Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:EOS 6D ( 278 ) タグの人気記事


2017年 11月 18日

シークヮーサーさ〜

那覇空港で土産売り場を練り歩いていると、シークヮーサーが目についた。
せっかくだし、10個弱あって298円だったので、初めて生の果実のシークヮーサーを買ってみた。

半分に輪切りにしてみると、皮の部分がとても薄くて、実がたっぷりで見るからにジューシー。
炭酸で割ってシークヮーサー(サワーじゃなくて)ジュースにしてみたら美味しいかもと、気取ってペリエを購入しておいた。
絞ってみると、驚くほどの果汁が出てくる!種も思いの外ボロボロと出てくるので「排除」しましょう。

こんな小さな果実1つで十分な量の果汁が絞れたので、ここにペリエを投入〜。
シュワシュワと天然の二酸化炭素の粒が湧き上がってくると同時に、爽やかなシークヮーサーの香りも立ち上ってきます。
飲んでみるとこれまた驚きの美味さ!まさに爽やかコーク!じゃなくてシークヮーサー
これ、ヤミつきになっちゃうかも。本格ダイエットも始動してることだし、食前に炭酸で腹を膨らませるのにちょうど良い。

他にも、鯖の塩焼きに添えたりして沖縄の恵みシークヮーサーを堪能してますよ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM>
f0157812_07153622.jpg
f0157812_07153762.jpg
f0157812_07153720.jpg


by ymgchsgnb | 2017-11-18 07:31 | foods | Comments(0)
2017年 11月 17日

沖縄土産

束の間の那覇空港で購入した自分土産たち。

生もずくは沖縄を訪れたら必ずキロ単位で買ってくるんだけど、今回は久米島産の太もずくを2kg買ってきました。
ちょっと洗って、そうめんのように麺つゆにつけて啜って食べると美味しいです。

そしてバヤリース。オレンジだけじゃなくて、シークヮーサーグァバマンゴーもあるんですね。
シークヮーサーは出張中にコンビニで買って飲んでたけど、他のはまだ飲んでないから大事に飲みます。

小ちゃいのが売ってて安いし、使い切れていいなと思ったので、コーレーグースー(島とうがらし)も買ってきました。
島とうがらしを泡盛に浸けたもので、沖縄そばなんかに入れる調味料です。
300円くらいだったので購入しました。ちょいちょい何かに垂らして食べてみよう。

生のシークヮーサーも買ってきたので、それは次回の更新で。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM>
太もずく
f0157812_12102786.jpg

f0157812_12102840.jpg

バヤリース
f0157812_12102758.jpg
コーレーグースー
f0157812_12102807.jpg


by ymgchsgnb | 2017-11-17 08:00 | foods | Comments(0)
2017年 10月 27日

茅ヶ岳登山記(3)

石碑を探しながら下山すること10分、もう稜線の終わりに近づいた頃、深田久弥先生終焉之地を見つけました。
登りで稜線に出てから山頂に歩き始めてすぐのところにあるじゃないですか!
しかもこんな花が(造花かな?)供えられてひと際目立つのに見逃したなんて、相当iPhoneのことで頭がいっぱいだったんだろうな。
たぶん深田久弥は下山途中、ここで脳卒中で倒れられたのだろう。合掌。

さ〜て、ここからの九十九折りの落ち葉地帯を目を凝らして下るぞ〜!
スベったポイントはそんなに下の方じゃなく、稜線に近いところだったはず。そこ以外で落としていたら、皆目見当がつかないだろう。
最悪、その辺ですぐに見つけられなかったら、平日でほとんど登山客はいないが根気よく来るのを待ち、お願いして電話をかけてもらい
着信音を鳴らしてもらえば見つかりやすいかもなどと考えていた。お願いだから電波受かってて!

