にはおかしいね。間違ってるね。
だって、サラブレッド馬は速さだけを追求して人間が創った品種だもんで、日本にやって
来たのは近年のことでしょ。
日本の在来種は中型〜小型馬だもんね。ポニーみたいなね。
道産子以外は、ほぼ天然記念物級になってるじゃないか。

ふと、戦国の世に思いを馳せると、ポニーみたいなカワイイお馬に、甲冑を来た武将が
跨がってるんだ。なんとも滑稽だね。
「暴れん坊将軍」だって!吹いちゃうな ( ´艸`)

あ、馬肉が食べたくなったよ。競馬並びに馬ファンの方すみません(お詫び)
でも皆、牛ファン、豚ファン、鶏ファン、魚ファンにも詫びなきゃだよ。

肥後、会津、甲斐へと赴いて馬肉が食べたいね。
以前熊本で食べた「馬もつ」を思い出して、切なくなったよ (´q`)

今夜はカレーです。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ 人気ブログランキングへ ymgchsgnbをフォローしましょう

<iPhone 4>
f0157812_18543923.jpg
f0157812_18545178.jpg


by ymgchsgnb | 2011-02-16 18:55 | snap shot | Comments(0)
2011年 02月 11日

本場の豚丼

北海道でのロケ終わり、飛行機の時間まで大分あったので、夕食にとバスの運転手さんが
豚丼のお店に我々御一行を連れてってくれた。
我々ロケ隊は、1台の観光バスで行動していた。そんなバスが路面店の豚丼屋の駐車場に
ドンっと停めたのは圧巻だった(笑)

東京にある花畑牧場がやってる豚丼屋は行ったことあるけど、やっぱり本場の帯広で食べたいと
以前から思っていた。
ロケ中にもTKOの木下さんと「豚丼食べたいっすねぇ」なんて話しもしていたので、念願叶って
嬉しかった。

運転手さんが案内してくれたのは十勝豚丼いっぴんというお店だった。
注文したのは豚丼と豚汁、サラダのセット。
下の方のメニューにもあるけど、基本食事のメインは豚丼だけ。ただし細かくアレンジできる。
豚肉の量やご飯、タレの量、肉の切り方までアレンジできる。もちろん量によって値段は
変わってくるよ。
肝心の味は?これがスタッフ一同異口同音に「美味い!」だった。
自分もこれには感動!めっちゃくちゃ美味しかったのだ!テーブルに備えてあった山椒をかけたら
うな丼を食べてるんじゃないかと思うほどの美味さ。
タレも豚肉も最高。特に自分は豚肉好きだから美味さひとしおだった。
何度も通って、いろんなアレンジで食べたい。札幌にも数店舗あるのだが、なかなか行けない。
帯広にはまだまだ美味しい豚丼屋があるとか。また行きたいなぁ〜。

面白かったのは、セットの味噌汁を豚汁にチェンジしたんだけど、具にゆで卵が入ってたんだ!
これって普通???自分は初めての経験。今度やってみようかな(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ 人気ブログランキングへ ymgchsgnbをフォローしましょう

<iPhone 4>
肉、ご飯、タレの量、肉のカットの仕方、全て「普通」にした。
f0157812_19593097.jpg


More・・・・・あと3枚、豚丼屋での写真がありますのでどうぞ!!!

by ymgchsgnb | 2011-02-11 20:01 | foods | Comments(0)
2011年 02月 10日

「パニックフェイス」北海道ロケの夜

先月下旬、北海道は帯広方面へ出張してきました。
番組が無事O.Aされたので、北海道写真でもアップしますかな。
別に番組の裏側を載せる訳じゃないけど、一応O.A後にね。一応。。。

学生時代から北海道の虜になっていた自分は、北海道出張と言うだけでエキサイトする
心を抑えるのに必死なのである。
今回ロケで巡った場所は、帯広競馬場、サホロリゾート、南富良野の雪原、然別湖、糠平湖。
数年前某社クルマのCMで巡った場所とほぼ同じで初めての地でもない。学生時代にも来てるし。
ただ冬のこの時期に然別湖に来ることが、何より夢・憧れだった。

全面結氷した湖面の上にコタン(集落)が作られ、ICE BARや無料湖上露天風呂などがある。
泊まった宿が然別湖畔のコタンの目と鼻の先。ロケが終わってスタッフ、出演者と食事をした
あとに、ひとり湖に向かった。
気温はー13℃。凍てつく寒さが、逆に心地良いくらいだ。片栗粉を踏んでいるかのような、
「ギシッギシッ」と踏みしめる雪の音以外、何も無い静寂の夜。
しばらく凍った湖の上を歩いていました。もしかしたらその顔は笑っていたかも知れない。

ちょっと心残りなのは、湖上温泉の男性利用タイムが終わっていたこと。
折角の星空、静寂、湖上、無料(笑)の温泉なのに・・・そこは宿の温泉で我慢。
そしてもうひとつ。お酒を飲まない自分が、ICE BARでカクテルでも飲んでやろう!と思って
いたのに、氷のグラスが売り切れで普通のプラスチックのコップしか無かったこと。
氷のバーで、氷のグラスで飲むから雰囲気があるのに、ただのコップじゃ〜ねぇ・・・
そこは何も飲まずに、おずおずと宿に引き返してきましたよ。

また来ればいいさ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ 人気ブログランキングへ ymgchsgnbをフォローしましょう

<Canon PowerShot S90>
湖から湖畔を眺める。
f0157812_1855641.jpg

ICE BAR
f0157812_1862670.jpg


More・・・・・あと14枚、夜の然別湖の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-02-10 18:15 | business trip | Comments(0)
2010年 03月 13日

北国の犬

先頃の旭川出張で、出会った美瑛の犬。
酪農家の家で飼われている、白い犬。

ほのぼのとした犬で、とても可愛かった。
アゴから出血していたり、次の日にはほっぺに不思議な色が付いていたりと
なんとも愛らしい犬。
犬好きの後輩と、戯れていました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon PowerShot S90>
f0157812_141463.jpg
f0157812_142769.jpg


More・・・あと9枚、北国の犬との写真があります。

by ymgchsgnb | 2010-03-13 14:04 | business trip | Comments(0)
2010年 03月 04日

旭川でレンタカーを借りる 「富良野」篇

美瑛から足を伸ばして北海道の「へそ」富良野まで行きました。
北海道を放浪していた学生時代の拠点としていた土地です。
ドラマ「北の国から」で富良野に魅せられて、ドラマの舞台である「麓郷」でバンガロー
生活をしていました。
至る所にテレビで見たままの景色が広がっていて、まるで自分がドラマの何かの役にでも
なったかのような錯覚を覚えていました。

17年振りに訪れてみて、少し変わった所や、観光地化された所も見受けられましたが、
雰囲気は変わっていない、未だに「北の国」な場所でした。

また改めてドラマシリーズを見るとするかな・・・

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon PowerShot S90>
富良野市街を一望
f0157812_1728298.jpg

ここが麓郷のメインストリート
f0157812_1729121.jpg


More・・・あと17枚、北の国での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2010-03-04 17:41 | business trip | Comments(0)