Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:新潟 ( 23 ) タグの人気記事


2017年 08月 07日

日本三大花火大会「長岡の花火2017」(4)

花火大会の中盤の「フェニックス」は圧巻だった。
しかしそれが生んだ煙も圧巻だった・・・

花火見物、いや花火撮影というものは風向きが重要なファクターになってくる。
当日の中越地方の風向き情報は「弱めの北西の風」とはわかっていたが、それでも撮影場所を優先してしまった。
長岡市街を南から北に流れる信濃川が打ち上げ場所で、撮影した東山は右岸にあたる東側。
予報の通り、西よりの風が煙を東側へ運んできてしまったのだ。

花火大会後半は南東に煙が広がり、時に完全に煙の中で光る花火などが見られた。
良く言えば幻想的、悪く言えば見てられない。
周りの見物客も「毎年これだもん〜」などの声が漏れていた。
風は基本西から吹いてくるので、来年以降もチャンスがあれば、左岸からの撮影スポットもリサーチしてみよう。

後半も見モノがつづく長岡の花火。
正三尺玉3連発&ナイアガラミラクルスターマイン、長岡ゆかりの武将「直江兼続」が主人公になった大河ドラマ「天地人」の
テーマに合わせた天地人花火(1日目のみ)
そして、クライマックス的なこちらも音楽に合わせた米百俵花火・尺玉100連発とつづいた。

正三尺玉は信濃川のかなり上流側から打ち上げられた。600m打ち上げられ直径600mもの大輪の花を咲かせる、日本最大級の花火。
5km離れた距離から見ていても、その距離を感じさせない迫力と音だった。これ近くで見てたら相当スゴイよね。
長生橋からのナイアガラとの共演もしっかり眺められました。

写真的には残念な後半だったけど、最後まで愉しめました。
21時15分頃花火大会が終了し、混雑を回避するためしばらく花火写真をFBにアップしつつ、22時に東山を後にしました。
中心街から離れた国道17号は混雑もなかったが、小千谷市で2車線が1車線になるところで渋滞した程度で大したことはなかった。
越後川口I.Cで関越道に乗り一気に帰京。帰宅したのは思ったよりも早い午前1時30分だった。
そして早朝からの仕事のため5時に起きて仕事へ向かうのであった。。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM>
正三尺玉3連発&ナイアガラ
f0157812_06532548.jpg

ミラクルスターマイン
f0157812_06532553.jpg


More・・・・・あと19枚、「長岡の花火」写真がありますよ◎◎◎◎

by ymgchsgnb | 2017-08-07 18:00 | photo | Comments(0)
2017年 08月 06日

日本三大花火大会「長岡の花火2017」(3)

長岡の花火のイメージとして「幅広な打ち上げ」というのがあった。
それはフェニックスという花火のことだった。
この花火は2005年に新潟を襲った水害、豪雪そして中越大震災の復興を願って打ち上げられた超ワイドスケールの花火で
信濃川河川敷に設置された約2kmの幅の打ち上げ場所(今年は9箇所)からの長岡花火の目玉だ。
震災復興の応援歌として新潟県民のリクエストが一番多かった平原綾香のデビュー曲「Jupiter」がテーマになっている。
しかもその音楽に連動して花火が打ち上げられるのだ。

それが一番愉しみでもあり、その花火を撮るためにこんな遠い高台にやって来たのだ。
会場近くではそれは相当な大迫力だろうけど、その打ち上げ幅から至近距離では全貌を眺められることは難しいだろう。
なのである程度の距離感が必要なのだ。
今回来てみて思ったけど、この5kmという射程距離が限界かも知れない。
300mm以上の望遠レンズを用意すれば、より遠いところからの撮影も可能だが、あまり離れても意味がない。
もし来年以降また訪れることがあったら、もう少し近場の撮影スポットを検討してみたい。

隣りの見物客がラジオを聴いてくれたおかげで、音楽とともにフェニックスの感動に浸れたけど、やはりラジオは必須だった。
これが音楽無しだったら味も祈願も感じられない。しかも15秒以上も音が遅れて届く距離だ。
長岡市は最も震災の被害が出た山古志村を編入した自治体だ。震災復興の祈りが直に感じられ、曲と共にフェニックスが
終わった時は、自然と目頭が熱くなっていた。
隣りのおっちゃんも「平原綾香のこの曲がいいんだよねぁ〜」としみじみしていた。

