Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:横浜 ( 36 ) タグの人気記事


2016年 06月 26日

初蛍

私はを見たことがない。もちろん「北の国から」は見たことがある。

自身、都会と田舎の狭間なようなところで育ち、今もそこに住んでいる。
子供の頃から都会よりも自然が好きで、が生息しそうな場所には頻繁に訪れてはいるのだが
今まで見たことも、見ようとしたこともなかった。

ただが乱舞する写真は撮ってみたいと思ってはいた。
一眼レフや三脚、写真撮影の基礎知識を持ち合わせているのに、今まで撮りに行かなかったのが不思議なくらいだ。
近くにそんな場所があればの話しだが・・・。

それがあった。知らなかった。
場所的には横浜市と比較的近所ではある。何?横浜!?
そう「横浜」と言ってもベイエリアではなく、内陸側には自然豊かな里山っぽい場所も多い。
そこでは5月下旬から6月上旬にかけて多く見られるというので、6月半ばに差し掛かろうとしている
土曜日に出かけてみた。
こんなにもド田舎があったのかという田んぼ沿いの場所に、土曜日とあって子連れの見物客がたくさんいた。
薄暮から徐々に東側の空から夜の帳が下りてゆくと同時に、子供たちのギャン騒ぎは増す一方。
引っ切り無しにクルマも訪れ、そのヘッドライトが実に邪魔で、およそ見物とは縁遠い場所だと思った。
日暮れとともに飛びはじめ光り出すというだが、どころかクルマが往来するライトが酷く
例えが乱舞したとしても、これでは写真にならないしその雰囲気でもない。
蛍が見られると言っても、所詮「ヨコハマ」なんだと実感した。

クルマや家族連れが立ち入らないような暗闇の里へも足を踏み入れてみたが、その光を捉えることはならなかった。
初の見物は空振りに終わり、帰り道を歩いていると、森の中がザワついていた。
真っ暗な森へと足を踏み入れ奥へ奥へと行ってみると、暗闇の中をひとつの光が明滅しながら高みへと
上がってゆくのが目に入った。「だ!」
「乱舞」とはかけ離れているが、多くて2〜3個の光が浮遊する時もあった。
慌てて三脚を立て、次に光る方向にレンズを向け、真っ黒なファインダーを覗く。
どこにフォーカスを合わせて良いかすらわからない。
画角もフォーカスもわからないまま撮った1枚の写真にの光跡が写っていた。

結局そのたった1枚だけだった・・・。
もっと足を延ばして、場所を吟味して、改めて写真を狙ってみたい。
あとひとつ思うんだけど、都心近郊の週末にこれだけの人数が集まってしまうと、現場でも感じていたんだけど
蚊に刺されないように蚊取り線香を焚く人もいたり、虫除けスプレーなどの処理をする人も多いだろう。
それってに影響ないのだろうか?

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_11492589.jpg

中央やや左にの光跡が
上部の光は樹々の合間から覗く夜空
f0157812_11492680.jpg


More・・・・・あと8枚、蛍撮影未遂の写真がありま〜す

by ymgchsgnb | 2016-06-26 12:46 | photo | Comments(0)
2015年 09月 11日

横浜スタジアム野球観戦記

「野球の観戦チケットあるから行きませんか?」とDeNAファンからの誘いを受けた。
たまたま休みだったでの、ありがたくその誘いを受けた訳だが、私は大の巨人ファンである。
当然そのチケットはライト側外野席だったので、DeNA陣営に忍び込んだスパイのような気分と言うか、
ただただ居心地の悪い4時間であった。

席は外野指定席の最前列。チケットにはわけありと記されている。これは最前列なのでフェンスが死角となって
見えにくい部分があることと、前の通路を往来する観客で見えにくいと言うことからわけありなのだろう。

敵陣と言うことでDeNAファンを装い、心を無にして周りのファンと同調してれば、巨人ファンだと気付かれずに
居られるかと思ったが、周りはほぼ全員DeNAのユニフォームを着ていて、完全に浮いた存在だった。
何よりも苦痛だったのはDeNAの攻撃中で、全員スタンディングで応援歌を口にしながら応援しているのに、
自分は同調できずに座ったまま。完全に四面楚歌である。嘘をつけない性格と協調性の無さゆえの超アウェー感。

試合は逆転に次ぐ逆転のシーソーゲームで、結果的には我が巨人軍が勝利した。
この日の先発で、少年野球チームの後輩である菅野投手の勝ちを中継ぎ陣が無にしてしまったのは残念だったが
仕事以外では20年以上振りの野球観戦を堪能(?)できて良かった。
こんな貴重な体験を与えてくれて感謝!

