Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:岡山 ( 7 ) タグの人気記事


2017年 10月 09日

中国大返しツアー(姫路城)

何度か出張で来たこともある津山市。山田養蜂場とか近くにあるんだよね。
津山ホルモンうどんとか食べたかったけど、胃の中はTKGでぐるぐるしており今は無理。
ついでに津山城とか寄ってみたけど、有料だし現存天守でもないのでケチって踵を返す我ら。

そこからは出雲街道を南東へひた走り兵庫県入り。途中たつの市では「揖保乃糸」や「ヒガシマルがあったり工場見学をしたかったが
アポなしでは行けなかったし、時間もなかった。

姫路まで来たら世界遺産でもあり、現存十二天守姫路城へ立ち寄らない訳にはいかない。
公私にわたって何度か来ているが、初めての隊員もいるので訪れてみた。隊員唯一の雨男が、必ず旅の一部を雨にするので
生憎の空模様だが傘を差しつつ歩くことにした。
数年前に平成の大改修が行われ、白鷺城の異名の通り真っ白な当時の状態になった。以前改修後すぐに訪れた時はもっと真っ白だったが
今でも十分に白く綺麗で、世界文化遺産に相応しい佇まいを見せていた。
入城料が1,000円と世界遺産価格だったので二の足を踏んだが、津山城よろしくケチって踵を返すという暴挙に出た。
あくまでも私たちの旅は「ケチ」を徹底するのだ。相手が姫路城であれ、こちらの姿勢は崩さない。
白亜の城をバックに記念写真も撮れたし、また西国を訪れることもあろう。その時はさらに公開されてる場所も増えているはず。
その時を愉しみに、この日は帰京モードに入った。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
世界遺産「姫路城」
f0157812_12463623.jpg
f0157812_12463523.jpg


More・・・・・あと7枚、姫路城と津山城の写真がちょこっとあります

by ymgchsgnb | 2017-10-09 09:00 | travel | Comments(2)
2017年 10月 08日

中国大返しツアー(食堂かめっち。)

岡山市街へつづく朝の通勤渋滞に捕まりながらも、JR津山線沿いに国道53号線を津山方面へ北上した。
中国地方の内陸部へと進んでいくこと1時間余り、午前9時の開店時間ちょうどにある店に着いた。
ここは岡山県美咲町にある「たまごかけごはんの店食堂かめっち。」TKGの聖地とも言える。
行列もできる有名店だが、開店直後なのでこの日最初の客が我々だった。

店内の自販機で黄福定食(350円)を各々注文。たまごかけごはんだけでは寂しいと思ったので、おかずとして「日替わりの一品」(300円)も 
同時注文。この日の日替わりメニューは若鶏のからあげだった。
食券を渡して席に着くや否や、すぐにお膳が提供される。それもそうだ、ごはんにみそ汁漬物、そして生卵だけなのだから。
そして嬉しいのがこの定食は食べ放題ということ。ごはんもたまごも追加料金なしで、いくらでも食べられるのだ。

普段TKGをする時は、別皿に卵を割りしょうゆをかけてよく溶いたものをごはんにかけるが、ここはほかほかごはんに直接割り落とした。
この方が絵になるのだ。そこにしょうゆを少々かけて、粗く溶いたのちに大口を開けてかき込む。
朝から何も食べずに2箇所観光したので、それはそれは美味しく感じたが、美味しいには訳がある。
ごはんは地元美咲産の棚田米で、卵は森のたまごブランドでもある美咲ファームから毎日新鮮たまごを仕入れているのだ。
「TKGは飲み物だ」と誰かが言ったとか言わなかったとか、1杯目をあっという間に完食すると「お代わりください」と宣誓。
すぐに定食がリセットされ元通り。今度は味変に挑戦。テーブルには3種の薬味的なものが置いてあり「しそ」「ねぎ」「のり」があった。
いずれもほぼ液状化したタレで、一番好みだったのは「ねぎ」だった。ラー油の入ったタレに刻みねぎがTKGにマッチ。
「のり」はのりの佃煮の液体バージョンのようなもので、「しそ」はしそ自体苦手なのであまり覚えていない。