この「Jupiter」という曲が改めて良い曲に感じられ、今こうしてブログを書きながらiTunesで再生して聴いている。
あの花火の感動を思い出し、また涙がチョチョ切れて(死語)しまう。
(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM>
復興祈願花火「フェニックス」
f0157812_20505253.jpg

最後に打ち上げられるこの花火が「不死鳥」の形をしている
f0157812_19180149.jpg


More・・・・・あと18枚、復興祈願花火「フェニックス」の写真がありますよ◎◎◎◎◎◎◎◎◎

by ymgchsgnb | 2017-08-06 19:00 | photo | Comments(0)
2017年 08月 05日

日本三大花火大会「長岡の花火2017」(2)

射程距離5km強。
風を計算に入れず音速340m/sだとしても、爆発音が届くまで15秒以上はかかる。遠いね〜。
お腹に響く大迫力はないけど、しっかりと心に響いたよ。

それにしても望遠レンズの限界ギリギリの撮影ってさすがにブレる・・・。

よりブレないためには、スタビライザーをOFFって、カメラが振動しないようにシャッターボタンを押す。
それでもブレる。
レリーズを持ってないので、2秒セルフタイマーでシャッターを切ったが、さすがにタイミングが合わないのでヤメ。
ライブビュー機能を使って、ミラーレスカメラよろしくミラーアップして撮影して振動を減らす努力をしたけど
結果的にブレてるのだ・・・。

花火大会前半は「故郷はひとつ」というオリジナル曲に合わせて1,000発以上打ち上がるものや、5箇所から打ち上げられる
カラフルなワイドスターマインなどが主な花火だった。
試しに望遠レンズのEF70-200mm F2.8L USMにソフトフォーカスフィルターを付けて撮影してみたりもした。
街の夜景と花火が幻想的な感じにはなったかな。

いつもの花火大会だと、フォーカスを弄り倒して。花火写真遊びなんかをよくするけど、今回は望遠レンズ勝負なので
ブレまくるから封印しました。
(フェニックスへつづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF70-200mm F2.8L USM
ソフトフォーカス
f0157812_16451561.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
ワイドスターマイン
f0157812_16451568.jpg


More・・・・・あと17枚、「長岡の花火」写真がありますよ◎◎

by ymgchsgnb | 2017-08-05 19:00 | photo | Comments(0)
2017年 08月 04日

日本三大花火大会「長岡の花火2017」(1)

長岡の花火という有名な花火大会があるのはもちろん知っていた。
ただ新潟県の長岡市は自宅から300kmの距離があるし、気軽に行くには非現実的で今までは「行く気」も起きなかった。

開催時期は毎年8月2日と3日の2日間と決まっており、週末に開催される訳ではない。
偶然にも2日が休みだが、3日の仕事があるかないか直前まで決まらずやきもきしていた。
調べている内に、気分も高まり例え3日が仕事でも弾丸で見に行ってやろうという気満々だった。
そんな中、3日の仕事があることが決まり一瞬意気消沈したが、気持ちは長岡に向かっていた。誰にも止められない。
3日の仕事は「5時起床」というよりによって早く、花火見物後は早々に300kmの道のりを引き返して来なければならない。
良い花火を見て、写真に収め、無事帰宅し翌日の仕事に向かう。これだけを念頭に置いて関越道を北上した。

2日間で100万人を超える人出により、長岡まつり開催中の市街は相当混雑するらしいので、4つ手前の堀之内I.Cから遠巻きに
長岡へアクセスした。
それと目玉の花火「復興祈願花火フェニックス」が、信濃川沿い2kmにも及ぶ打ち上げ場所から一斉に上がるので、河川敷や
近くの土手からでは全貌が見られないだろうと、多少迫力に欠けても遠くの高台から撮影しようと思い、下選べしておいた
市営の東山ファミリーランド付近の東山ふれあい農業公園を見物場所に選んだ。
フェニックスが良く見え、渋滞を避けられ、穴場のスポットというポイントでここを選んだ。

