Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:夜景 ( 48 ) タグの人気記事


2017年 05月 08日

行き当たりばったり東北旅 〜 圧巻の夜桜

夜の出店回りがひと通り済んだところで、いよいよお目当の夜桜撮影に移ります。

メインの夜桜スポットを昼間の内に西濠と決めつけていたので向かってみると、やはり皆んな考えは同じで
西濠に架かる春陽橋は人で埋め尽くされていて、橋が落ちるんじゃいかと心配になった。
しかしその心配を他所に、溜息が漏れるほどの美しい光景が広がっていました。
染井吉野が両岸をどこまでも埋め尽くし、見事なライトアップだ。
漆黒の水面にライトアップされた夜桜が投影され美しさが倍増されている。
この日の西濠は確か3分散り程度だったので、目立った花筏は見られなかったが、この風景で花筏で埋め尽くされていたら
奇跡の光景だったに違いない。

ブログにはアップしないが、この光景をバックに母親をモデルとして、たくさんの写真も撮った。
ライトアップの照明を利用して、バランスの良い明かり具合で撮影できて満足だ。
勝手に目にキャッチライトも入って、なかなか上出来な仕上がり。

我々は21時半頃で引き上げたが、ライトアップは23時までされているそうです。
もしひとりだったら、いつまでも撮影に没頭してしまう場所だなぁ。

来年は弘前さくらまつりが100周年を迎えるということなので、是非とも来てみたいもんだが、それは仕事の都合と
奇跡の日取りが合わないと実現できそうにないな。
でもまた絶対来る!!!

撮影日:5月1日

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
西濠
f0157812_18203489.jpg
f0157812_18203389.jpg


More・・・・・あと16枚、弘前さくらまつりの夜桜写真がありますーーーーー!

by ymgchsgnb | 2017-05-08 07:30 | travel | Comments(0)
2016年 11月 23日

高ボッチの夜明け(前編)

2年前にも行ったことがある。その時は本気で夜明け撮影を狙っていなかったので、行った時には
夜が明け切っていて、東側の景色は霞みはじめていたのだった。
なので今回は夜景や、夜明け前からの景色、御来光を愉しみに早くから出かけた。

甲州街道から一転、狭く寂しい暗闇の山道をゆくと、日曜日だったということもあって高ボッチ高原付近には
大勢の撮影客でごった返していた。路肩には車がギッシリで、まさかの観光バスまで路駐していたり
テントを張っている者もいた。
自分は高ボッチ山頂を目指していたので、その先の広い駐車場まで進んでいった。
朝4時半の時点では、駐車場は意外にもガラガラだった。

クルマを降りると満天の星空に安堵した。というのも下界はずっと濃霧だったからで、星は全く見えず
それでも山の上は(高ボッチ山は1,665m)雲の上だろうと信じていたのだった。
ウルトラスーパー下弦ムーンの光が、天頂から燦々と降り注いでいたものの、さっそく星空を撮影。
光害のある中で、無闇に感度も上げず、星も動かない程度のシャッタースピードではこんなものだろう。

それでは高ボッチ山頂へ向かうとしよう。2年前は今回よりも1ヶ月前の10月末だったんだけど
その時は霜もすごく寒かったが、今回は霜は一切なく、前日の雨で多少泥濘んで気温もそこまで寒くなかった。
徒歩わずか5分。山頂にやってくると、富士山・諏訪湖方面側にはビッシリと三脚が隙間なく並び
場所取りがされていた。もはや良いポジションはなく、ややこんもりとした山頂よりで、彼らの後ろ側に
三脚を構えたのだった。

まだ夜明けすら感じさせない暗闇の中、レンズを向け長時間露光をしてみると、肉眼では全く見えない
富士山がしっかり捉えられていたのだった。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_11023393.jpg
EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
f0157812_11023439.jpg


