Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:谷川連峰 ( 10 ) タグの人気記事


2016年 06月 23日

谷川連峰西端のお花畑へ(5)

さて食後の下山と行きますか!
取り敢えず目指す平標山の家はずっと眼下に見えていた。
平標山頂から山の家までは、ずっと木段が整備されていた。ここを登りに使うのはしんどいだろーな。

山の家に到着すると仙手清水という無料の水場があり、水が出っ放しになっている。
そしてこのコース唯一のトイレがここにある。男はいざとなったらどうにでもなるが、女性は大変だろうなぁ。
山の女も逞しいから、いざとなったら・・・ね。
山の家では、パイセンがCCレモンの小缶(200円)を2本飲み干しただけの休憩で、すぐに下山した。

ここからは樹林帯の下りで、面白くもなんともない道かと思いきや、はじめは森の中のガレ場で
足元が悪かったけど、すぐに階段があらわれた。
この階段は下りる分には、整備が行き届いていて危険な箇所が全くなく安心して下山することができた。
登りはまぁ大変でしょうね。
下りはコースタイムより早い40分で、林道に到着。ここからさらに小1時間林道を歩いて駐車場へ。
この林道が気持ち良くって、木漏れ日と緑に溢れ、適度に下り勾配なだけにテンポ良く歩くことができた。

13時10分、駐車場に到着。駐車場はほぼ満車状態だった。さすがは土曜日。
北関東では35度を超えてる気温なだけに、山の上とは別世界の暑さで、自販機で炭酸飲料をプシュッとだ。
温泉は三国峠を越えて猿ヶ京温泉に浸かった。さすがに自分もパイセンも湯船で居眠りですよ。
鼻から温泉を吸い込み痛いの何の・・・。
そして帰りに寄りたかった永井食堂だが、土曜の食堂の営業が15時までなので間に合わず
テイクアウト用のもつ煮を買って帰りましたとさ。

来年もこの花盛りの季節に、また是非とも歩きたい山となった。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
山の家へ
f0157812_18513518.jpg

林道
f0157812_18513569.jpg


More・・・・・あと18枚、平標山の家〜駐車場までの写真がありますよ!!!!!

by ymgchsgnb | 2016-06-23 08:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 06月 22日

谷川連峰西端のお花畑へ(4)

平標山〜仙ノ倉山間をピストンできるなんて、このような空の下ではとても贅沢なこと。
行きよりも天気は回復していき、さらに気持ちが良い。
風は相変わらず強めだが、心地良さすら感じた。

朝のうちはガスがかかっていた平標山もすっかりガスが取れ、高山植物を抱いて端正な山容を見せている。
「たいらっぴょう」なんて名前してるけど、こう見るとピーク感があって苗場山の方がよっぽど「たいら」だ。

平標山へ再び戻ってくると、さすがに土曜日といった感じで賑わっていた。
ベンチもなく休憩しづらいので、平標山の家方面へ下ったところにあるベンチで休憩を入れよう。
山頂からベンチは見えている距離で、下って10分程で到着。
スペース的に十分余裕があったので、ここでランチタイムとする。
前日にパイセンがバーナーセットを購入したとかで、杮落とし飯とすることに。
一緒に買ってきてくれたフリーズドライの炒飯をいただきました。
バーナー的にはお湯を沸かしただけだけど、いつかは色んなものを調理したいのだとか。
自分もおよそ山では調理しないだろう的なものを作って食べてみたいな。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
再び平標山へ
f0157812_00463863.jpg

炒飯にサラダチキン(カレー)を投入
f0157812_00463988.jpg


More・・・・・あと19枚、仙ノ倉山〜平標山の写真がありますよ〜!!!!

by ymgchsgnb | 2016-06-22 08:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 06月 21日

谷川連峰西端のお花畑へ(3)