この辺がスベったポイントのはず・・・・・あった!!!
足をスベらせたすぐ横に落ちてましたよ!茶色い葉っぱに茶色いウォールナットの木製ケース、気づきにくいと言えば気づきにくいが
先程2人組と唯一すれ違ったが、足元のスベり跡のすぐ横で気づかなかっただろうか。色がカラフルのケースだったりしたら気づいたかも。
何より一度失って諦めかけていたiPhoneが、再び手元に戻ってくる嬉しさったら無い。茅ヶ岳の中心で歓喜を叫んだ。
ここからまた山頂に引き返して、予定していた別ルートで下りるか迷ったが、もう登るの嫌だしそのまま下山することにしたが
これが運命だったことをあとで知ることになる。

登山道も平坦なところまで戻り、ルンルン気分で足早に歩いていると、5〜6人の御婦人方のパーティとすれ違った。
こんな昼近くの遅い時間から登る人達もいるんだなぁと思いながらも「こんちわ〜」と挨拶。すると殿を務めていた女性が
「すんみません、登山ナイフ落とされませんでした?」と。!?!?
自分「もしかしてオレンジのやつですか??」女性「そうですコレです、倒木のところに落ちてましたよ」とポケットから
私のレザーマンを取り出したのだった。あったーーー!!!
感謝感激でお礼を何度も申し上げ、最敬礼で隊列を見送った。
もし別ルートで下りていたら、御婦人達とすれ違うこともなく、見つけられずじまいだっただろう。何というキセキだ。。

そんな奇跡が2度もつづくなんてことある??そんなことより、落し物を2連チャンですること自体愚行の極みですよホント。
今後の山歩きでのレザーマンとiPhoneの場所を再考しなければ。
そんなこんなの茅ヶ岳登山でありまして、無事下山し下山届もオンラインで提出することができました。(完)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
iPhoneはどこにあるでしょーーーか?
f0157812_10043633.jpg

深田久弥先生終焉之地
こんな目立つのに見逃した自分に驚く・・・
f0157812_10043660.jpg


More・・・・・あと10枚、茅ヶ岳の下山写真がありまーーーす

by ymgchsgnb | 2017-10-27 08:00 | outdoor | Comments(0)
2017年 10月 25日

茅ヶ岳登山記(1)

台風21号が各地で爪痕を残していった。関東は朝の内に通過し、久しぶりに台風一過で雲ひとつない真っ青な空になりました。
その翌日、予報は曇りがちとわかっていながらも、カロリー消費のために山に登ることにした。
ようやく冠雪した富士山に登ろうと思っていたけど、登ったことのない山を優先しようと茅ヶ岳を選択。

茅ヶ岳(かやがたけ)という一般的には無名な山ですが、山岳界に於いてはちょっと有名な山なんです。ちなみに日本二百名山です。
なぜ有名かと言うと、日本百名山の著者である深田久弥が登山中に脳卒中で急逝した山なのです。
登山道の実際倒れた現場に、深田久弥先生終焉之地という石碑があるので、山を愛しているひとりとして手でも合わせて
おこうと、登ってみたのです。

茅ヶ岳の主な登山口は深田記念公園から。無料の駐車場に水洗トイレもあります。
登山届の計画には7時登山開始としたが、甲府の朝の渋滞に捕まったりで8時30分の出発になってしまった。
登山道のはじまりは、樹林帯の中で幅の狭い平坦な道からはじまり、石がゴロゴロ転がっているのが特徴。
台風の影響か枝葉が散乱しているので、トレッキングポールで枝を端に寄せながら歩いてゆく。
やはりと言うか倒木が道を塞いでいる箇所も2、3あったが、簡単に越えられる程度だった。
その後、道は広めになったり狭くなったりでしばらく緩やかな傾斜が30分程つづいたが、ようやく傾斜が増してきた。
石のゴロつきは相変わらずだが、楓や落葉松の落ち葉で角が取れた感触。足を捻らないように注意した。

良いテンポで歩き続けてちょうど1時間、コースタイムより若干巻いて女岩手前50m地点に到着した。
この先には水場があるらしいが、崩落の危険があるとして規制線が張られ立ち入ることはできない。
風もなくジワりと汗ばんでいたので、水分補給のためザックを下ろし小休止する。
5分後再びザックを背負い、カメラバッグを装着してふと気がつく・・・・・レザーマンが無い!
仕事用で使っているナイフの付いたレザーマンの工具を、万が一のための護身用として持っているのだが、カメラバッグのポケットから
無くなっていた。休憩で下ろした所を徹底的に探したが見つからない。そもそもクルマのラゲッジルームに落ちてるんじゃないかと
半ば諦め、前に進むことにした(がっくり・・・)

