Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:新潟 ( 19 ) タグの人気記事


2016年 08月 11日

宇宙一うまい枝豆

先日、新潟県の弥彦村へ仕事で行ってまして、ここ数年毎年行ってる恒例仕事なんですが
新潟県は枝豆の産地として有名で、昨年近くの農家の朝採り枝豆を茹でたやつが現場に差し入れられた。
食べてみると、今まで食べたどの枝豆よりも美味しくて、驚嘆したほどだった。

そんな弥彦村の枝豆を農家から直で郵送してもらえる注文書があったのも知っていたが
現場でも、夜の居酒屋での十分過ぎるほど堪能していたので、注文せずに帰ってきた。
そして今年また訪れてみると、ちょっと期待していた差し入れの枝豆がなかった・・・。
途端に枝豆を欲してしまって、今年もあった注文書に速攻で記した。

1把(300g)300円で、関東へのクール便配送料が900円。
5把発注したので、計2.400円。
朝採れたてのものを順次配送してくれるそうで、愉しみに出張先から戻った。

1週間ほどで家に枝豆が届いた。箱を開けてみると300gって思ったより量がある。
新潟県の枝豆は品種が多く、旬が長いという。今回送られてきた枝豆はやひこ茶豆という品種。

枝豆というと、自分の中で山形はJA鶴岡のだだ茶豆が最高だと思っていた。
しかしそれを上回る美味しさということは、日本一つまり宇宙一うまい枝豆な訳です。
品種もさることながら、朝採れたてなら採れたてほど美味しいのだろう。
いつまでも保存できないので、順次塩茹でにしていくとする。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_09583330.jpg

f0157812_09583211.jpg


More・・・・・あと2枚、枝豆の写真がありま〜す

by ymgchsgnb | 2016-08-11 14:08 | foods | Comments(0)
2014年 07月 24日

新潟出張

先日、弥彦競輪場で行われたG1レース寛仁親王牌の仕事で弥彦村へ行ってきました。
弥彦村へ行ったのは、2011年の恒例夏キャンプ以来だ。

仕事自体はそんなに大変ではなかった。
メインは東京のスタジオで、そこにタレントらが競輪の予想を面白可笑しく予想していて、現場的には
現地レポーターがひとりいるだけで、あとはレース実況などの音を場内スタッフから貰うだけ。
しかも準決勝日は最後の2時間、決勝日は1時間の生放送だから、それまでは暇なのだ。

現場にはG1レースということもあり、各局中継があって、東京からの馴染みのスタッフの姿もチラホラ。
なにより自分とは別の仕事で会社の同期も来ていた。前々検日から最終日まで、全レース7時間の生放送をしていた。

暇な時間に、3年前のキャンプ旅でも訪れた彌彦神社まで散歩もしてきましたよ。
競輪場の隣りにあるんでね。「寛仁親王牌」だけあって、皇族の方も来てたみたいですね。

宿は弥彦の観音時温泉にある上州苑というペットも泊まれる温泉宿・・・なんだけど、まぁオンボロ旅館でしたね。
G1開催と、何か大きな学会が開かれていたみたいで、弥彦、燕三条ともにどこのホテルも満室だったようですよ。
外食するのも、どこもいっぱいだったようで燕三条に泊まってたスタッフも大変だったとか。
我々も温泉旅館に泊まっていたものの朝食のみで、夕食は外食をしていた。
初日の夜は「ラーメンにしようぜ」って声があったので、キャンプ旅でも訪れた杭州飯店を訪れた。
以前よりめっきり減ったメニューに残念な気がしたけど、あの極太背脂麺と巨大餃子は健在だった。
ダイエット中に食べるもんじゃない系のラーメンの翌日も食べるところがなく、別なラーメン店でガッツリラーメン。
昼は競輪場内にある店で食べるしかなかったんだけど、新潟名物の「タレカツ」を食べてみた。
特徴として薄くてサックサクってのがあるみたいだけど、競輪場内の食堂は酷いもんでした。
あまり食事の不平不満は言わない方だけど、ハムカツより薄く、衣の方が断然厚みのあるカツは、
ただ油を食べているだけのようだった。

それらとコンビニ飯の合わせ技しかなかった出張だったので、野菜とはあまり縁の無い生活が続き、
ただただ体重を増加させて帰ってきただけなのであった。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
弥彦山の麓にある小さな弥彦競輪場
f0157812_9282526.jpg

いにしえの彌彦神社
f0157812_9291262.jpg


More・・・・・あと10枚、弥彦村での写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2014-07-24 09:36 | business trip | Comments(0)
2011年 10月 11日

