Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:車 ( 115 ) タグの人気記事


2016年 12月 17日

試乗記 〜 MAZDA ロードスターRF VS 〜

ソフトトップのロードスターに試乗した直後に、今度はハードトップのロードスターRFに続けて試乗です。
これなら素人の自分にも「違い」がわかりやすいだろう。

「RF」はリトラクタブルファストバックの略であり、先代までの「RHT(リトラクタブルハードトップ)」とは
呼び名が違う。
ハードトップをソフトトップ同様にトランク容量を犠牲にしないで格納させようと試みたらしいが
さすがにハードルが高かったようで、無理に押し込んで出っ張るよりも、ファストバックスタイルにして
デザインを美しくした方が得策なのでは?となったようだ。
「やっぱり押し込められなかったかぁ」と発表当初は思っていたが、オープン時もクローズ時も同様の
ルーフの滑らかな美しさが存在するファストバックに、今では賛成票を投じたいと思っている。

ソフトトップ版との差異は、大きなところではエンジンの排気量が500ccアップの2リッターになっている点。
ファストバック機構とエンジン容量のアップによる重量増は最大140kg。
試乗車したモデルで比較すると、RFはAT車だったので110kgだ。AT車にはi-ELOOPを標準装備しているので
それによる重量増の約20kgも含まれる。
ついでにi-ELOOPとは何か説明すると、ハイブリッド車にあるようなニッケル水素やリチウムイオンのような
化学反応を利用した二次電池ではなく、キャパシタと言われるコンデンサーなので、減速エネルギーを
電気のままの状態で瞬時に充放電可能なもので、資料によると7〜10秒の減速で満充電し
60〜80秒電装系に供給できるという。それによりオルタネーターによるエンジンの負荷が軽減され
燃費が良くなるというもの。
CX-3にもオプションで装備できたが6、7万円くらいしたし、1km/L未満程度しか燃費改善が見込めない
ようだったので、費用対効果を考慮して装備しなかった。

話しがやや脱線したが、試乗の感想を述べるとしよう。
試乗したモデルはロードスターRF VSという松竹梅でいう「竹」のグレード。価格は約360万円。
高っいね〜、買えないね〜。それでは試乗記は下記リンクからどうぞ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_09131369.jpg


More・・・・・MAZDAロードスターRFの試乗記はコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2016-12-17 12:50 | test ride | Comments(0)
2016年 12月 16日

試乗記 〜 MAZDA ロードスターS 〜

今冬は雪が普通に多そうなので、年内にスタッドレスタイヤを交換にしディーラーへ行ってきた。
その待ち時間、試乗車としてロードスターロードスターRFがあったので乗り比べしてきました。

まずはじめに乗ったのはロードスターS レザーパッケージのMT仕様。
4世代目のロードスターは原点回帰で、モデルチェンジ毎に大きくなる通例とは異なり、よりコンパクトに
そしてより軽く、初代のように車重1,000kgを切ってきた。
昨今の安全基準を満たすため軽自動車でない限り1,000kgを切るのは難しいはず。しかしSKYACTIVの賜物か
MAZDAはそれを実現させた。しかし実際1,000kgを切るモデルは、エントリーモデルのMT仕様のみ。

今回試乗したモデルはレザーパッケージのMTなので車重は1,020kg。それでも素晴らしくライトウェイトだ。
見るからにやる気を想起させるロー&ワイドなプロポーション。4代目発表直後の印象は、正直カッコいいとは
思わなかったが、街で走る姿を見る機会が増えてゆく内に、自分が羨望の眼差しで見つめていることに気づく。
元S2000乗りとしては、オープンカー回帰への火種が燃え上がる感覚を禁じ得ないのだ。

試乗記は下記につづく↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_16483669.jpg


More・・・・・MAZDAロードスターの試乗記はコチラからどうぞ!!!

by ymgchsgnb | 2016-12-16 19:16 | test ride | Comments(0)
2016年 05月 21日

自動車税

毎年5月になるとやってきますね・・・自動車税。
私は自動車と、原付(50cc以下)を所有しているので、義務ですので払っています。

市町村からは軽自動車税、そして都道府県からは自動車税の納付書が送りつけられてきます。
「税の一本化を」という声とは裏腹に、別々に送られてきます。コレ一本化できないのでしょうか?
納まるところが違うので無理、といったところでしょう。
書類も郵送もタダではないのですよ。全所有者に向けて一斉に送られるこの「紙」と「郵送料」の合計は
一体いくらになるのだろうか?
クレジット払いにしてもらうかね。