ここからは急登になります。雨で湿り苔むした段差のある岩をガシガシと登ってゆきます。
その後、落ち葉の積る九十九折りの斜面が、コースタイム通り30分ちょっとつづいた。
登ってゆく方角や目印テープやペンキがあるので道迷いはないだろうが、落ち葉で道が不明瞭なところもしばしばあった。

そして10時10分、稜線に出た。ここまで来れば山頂まであと少し。ここでふと嫌な予感がした・・・・・iPhoneが無い!!!
またもやカメラバッグの前ポケットに入れていたiPhoneが無くなっていたのだ。まさに顔面蒼白状態とはこのこと!
「どこだ!どこで落とした?」頻繁にメール音が鳴っていたのは聞こえていたので、登ってる途中まではあったはず。
落ち葉に隠れた泥濘でスベって手をついたポイントがあった。もしかしてその衝撃で落としたのか??
よりによって私のiPhoneは木製ケースなので、カモフラージュになってしまって見つけられるだろうか。
ここで一旦引き返して下りiPhoneを探すかどうするか・・・しばらく迷ったが山頂も近いし、あのスベった場所だったら大体の
検討はつくので、ここはひとまず山頂に行って、すぐさまiPhone捜索に引き返そう。
こうして生きた心地のしないまま山頂へと向かうのだった。。(つづく)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
とうせんぼ
f0157812_07582163.jpg

女岩手前の規制線
f0157812_07582255.jpg


More・・・・・あと16枚、茅ヶ岳登山の写真がありまーす

by ymgchsgnb | 2017-10-25 09:15 | outdoor | Comments(0)
2017年 10月 19日

夏土産「倉敷デニム」篇

倉敷で買ってきた自分土産です。

江戸時代より天領として栄え、その後繊維産業で発展した倉敷は国産ジーンズ発祥の地
土産に倉敷デニムを何か買いたいなと見て回ると、倉敷屋の製品をたくさん見受けたので、中でも気に入った
トートバッグを購入してきました。

5,000円と少々値が張ったけど、ワンウォッシュで良い風合いとなっていて柔らかく、そこの部分が裏地になっているし
赤いタグがジーンズ感を演出してます。あまりトートバッグなんて使ってこなかったけど、使い続けてビンテージ感が
出せるようになればいいかな。

それとおまけにもうひとつ。小物入れですな。
こちらは真っ新なデニム生地で、面白いのが四角にジーンズのようなボタンがついていて、それを留めることで皿状になってるんです。
帰宅して腕時計や鍵といったものを放り投げて置いておくのにオシャレだなと。
こちらは1,000円ちょっとだったかな。

他にも倉敷帆布のオシャレな小物やバッグなどがあって、デザインも良いし素材も丈夫で気に入ったものがたくさんあったけど
少々高めで今回は買えなかった。
それぞれオンラインで購入できるので、折を見て買うってのもありかも。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
トートバッグ
f0157812_08502322.jpg

小物入れ
f0157812_08502482.jpg


More・・・・・あと8枚、倉敷屋のデニム土産の写真があります!

by ymgchsgnb | 2017-10-19 08:00 | essay | Comments(0)
2017年 10月 18日

夏土産「獺祭」篇

夏キャンプ「中国大返しツアー」での自分土産。

旭酒造の獺祭ストア本社蔵で買ってきた獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分(DASSAI 23)。
二割三分とは精米歩合のことで、米を23%まで削っているということを意味する。

ドライバーゆえに試飲できなかったので、隊員たちの「全然違います」「水のようです」の言葉を信じ、下戸にもかかわらず
720ml 5,400円(記念になるので木箱付き)を思い切って購入。

家に帰ってから、厳かに開封してガラスのお猪口で1杯・・・本当に水みたい!