ジャケ買い

酒どころの新潟、地酒のワンカップも豊富です。
自分用のコレクションで、越後湯沢駅周辺で買ってきたものです。
そもそも下戸でして、普段はお酒なんて飲まないんですけど、素敵なデザインを気に入り買ってきました。

燕イオンの酒コーナーで見たワンカップコーナーがあまりに豊富な品揃えで、そこですでにジャケ買い衝動が
起こったんだけど、旅も前半で荷物が増えるのも嫌だったし、少なくとも新潟のイオンだったらどこでも
売ってるだろうと思っていた。ところが十日町イオンでは、まったく品揃えがなかった。
地酒愛が強いのか「天神囃子」と「松乃井」しか置いてない。
しかも一応買ったそれらのワンカップを捨てて来ちゃったという勿体なさ。
その後越後湯沢でも十日町の地酒には出会わなかった・・・。

ワンカップにもラベルものやプリントものがありますが、個人的にはリサイクルの問題もあるでしょうが
プリントものの方が好きだな。
この中でのお気に入りは「やまこしの郷」です。「高千代」もいいね。
瓶のカタチでは「鶴齢」のような変わりダネもおしゃれですよね。

問題はこれらのお酒を呑むかどうか迷ってる。コレクションとしてならこのまま呑まない方がいいが、
せっかく買ってきたし飲めないとは言え、呑み比べるのも面白そうだ。料理酒にしてもいいしね。

今まではまったく意識してなかったけど、これからは旅先でワンカップを気にかけてみよう。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D>
EF35mm F1.4L USM
f0157812_8361646.jpg


More・・・・・あと9枚、9銘柄のワンカップの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-10-11 07:03 | snap shot | Comments(0)
2011年 10月 10日

新潟中越キャンプ(12)

まだ終わってないよ。前回シメの感想言って終わったけどさ。

朝日を浴びて起床。キャンプ(もはやキャンプと言い難いが)最終日である。
この日も朝食は作らず、あるものを頂きに十日町を後にし、六日町を目指す。
米どころ、酒どころも佳境。

朝食は「おにぎり屋」で魚沼産コシヒカリの炊きたておにぎり〜☆
これはもう米の味を堪能するには最高の食べ物だもんで、特に「塩むすび」は最高ですがな。
この店の隣がコンビニなんだけど、おにぎりの売り上げ良くないだろうなぁ。。

そしてお昼には、新潟県の玄関口もしくは、お帰り口?越後湯沢駅にやって参りました。
駅前の土産物を見つつ、お昼は虎視眈々と狙っていた「へぎそば」。
駅前の中野屋本店に入り特大のへぎを発注も、つるつると一瞬にして4人の喉を通過して行くじゃありませんか!
美味い!もっと食べたい!これなら一人で全部平らげることだって可だぜぃ!

駅の中にも土産物屋はあるのだろうか?と行ってみると、なんと!広大な土産売り場があるじゃないの!
さすが新潟の出入口。新潟の全てがここに集まってるかのように、何でもある感じ。
食事処もたくさん!目移りしそう。土産物を試食しまくる隊員もいつものこと。
さらに奥に進むと、酒風呂のある温泉施設や利き酒を楽しむ日本酒コーナーなんかもあって、相当楽しめる。
お酒大好き隊員も利き酒に興じていた。
越後湯沢の駅に行ったら、是非とも行ってみた方がよろし。

胃袋にも荷袋にも、たくさんの「新潟」を詰め込んだ我々は、こうして2011年の旅を終えた。
おしまい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
八海山
f0157812_10225743.jpg

へぎそば
f0157812_10231437.jpg


More・・・・・あと14枚、夏キャンプ最終日の様子がわかる写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-10-10 10:30 | travel | Comments(2)
2011年 10月 08日

新潟中越キャンプ(11)

米と言えば新潟。新潟と言えば米。
そんな米どころでの2日目のキャンプ地は、デザイナーズコテージが立ち並ぶ「節黒城跡キャンプ場」。
管理棟から車で山を越え、谷を越え、これまた人里離れた場所にある。
我々が泊まった「コテージA」は、デザイナーズとは言うもののそれほど奇抜なデザインではなかった。

早速十日町市街で買ってきた食材をアイランドキッチンに広げ、下ごしらえに取りかかる。
米にはこだわった。JA十日町で量り売りの「特別栽培米コシヒカリ」を玄米から精米してもらい、
それに美味しく炊ける米用の水を買ってきたのだ。
おかずは相変わらずノープランだったが、ご飯が進むようなものを適当に買ってきた。
それと温泉後に頂こうと買ってきた、十日町の地酒のワンカップ「天神囃子」と「松乃井」。