15時過ぎに現地に到着すると、停滞する台風の煽りで雨模様の関東とは打って変わって快晴の越後平野が見渡せた。
しかも長岡の夜景スポットでもあるようで絶好のロケーションだ。
テレビ新潟も陣を構えていた付近に三脚を置き場所を確保。この時間ではアマチュアカメラマンのおじいちゃん達が
場所取りの三脚を置いている程度で、まだまだ混雑とは無縁だった。
夜まで辺りを散策したり、車内で待機して時間を潰した。

18時を過ぎると学校、仕事終わりの家族たちが増えてきた。眺めの良い広大な斜面なので、大勢で押し寄せてきても
全然ガラガラ状態をキープしている。駐車場も停められなくはない状況だった。
三脚を構えたベンチへ、スーパーで買い出ししてきた食材を持って移動し、打ち上げに備え腹ごしらえをして待った。

この場所は打ち上げ場所から5〜6kmとかなり遠く、当然会場の雰囲気も感じられないが、周りの見物客がラジオでFM長岡を
聴いてくれているので、大会の進行や解説が聴けて助かった。

そして、19時20分。
長岡空襲の慰霊と世界平和の願いを込めた「白菊」が3発打ち上がり、長岡の花火が厳かにスタートした。
(つづく)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF70-200mm F2.8L USM
「白菊」
f0157812_15310677.jpg

EF24-105mm F4L IS USM
長岡市街が見渡せる東山ふれあい農業公園
f0157812_15310513.jpg



More・・・・・あと18枚、「長岡の花火」写真がありますよ◎

by ymgchsgnb | 2017-08-04 16:31 | photo | Comments(0)
2016年 08月 11日

宇宙一うまい枝豆

先日、新潟県の弥彦村へ仕事で行ってまして、ここ数年毎年行ってる恒例仕事なんですが
新潟県は枝豆の産地として有名で、昨年近くの農家の朝採り枝豆を茹でたやつが現場に差し入れられた。
食べてみると、今まで食べたどの枝豆よりも美味しくて、驚嘆したほどだった。

そんな弥彦村の枝豆を農家から直で郵送してもらえる注文書があったのも知っていたが
現場でも、夜の居酒屋での十分過ぎるほど堪能していたので、注文せずに帰ってきた。
そして今年また訪れてみると、ちょっと期待していた差し入れの枝豆がなかった・・・。
途端に枝豆を欲してしまって、今年もあった注文書に速攻で記した。

1把(300g)300円で、関東へのクール便配送料が900円。
5把発注したので、計2.400円。
朝採れたてのものを順次配送してくれるそうで、愉しみに出張先から戻った。

1週間ほどで家に枝豆が届いた。箱を開けてみると300gって思ったより量がある。
新潟県の枝豆は品種が多く、旬が長いという。今回送られてきた枝豆はやひこ茶豆という品種。

枝豆というと、自分の中で山形はJA鶴岡のだだ茶豆が最高だと思っていた。
しかしそれを上回る美味しさということは、日本一つまり宇宙一うまい枝豆な訳です。
品種もさることながら、朝採れたてなら採れたてほど美味しいのだろう。
いつまでも保存できないので、順次塩茹でにしていくとする。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_09583330.jpg

f0157812_09583211.jpg


More・・・・・あと2枚、枝豆の写真がありま〜す

by ymgchsgnb | 2016-08-11 14:08 | foods | Comments(0)
2014年 07月 24日

新潟出張

先日、弥彦競輪場で行われたG1レース寛仁親王牌の仕事で弥彦村へ行ってきました。
弥彦村へ行ったのは、2011年の恒例夏キャンプ以来だ。

仕事自体はそんなに大変ではなかった。
メインは東京のスタジオで、そこにタレントらが競輪の予想を面白可笑しく予想していて、現場的には
現地レポーターがひとりいるだけで、あとはレース実況などの音を場内スタッフから貰うだけ。
しかも準決勝日は最後の2時間、決勝日は1時間の生放送だから、それまでは暇なのだ。