全く酒を飲まない我々にとっては、日本酒って辛口だとか辛口じゃないとかくらいはわかるかなぁ〜程度で、大概どれも
「クーッ」とくるアルコール感があって、それが食道を通ってゆく感じと、鼻に抜けるいわゆる日本酒感なんだけど
今まで飲んだことのないお酒だった。お酒を全く飲んでこなかった自分が言うので説得力がないが。

でも本当に抵抗感がなく、スルスルと口から入っていくんです。
今まで越後や加賀という酒処でワンカップをジャケ買いしてきて家で飲んでたんだけど、結局飲みきれなくなって料理にしたり
していたんですけど、これは絶対料理になんて使わない。キリッと冷酒で最後まで飲み切れるとわかる。
試飲した隊員たちの感想では、精米歩合50%はどこにでもある普通の日本酒で、三割九分は50%と全然違い、この二割三分は
三割九分とまた全然違うと言っていたのを思い出す。

いや〜これは、本当に凄い日本酒なんだなと軽々しく実感していますけども、遅ればせながら、そして僭越ながら味の感想を
言わせてもらうと、日本酒というよりは白ワインのような感じで、月並な表現だけど本当にフルーティ。
まさに水が喉を通ってゆく感じなんです。
アルコール度数は16%なんだけど、そんなキツさは感じずにグイグイ行けちゃいそうです。
ワンカップ飲むのも1週間がかりなのに、720mlが見る見る減ってゆくんですが、高価なお酒だけにチビチビ飲んでます。
新鮮さが大切なので、すぐに飲み切った方がいいみたいですけどね。

調子に乗って銀座京橋にある獺祭Bar23行って、その先へを試飲してみたいな。
5種おためし(20mlずつ)3,100円とか、その先へは1杯6,500円。ひぇ〜。。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
f0157812_12460986.jpg

毎回これぐらいずつ飲んでる
f0157812_12461182.jpg


More・・・・・あと7枚、獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分の写真があります!

by ymgchsgnb | 2017-10-18 08:00 | essay | Comments(2)
2017年 10月 12日

錦秋涸沢日帰りハイク(1)

自分のヤマレコの統計を見ると、8月や10月より圧倒的に9月の登山回数が少ない。忙しいんだろうね。
でも本当は9月が一番山へ行きたいんです。富士登山から山登りをはじめて10年くらい経ったが、ずっと憧れていた涸沢の紅葉
その紅葉のピークは大体9月の終わりから10月の頭。しかし仕事と台風に阻まれ失われた10年。
今年も例に漏れず9月の山行は無し。10月頭のチャンスも仕事に潰された・・・・かに見えた。
連チャンが続いてたシフトを憂いてか、デスクが急遽休みを与えてくれた。その日を逃せば翌日は雨予報だし、紅葉のピークも
どんどん過ぎてゆく。躊躇はなかった。帰宅後、弾丸で沢渡を目指し、夜の中央フリーウェイをゆく。

午前3時に沢渡バスターミナル駐車場に到着。さすがの紅葉時期、平日なのに第1駐車場は95%埋まっている感じ。
少し車内で仮眠をする。天候は晴れ予報だが、この秋一番冷え込むという通りに凍えてあまり眠れなかった。
5時10分のバスの始発に合わせて支度をはじめる。歩いて暑くなることを想定した服装ではさすがに凍える。
気温は5度ちょっとだっただろうか。
平日ハイカーの私は、朝からバスターミナルに数十人いる光景は珍しい。始発ギリギリまでチケットが発売されないので、自然に列ができ
先頭から10人目程にいた。すると、乗合タクシーの案内人が元々拾っていた3人を招集し「あと1名様おりませんか〜」と声をかけるので
すかさず手を挙げ、4人目の乗客になった。
バスのチケット発売前に我々を乗せたタクシーは出発。上高地へとつづく釜トンネルも5時の開門より少し前に開門していたようで
5時ちょうどにトンネルを突破。新宿発のバスと時を同じくして上高地バスターミナルへ到着できた。
始発バスより30分は早く到着できたので得をした。4,200円のタクシー料金を4人で割った1,050円を支払い身支度を整える。

