Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:神奈川 ( 47 ) タグの人気記事


2017年 08月 16日

小田原漁港でランチす!

お盆で親戚がやって来て、墓参りをした後にいつも「さて、どこ行こうか?」となる。
毎回ノープランなのだが「小田原の漁港のアジフライが食べたい」となったので向かった。

昼を大分回った時間だったが平日とは言え、お盆休みだけにたくさんの人が訪れていた。
西湘バイパスの橋梁の真下にある無料の駐車場に停めるのに多少苦労したが、何とか駐車できた。

漁師飯などの店が点在しているので、まずはロケハンがてら散策。
ネットで見つけたアジフライの店は、お盆休みだったり、行列ができていたり。
中でも一番行列ができていたのは、かき氷の店だった。。

浜焼きバイキングの店も気になったが、言うほど空腹でもなかったので、小田原漁港の公設卸売市場の2階にある
魚市場食堂に向かった。
平日は朝7時からやってる食堂で、普段は市場関係者の朝昼ごはんを提供している所なのだろうが、土休日には混雑するんだろうな。
先に食券を券売機で購入するタイプの食堂なので、2階部分の狭いキャットウォークには行列ができていた。
窓ガラスにメニューが書いてあったが、決め切らないウチに券売機を前にすると焦る焦る。

15時ラストオーダーの30分前に何とか食券を購入し、ほぼ埋まっているテーブル席に着いて落ち着く。
テーブルに置いてあるメニュー表を改めて見ると「こんなのもあったじゃん〜!」と後の祭りは世の常。
もっと冷静に焦らずメニューを決めなければならない。

渡された番号札の番号が呼ばれたら、取りに行くシステムだ。ちなみに返却もセルフだぞ。
自分が注文したのは、本日のオススメの中のひとつ「刺身(マグロ&カンパチ)定食+アジフライ」で、母たちは
「アジフライ定食」(910円)を頼んでいた。
マグロは安めのメバチかな?カンパチは脂が乗っているというよりも脂っこく、養殖なのかな?歯応えはあった。
アジフライは2枚付いていて、もちろん美味しかったが特筆すべきものではなく、極普通のアジフライだ。
アジフライ定食は4枚付いていて、1枚だけカレー風味だったそうな。さすがに4枚ともなると飽きていた。

何度か小田原漁港は車でどんなもんかと寄ったことはあるけど、降りたことはなかった。
朝からやってるし、他にも漁師飯や夜までやってる浜焼きバイキングもあるし、ひとりでもみんなとでも再訪してみよう。
次は敢えてシーフードカレーと刺身盛り合わせかな。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
刺身とアジフライの定食(1,450円)
あら汁が無くなり、アジのつみれ汁になった
f0157812_13340686.jpg
f0157812_13340684.jpg


More・・・・・あと11枚、小田原漁港でのランチ写真がありますぞ

by ymgchsgnb | 2017-08-16 14:06 | foods | Comments(0)
2017年 07月 14日

星景写真ならず・・・

星景写真が撮りたいのです。いわゆる星空の写真です。
夜空に天の川が煌めいているファンタジックな写真。

山奥や富士山頂など、街から遠く肉眼でも星がたくさん見られる場所まで行かなければ、なかなか撮影は難しいと言われるが
都会の近くでも撮影は可能だと言う。
身近なところでは神奈川県の三浦半島の突端にある城ヶ島や、伊豆半島が撮影スポットだ。
湘南でも条件が合えば撮影できると言う。

そんなこんなで七里ヶ浜へ。
南側の空は期待通り晴れていて星も出ている。しかし腰越から海沿いの道に出ると、潮の匂いが物凄く漂っていた。
湿度が高く、モヤってる感じ。こんなところが星景写真には冬が向いている所以なのだ。
稲村ヶ崎公園に行って見ると、風が強かったの満潮時が重なり、波しぶきがたくさん飛んでくる。これには参った。
これではレンズがしおしおのパーになってしまう。