前置きが長くなったのですが、今回送られてきたそれぞれの納付書の金額に別々の「おっ?」があった。
まずは軽自動車税。平成28年度から軽自動車税が上がったんだね。
50cc以下の原付は1,000円 → 2,000円になった。倍ですよ倍。
それでもまだ原付は、年間にしては安いからいいけども軽自動車は1万オーバーになったりしてるよね。
世界的に見ても高い日本の自動車に関する税負担。一体どこまで行くのやら。
国民が声を上げないから、政治にまんまとやられてしまうんだね。

さて、お次は自動車税。こっちはびっくり34,500円 → 9,000円と軽自動車税より安くなっていた。
しかしこれは1年間限定のグリーン化税制の措置によるもので、今回だけのおまけ税制。
名実ともにクリーンであるMAZDAのディーゼル車を所有しているから当然の税率と納得。
今回減税分の25,500円と、購入時に充てられた補助金150,000円で超お得なクルマになりました。
何より700km以上走って給油しても2,000円台の燃費の良さも相まって所有者孝行なクルマです。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
軽自動車税
f0157812_09530523.jpg

自動車税
f0157812_09530547.jpg


by ymgchsgnb | 2016-05-21 10:23 | essay | Comments(0)
2015年 08月 06日

クリーンディーゼル補助金

今のクルマを購入した理由のひとつにクリーンディーゼル補助金があった。
同じMAZDAでもデミオは2〜30,000円くらいの補助金に比べて、CX-3はなんと150,000円前後も出る。
もちろん車両価格が違うのもあるが、これほどの差が出るのは不思議。
いずれにしても上記の補助金額は、車両本体価格値引き無しでのものだ。
あとはグレードによって少々違いがある。
それと維持管理年数などの条件もあって、このクルマの場合は最低4年乗り続けなければならない。

クリーンディーゼル補助金とは、如何にも天下り団体っぽい一般社団法人次世代自動車振興センターによる、
クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金のことで、昨年度で一旦終了したかに思えたけど
2015年9月まで延長措置が取られ、自分もその恩恵を授かった。

3月末契約の4月納車と言う、一番クルマが売れる時期だっただけに、審査が大変混み合っていたようだ。
3ヶ月ちょっと経った7月の終わり、忘れた頃に通知が届いた。

自分のケースでは150,000円の補助が出た。クルマを買い換えた理由に雪山にも出かけられるようにと
AWDのクルマを選んだので、当初から補助金をスタッドレスタイヤ購入に充てようと思っていた。
ちょっとした夏のボーナス感はあれど、タイヤ購入まで大事に取っておかないとだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 6>
f0157812_09063259.jpg
f0157812_09063285.jpg


by ymgchsgnb | 2015-08-06 09:08 | essay | Comments(0)
2015年 06月 04日

ドライブのお守り

ドライブの際のお守り的存在のレーダー探知機。
先々代のシビックTYPE Rの時から、液晶タイプのGPSレーダー探知機をダッシュボードに
装着していました。
CX-3への乗り換えで移設しようとディーラーに頼んだところ、工賃が約8,000円かかるとのこと。
自分でダッシュボード外したり、電源取ったりの知識も技術もないので、ディーラーか
オートバックス的な店にお願いするしかないかと諦めていたところ、みんカラで良い情報を入手。
それがGR-81/Bの存在だった。

今までも愛用していたセルスター工業の製品に、こんな製品があったなんて。
レーダー機能はないものの、GPS情報を元にした探知機なのだ。
しかも本体がソケットタイプなので装着や移設も超カンタン!
何と言っても価格がAmazonで、工賃よりも安い4,780円(購入時)だったのだ。
以前までの探知機はCR-Zの下取りごとおさらばしましたとさ。

<メリット>
◎ 低価格!
◎ 設置や他車への移設もカンタン。
◎ グロナス衛星(露、米、日の56基)に対応したので測位が早いし、誤差も少ない。
◎ 「My Cellstar」というページから毎月更新されるGPSデータが、いつでも無料で
  ダウンロードでき、こちらからの取締り情報もアップロードできる。