この日の服装はドライレイヤーをベースに長袖Tシャツ、そしてウインドストッパーの薄いアウターだ。今はまだ寒いが歩き始めれば
温まるはず。まだ真っ暗な上高地、ヘッドライトを点灯し、まずは河童橋を目指した。
バスターミナルはバスの乗客などでたくさん人がいたが、素早く支度して歩き始めたので、河童橋にはまだほとんど人がいなかった。
写真は肉眼とほぼ同じ露出にしてるので、どのくらい暗かったかがおわかりになるだろう。

5時30分、河童橋を後にして歩き始めた。涸沢を日帰りで行って来いするには少しでも早く出発するに越したことはない。
小梨平キャンプ場を過ぎると、空が白みはじめヘッドライトもすぐに要らなくなった。
6時ちょうどに明神に到着。前日から泊まっていたであろう人たちが明神館前で空を見上げていた。
朝日に照らされた明神岳が赤く染まり始め、モルゲンロートになる。
写真を数枚撮って再び歩き始める。6時40分、順調に徳沢に到着。徳沢園キャンプ場でも朝の支度が始まっていた。
私もここで休憩して、コンビニおにぎりをパクついた。

上高地始発組の中では先頭を切って歩いて来たが、徳沢辺りへ来ると登山客が大分増えてくる。
明神や徳沢出発組もいるし、横尾や涸沢から帰ってくる人たちもいるからだ。
徳沢〜横尾間では団体客とも何度かすれ違った。「山あるある」で団体とすれ違うと挨拶が大変なんだよね笑
7時30分、上高地から11kmの位置にある横尾に到着。ここまで梓川沿いのほぼ平坦な道で、道も比較的広くすれ違いも問題ないが
ここから始まる山道からはそうは行かない。
有料(100円)トイレで用を足し、本格的な登りに備えアミノ酸を摂取して挑むのだった。

撮影日:10月5日


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
未明の河童橋
f0157812_12405283.jpg

明神岳モルゲンロート
f0157812_12405347.jpg


More・・・・・あと13枚、上高地〜横尾までの写真があります!

by ymgchsgnb | 2017-10-12 08:00 | outdoor | Comments(0)
2017年 10月 08日

中国大返しツアー(食堂かめっち。)

岡山市街へつづく朝の通勤渋滞に捕まりながらも、JR津山線沿いに国道53号線を津山方面へ北上した。
中国地方の内陸部へと進んでいくこと1時間余り、午前9時の開店時間ちょうどにある店に着いた。
ここは岡山県美咲町にある「たまごかけごはんの店食堂かめっち。」TKGの聖地とも言える。
行列もできる有名店だが、開店直後なのでこの日最初の客が我々だった。

店内の自販機で黄福定食(350円)を各々注文。たまごかけごはんだけでは寂しいと思ったので、おかずとして「日替わりの一品」(300円)も 
同時注文。この日の日替わりメニューは若鶏のからあげだった。
食券を渡して席に着くや否や、すぐにお膳が提供される。それもそうだ、ごはんにみそ汁漬物、そして生卵だけなのだから。
そして嬉しいのがこの定食は食べ放題ということ。ごはんもたまごも追加料金なしで、いくらでも食べられるのだ。

普段TKGをする時は、別皿に卵を割りしょうゆをかけてよく溶いたものをごはんにかけるが、ここはほかほかごはんに直接割り落とした。
この方が絵になるのだ。そこにしょうゆを少々かけて、粗く溶いたのちに大口を開けてかき込む。
朝から何も食べずに2箇所観光したので、それはそれは美味しく感じたが、美味しいには訳がある。
ごはんは地元美咲産の棚田米で、卵は森のたまごブランドでもある美咲ファームから毎日新鮮たまごを仕入れているのだ。
「TKGは飲み物だ」と誰かが言ったとか言わなかったとか、1杯目をあっという間に完食すると「お代わりください」と宣誓。
すぐに定食がリセットされ元通り。今度は味変に挑戦。テーブルには3種の薬味的なものが置いてあり「しそ」「ねぎ」「のり」があった。
いずれもほぼ液状化したタレで、一番好みだったのは「ねぎ」だった。ラー油の入ったタレに刻みねぎがTKGにマッチ。
「のり」はのりの佃煮の液体バージョンのようなもので、「しそ」はしそ自体苦手なのであまり覚えていない。