平標山から仙ノ倉山への稜線に向けて木段を歩きはじめてすぐに、ガスが晴れだした。
「思ってた通りだ」とニヤリとする。晴れ男はこうでなくちゃならない。
太陽が出るだけで、こんなにも周囲の色彩が鮮やかになるものかと、改めて思い知らされる。

ここは天空の楽園か?辺り一面ハクサンイチゲのお花畑だ。
写真は撮っていないが、他にもハクサンコザクラやチングルマ、ミヤマキンバイなどが咲き誇っていた。
アルプス程の標高がないせいで緑豊かで、嫋やかな稜線が本当に気持ち良い。
これならいつまでも、どこまでも歩いて行けそうな感覚に陥る、中毒性の高い稜線かも。
この道は新潟県と群馬県の県境になぞって延びている。
風は相変わらず強いので、仙ノ倉山に向かって左から右へ雲が流れてゆく。
まだ完全に晴れた訳ではなく、ガスったり晴れたりを繰り返す。

やがて仙ノ倉山を目前にすると、またもや圧巻の景色に出会った。
手前のピークから一旦下り、山頂へ向けて登り返す木段。ただそれだけの景色が凄すぎた!
実際山頂直下まで登り返し、振り返るとさらに素晴らしい光景が広がっていた。
高山植物や笹原に囲まれた木段が遥かにつづいている。まさにこの山行のハイライトだ!
気分が良いままに谷川連峰最高峰の仙ノ倉山(2,026m)に到着。またひとつ二百名山ゲット。
山頂部はやや広めな広場だが、ここもベンチなどは無い。どうしてここまで木段や木道を設置してるのに
山頂で休憩できるベンチを設置しないのか謎だ。
時間はまだ9時で、休憩するには場所が悪いし風も強い、そしてランチにはまだ早いので
しばらく景色を堪能して、夢のような稜線をまた平標山に向けて戻るのだった。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_20523148.jpg
f0157812_20530935.jpg


More・・・・・あと18枚、谷川連峰最高峰の仙ノ倉山までの写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2016-06-21 08:00 | outdoor
2016年 06月 20日

谷川連峰西端のお花畑へ(2)

他は晴れているのに、平標山方面のみ厚くガスがかかっていた。
その暗澹たる光景を見ながら、歩みを進めて行かなければならない。
周りの草木が低くなってきた稜線を越えてくる強風がカラダを揺らす。
急登も終わり大汗はかかなくなったが、強風が体表面の汗を気化熱によって奪い、カラダが冷えた。

しばらく平坦な稜線つづいたその先から、ガスの中に木段が延びている。
松手山辺りから明らかに周囲の植生が変わってくると、いかにも高山植物らしい花があらわれた。
花の名前に明るくない私でさえ知っている高山植物の代名詞のハクサンイチゲの群落を見た時には
気分だけは晴れた気がした。

木段を登り切ると、そこは五里霧中で山頂は見えない。しばらく緩やかな道がつづく。
ガスはさらに濃くなる一方だが、晴れ男を自負している私は決して落ち込んではいない。
なぜなら山頂に着けば、じきに晴れるだろうと直感していたからだ。

ガスっているもんだから唐突に山頂はあらわれる。
登山開始から3時間ちょっとの7時35分、平標山(1,984m)に到着。
これでもコースタイムよりちょっと早いんだね。そして言うまでもなくガッスガスである。
それにしても「たいらっぴょう」って面白い名前だ。確かに平ではあるけど、それほどでもない感じだけどな。
すでに空腹を覚えていたので、休憩ついでに行動食をパクつき、まだ晴れぬ稜線へ向けて歩き出した。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM>
f0157812_16524938.jpg

平標山頂
f0157812_16524922.jpg


More・・・・・あと12枚、平標山までの写真がありますよ〜!!

by ymgchsgnb | 2016-06-20 08:00 | outdoor | Comments(0)
2016年 06月 19日

谷川連峰西端のお花畑へ(1)