試合後、無念のDeNAファンの中にあって、隠しきれない勝利の笑みを苦虫を噛み潰した嘘の表情で割ってみたが
心の底から湧き出るVictoryは表れてしまっていただろう。
敵の袋叩きに会わずに、今も生きていられることに感謝である。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 6>
みかん氷
f0157812_10523548.jpg


More・・・・・あと4枚、横浜スタジアムでの写真があるよ!

by ymgchsgnb | 2015-09-11 10:54 | snap shot | Comments(0)
2015年 09月 07日

山東の水餃子

最近立て続けに、山東の水餃子のことをネットなどで見た。
ヤマ友のLINEのタイムラインや、釈由美子のブログ。いずれも山を愛しているという共通点がある。
そして今回訪れてみたのも、別のヤマ友とだった。山好きは水餃子好き??と勝手な疑い。

山東は横浜中華街のメイン通りを曲がった路地にある店で、以前はその人気から行列を成していたそうだが
今は2号店をすぐ近くにオープンさせ、行列は解消させたそうだ。
この日は平日の16時頃とあって、さすがに行列はしてなくすぐに入店。2号店の2階の窓際についた。
愛想のない店員に、水餃子(10個756円)XO醬炒飯(840円)をオーダーして待つ事に。
2階の窓際だからと言っても、路地からの景色は路地のみ。テーブルの片隅には、蓋のない餃子のタレと思しき
グラスがひとつ。醤油や辣油、酢といった類は存在しない。「このタレ以外で食ってくれるなっ」という
決意表明のようなテーブルである。

そして待望の水餃子がやってきた。スープに浸かっていないタイプで、浅い皿に乗っている。
その茹でたてピチピチの瑞々しい餃子は、湯上りたまご肌の桃井かおりを凌ぐ艶やかさがあった。
皮が厚めで丸々とした水餃子を強制的な例のタレで頂く。餃子の味よりもまずタレの独特の風味が先行してくる。
タレ単体の写真を撮ってないので説明が難しいが、醤油ベースに細かい粉状のものが浮いているタレで、
中華圏のお菓子のような味がした。
アーモンド?いやココナッツか!?ココナッツクッキーに醤油をかけて食べたような味だ。
正直タレが気になって、餃子の味は劇的なまでに美味しいとまでは言えないなぁと思った直後、
皮のもちもち感に「やや!」と思った。餡はニラたっぷりで普通に美味しいやつだが、皮が気になって仕方がない。
食べる毎に皮のもっちり感とその歯切れに、前歯や奥歯が喜んでいる。山東の水餃子ガムがあれば買いだ!
飲み込む直後まで食感のせいで美味しいと感じた。またあの感触を味わいたくなった。

おまけに注文した炒飯はどうだろうか?
高級店以外でここぞという中華街の炒飯を探求し続けながらも、なかなか出会えないでいるので愉しみだ。
まずXO醬だからもう少し濃い色味の炒飯かと思ったが、見た目は普通の黄色っぽい炒飯だった。
味は海老の風味が豊かで美味しかった。好きな部類の味ではあったが、こちらは夢中になれる炒飯を探しているので
残念ながら探求の旅はつづくのであろう。

水餃子に関しては山東リピーターになる感じだが、個人的には酢と辣油、または酢胡椒で頂きたいものだ・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 6>
f0157812_13341588.jpg
f0157812_13341617.jpg


More・・・・・あと2枚、水餃子と炒飯の写真があるあるよ

by ymgchsgnb | 2015-09-07 13:36 | foods | Comments(0)
2015年 01月 07日

本牧のハンバーガーカフェ「hasamu」

年末年始は恒例の箱根駅伝の中継仕事で、横浜エリアで過ごしていました。
1月2日の往路は選手たちも早く通過するので、昼前には現場解散ができるのを良いタイミングに、
同じ現場を担当していた同期と共に、昔一緒に仕事をしていて今でも親交のあるフリーアナウンサーの
松原さと子さんがやってるベイタウン本牧5番街のハンバーガーカフェに向かった。
突然行ってサプライズ訪問しようとしたのだ。

店に到着したのはちょうどランチタイム。エレベーターから出るとすぐにお店があり、そこに松原さんらしき後ろ姿。
気付かれずに入店する前に、ふたりともトイレに行きたかったのでまずはトイレへ行き、しばらくして店前へ
再び行ってみると、そこに松原さんの姿はなかった。どこかに出たのかな?しばし戻ってくるまで店前で待機。
しかしなかなか戻ってこないので、店の中でドリンクでも注文して待つことに・・・。
待つこと15分。これはおかしいぞと思い、松原さんにシレっとメールをしてみた。