すぐに七里ヶ浜駐車場へ移動。
ここは風が強いものの、砂浜なのでしぶきは飛んでこない。
満月に近い日だったが、21時に東南東から上がってくるので、それまでに南側の水平線から立ち上る天の川銀河を狙おうというもの。
Star Walkという600円もするアプリのおかげで星の位置や方角、情報は完璧だ。
いざ三脚にカメラをセットし、F1.4の明るいレンズを付け、無限遠近くにフォーカスを合わせ、感度を上げ、15秒間シャッターを開けた。
撮れた画像を確認すると・・・真っ白け。
やはりモヤと湿気が明るく写り込んでしまったのか。ほとんど街の光害の無いロケーションだが、江ノ島、鎌倉の
街の影響も少なからずあるのだろう。

その後は何をしても無駄に終わった。微かに星の点は写るが天の川はそこにはない。
尻尾を巻いて、おずおずと撤退を余儀なくされたのだった。
星の写真を極めるには、赤道儀やPhotoshopが必要になってくるのかなぁ・・・。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
これが限界・・・
f0157812_12055543.jpg
江ノ島方面
f0157812_12055623.jpg


More・・・・・あと6枚、無残な星景写真があります。。

by ymgchsgnb | 2017-07-14 12:48 | photo | Comments(0)
2017年 06月 02日

宮ヶ瀬ダム放流カレー

ブログに上げたつもりで、まだ上げてなかったネタ。

春に親戚の子らと神奈川県の宮ヶ瀬ダムへ遊びに行ったついでに、以前から気になっていた
宮ヶ瀬ダム放流カレーを食べてきました。

宮ヶ瀬ダムにある水とエネルギー館内にあるレイクサイドカフェにあるメニューです。

全国にダムカレーは数あれど、ここのはダム「放流」カレーですからね。
その所以は、下の動画を見ていただければわかると思います。

ややお高めな1,000円という価格設定には、観光地価格ってのもあるだろうけど
なかなかの具材と、メインイベントである放流の儀が愉しめるってのもあるでしょう。

ライスダムにセットされた、ユニオンジャックの旗が刺さったウインナーを引き抜くと
貯カレー量100%のダムカレー湖から、ドロリと緩やかに放流がはじまります。
下流の具材たちに、カレーの恵みが染み渡ると、いよいよ実食です。
実食という名のダム決壊!果たしてお味は?・・・

食べてから数ヶ月も経っているので、味ははっきり覚えてないや(^^;)
たぶん美味しいかったけど、味よりも放流を愉しむものだからね。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
宮ヶ瀬ダム放流カレー
f0157812_08502272.jpg




by ymgchsgnb | 2017-06-02 09:15 | foods | Comments(0)
2016年 08月 09日

第70回あつぎ鮎まつり大花火大会・後編

一眼レフと三脚があれば、何となくキレイな花火写真は撮れる。
自分が花火を撮るときは、マニュアル撮影をしているので結構忙しい。
何をしているかと言うと、シャッタースピードと絞りを弄くり倒しながら撮影しているからだ。
「写真なんか撮ってないで、心のシャッターを押せ」と言われたことがあるが、撮影に没頭している訳でもない。
これでもちゃんと花火を堪能しているのだ。

感である程度の画角を決め、2〜5秒のシャッタースピードに設定しておき、空を眺めてその瞬間を待っている。
その際、感で絞りの量も決め、写し込む光の量を決めている。
常にファインダーを覗いていることもなく、打ち上がったらシャッターを切る。
一眼レフはシャッターを切っている時(この場合は数秒間)はファインダーは閉じて何も見えなくなる。
だから必然的に花火を見ている。そして大迫力の音ももちろん感じている。

生で花火を体感しながら、素敵な写真が撮れた時の喜びたるや相当なものだ。
意味もなくストロボを焚きながらスマホで下手な写真を撮っている人より、よほど花火を味わっている。