結局、美味しいからあげと2度のおかわりで計3杯のTKGを完食。お腹いっぱいの幸せ状態で店をあとにした。
ついでに津山線の亀甲駅の駅舎が「亀」なので見に立ち寄った。決してカワイイとは言えないデザインだけど、なかなか珍しい駅舎だね。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
TKG
f0157812_09541153.jpg

食堂かめっち。
f0157812_09541135.jpg


More・・・・・あと19枚、TKGと亀甲駅の写真があります〜

by ymgchsgnb | 2017-10-08 12:22 | foods | Comments(2)
2017年 10月 07日

中国大返しツアー(備中高松城・吉備津神社)

旅の最終日(3日目)は稲荷山健康センターのすぐ近くに備中高松城からはじまる。
石垣ではなく土塁に築城された城で、周囲に広がる低湿地が堀の役割をしていた。

この旅のタイトルは「中国大返しツアー」だが、これはただ単に神奈川から瀬戸内を巡り、一気に引き返すことで名付けたものだが
本来は、ここ備中高松城で起こった出来事によるものである。
それは、羽柴秀吉が織田信長の命により中国攻めをした際、ここで毛利勢の清水宗治と戦ったが、湿地帯により攻めあぐねていた。
そこで軍師・黒田官兵衛の策により堰堤を築き、足守川の水を引き入れ水攻めをして城を水没させた。
ところが、ここで本能寺の変が起こり、清水宗治を切腹させると秀吉軍は明智光秀を討つべく一気に近畿へ引き返した。
これが世に言う中国大返しなのだ。
朝6時半頃健康センターを出発し、その現場になった備中高松城へ来てみると、今は公園になっているが相変わらずの湿地であり
清水氏の名が付いた宗治蓮が植わっている。石垣もないので城感はまるでないが、付近に堰堤の痕跡などがあるという。

その後、またすぐ近くにある吉備津神社へも寄ってみた。
創建年代が不詳ってだけでロマンがあり、神話の時代からあるようだ。
第8代孝元天皇の兄弟である大吉備津彦命が主祭神であり、281歳まで生きたとか完全に神話のことで史実とは程遠い。
桃太郎のモデルだとかそうでないとか。
ここで見たかったのは廻廊で、いわゆる長〜い廊下だが、自然の地形に沿って造られており、そこを見て歩きたかった。
長い分、瓦や柱も多く、幾重にも連なる梁も見事だった。

ここまで朝の観光を終えて8時前、朝食を食べにあるところに向かうのだった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
備中高松城・清水宗治の首塚
f0157812_14561177.jpg

吉備津神社・廻廊
f0157812_14561227.jpg


More・・・・・あと21枚、備中高松城と吉備津神社の朝の観光写真があります

by ymgchsgnb | 2017-10-07 08:00 | travel | Comments(2)
2017年 10月 05日

中国大返しツアー(錦帯橋)

岩国の山あいを流れる錦川に錦帯橋は架かっている。
れっきとした観光名所なので入橋料300円のがかかる。明治になるまで庶民が渡ることはできなかったので仕方がない。

この橋が錦川に架けられたのはできたのは江戸初期。岩国城が山の上に築城され、城下町とをつなぐ橋だったようだ。
洪水などで何度か架け直されていているが、今の橋は21世紀になってから架け替えられたものだ。

渡ってみると思いの外傾斜がキツく感じたのは超寝不足ゆえだろう。晴れてきて気温も上がり、名勝地の素晴らしさと体調が反比例していた。
階段の段差は小さく、よそ見をしていると下りの段差に気づかず慌てた。

錦川で鮎釣りをしている釣り人に風情を感じる。そんな景色を見下ろしながら、渡りきって川岸へ下りた。
下から橋の裏側を見上げると、見事なまでの木組みが素晴らしい。まさに匠の技術で、伝承してゆきたいものである。

ロープウェイに乗って岩国城までは上がらなかったが、その後土産売り場を流し歩くなどして時を過ごしたのだった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
錦帯橋
f0157812_11410669.jpg
f0157812_11420588.jpg


More・・・・・あと14枚、錦帯橋での写真がありますぜ

by ymgchsgnb | 2017-10-05 08:00 | travel | Comments(2)