自分「あけおめです〜!今日はお店にいますか〜?」
松原さん「ハッピーニューイヤー!今日はこのあと生放送なんです。さっきまでお店にいたんだけど(中略)
明日ならいますよ〜会いたいです〜」


そうか!?その日は金曜日!14時からFMヨコハマのレギュラー番組があるのを度忘れしていた・・・。
実は今、店に来ている旨の写メを送り、松原さん不在の中、美味しいハンバーガーを食べたのでした。。
サプライズ訪問が裏目に出ちゃったのと、トイレに行かなければギリギリ会えてたのに、という思いが交錯した。
生放送終了後、松原さんから驚きのメールと電話がかかってきて、また改めて訪問することを誓った。

お店の雰囲気やハンバーガーのことにも触れよう。
このお店は、千葉房総の勝浦の海辺で週末のみ共同でオープンしていたカフェトラックOWL(アウル)が前身。
その時代を経て、2014年に本牧でオープンしたお店。
建物の外側に面していて開放感のある良い雰囲気のお店。外にも飛び地のようなスペースがあって、犬なども入店可。
様々なテーブルやイスがあるので、どこに座ろうか来るたびに愉しめそうだ。
自分が注文したホットチャイは激ウマで一番好きなチャイのテイストだった。同期がビールと共に注文した
ベーコンポテトは、ゴロっとしたポテトと同じ大きさのベーコンにローズマリーが香ってやみつきの味だった!
メインのハンバーガーは今回、チーズバーガー(1,270円)を注文。肉は120g < 180gを選択。
ファストフードではないので、ちゃんと作っている証に時間が多少かかるが、出て来たバーガーは迫力がある。
長細いフライドポテトが好みだけど、このくし形のポテトを食べて好みが変わったかも!と思うほど美味しいポテト!
バケツ1杯食べられるよ。そしてハンバーガーはどうやって食べたらいいんだろう?はじめはなんとか持ち上げて
ガブリッと頬張ったけど、あふれる肉汁に途中でナイフ&フォークに作戦変更。バンズも香り豊かで美味しく、
シャキシャキ野菜と肉々しさにチーズを纏ったパテ。ちょこちょこファストフードのバーガーを食べるなら、
値は張るけど、たまにこう言う本格的なバーガーを食べたいよねと思った。
本牧という場所柄そう簡単には行けないけど、今度はちゃんと事前連絡をして再訪したいと思います!

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 6>
f0157812_10224065.jpg

外側に面した入口
f0157812_10232340.jpg


More・・・・・あと10枚、hasamuでの写真があります。

by ymgchsgnb | 2015-01-07 10:32 | foods | Comments(0)
2014年 07月 17日

シネマグラフ 横浜篇

横浜の夜景もシネマグラフ化してみたかった場所のひとつ。
「コスモワールド」という遊園地があって、夜景に動きが出るので、よりシネマグラフが映えるだろうと思ったからだ。
しかし撮影した日は、無情にもコスモワールドの休園日だった。
また来ればいいさ・・・。

休園日でもコスモクロック(大観覧車)の電飾は動いているので、横浜の夜景としては十分。
大桟橋や象の鼻パーク、汽車道周辺で撮影してきました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
コスモクロック




by ymgchsgnb | 2014-07-17 08:00 | snap shot | Comments(0)
2014年 05月 16日

ねぎとろ番長

何かで見てネタ消費しに行きたくなった或る「ねぎとろ丼」があった。
その店は横浜中央卸売市場青果部の中にある竹家食堂という店だ。

最寄り駅は京急の神奈川駅だけど、車で来場した方が敷地内に無料駐車場があるから便利だね。
アクセスは国道15号(第1京浜)の「中央市場入口」交差点を入っていくのが近いけど、自分的にはみなとみらいの
臨港パーク側から橋を渡ってすぐの「市場」交差点を左折していくのがアクセスし易いかな。
道を挟んで水産部と青果部に分かれているので、東側の青果部に入っていこう。

市場と言っても気軽なマーケット的な所ではなく、ゴリゴリの卸売市場なので入りづらい。
入口には市場関係者以外入場禁止という看板もあるが、勇気を振り絞って入場してOKだ。
場内はトラックや荷運び用のターレットトラックが行き交っているので、邪魔にならないように進もうね。
入ってすぐの突き当たりを左へ曲がって進むと、屋上階にあがるスロープ道が見えてくる。
そのスロープのガード下に、その食堂はある。
駐車場はどこに停めればいいかよくわからなかったけど、そこら辺の駐車場っぽいところに停めてしまった。