今回もまたキャンプらしくないキャンプに終始したけど、くだらなくも楽しいひとときであった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_1511458.jpg
f0157812_1514474.jpg


More・・・・・あと16枚、2日目のキャンプ?の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2011-10-08 15:22 | travel | Comments(1)
2011年 10月 07日

新潟中越キャンプ(10)

長岡から魚沼への国道291号線を進むと中山トンネルが現れる。
そのすぐ横には旧道があって中山隧道という。
昭和初期から15年余りかけて、手で掘られたトンネルだ。
875mにもおよぶトンネルで、手掘りの交通トンネルでは日本最長だそうだ。

往復してみよう!
トンネルの入口に近づくなり、冷気が吹いてくる。真夏でもこんなに涼しいのかぁ。
このトンネル、ライト無しじゃ絶対通行は無理だと思われ。
みんなヘッドライトなどを持参しているので、なんとか通れる。て言うかライトがあったって一人で
通るのは相当勇気がいるだろうな。
昔の人は、ろうそくの灯りとかだけで、行き来してたのだろうか?すごいな。

トンネルも奥深くに来ると、「涼しい」を通り越して「寒い」になる。
横に2人がやっとの道幅。息も白い。トンネル内で霧も立ちこめる。

結局なんだかんだで、往復に1時間ちょいもかかったが、貴重な土木遺産を通ることができて、
なかなか良い体験したなと思っていますよ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_23535167.jpg
f0157812_23542047.jpg


More・・・・・あと9枚、中山隧道での写真があります。

by ymgchsgnb | 2011-10-07 23:58 | travel | Comments(1)
2011年 10月 06日

新潟中越キャンプ(9)

アルパカ牧場から手掘りのトンネル中山隧道へ向かう途中に、気になるポイントを見つけた。
新潟中越地震で沈んだ村があるというのだ。

木籠(こごも)地区という。
震災から復興を成し遂げたと見える、新築に近い家々を抜けて行くとそこはあった。

橋から見える景色に愕然とする。
地震で崩れ、濁流に押し流された住宅や車が、当時のまま河川敷に残っているのだ。
我々は決して「あの時」を忘れないと言うことか・・・。

橋の袂には石碑があった。
全国各地から復興支援などを受け、木籠地区は甦りましたという感謝の碑が。

そんな甦った土地で育った棚田米をお土産として買ったメンバーもいる。
美味しかっただろうね?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_23153086.jpg

f0157812_2375857.jpg


More・・・・・あと9枚、当時の山古志村を偲ぶ写真があります。

by ymgchsgnb | 2011-10-06 23:12 | travel | Comments(3)
2011年 10月 05日

新潟中越キャンプ(8)

キャンプブログ再開です〜☆ やっと更新できるわい。

キャンプ2日目は大した予定も立てずにアドリブ旅をしようとしていた。
「あぶらげ」と「イタリアン」でお腹を満たした我々が次に向かった土地は、旧山古志村だった。

2004年に新潟中越地震で大きな被害を受け、皮肉にも知られるようになった土地だ。
今は市町村合併で長岡市になっている。
小千谷市から山深く進むと、山の斜面に集落が点在している。こんな土地で大震災にあって、
ひとたまりも無かっただろう。

今回初めて知ったのだが、山古志は「牛の角突き」と「錦鯉」が有名なようだ。
日程的に「牛の角突き」を実際見ることはできなかったけど、国の重要無形文化財だってさ。
「錦鯉」に至っては、発祥の地なんだって!こんな山の中が発祥の地だなんて意外。
鯉の養殖池らしきところが、そこら中にあったもんなぁ。
あと斜面の多い土地柄を活かした、棚田も多く点在していて棚田米なんかも有名なようだ。

そんな旧山古志村で観光スポットを探していると、アルパカ牧場がヒットした。
検索して行ってみると、ここも山深いところで、しかも民家の庭みたいなところにそれはあった。
牧場と言っても、至って狭い柵の中にアルパカが数頭いる。
薄々感じていたが、夏なので「ミラバゲッソ」のように毛ムクじゃらなアルパカはいなかった。
毛が短い夏毛?だったので、やや貧相に見えてしまうのは仕方が無いことだろう。
しかし子供のアルパカは可愛いもんだったよ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_1082778.jpg
f0157812_108428.jpg