More・・・・・あと17枚、高ボッチ山からの夜明け写真がありますよ〜

by ymgchsgnb | 2016-11-23 11:16 | photo | Comments(0)
2016年 01月 11日

ジュエルミネーション 〜 後編 〜

イルミネーションということで、三脚を持ち込んで臨んだものの、団体行動ではじっくり撮影することは不可能。
やっぱりイルミ撮影は、ひとりか撮影仲間で来ないとダメだな。
結局三脚は邪魔な杖代わりと成り果て、今回の撮影は手持ち撮影がほとんどです。
三脚を使用したのは噴水ショーのみ。

ナイトパスで乗り放題なんだけど、一部対象外があって、その最たるものは観覧車である。
しかも大人ひとり1,000円はちょっと高いなぁ〜。でもこのジュエルミネーションを一望するには唯一の手段。
仕方なく「黒山の人集り」という言葉がぴったりの行列に並ぶこと40分ほど、我々一行ふたつのゴンドラに分かれ乗り込んだ。
この観覧車も随分と老舗感が否めないが、遊園地を一望するには十分な高さと時間はあった。
クレイジーヒューストンとは違い、じっくり眺められる。改めて見るとキラキラとカラフルでキレイで
まさに宝石箱を蹴散らかしたようだった。

その後、子供達を中心にいくつかの乗り物を愉しみ、自分は絶叫系が好きなのでルーピングスターシップに乗った。
バンディットは時間が無くて乗れなかった。20時30分までの営業なので、大人用にもう少し遅い時間まで
やって欲しいものだ。

帰り際、噴水ショーを最後にジュエルミネーションを見終えた。
ナイトパスでは時間が限られるが、平日なら多少空いているだろうか?
混雑していると見るか、並ぶかになってしまいがちだ。
自分みたいに撮影に拘らなければ問題ないか・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF50mm F1.4 USM
f0157812_11284418.jpg
f0157812_11284368.jpg


More・・・・・あと16枚、ジュエルミネーションの写真があります!!

by ymgchsgnb | 2016-01-11 09:00 | photo | Comments(0)
2016年 01月 10日

ジュエルミネーション 〜 前編 〜

年末年始の仕事を終え、正月休みとしては唯一の休みの日、叔母、従姉妹が子供らを連れて遊びに来た。
別に迷惑とかじゃないですよ。こんな時でも無いと来れないしね。

まずは祖父母のお墓参りへ行き、当初の予定通りよみうりランドのイルミネーションを見に行くことにした。
ジュエルミネーションというネーミングで、LEDが昨年より100万球増え400万球になったとか。
昨年の10月16日からやってたんだね。2月14日までやっているそうなので出かけてみては?
時間は16時からで、イルミネーションを見るだけなら1,000円で入れる。高いか安いかは微妙。
それにともないナイトパスというイルミ&乗り物乗り放題チケットがあり、それは1,800円だ。

正月休みで混み合っていたので、臨時駐車場に回され、入場口も臨時口だったけどクレイジーヒューストンという
アトラクションが近く、イルミよりもまずその行列に従姉妹と並んだ。
あとで知ったけど4Gで上昇する「ヒュー」と、2Gで落下する「ストン」に分かれていたようで
手前にあった「ヒュー」の方に並んでいた。このアトラクションは四角柱の側面に椅子があるもので
座る側面によって景色がまったく違う。遊園地の端っこにあるので、イルミを正面に見下ろすのは
ひとつの側面に限られている。
そこは強運の持ち主、完璧な席順になった。時刻は夕暮れのマジックタイム、物凄い上昇Gで一瞬にして
上空に行くと素晴らしい光景が目に飛び込んできた!丹沢山系のシルエットの向こうに赤味を帯びた富士山
足元には400万球のイルミネーションが広がっていた。しかしながらその写真は撮れないのが残念。
その刹那、フリーフォール状態で落下。実際は落差が大きいのに、近くに対象物が無いので風景は
大して変わっていないのが不思議な感覚だった。

すっかり大人と子供らを待たせてしまった。さぁ、ジュエルミネーションへ向かうとしよう。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_11150931.jpg
f0157812_11150933.jpg


More・・・・・あと15枚、ジュエルミネーションの写真があります!