山に登る人間は、山登りをしないで1ヶ月も過ぎると「ダメ」になるんです。
撮影で高尾山ロケなんてありましたが、そんなじゃダメなんです。
でも今月は、忙しい上にやたらと土日休みが多いんです。
週末登山は敬遠してるんだけど、背に腹は変えられなくなったんです。
だから偶然休みだったいつもの先輩を誘って、金曜の仕事終わりに関越道を北上したんです。

赤城高原SAで食事休憩した時、登山客もいたけど、明らかにAKB総選挙へと向かう若者も多く見かけた。
月夜野I.Cを下り、三国峠を越えた苗場の国道沿いにある平標登山口駐車場に到着したのが午前4時。
夏至も近ずくこの時期は明るくなるもの早く、3時台から明るくなりはじめるので、ロングルートを
歩くならこの時期だ。ちなみに今回はただ単に早く帰りたかったから。早出にしただけのこと。
駐車場は広く、約150台のキャパがあり、この時点で30台程が停まっていたが、土曜日なので6時頃には
埋まってしまうだろう。1日600円の有料駐車場で、早朝の場合は後精算になる。
トイレはあるが狭く、男子トイレは和式個室がひとつだけなので、途中のコンビニで済ませておきたい。

支度を整え出発したのが4時30分。写真では曇りっぽく見えるが、これは山の陰に入っているから。
空は青く、この時点で高山植物に囲まれながらの最高の稜線歩きを頭の中に描いていた。

登山口へ向かうと、鬱蒼とした樹林帯の中に階段が覗いた。噂に違わぬいきなりの急登のはじまりである。
この日は関東北部で猛暑日が予想された日にもかかわらず、さすがに山間の早朝の気温は13度程で
短パン&サポートタイツと半袖&アームカバーでは、登る前は寒くて震えるくらいだったが
急登での発汗に備え、夏の恰好で頭にはタイルを巻いて挑んだ。
備え通り、寒さはどこへやら、すぐに汗が滲みだした。
登りだしてちょうど1時間で、駐車場から見えていた送電鉄塔までやってきた。
朝の内は風が強いという予報通りの風が北から吹いており、鉄塔が風切る音がゴォーゴォーと鳴いていた。

鉄塔で一旦傾斜が緩くなるも、再びの急階段ラッシュ。よ〜く整備されているとは言えば聞こえはいいが
登山客の下肢への負担はかなりのモノなんです。山登りをする某女優さん曰く「国土交通省は
余計なことをしてくれている」だって。本気で言ってはないだろうけど。整備はありがたことです。

階段を登り終えると辺りの草木は低くなってきていた。登山道が再び平坦になってくると松手山(1,614m)は近い。
登り始めてから1時間半の6時に到着。ピーク間の無い山頂だった。ここでザックを下ろして小休止。
この少し前から嫌なモノが目に入っていた。それは行く手の平標山を厚く覆うガスだった。(つづく)

撮影日:6月18日

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM>
駐車場の脇からスタート
f0157812_14513635.jpg
f0157812_14513741.jpg


More・・・・・あと15枚、松手山までの写真があります!

by ymgchsgnb | 2016-06-19 16:25 | outdoor | Comments(0)
2014年 08月 04日

夏の谷川岳 (5)

山頂では、1時間以上たっぷり過ごした。
午後からは雲が出やすくなる予報だったけど、逆にますます晴れてくる。
これが山頂に長く留まらせる要因だったかも。

登りの際に撮ったアングルも、帰りに撮り直す。やっぱり晴れてると写真は違うね〜。
下の写真は今回の1番のお気に入り写真。オキの耳からトマの耳に向けて帰るところ。カッコいいでしょ?w
トマの耳から肩ノ小屋に下りるところもいいよね。登りはちょっと曇ってて小屋の写真全然撮ってないもんな。
そして、まだやや霞んではいるものの、オジカ沢の頭〜万太郎山、俎嵒山稜の稜線も素晴らしい!