今回はフィナーレのスターマインで、ある程度横に長く打ち上がってくれたので、下の写真のように
カラフルで写真映えする花火写真が撮れたが、日本三大花火大会のような競技会も撮影してみたい。
新潟の長岡や秋田の大曲なんかに行ければ、花火撮影の醍醐味も相当味わえるだろうなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
スターマイン
f0157812_17043381.jpg

ナイアガラ
f0157812_17043345.jpg


More・・・・・あと16枚、第70回あつぎ鮎まつり大花火大会の写真がありますよ!!

by ymgchsgnb | 2016-08-09 08:00 | photo | Comments(0)
2016年 08月 08日

第70回あつぎ鮎まつり大花火大会・前編

夏の風情に花火は欠かせない物のひとつ。
その花火を写真に収めたい!というのが個人的な夏の感情。
これをやらないとひと夏が終わらないってやつ。

今回の花火大会は神奈川県の中央に位置する厚木市で行われる第70回あつぎ鮎まつり大花火大会
5年ぶりに訪れる花火大会で、前回は下調べ無しに原付で突入した結果、打ち上げ場所から遠く
望遠レンズを使っての撮影を余儀なくされた。
今回は打ち上げ場所の近くまで一気に潜り込んでやろうと、原付を走らせた。
なぜ原付で行くかと言うと、ひとりで撮影に行くんだったら、クルマよりも公共交通機関よりも
懐深く潜り込めるからだ。

今回は潜入大成功となった。歩道に連なる人集りを避け、野生の感か畑の中を抜けてゆくと
打ち上げ会場から間近のメイン会場のすぐ脇に出られた。
抜群のカメラポジションながら周りにアマチュアカメラマンの姿を見なかったのが不思議だ。
もっと良いポジションがあるのかな?
厚木市の祭りとは言え、相模川を挟んで海老名市側からも見られる立地なので、上手くカメラマンも
分散できているのかも知れない。

三脚を構えると時刻はちょうど19時。市長のやや長いお話しにつづいて、カウントダウンコールがはじまった。
最初の花火が打ち上がる。ファインダーを覗きながら、絶好の位置を確保できたことにニヤリと
笑みが漏れた。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_16510366.jpg
f0157812_16510384.jpg


More・・・・・あと12枚、第70回あつぎ鮎まつり大花火大会の写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2016-08-08 08:00 | photo | Comments(0)
2016年 04月 11日

日米親善桜まつり・前編

だいぶ過ぎてしまいましたが、去る4月2日に日米親善桜まつりという、アメリカ陸軍司令部が置かれる
キャンプ座間で行われた年に一度の基地開放イベントへ行って参りました。

子供の頃はよく夏祭りで行ってた記憶があるんだけど今はやってないのだろうか?
なので最近ではたった1日のこのイベントの日に、仕事が休みだったらとりあえず行ってみることにしている。
例年はどうだったか覚えてないが、基地に入る際には写真付きの身分証明書の提示と荷物検査が求められる。
無事関門を突破し、パスポート無しでいざアメリカへ入国。
昼時でもあったため出店の周りは黒山の人集り状態。いつも何かしら食べたくても必ず行列に並ばないと
食べられないのでパスしている。
特に基地内にあるフードコートのようなところは、日本にはないチェーン店もあるので行列もスゴイ。

その他のイベントとしては、子供達の遊び場や広大な芝生の中にあるフェスができる程のステージ
高機動車やヘリコプターの展示、ミリタリーグッズなどのショップなどがある。

それにしても、桜まつりというより会場中出店で焼かれた肉の匂いと煙が漂い、花より団子というより
桜より肉って感じですね。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF100mm Macro F2.8L IS USM
f0157812_09533102.jpg
f0157812_09533144.jpg