店前まで歩いてゆくと、失礼ながらボロっちい食堂があった。暖簾が出ているのでやっているのだろう。
営業時間は5時〜14時くらい(土曜はナイター営業もしている)で、扉に「場外の方は9時からです」と書いてあった。
当初早朝に行こうと思っていたけど、訪れたのは10時だったのでセーフだった。
入店すると場内関係者らしき先客が2人。恐る恐るテーブルに席を取り、壁に貼られているメニューに目をやる。
「ねぎとろ丼850円」とあるが、それは例の「番長」ではないっぽい。おかしいな?と目を凝らすと、左上にポスター化した
「当店一押しメニューねぎとろ番長980円」があった。ようやく見つけて発注だ。
メニュー名はハマの番長ことDeNAベイスターズ三浦投手から取ってるのが窺える。

数分後やってきたそれは、うず高く盛られたねぎとろの山。北アルプスの岩峰ジャンダルムのように聳えている。
ただし丼の大きさは「だろうな...」と思うくらい小さめだ。
このメニューは定食になっていて、おかずは日替わりのようだ。この日は、イカ大根厚揚げの煮物、厚焼き卵、
イワシときゅうりの酢の物、わかめと豆腐の味噌汁、柴漬けのセットだった。
トップ・オブ・ザ・ねぎとろのわさびの塊を下界に降ろし、山頂部分をパクついてみた。「美味いじゃないか!」
ごま油が効いていて香りもいい。8合目から上を皿に移しごはんに取り付くと、丼は小さいけどごはんが山盛りだ。
ごはんで上げ底的なことをしているけど、ねぎとろが少ないとは思わない。十分食べ応えがあって、満腹になる。
おかずも家庭的な味で、実に美味しかった。

日替わりのおかずも気になるし、まだまだ他のメニューも食べてみたいから、また来てみようと思った。
他にも食堂があるし、水産部の方にも海鮮系のお店があるみたいなので、築地の場内に行くより身近だし
アクセスし易いからまた訪れてみよう。
また「BAMBAM番長」なる店が、横浜スタジアム近くにオープンしたようで、そこでならお酒と食事が楽しめるようだが
ベイスターズファンじゃないと入りづらいかも??

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_847553.jpg
f0157812_8472319.jpg


More・・・・・あと14枚、食堂までのアクセスを紹介しま〜す!

by ymgchsgnb | 2014-05-16 09:05 | foods | Comments(0)
2013年 10月 26日

家系総本山「吉村家」

自分の中でラーメンに火がついたのは、かれこれ20年近く前のことか。
神奈川が地元ということもあって、家系ラーメンがお気に入りだった。
その若かりし頃、県内にある家系の店を回ったりもした。太ってた頃だ(今もか?)
いわゆる豚骨ベースのしょう油ラーメンに、ベージュに濁ったスープに中太麺、のりとチャーシュー、ほうれん草が
トッピングされているやつが好きだ。

今ではそんなラーメン店巡りまではしなくはなったが、お気に入り店には今でもふつうに足を運ぶ。
大桜などがそうだ。
最近では町田商店系に、むむむっとキテいる。家の目の前にもできたしw

さて、そんなこんなで家系大好きっ子を自称してますが、その家系発祥の店には行っておりませんでした。
発祥店 ・ 一号店好きでもありながら、何故今まで訪れてなかったのか、自分でも謎であります。
そしてようやく家系総本山 吉村家を訪れる機会が巡ってきたのです。
場所が横浜西口からちょっとのところにあって、駐車場は無いし、西口界隈には縁が無かったので行けなかったが、
ついに仕事で行った「ニッパツ三ツ沢球技場」の帰りに寄ることができた。

どしゃぶりの午後5時、行列ではなかったものの一人の待ち客がいた。先に食券を買ってあとに並ぶ。
すぐにカウンターに通され食券を出す。ラーメン(中盛)でトッピングはのり(60円)、味玉(60円)、野菜畑(80円)。
そして忘れてはならないお好みは、油少なめ。
先に野菜畑がやってきた。これはトッピングじゃなくて別皿のサラダなのか?ネットで見た写真にはラーメンと一緒に
盛ってあったけど。まぁ、ラーメンが来たら盛大に盛ってやれ。
程なくしてラーメンが来ると、野菜畑を盛りつけ写真を撮る。そして念願の実食・・・。