さてさて下山は、あの中盤戦の岩場に注意しなきゃだね。
同行の音声ちゃんを気づかいながら、ゆっくり景色を楽しむペースでの下山。
さすがに膝がガクガク来たらしく、膝どころかホントに笑いだしちゃってたのが可愛らしかったな。

熊穴沢避難小屋では「後半に差を付ける」パーフェクトアミノを一緒にドーピングして、無事天神平へ。
山頂でゆっくりし過ぎたので、予定より遅い16時ちょい過ぎの到着でしたとさ。

次はどこの山へ連れてってあげようか?w

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
今回のお気に入り写真
f0157812_21111492.jpg

稜線MVP
f0157812_21131319.jpg


More・・・・・あと12枚、谷川岳登山での写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-08-04 12:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 08月 03日

夏の谷川岳 (4)

トマの耳同様、もうひとつのピークオキの耳(1,977m)も賑わいを見せていた。
我々も山頂でゆったりランチタイムと行きたいところだったが、如何せん場所が無く、オキの耳のさらに先の
手頃な場所で陣を構えた。ようやくザックを下ろし、汗を拭う。タオルに染み込んだ汗は絞れるほどだった。
たまに吹く風が、カラダをちょうど良い体温にしてくれる。寒くもなく快適この上ない。

ランチの準備を始める。準備と言っても、サーモスに入れてきた熱湯を再沸騰させて湯を注ぐだけの簡単なもの。
今回はふたりでチキンライス、青菜ごはん、キノコと野菜のみそ汁。食後には携行食の甘いやつ。
それっぽっちのランチでも不思議とお腹は満足してくれたようだ。

休憩場所の先に鳥居が見えたので、出発前に立ち寄ってみると富士浅間神社奥の院と記されている。
あの富士山にある浅間神社かな?鳥居は立派だったが、祠は荒れていた。
でもそこからの谷川連峰の眺めはなかなかの景色だ。天気もどんどん晴れてきて、一ノ倉岳、茂倉岳へのへ
稜線が素晴らしい。

前の記事で谷川岳の「真の顔」と言ったが、それは眼下に見える一ノ倉沢のことである。
実はこの谷川岳 登山死者数世界No.1 と言う不名誉なギネス記録がある。
ヒマラヤの8,000m峰で命を落とした登山者の合計よりも、たった2,000m足らずのこの山だけの登山死者数の方が
上回っているのだ。
それは昔から幾人もの勇敢かつ無謀なクライマー達が、この一ノ倉沢の断崖に挑んでは果てていった黒歴史である。
天神平からの遠足気分のハイキングコースという顔もあれば、まったく別の顔を持ち合わせている。
それが登山者達を惹きつける谷川岳の魅力なのかも知れない。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
人が少なくなってからのオキの耳
f0157812_1745115.jpg
f0157812_17452927.jpg


More・・・・・あと9枚、谷川岳登山の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-08-03 12:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 08月 02日

夏の谷川岳(3)

11時45分。谷川岳肩ノ小屋に到着。
ちょうどお昼時で、小屋の周りでは食事をする人が多かったが、自分たちは一気に山頂を目指した。

肩ノ小屋からは、すぐ目の前に山頂は見えている。10分弱で谷川岳のひとつ目のピークトマの耳に着いた。
山頂でも休憩&食事をしている人はたくさんいた。トマの耳の標柱での記念撮影も順番待ち状態。
一応自分たちも記念撮影をしたけど、曇っていたので「帰りにはもっと晴れている!」という確信の元、
もうひとつのピークへ向かった。

越後側の緑の谷は、吸い込まれそうにキレイだ。
反対の上州側は、それまでの穏やかな表情とは違う、谷川岳の裏の顔、いや真の顔が見えてきた。
(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
肩ノ小屋からのトマの耳
f0157812_062717.jpg

トマの耳(1,963m)
f0157812_065974.jpg


More・・・・・あと6枚、谷川岳登山の写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2014-08-02 08:00 | outdoor | Comments(0)
2014年 08月 01日