More・・・・・あと11枚、アルパカ牧場での写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2011-10-05 10:33 | travel | Comments(2)
2011年 09月 26日

新潟中越キャンプ(7)

キャンプ2日目。朝食は敢えて作らなかった。
意外にもと言っては失礼だが、新潟はグルメが豊富にあることがわかった。

キャンプ場から山間を南下したところに、「長岡市栃尾」という地区がある。
そこで有名な食べものと言ったら栃尾あぶらげである。
特徴は大きな油揚げなんだけども、兎にも角にも食べてみないことには、どんなもんかわからない。
朝からやっている豆腐屋を探し出して店に入ってみると、まさに揚げているところ。
少々待って揚げたてのあぶらげを店内で頂いてみる。
ネギとかつおぶしが乗っていて、しょうゆをかけて食べてみると・・・なんと!美味しいことでしょう!
油揚げでここまで感嘆の声をあげたのは初めてだ。外側はカリッとしてて豆腐部分はフワフワ。
揚げたてと言うこともあるだろうが、それを差し引いてもウマいのである。お腹いっぱい食べたいのである。
しかし我々には次が待っている。

そう。これこそ新潟のB級グルメであろうイタリアンだ。
有名どころでは「みかづき」や「フレンド」などのチェーン店があるようだが、元祖であろうみかづきへ行ってみる。
栃尾から更に南下して小千谷市のスーパーへやってきた。そのフードコートにその店があった。
もっと老舗な佇まいと思いきや、ホント普通のファストフードで拍子抜け感は否めないが、皆それぞれ
思い思いのメニューを注文した。
特徴は太めの焼きそばみたいな中華麺に、各種ソースがかかったもので、食べた感想は超絶ウマい!
とはならなかったけど、安くてお腹いっぱいにはなるな。まぁいろんなメニューを食べてみたい気はする。
いつかフレンドの方も行ってみて食べ比べてみたい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
第1朝食「栃尾あぶらげ」
f0157812_17384886.jpg

第2朝食「イタリアン」
f0157812_1739375.jpg


More・・・・・あと7枚、2日目朝食風景の写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2011-09-26 17:44 | foods | Comments(2)
2011年 09月 25日

新潟中越キャンプ(6)

本来キャンプ初日のキャンプ地に予定していたキャンプ場が、この夏の水害に遭い営業ができず
復旧の目処も立たないでいた。
Snow Peak本社から近いところで探していたことろ、隊員が探し当てたキャンプ場があった。
それが「中浦ヒメサユリ森林公園」のキャンプ場だ。
ここでは音楽祭など開催され、賑わうらしい。

標高はないが山深いところにあって、向かう道すがら土砂崩れの生々しい箇所がいくつかあった。
この日は例によって、我々だけの貸し切りキャンプ場だった。
日暮れも迫った遅めのチェックイン。早速各々が自主的に役割を担う。
この日の私の担当は炭火をおこすこと。Snow Peakの焚き火台でね。

この日の夕食の理想型は、炭火を囲む浜焼きだった。
しかし、イオンでは思った食材を調達できず、大したメインディッシュも存在せずのキャンプらしからぬ
普通の食卓であった。
メニューはご飯とバイ貝のみそ汁、鮭とキノコのホイル包み焼き。あとはイカを焼いたり肉を焼いたりなど。

近くの温泉施設も水害で営業できてなかったり、定休日が重なり迷っていたところ、まずまず近い場所に
越後長野温泉嵐渓荘というお宿でお湯が頂けると情報を入手した。
いそいそと向かうと、闇夜の山中に趣きある昭和風情溢れる一軒宿があった。
「日本秘湯を守る会」の会員でもあるようで、宿に一泊してみたくなる良いお宿でした。
風呂桶は漆塗り、塩味のするナトリウム塩化物冷鉱泉を束の間堪能し、キャンプ場へと戻る。

バンガローへ戻ると、蚊取り線香担当の隊員が相変わらずのヘマをやらかしていた。
扉を開けるなり、尋常ならざる白煙が吹き出してきたのだ!
大量の蚊取り線香に一気に火を点けたようで、バンガロー中煙に包まれ呼吸困難。
これでは蚊を避けるどころか、人も寄り付かない!全ての私物は線香臭になった。
しかし一歩間違ったら火事を起こすところ。この隊員には少々再教育が必要である・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_18384948.jpg
f0157812_18391120.jpg


More・・・・・あと9枚、キャンプ初日の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-09-25 18:45 | outdoor | Comments(2)