味は濃くしてないのに、しょっぱい。あの家系の濃厚なとんこつのまったり感よりも、しょう油の塩分が突き刺さる。
えっ?これが本家本元の味なのか!?
食べ進めていくが、思ったのと違う。勝手な期待だが、これだけ「家系」の名が全国津々浦々広まっている、その最初の店なのに
驚愕し過ぎて、頭の中は「???」だった。
そして追い打ちをかけるように、味玉の黄味が完全にハードボイルドだった・・・。
しかも野菜畑は、盛るもんじゃないと・・・。

他の家系のお店たちが、この味をベースに発展させて行って、そのおかげもあって今の「家系」があるんだろうなと解釈した。
次に吉村家を訪れることはないと思うけど、家系発祥店というリスペクトはある。
その気持ちを胸に、これからもお気に入りの家系店に足を運ぼう。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 5>
f0157812_1484265.jpg

店を出ると、行列を成していた
f0157812_148574.jpg


More・・・あと2枚、吉村家の写真があります。

by ymgchsgnb | 2013-10-26 14:11 | foods | Comments(0)
2013年 02月 22日

祝舞遊行 @山下町公園

なんとなく消化不良のままパレードが過ぎてっちゃった。
昨年に比べて短かったような気がするけど、こんなもんだっけ??
2012年のブログを見返してみると、確かにパレードが寂しくなってるようだ。
景気は上向きだけど、やっぱりなんやかんやの影響がここに出てるのだろうか?

善隣門でパレードが過ぎ去った後、スタートと地点でもありゴール地点でもある山下町公園に急いだ。
関帝廟通りを颯爽と歩き目的のゴールに来ると、まだパレードは戻ってきていなかった。
観光客もまばらだったけど、爆竹の音が聞こえてくると、周りの人達も悟ったようで、たちまちのうちに
人集りができてしまった。
完全に良い場所が取れないまま、パレードを迎え撃つ格好となったけど、これまた自分的に納得の行く写真は
撮れずにパレードは終了した・・・。

昨年と今年の教訓を踏まえ、来年以降またチャンスがあれば教訓を活かしたいね。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_9284482.jpg
f0157812_9294100.jpg


More・・・・・あと11枚、横浜中華街春節パレードの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-02-22 09:33 | photo | Comments(0)
2013年 02月 21日

祝舞遊行 @善隣門

最近、公私ともに横浜中華街へ行く機会が多い。
今日も中華街で番組のロケをしてきたし。

今回紹介するのは、2月17日に行われた春節パレードの模様で、昨年に引き続き今年も運良く休みが合って
来られることができた。
昨今、日本と中国の政治的な摩擦や、PM2.5(微小粒子状物質)の環境問題などがあるから、あまり観光目的で
来る人達も少ないんじゃないかなって思ってたんだ。でもやっぱりいますわな、そりゃ。
パレード目的で来てる人も当然いるだろうけど、たまたま中華街を訪れていてパレードに遭遇する人も多かった。
実際、沿道に人集りができてくると、警察官や警備員に「何があるんですか?」って質問してる人が大勢いたもん。

今年は中華街大通りの善隣門を正面から撮ろうと場所を陣取った。
でもね、実際パレードが始まると後ろ姿になっちゃって面が撮れないの。
そりゃみんな進行方向の大通りに向かって行くんだもんね。
抜けの景色は良くても、肝心のパレードが後ろ向きじゃねぇ・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_21402336.jpg



More・・・・・あと18枚、横浜中華街春節パレードの写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2013-02-21 22:30 | photo | Comments(0)
2013年 02月 10日

春節燈花

春節燈花のイルミ写真も中華粥に反れてしまったので、本日旧正月の春節を迎えますので話しを本題に。
今月いっぱいは中華街で、様々な春節関連の催し物が行われることでしょう。
昨年はそれらを撮影しに行くことができて楽しかったので、今年もチャンスがあれば、あの混雑を顧みず
挑んでみたいと思いますよ。

さてイルミの方なんですが、どんなものがあるかというと、LEDを何万球もするような大々的なものではなく
通りを彩る程度の細やかな飾りと言ったところです。
メインストリートの中華街大通りには、中国の8人の仙人である「八仙」がイルミになっています。
関帝廟通りには「關聖帝君」と「天上聖母」の実在の人物を神と崇めたふたりがイルミになっています。

春節前夜の横浜中華街と、それぞれの紹介写真をご覧下さい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
中華街大通りに架かる八仙のイルミ
f0157812_13541727.jpg


More・・・・・あと20枚、中華街の春節燈花のイルミ写真などがあります!!!

by ymgchsgnb | 2013-02-10 09:00 | photo | Comments(0)