More・・・・・あと20枚、桜まつりのキャンプ座間での写真がありますよ〜

by ymgchsgnb | 2016-04-11 10:05 | photo | Comments(0)
2016年 01月 11日

ジュエルミネーション 〜 後編 〜

イルミネーションということで、三脚を持ち込んで臨んだものの、団体行動ではじっくり撮影することは不可能。
やっぱりイルミ撮影は、ひとりか撮影仲間で来ないとダメだな。
結局三脚は邪魔な杖代わりと成り果て、今回の撮影は手持ち撮影がほとんどです。
三脚を使用したのは噴水ショーのみ。

ナイトパスで乗り放題なんだけど、一部対象外があって、その最たるものは観覧車である。
しかも大人ひとり1,000円はちょっと高いなぁ〜。でもこのジュエルミネーションを一望するには唯一の手段。
仕方なく「黒山の人集り」という言葉がぴったりの行列に並ぶこと40分ほど、我々一行ふたつのゴンドラに分かれ乗り込んだ。
この観覧車も随分と老舗感が否めないが、遊園地を一望するには十分な高さと時間はあった。
クレイジーヒューストンとは違い、じっくり眺められる。改めて見るとキラキラとカラフルでキレイで
まさに宝石箱を蹴散らかしたようだった。

その後、子供達を中心にいくつかの乗り物を愉しみ、自分は絶叫系が好きなのでルーピングスターシップに乗った。
バンディットは時間が無くて乗れなかった。20時30分までの営業なので、大人用にもう少し遅い時間まで
やって欲しいものだ。

帰り際、噴水ショーを最後にジュエルミネーションを見終えた。
ナイトパスでは時間が限られるが、平日なら多少空いているだろうか?
混雑していると見るか、並ぶかになってしまいがちだ。
自分みたいに撮影に拘らなければ問題ないか・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF50mm F1.4 USM
f0157812_11284418.jpg
f0157812_11284368.jpg


More・・・・・あと16枚、ジュエルミネーションの写真があります!!

by ymgchsgnb | 2016-01-11 09:00 | photo | Comments(0)
2016年 01月 10日

ジュエルミネーション 〜 前編 〜

年末年始の仕事を終え、正月休みとしては唯一の休みの日、叔母、従姉妹が子供らを連れて遊びに来た。
別に迷惑とかじゃないですよ。こんな時でも無いと来れないしね。

まずは祖父母のお墓参りへ行き、当初の予定通りよみうりランドのイルミネーションを見に行くことにした。
ジュエルミネーションというネーミングで、LEDが昨年より100万球増え400万球になったとか。
昨年の10月16日からやってたんだね。2月14日までやっているそうなので出かけてみては?
時間は16時からで、イルミネーションを見るだけなら1,000円で入れる。高いか安いかは微妙。
それにともないナイトパスというイルミ&乗り物乗り放題チケットがあり、それは1,800円だ。

正月休みで混み合っていたので、臨時駐車場に回され、入場口も臨時口だったけどクレイジーヒューストンという
アトラクションが近く、イルミよりもまずその行列に従姉妹と並んだ。
あとで知ったけど4Gで上昇する「ヒュー」と、2Gで落下する「ストン」に分かれていたようで
手前にあった「ヒュー」の方に並んでいた。このアトラクションは四角柱の側面に椅子があるもので
座る側面によって景色がまったく違う。遊園地の端っこにあるので、イルミを正面に見下ろすのは
ひとつの側面に限られている。
そこは強運の持ち主、完璧な席順になった。時刻は夕暮れのマジックタイム、物凄い上昇Gで一瞬にして
上空に行くと素晴らしい光景が目に飛び込んできた!丹沢山系のシルエットの向こうに赤味を帯びた富士山
足元には400万球のイルミネーションが広がっていた。しかしながらその写真は撮れないのが残念。
その刹那、フリーフォール状態で落下。実際は落差が大きいのに、近くに対象物が無いので風景は
大して変わっていないのが不思議な感覚だった。