現場にはG1レースということもあり、各局中継があって、東京からの馴染みのスタッフの姿もチラホラ。
なにより自分とは別の仕事で会社の同期も来ていた。前々検日から最終日まで、全レース7時間の生放送をしていた。

暇な時間に、3年前のキャンプ旅でも訪れた彌彦神社まで散歩もしてきましたよ。
競輪場の隣りにあるんでね。「寛仁親王牌」だけあって、皇族の方も来てたみたいですね。

宿は弥彦の観音時温泉にある上州苑というペットも泊まれる温泉宿・・・なんだけど、まぁオンボロ旅館でしたね。
G1開催と、何か大きな学会が開かれていたみたいで、弥彦、燕三条ともにどこのホテルも満室だったようですよ。
外食するのも、どこもいっぱいだったようで燕三条に泊まってたスタッフも大変だったとか。
我々も温泉旅館に泊まっていたものの朝食のみで、夕食は外食をしていた。
初日の夜は「ラーメンにしようぜ」って声があったので、キャンプ旅でも訪れた杭州飯店を訪れた。
以前よりめっきり減ったメニューに残念な気がしたけど、あの極太背脂麺と巨大餃子は健在だった。
ダイエット中に食べるもんじゃない系のラーメンの翌日も食べるところがなく、別なラーメン店でガッツリラーメン。
昼は競輪場内にある店で食べるしかなかったんだけど、新潟名物の「タレカツ」を食べてみた。
特徴として薄くてサックサクってのがあるみたいだけど、競輪場内の食堂は酷いもんでした。
あまり食事の不平不満は言わない方だけど、ハムカツより薄く、衣の方が断然厚みのあるカツは、
ただ油を食べているだけのようだった。

それらとコンビニ飯の合わせ技しかなかった出張だったので、野菜とはあまり縁の無い生活が続き、
ただただ体重を増加させて帰ってきただけなのであった。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
弥彦山の麓にある小さな弥彦競輪場
f0157812_9282526.jpg

いにしえの彌彦神社
f0157812_9291262.jpg


More・・・・・あと10枚、弥彦村での写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2014-07-24 09:36 | business trip | Comments(0)
2011年 10月 11日

ジャケ買い

酒どころの新潟、地酒のワンカップも豊富です。
自分用のコレクションで、越後湯沢駅周辺で買ってきたものです。
そもそも下戸でして、普段はお酒なんて飲まないんですけど、素敵なデザインを気に入り買ってきました。

燕イオンの酒コーナーで見たワンカップコーナーがあまりに豊富な品揃えで、そこですでにジャケ買い衝動が
起こったんだけど、旅も前半で荷物が増えるのも嫌だったし、少なくとも新潟のイオンだったらどこでも
売ってるだろうと思っていた。ところが十日町イオンでは、まったく品揃えがなかった。
地酒愛が強いのか「天神囃子」と「松乃井」しか置いてない。
しかも一応買ったそれらのワンカップを捨てて来ちゃったという勿体なさ。
その後越後湯沢でも十日町の地酒には出会わなかった・・・。

ワンカップにもラベルものやプリントものがありますが、個人的にはリサイクルの問題もあるでしょうが
プリントものの方が好きだな。
この中でのお気に入りは「やまこしの郷」です。「高千代」もいいね。
瓶のカタチでは「鶴齢」のような変わりダネもおしゃれですよね。

問題はこれらのお酒を呑むかどうか迷ってる。コレクションとしてならこのまま呑まない方がいいが、
せっかく買ってきたし飲めないとは言え、呑み比べるのも面白そうだ。料理酒にしてもいいしね。

今まではまったく意識してなかったけど、これからは旅先でワンカップを気にかけてみよう。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D>
EF35mm F1.4L USM
f0157812_8361646.jpg


More・・・・・あと9枚、9銘柄のワンカップの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-10-11 07:03 | snap shot | Comments(0)
2011年 10月 10日

新潟中越キャンプ(12)

まだ終わってないよ。前回シメの感想言って終わったけどさ。

朝日を浴びて起床。キャンプ(もはやキャンプと言い難いが)最終日である。
この日も朝食は作らず、あるものを頂きに十日町を後にし、六日町を目指す。
米どころ、酒どころも佳境。