by ymgchsgnb | 2016-01-10 11:22 | photo | Comments(0)
2015年 11月 15日

富士の夜景

あまりにも快適な陽気に、瑞牆山山頂での滞在時間は1時間30分になった。
比較的ショートハイクだから可能な時間の使い方である。

12時20分に下山を開始して、大岩地帯を下り涸れた沢の渡渉ポイントまで下りてきたのが13時10分。
一気に登り返して富士見平小屋まで戻ってきたのが13時30分。15分休憩して、行きに立ち寄らなかった
小屋直下の水場で採水。ひゃっ!冷たくて美味しい水だこと。
瑞牆山荘の登山口まで戻ってきたのが14時20分。たっぷり山頂で過ごしても、6時間で戻ってこられた。
短時間で行き来できる手軽さの中に、ハードな登りも織り交ぜられ、山頂の展望も良しとなれば
そりゃ人気の山ですなと合点が行く。

帰りの温泉は、瑞牆山に登った人のほとんどが増富ラジウム温泉郷に立ち寄るんじゃないだろうか。
立ち寄ったのは増富の湯。大人料金は820円だが、富士見平小屋で割引券をもらえば770円になる。
たった50円の割引きで、JAF割引もない。
お湯は茶色く濁っていて、温度も低くジックリ入ってられる・・・そのせいか居眠りをしてしまった。
家では定番の風呂寝だけど、さすがに出張帰りの寝不足からか、はじめは右に倒れる眠りをして
次に前に船を漕ぎ鼻から温泉を啜っては起きての繰り返しだった。

温泉後に向かったのは河口湖。まだ若干紅葉には早そうだったが、紅葉回廊へ行ってみる。
途中甲州街道沿いで、もはや登山後の定番となったステーキ&サラダバー(米なし)。
ステーキガストを久々に訪れてみたら1ポンドステーキがあったので注文。2人でシェアして大変美味しかった。
サラダバーの質も向上していたし、登山後の食事処リストへ追加だ。

さて紅葉回廊はと言うと、一部真っ赤に色付いてる木もあるが、全体的にはまだまだ色付きはじめで
平日でひと気もなく淋しい感じではあった。でも写真はそれなりに撮れてるでしょ?(^ ^)
でも思わぬ副産物が得られましたよ。河口湖沿いの遊歩道を歩きながら帰っていて、肉眼ではギリギリ富士山が
あるのが認識できる暗さの中、カメラを三脚に構えスローシャッターで撮ってみると、なんと言うことでしょう!
富士山が明るく写ったのはもちろん、凪いだ湖面に逆さ富士が映ってるじゃありませんか!!
テンションが上がりましたね。朝からの瑞牆山、温泉、食事、そしてこの景色、素晴らしい1日を過ごせました☆

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
河口湖
f0157812_22124328.jpg

紅葉回廊
f0157812_22124333.jpg


More・・・・・あと19枚、瑞牆山からの下山〜河口湖までの写真があります!!!!!

by ymgchsgnb | 2015-11-15 09:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 07月 17日

シネマグラフ 横浜篇

横浜の夜景もシネマグラフ化してみたかった場所のひとつ。
「コスモワールド」という遊園地があって、夜景に動きが出るので、よりシネマグラフが映えるだろうと思ったからだ。
しかし撮影した日は、無情にもコスモワールドの休園日だった。
また来ればいいさ・・・。

休園日でもコスモクロック(大観覧車)の電飾は動いているので、横浜の夜景としては十分。
大桟橋や象の鼻パーク、汽車道周辺で撮影してきました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
コスモクロック




by ymgchsgnb | 2014-07-17 08:00 | snap shot | Comments(0)
2014年 02月 27日

河津の夜桜 後篇

駐車場付近まで戻ってきました。
伊豆急行の橋脚から海側までの桜並木がライトアップされてます。
こっちがメインだね。さっきまで観光客を見かけなかったのに、こっちにはたくさん詰めかけてました。
これが満開時の土日だったら、大変な混み様だろうねぇ。

この河津の桜のライトアップを見ていて思うんだけど、田舎のライトアップって言うか、照明の当て方が下手なの。
巧く当てれば、もっとキレイに桜が映えるんだろうになぁと。。