結局、美味しいからあげと2度のおかわりで計3杯のTKGを完食。お腹いっぱいの幸せ状態で店をあとにした。
ついでに津山線の亀甲駅の駅舎が「亀」なので見に立ち寄った。決してカワイイとは言えないデザインだけど、なかなか珍しい駅舎だね。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
TKG
f0157812_09541153.jpg

食堂かめっち。
f0157812_09541135.jpg


More・・・・・あと19枚、TKGと亀甲駅の写真があります〜

by ymgchsgnb | 2017-10-08 12:22 | foods | Comments(2)
2017年 10月 07日

中国大返しツアー(備中高松城・吉備津神社)

旅の最終日(3日目)は稲荷山健康センターのすぐ近くに備中高松城からはじまる。
石垣ではなく土塁に築城された城で、周囲に広がる低湿地が堀の役割をしていた。

この旅のタイトルは「中国大返しツアー」だが、これはただ単に神奈川から瀬戸内を巡り、一気に引き返すことで名付けたものだが
本来は、ここ備中高松城で起こった出来事によるものである。
それは、羽柴秀吉が織田信長の命により中国攻めをした際、ここで毛利勢の清水宗治と戦ったが、湿地帯により攻めあぐねていた。
そこで軍師・黒田官兵衛の策により堰堤を築き、足守川の水を引き入れ水攻めをして城を水没させた。
ところが、ここで本能寺の変が起こり、清水宗治を切腹させると秀吉軍は明智光秀を討つべく一気に近畿へ引き返した。
これが世に言う中国大返しなのだ。
朝6時半頃健康センターを出発し、その現場になった備中高松城へ来てみると、今は公園になっているが相変わらずの湿地であり
清水氏の名が付いた宗治蓮が植わっている。石垣もないので城感はまるでないが、付近に堰堤の痕跡などがあるという。

その後、またすぐ近くにある吉備津神社へも寄ってみた。
創建年代が不詳ってだけでロマンがあり、神話の時代からあるようだ。
第8代孝元天皇の兄弟である大吉備津彦命が主祭神であり、281歳まで生きたとか完全に神話のことで史実とは程遠い。
桃太郎のモデルだとかそうでないとか。
ここで見たかったのは廻廊で、いわゆる長〜い廊下だが、自然の地形に沿って造られており、そこを見て歩きたかった。
長い分、瓦や柱も多く、幾重にも連なる梁も見事だった。

ここまで朝の観光を終えて8時前、朝食を食べにあるところに向かうのだった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
備中高松城・清水宗治の首塚
f0157812_14561177.jpg

吉備津神社・廻廊
f0157812_14561227.jpg


More・・・・・あと21枚、備中高松城と吉備津神社の朝の観光写真があります

by ymgchsgnb | 2017-10-07 08:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 24日

中国大返しツアー(倉敷美観地区)

以前、夜のチボリ公園を訪ねようとして倉敷を訪れたことがあったが、すでにチボリ公園は閉園していたというオチがあった。
自分の倉敷のイメージだったが、もうひとつ水路のある街並みというイメージもあり、それはどこだったんだろ?
それを解消するために高梁から倉敷へ約1時間移動してきた。

当初はちょっくら立ち寄る予定でいたが、倉敷美観地区と呼ばれるその場所があまりにも良かったので、1時間以上たっぷり
練り歩くことになった。
「ブラタモリ」で倉敷をやっていたのを見ていたのもあって、水路周辺以外にもアイビースクエアやきびだんご、かつての
天領によって栄えた産業で生まれた倉敷デニムの小物などの土産物屋を見て回り、歴史ロマンを感ぜられた散策になった。

きびだんご関連をいくつか試食したな。お土産に買おうと思って結局買い忘れたよ。
その代わりMada in JAPANのデニム小物を買いました。トートバッグとトレー(いつかブログで紹介します)。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
倉敷館
f0157812_20420353.jpg