すっかり大人と子供らを待たせてしまった。さぁ、ジュエルミネーションへ向かうとしよう。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_11150931.jpg
f0157812_11150933.jpg


More・・・・・あと15枚、ジュエルミネーションの写真があります!

by ymgchsgnb | 2016-01-10 11:22 | photo | Comments(0)
2015年 08月 30日

相模原納涼花火大会(2)

メイン会場から風に乗って声がよく届いてくるということは、ここは風下だ。
会場の北側に構えているので、南から川面を伝って微風が吹いていた。

少々長い会場のアナウンスが終わり、最初の花火が上がる。
久々に見た花火は、綺麗で尚且つ全身に響いた。
数発花開いて一旦止むと、残った煙がこちら側に押し寄せてきた。
周りのカメラマンからは、異口同音に悲嘆の声が漏れる。
自分も思った「まずい、これじゃ煙越しの花火しか撮れん・・・」と。

しかし花火は数発上がっては止み、時間を置いてまた上がる、という間隔だったので煙の影響でそこまで
不利にならなかった。風を見て、どの方向から見ている客に配慮していたのだろうか。
さすがに連発だと厳しかったが、中盤以降は風が徐々に出てきて、煙の消え方も早くなっていた。

19時から20時30分までの開催で、8,000発となっていた花火だが、実際打ち上がってた時間は1時間程で、
花火の数もあまり多く感じられなかったのは、間隔を置いて上がってたからだろうか。
打ち上げ場所も1箇所だったのか、広範囲に花が咲くようなものはなく寂しかった印象だ。
空いっぱい広角に撮れるものが少なかったので、いつものようにフォーカスリングを弄りながら、
偶然に撮れるキレイな写真を狙うのに終始するのであった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_09460014.jpg
f0157812_09460153.jpg


More・・・・・あと14枚、フォーカスで遊んだ花火写真がありますよ〜!!!

by ymgchsgnb | 2015-08-30 18:00 | photo | Comments(0)
2015年 08月 29日

相模原納涼花火大会(1)

地元なのに初めて行くことができた第44回相模原納涼花火大会
年に1回開催で44回目ってことは、自分が生まれる前からやってた花火大会なのかな。
もしかしたら子供の頃、親に連れられて行ったのかも知れないけど、少なくとも記憶にない。
地元と言っても、近い訳ではないから足も向かなかったのだろうか。
大人になって行ってないのは、毎年開催週が愛で地球を救うイベントだなんだで、仕事が忙しい週末だからだ。
今年も忙しい週末であったが、たまたま巡り合わせで休みになったので、これは行っとかナイトと。

いつもの花火撮影のように渋滞を原付で掻い潜り、懐深く忍び込もうとしたが、なかなか交通規制が厳しかった。
がしかし、そんな事には負けてられない、隙をついて相模川の氾濫原に辿り着いた。
そこからは絶好の場所を足で探す。田んぼの畦道を抜け、どこへ続いているかも知れない薄暮の道を
感を頼りに歩き続ける。
理想では上流の河原へ出て、水面に映る花火と高田橋の灯りも込みで撮影できればと思っていた。
思いがけず電線は張っていたり、木々が邪魔をして良い場所が見つけられないでいたが、打ち上げ時間間際に
ようやく理想のポイントを見つけた!もちろん既にカメラマン達や、昼間のBBQから陣取っている客が
川縁にへばり付いていた。なんとか隙き間を見つけ、三脚を構える。

打ち上げポイントからは6〜700m。メイン会場から拡声された進行役の声が、風に乗って聞こえてくる。
そしていよいよ最初の花火が打ち上げられるのであったが、この「風に乗って」聞こえてくるというのが
仇となるのだった。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
まずまず理想に近いポイント
f0157812_09503174.jpg
f0157812_09504375.jpg



More・・・・・あと11枚、相模原納涼花火の広めの写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2015-08-29 18:00 | photo | Comments(0)