朝食は「おにぎり屋」で魚沼産コシヒカリの炊きたておにぎり〜☆
これはもう米の味を堪能するには最高の食べ物だもんで、特に「塩むすび」は最高ですがな。
この店の隣がコンビニなんだけど、おにぎりの売り上げ良くないだろうなぁ。。

そしてお昼には、新潟県の玄関口もしくは、お帰り口?越後湯沢駅にやって参りました。
駅前の土産物を見つつ、お昼は虎視眈々と狙っていた「へぎそば」。
駅前の中野屋本店に入り特大のへぎを発注も、つるつると一瞬にして4人の喉を通過して行くじゃありませんか!
美味い!もっと食べたい!これなら一人で全部平らげることだって可だぜぃ!

駅の中にも土産物屋はあるのだろうか?と行ってみると、なんと!広大な土産売り場があるじゃないの!
さすが新潟の出入口。新潟の全てがここに集まってるかのように、何でもある感じ。
食事処もたくさん!目移りしそう。土産物を試食しまくる隊員もいつものこと。
さらに奥に進むと、酒風呂のある温泉施設や利き酒を楽しむ日本酒コーナーなんかもあって、相当楽しめる。
お酒大好き隊員も利き酒に興じていた。
越後湯沢の駅に行ったら、是非とも行ってみた方がよろし。

胃袋にも荷袋にも、たくさんの「新潟」を詰め込んだ我々は、こうして2011年の旅を終えた。
おしまい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
八海山
f0157812_10225743.jpg

へぎそば
f0157812_10231437.jpg


More・・・・・あと14枚、夏キャンプ最終日の様子がわかる写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2011-10-10 10:30 | travel | Comments(2)
2011年 10月 08日

新潟中越キャンプ(11)

米と言えば新潟。新潟と言えば米。
そんな米どころでの2日目のキャンプ地は、デザイナーズコテージが立ち並ぶ「節黒城跡キャンプ場」。
管理棟から車で山を越え、谷を越え、これまた人里離れた場所にある。
我々が泊まった「コテージA」は、デザイナーズとは言うもののそれほど奇抜なデザインではなかった。

早速十日町市街で買ってきた食材をアイランドキッチンに広げ、下ごしらえに取りかかる。
米にはこだわった。JA十日町で量り売りの「特別栽培米コシヒカリ」を玄米から精米してもらい、
それに美味しく炊ける米用の水を買ってきたのだ。
おかずは相変わらずノープランだったが、ご飯が進むようなものを適当に買ってきた。
それと温泉後に頂こうと買ってきた、十日町の地酒のワンカップ「天神囃子」と「松乃井」。

今回もまたキャンプらしくないキャンプに終始したけど、くだらなくも楽しいひとときであった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_1511458.jpg
f0157812_1514474.jpg


More・・・・・あと16枚、2日目のキャンプ?の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2011-10-08 15:22 | travel | Comments(1)
2011年 10月 07日

新潟中越キャンプ(10)

長岡から魚沼への国道291号線を進むと中山トンネルが現れる。
そのすぐ横には旧道があって中山隧道という。
昭和初期から15年余りかけて、手で掘られたトンネルだ。
875mにもおよぶトンネルで、手掘りの交通トンネルでは日本最長だそうだ。

往復してみよう!
トンネルの入口に近づくなり、冷気が吹いてくる。真夏でもこんなに涼しいのかぁ。
このトンネル、ライト無しじゃ絶対通行は無理だと思われ。
みんなヘッドライトなどを持参しているので、なんとか通れる。て言うかライトがあったって一人で
通るのは相当勇気がいるだろうな。
昔の人は、ろうそくの灯りとかだけで、行き来してたのだろうか?すごいな。

トンネルも奥深くに来ると、「涼しい」を通り越して「寒い」になる。
横に2人がやっとの道幅。息も白い。トンネル内で霧も立ちこめる。

結局なんだかんだで、往復に1時間ちょいもかかったが、貴重な土木遺産を通ることができて、
なかなか良い体験したなと思っていますよ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_23535167.jpg
f0157812_23542047.jpg


More・・・・・あと9枚、中山隧道での写真があります。

by ymgchsgnb | 2011-10-07 23:58 | travel | Comments(1)