アイビースクエアのレンガ塀
f0157812_20420260.jpg


More・・・・・あと17枚、倉敷美観地区の写真がありま〜〜す

by ymgchsgnb | 2017-09-24 09:00 | travel | Comments(2)
2017年 09月 23日

中国大返しツアー(備中松山城)

ついにやって参りました。21年目の夏キャンプ。
昨年は20周年でグランピングしたけど、もうキャンプなんてやってません。オジさん達のただの観光旅行です。
なので今回もただの観光で、遠くてなかなか行く機会の少ない中国地方を攻めようとなりました。

例年通り、仕事終わりで夜の高速を交代で運転し、西を目指します。
友人のクルマがアップデートして自動追尾&車線キープが備わったので、いつもより少し楽だったけど、かねてからの
超寝不足もあって、自分は新東名の岡崎SAまで運転して撃沈。寝ている間に山陽道の三木SAにワープしていました。
再び運転を代わって、スマートICのある吉備SAで朝食でもと思っていたら通り過ぎてしまい、岡山総社ICで長い高速旅を終えました。
結局朝食は総社にて、東日本じゃ珍しいファミレスJoyfulでモーニングを済ませることに。

その後、高梁(たかはし)市へ、サブテーマである現存十二天守を巡るべく備中松山城へ向かいます。
この日はシャトルバス運行日なので、城見橋公園にクルマを駐車。登城整理料ひとり400円(往復)でシャトルバスに
乗り込み、8合目付近のふいご峠まで行きます。(シャトルが運行してない日はここまでマイカーで来られます)
8合目と言うのも、この備中松山城は日本一高い山城(430m)なので、歩いて下から登るのは軽い登山になります。
そこに時間と体力を割けないので、お金を支払ってシャトルバスを利用しました。

ふいご峠からは完全に山歩き。サンダルなどの軽装で登るのは控えましょうね。
15分かけてようやく石垣に辿り着いた。カッコ良いと思ったら、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」のタイトルバックで撮影された石垣だったのです!

さらに登りはつづいて、駐車場から約30分ようやく天守に手がかかります。入城料はシャトルバスとは別にひとり300円。

自身8城目の現存十二天守である備中松山城は、江戸初期の水谷氏時代の天守が今も現存しているようです。
一時期「天空の城」で話題になった竹田城もそうですが、この備中松山城も秋から冬の雲海が発生しやすい時期には、
天空の城塞が見られるようです。これもいつか見てみたい景色です。

ちなみに数えて見たら日本百名城は30城くらい訪れているようだ。これを制覇するのは生半可なものじゃないけど、是非巡ってみたいな。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
現存十二天守「備中松山城」
f0157812_19233407.jpg

「真田丸」のタイトルバック
f0157812_19233342.jpg


More・・・・・あと20枚、備中松山城の写真がありま〜す

by ymgchsgnb | 2017-09-23 20:24 | travel | Comments(2)
2009年 04月 23日

岡山出張 〜津山散策〜

旅行に行った訳ではないです。
ちゃんと仕事もしてきました。

この日まで開催されていた津山城址さくらまつりでしたが、
もう葉桜で、出店も撤収中でした。
城下町の街並も、当時の風情を残す文化財の通りもありました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Panasonic LUMIX DMC-FX7>
f0157812_819261.jpg


More・・・あと6枚

by ymgchsgnb | 2009-04-23 08:21 | business trip | Comments(0)
2009年 04月 22日

岡山出張 〜列車に乗って〜

岡山県は津山市へ出張した。
初めての土地。
新幹線で岡山へ出て、1時間に1本しかない2両編成ディーゼル列車の津山線で津山へ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Panasonic LUMIX DMC-FX7>
新横浜で買い込んだお寿司を、新幹線で喰らう
f0157812_1884387.jpg


More・・・あと5枚

by ymgchsgnb | 2009-04-22 18:12 | business trip | Comments(0)