それも引き画の話しで、100mmで寄って撮れば、さすがにキレイで昼の桜では出せない妖艶さがありますな。

満開になったらまた行っちゃおっかな?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_1272881.jpg

EF100mm Macro F2.8L IS USM
f0157812_1275418.jpg


More・・・・・あと12枚、河津の夜桜写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2014-02-27 19:00 | photo | Comments(0)
2014年 02月 26日

河津の夜桜 前篇

2月と言ったら一年で一番寒い時期でしょう。
そんな季節にひと足もふた足も早く、桜の便りが届くのもまた2月。

伊豆の東海岸に位置する河津町で、2月の上旬から桜まつりがはじまる。
初めはほとんど咲いてないけど、2月の20日を過ぎた頃から見頃を迎えてくるのだ。
開花の状況をネットで虎視眈々と狙い、メイン会場が7分咲きになった平日休みに合わせて乗り込んだ。

今年は昼の桜は見ずに、はじめから夜桜狙い。18時〜21時頃までライトアップするというから愉しみだ。
河津駅近くの夜間専用駐車場に200円で停めると、大きく2ヶ所でライトアップしている遠い方へまずは行ってみた。
その町役場方面の峰温泉付近までは2km程歩く。
川沿いの並木道がライトアップされていたが、ライトの色温度が様々でなかなかキレイな桜の色を表現しづらい。
白色に統一すればキレイだと思うんだけどなぁ。

それでも河原へ降りたり、並木道をくぐったりとシャッターを切っていった。
メイン会場から遠く離れていることっもあって観光客の姿はなく、地元の方がウォーキングしている程度で
撮影はしやすかった。

今回はまだ「満開」ではなく、スケジュールの問題で少々勇み足気味の撮影だったので、場所によっては
6〜7分咲きの所もあればつぼみの木も散見された。
菜の花もあまり咲いておらず、昼から来ても黄色と桜色のコントラストはまだ愉しめなそうだった。
(撮影日:2月24日)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_18343479.jpg
f0157812_18351046.jpg


More・・・・・あと9枚、河津の夜桜写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2014-02-26 18:54 | photo | Comments(0)
2014年 01月 23日

湘南の宝石 〜 江の島 〜

何も有料のスペースだけにイルミネーションがある訳じゃないんだよ。
江の島中にちょこちょこ点在してるんだ。
今回行かなかったところにもね。

下の写真はサムエル・コッキング苑のすぐ外にあるイルミネーションです。
他にも、江島神社から上がってくる途中や、江の島大橋の袂にもあるんです。

2月16日だったかな?まだやってるので行ってみてはどうだろうか。空いてるし。
バレンタインシーズンになっちゃう前にね☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_218620.jpg
f0157812_218258.jpg


More・・・・・あと13枚、江の島のイルミネーション写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-01-23 21:12 | photo | Comments(0)
2014年 01月 22日

湘南の宝石 〜ウィンターチューリップ 〜

サムエル・コッキング苑は本来植物園だから、花も咲いてるんだよ。
「ウィンターチューリップ」が見頃を迎えていました。

詳しくないけどチューリップって季節はいつなんだろ?春とかなんだろうね。
以前江の島に、猫とか風景とか撮影しに来た時に、そういえばチューリップ咲いてたな。
あれはゴールデンウィーク前だったな。
だから冬のチューリップは珍しいのかな?

ボケが☆型の写真があるでしょ?あれどうやって撮ったと思う?
あれ後処理じゃないくて、リアルに撮影したやつなんだよ。
まぁ、ヒ・ミ・ツだけどね(嘘)(嘘)

あれはね、黒い厚紙に☆の形に穴を開けて、レンズに被せてるのさ。
普通なら丸いボケになるけど、星形になっちゃうんだよね。不思議〜。
動画で撮影しながら、フォーカスリング回すと、スゴイ画になるんだぜ〜。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
f0157812_112889.jpg

EF100mm Macro F2.8L IS USM
f0157812_12047.jpg


More・・・・・あと13枚、ウィンターチューリップの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-01-22 09:00 | photo | Comments(0)