夏の谷川岳(2)

当初、中盤戦の岩場はすぐに終わるもんだと思っていた。
途中オバさまに「どのくらい続くのかねぇ?」と聞かれ「すぐじゃないですか?ちょっとですよ!」何て言ったものの
下山してきたパーティに「ず〜っと続きますよ」と絶望のひと言を言われ落胆していたオバさま。
事実その通り、山頂付近まで数カ所の岩場が続いた。それでも大したことはないんだけどね。
下りは要注意かなって思ったくらい。

遠足などで、子供たちがたくさん登っていた印象。夏休みでもあるので、親子登山も多く見かけました。
土日の混雑になると、岩場のすれ違いやゆずり合いで、結構な渋滞になると予想。そんな中盤戦でした。

左手には何やらカッコいい山稜が見えています。槍のように尖ったピークとキレッキレの尾根。
後で調べてみると俎嵒(まないたぐら)川棚の頭というらしい。
て言うか漢字が変換で出てこないよ!でも行ってみたいなぁ・・・と思っていたら、
何と!かつては俎嵒こそが谷川岳だったようだ。国土地理院の誤記のために今のポイントが
谷川岳になっちゃったみたいです。
そんなカッコいい俎嵒へは一般登山道は無いみたい。オジカ沢の頭からキレイな稜線が伸びてるのにね。

そして右手には、日本三大急登の西黒尾根が見えています。長く険しい尾根。これもいつか登りたい道だ。

11時10分。天狗のたまり場という岩場に到着。岩の上でみんな休憩している。
そこを過ぎると、山頂直下の肩ノ小屋の一部がすぐそこに見えてくる。
周りはふわもこの緑の絨毯のような笹原が広がり、そこを転がり落ちたい気分の眺めだ。

あとは整備された階段状の道をゆけば、山頂まであと少し!(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
天狗のたまり場から天神平を振り返る
f0157812_8115820.jpg

俎嵒山稜
f0157812_8123882.jpg


More・・・・・あと9枚、谷川岳登山の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-08-01 08:17 | outdoor | Comments(0)
2014年 07月 31日

夏の谷川岳(1)

昨年の富士登山につづいて今年は谷川岳に、業界仲間の音声ちゃんを連れて行きました。
今回は自分も初めて登る谷川岳。
定番コースの天神平までロープウェイ利用の「天神尾根コース」で登る、初級レベルの登山です。

関越道で水上I.Cへ向かい、谷川岳の麓にある谷川岳ロープウェイを目指します。
営業開始は午前8時で、到着したのは9時。予定通りだけど、ゆっくりした出発です。
駐車料金は500円。ロープウェイの往復料金は大人2,060円のところ、JAF優待で1,960円に。
荷物が10kg以上だと、500円の追加料金だったかな?
等間隔でやってくるロープウェイに満員で乗り込む。以前乗ったことがあるけど、こんなにスピード遅かったっけなぁ?
15分程で標高1,319mの天神平に到着。四方に延びるリフトがスキー場の面影を残すが、今は完全に夏真っ盛りだ。

天神平からは、すでに谷川岳の双耳峰は見えている。あそこへ行くんだ!
9時50分。天神尾根に取付く。序盤としては緩やかで良い感じの傾斜で森を進んでゆく。
途中、リフトで上がる天神峠からのコースと合流して、10時25分熊穴沢避難小屋に到着。
小休憩を取って、再び歩き出すとすぐにロープがかかる岩場が現れた。
ここからの中盤戦は、ロープや鎖がかかる岩場ルートが連続するのだった。(つづく)

撮影日:7月30日

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
目指すツインピークス
f0157812_15492995.jpg

天神尾根へ
f0157812_1551093.jpg


More・・・・・あと9枚、谷川岳登山の写真があります!!!

by ymgchsgnb | 2014-07-31 15:56 | outdoor | Comments(0)