<デメリット>
◎ レーダー機能が無いので、ネズミ捕りの電波をキャッチできない。
◎ 声と光での案内だけになる。しかもその声の音質が悪く聞こえづらい。

以上のような感想です。
デメリットにあるネズミ捕りに関しては、いまやステルス信号での捕捉だろうから、
もしレーダー機能があったとしても、電波をキャッチして時点でアウトでしょう。
なので冒頭に記したようにお守り的存在なのですよ。
交通ルールに完全に従うと、交通の妨げとなる昨今。無事快適に走行できますように〜☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_14123952.jpg
<Screen Shot>
f0157812_14123918.jpg


by ymgchsgnb | 2015-06-04 14:38 | drive | Comments(0)
2015年 05月 22日

CX-3 XD Touring ~ Interior

このCX-3、同じMAZDAのデミオとかなりのパーツを共用している。
プラットホームからして同じなので、運転席から見た景色はデミオとほぼ同じだ。

2014年度のイヤーカーであるデミオの質感をさらにブラッシュアップした感じのクルマなので
いろいろと相当良いです。
黒ベースの内装に、の差し色がステキだ。それぞれのパーツの質感も国産車随一だと言える。
上級グレードでは冷たい印象の白い本皮シートと、送風口のベゼルがシルバーなのに対し、
この中間グレードは上記のように赤黒がカッコ良い。送風口のベゼルが決め手だったかな。
以前からしつこく言ってるクルマ選びにかかせないファクターであるインパネのデザインも、
エンジンONと共に立ち上がるアクティブドライビングディスプレイもあって、まずまずの及第点だ。

それとMAZDAと言えばマツダコネクト(通称マツコネ)だが、今まではクレームの嵐で
悪しき装備だったが、改良を繰り返してこのクルマには最新版が奢られている。
今のところナビに不満も感じず、USB接続のオーディオ関係も快適に使用できています。

「人を乗せて山へ」と言う個人的なコンセプトによる後席と荷室のスペースがどうだろうか。
後席の膝周りに余裕は無いものの、前席下に足を潜らせることができるので、窮屈は感じず、
荷室も後席を倒せば広くなるので、寝袋で寝ても今まで以上に快適でしょう。
実際先日、4人で尾瀬登山へ行ったけど、荷物も人も乗せて快適に行くことができた。

今のところ3回の給油をして、生涯燃費も20km/Lを超え、軽油の燃料費も経済的なので大満足!
ディーゼル特有の低速からのパワーと低燃費を両立してる凄いクルマです。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_13080078.jpg
f0157812_13081539.jpg


More・・・・・あと25枚、MAZDA CX-3のインテリア写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2015-05-22 08:00 | hobby | Comments(0)
2015年 05月 21日

CX-3 XD Touring ~ Exterior

4月に納車された愛車MAZDA CX-3を紹介します。

今回クルマを乗り換えた理由は、ただひとつ「山」のためである。
1〜2人で山へ出かけるには前車のCR-Zで、何ら問題はなかったが、3〜4人の登山となると
諦めざるを得なかった。
特にここ数年関心も出てきた冬山にはFF車では厳しいと感じていた。
本格的な雪山をやるつもりはないが、スノートレッキングなどで八ヶ岳へ行くには、
一か八かのFF車よりも、AWDでスタッドレスを装着していた方が断然安心に決まってる。

元々デザインも気になっていたところに、上記のような思惑とが合致し、今回の乗り換えとなった。
雪山は来シーズン以降愉しむとして、スタッドレスタイヤ購入の予算を取っておかなければならないが、
そこはクリーンディーゼル補助金でバックされる15万円を充てるつもりだ。

このクルマのインプレッションについてはそちらに譲るが、今1ヶ月近く乗ってみて、
その印象や長所・短所はディーラーで試乗しただけの感想では言い表せない、蓄積したものがある。
アクセス数から見ても、このクルマを検索して実際のインプレッションを求めてる人も多そうなので
いつか改めて紹介しようかな。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
ソウルレッドプレミアムメタリックが美しい
f0157812_12152437.jpg
f0157812_12155023.jpg


More・・・・・あと27枚、MAZDA CX-3のエクステリア写真がありますよ!!!

by ymgchsgnb | 2015-05-21 08:00 | hobby | Comments(0)
2015年 04月 14日

ちっちゃいメモリ

今さらだけど、メモリって小っちゃくなったよねぇ〜としみじみ思う。

自分が初めて買ったパソコンがApple PowerBook G3なんだけど、それのハードディスク容量が2GBだった。
当時は、フロッピーに比べればどエライ大容量だこと!と思っていたのが今や昔。

今では普通に日常茶飯事の如く扱う外部メモリだけど、個人的に持っていたのは鍵型で、
キーホルダーに付けて持ち歩いている8GBのUSBメモリ。
今度クルマ用で、iPodの代わりに車内に常備しておこうと新規で購入したメモリが16GBで1,700円くらい。
もっと安いものあるけど、デザインとクルマのデザインに合うようにとコレにした。
16GBという容量だと、ウチのiTunesに入ってる曲が全部入るんだよね。
だからiTunes丸々入ったメモリと、プレイリスト用のとで2つお買い上げしました。

そしてmicroSDHC。
これはシガーソケット型のGPS探知器用で、毎月無料でアップデートされるデータ用に買ったもの。
200KBくらいのデータのためにわざわざ8GBも要らないけど、容量少ないやつなかなか無かったし
たった400円くらいだしね。

何か改めて小っさい破片だよね。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 6>
f0157812_1411452.jpg

f0157812_1411535.jpg


by ymgchsgnb | 2015-04-14 13:10 | essay | Comments(0)
2015年 03月 10日

試乗記 〜 MAZDA CX-3 XD Touring 〜

「ひと昔前のMAZDA車では、想像もできなかったですよ〜」
「素晴らしいクルマをお売りできるので幸せですね〜」
近所のディーラーの営業課長の言葉である。これ、実に心の奥から出た言葉であろう。
それだけMAZDAは「(生まれ)変わった」のだと思う。

CX-3のデビューナイトイベントへの参加を応募して、幸運にも当選し、当日仕事で行けなくなるほど
このクルマに惚れてしまっていた。
先日デミオに試乗しまくったのも、プラットフォームを共用しているこのクルマを見据えてたからに他ならない。

今回の試乗にあたっては、心持ちがただの試乗ではない。なぜなら真剣に購入までを見据えているから。
そして試乗をするなら、悩みどころでもある「FFかAWDか」「AT車かMT車か」、本当ならそれぞれを
乗り比べてみたい。アポなしで近所のディーラーへ行ったにもかかわらず、AT車とMT車両方の試乗車の
用意があったのは幸運だった。残念ながらAWDはディーラーサイトで検索しても県内にはなかった。
AWDは寒冷地メインなのだろう。

しかしこのCX-3、MAZDAは相当力を入れていることが窺える。発表前なのにディーラーには3台も展示車が
用意してあったし、豪華なデビューイベント、さらには大量出稿のネット広告と、オーナーに車両価格に隠された
多額の広告料を支払わせる気なのだろうかと心配になる。

それでは、下記より試乗記をご覧いただきたい。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 6>
f0157812_17434498.jpg


More・・・・・MAZDA CX-3の試乗記はコチラからどうぞ!!!

by ymgchsgnb | 2015-03-10 08:00 | test ride | Comments(0)
2015年 01月 09日

試乗記 〜 MAZDA デミオ XD Touring L Package 〜 ドライブ篇

前回の内外装デザインについての感想に引き続き、今回は走りがどうだったかを綴ってみたいと思います。
この1日試乗で乗ったクルマはデミオの1.5Lクリーンディーゼルターボエンジンを搭載したAT車だった。
ディーゼルエンジンと普通のガソリンエンジンの違いを簡単に説明すると、まず燃料が軽油なので、燃料コストが安いこと。
そして低速トルクが豊かなので、排気量2.5Lクラス以上のトルクが、アクセル踏みはじめから出る。
そんなパワーを出力しながら燃費がすこぶる良いこと。AT車のカタログ値で、ハイブリッドでもないのに26.4km/Lという
数値を叩き出す。
エンジン寿命が長いという長所もあって、数十万km走っても大丈夫だ。
短所を挙げれば、高価なことと重量が嵩むということ。エンジンオイルもちょっと高価になることかな。

走りの感想を語る前に、今回の1日試乗での燃費を記しておこう。
走行距離140kmで、メーター燃費は20.3km/Lだった。
走行条件としては、日曜日の大渋滞や山坂道、高速でのフル加速などが入っているので、平日の郊外への
快適ドライブだったら、25km/L近い燃費を出す自信がある。

では試乗記をどうぞ。。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_21424919.jpg
f0157812_21432377.jpg


More・・・・・MAZDAデミオの走りについてはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2015-01-09 12:00 | test ride | Comments(0)