Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:Screen Shot ( 78 ) タグの人気記事


2017年 07月 17日

星景写真まだまだ・・・

先日、星景写真にトライして玉砕したその2日後。「今日なら撮れそう」と衝動的に再び湘南を目指した。

空気が乾いてるような感じだったし、前回よりもよりクッキリ晴れていた。

今回は七里ヶ浜ではなく、茅ヶ崎のサザンビーチを目指す。

背後の道の灯りは海の家の陰に入り対処。江ノ島の灯りの影響もここまで来るとそれほどでもない。

何より南側の海上は真っ暗で、肉眼でも水平線のすぐ上から星がたくさん見える。

三脚をセットし、漆黒の空にレンスを向け、シャッターを切る。

うん・・・前回よりはマシで、天の川は見える。しかし思い描く星景写真ではない。

湘南ではここまでか。やはり南伊豆や山の上まで行かないと無理なのかなぁ?

でも天の川銀河の他にいろんな星も見えてるよ。

中央やや左には、いて座の南斗六星。右上の赤い星はさそり座のアンタレスで、さそりのシッポまで全部見えますね。

中央上部やや右は土星です。あと見えないと思うけど南斗六星の左側には冥王星もあるようだ。

中央水平線のすぐ上には、みなみのかんむり座っていう「C」の字に見える星座もありますよ。

ハレー彗星ブームの時の天文少年だった小学生の頃に帰ったようだ。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_03325138.jpg

<Screen Shot>
アプリ「Star Walk
f0157812_07255072.jpg


by ymgchsgnb | 2017-07-17 09:00 | photo | Comments(0)
2017年 01月 04日

あけおめことよろ2017

年末年始の恒例行事である箱根駅伝の仕事も終え、世の中が動きだす今日からプチ正月休みです。

2017年は酉年なんですね。
鳥のロゴマークってたくさんあるなって。
鳩サブレもあるな。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Screen Shot>
f0157812_10113138.jpg


by ymgchsgnb | 2017-01-04 10:15 | essay | Comments(0)
2016年 12月 17日

試乗記 〜 MAZDA ロードスターRF VS 〜

ソフトトップのロードスターに試乗した直後に、今度はハードトップのロードスターRFに続けて試乗です。
これなら素人の自分にも「違い」がわかりやすいだろう。

「RF」はリトラクタブルファストバックの略であり、先代までの「RHT(リトラクタブルハードトップ)」とは
呼び名が違う。
ハードトップをソフトトップ同様にトランク容量を犠牲にしないで格納させようと試みたらしいが
さすがにハードルが高かったようで、無理に押し込んで出っ張るよりも、ファストバックスタイルにして
デザインを美しくした方が得策なのでは?となったようだ。
「やっぱり押し込められなかったかぁ」と発表当初は思っていたが、オープン時もクローズ時も同様の
ルーフの滑らかな美しさが存在するファストバックに、今では賛成票を投じたいと思っている。

ソフトトップ版との差異は、大きなところではエンジンの排気量が500ccアップの2リッターになっている点。
ファストバック機構とエンジン容量のアップによる重量増は最大140kg。
試乗車したモデルで比較すると、RFはAT車だったので110kgだ。AT車にはi-ELOOPを標準装備しているので
それによる重量増の約20kgも含まれる。
ついでにi-ELOOPとは何か説明すると、ハイブリッド車にあるようなニッケル水素やリチウムイオンのような
化学反応を利用した二次電池ではなく、キャパシタと言われるコンデンサーなので、減速エネルギーを
電気のままの状態で瞬時に充放電可能なもので、資料によると7〜10秒の減速で満充電し
60〜80秒電装系に供給できるという。それによりオルタネーターによるエンジンの負荷が軽減され
燃費が良くなるというもの。
CX-3にもオプションで装備できたが6、7万円くらいしたし、1km/L未満程度しか燃費改善が見込めない
ようだったので、費用対効果を考慮して装備しなかった。

話しがやや脱線したが、試乗の感想を述べるとしよう。
試乗したモデルはロードスターRF VSという松竹梅でいう「竹」のグレード。価格は約360万円。
高っいね〜、買えないね〜。それでは試乗記は下記リンクからどうぞ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_09131369.jpg


More・・・・・MAZDAロードスターRFの試乗記はコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2016-12-17 12:50 | test ride | Comments(0)
2016年 12月 16日

試乗記 〜 MAZDA ロードスターS 〜

今冬は雪が普通に多そうなので、年内にスタッドレスタイヤを交換にしディーラーへ行ってきた。
その待ち時間、試乗車としてロードスターロードスターRFがあったので乗り比べしてきました。

まずはじめに乗ったのはロードスターS レザーパッケージのMT仕様。
4世代目のロードスターは原点回帰で、モデルチェンジ毎に大きくなる通例とは異なり、よりコンパクトに
そしてより軽く、初代のように車重1,000kgを切ってきた。
昨今の安全基準を満たすため軽自動車でない限り1,000kgを切るのは難しいはず。しかしSKYACTIVの賜物か
MAZDAはそれを実現させた。しかし実際1,000kgを切るモデルは、エントリーモデルのMT仕様のみ。

今回試乗したモデルはレザーパッケージのMTなので車重は1,020kg。それでも素晴らしくライトウェイトだ。
見るからにやる気を想起させるロー&ワイドなプロポーション。4代目発表直後の印象は、正直カッコいいとは
思わなかったが、街で走る姿を見る機会が増えてゆく内に、自分が羨望の眼差しで見つめていることに気づく。
元S2000乗りとしては、オープンカー回帰への火種が燃え上がる感覚を禁じ得ないのだ。

試乗記は下記につづく↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
f0157812_16483669.jpg


More・・・・・MAZDAロードスターの試乗記はコチラからどうぞ!!!

by ymgchsgnb | 2016-12-16 19:16 | test ride | Comments(0)
2015年 11月 26日

冬支度

昨年、残雪の八ヶ岳やアルプスを経験して思った。今までのクルマでは気軽にそこらへ遊びに行けない。
天気や路面状況で行きたくても行けない山域があり、出かける範囲も限定される。
雪山に目覚めた自分には、FF車&ノーマルタイヤでは大変もどかしい状況だった。

そして厳冬の八ヶ岳へ連れてってもらい思った。
厳冬期の登山は危険過ぎるからやるつもりはないが、スノートレッキングの愉しさを覚えた。
しかしその時借りたワカンでは、走破性に限界を感じた。

それら問題を一気に解消するため改革を断行した。
FF車からAWD車に乗り換え、クリーンディーゼル補助金を得る。
その資金を投入して、この度スタッドレスタイヤスノーシューを買った。

まだタイヤは履き替えてないが万全の体制を整えた。
昨今、雪不足がニュースになっているが、年が明ける頃にはフィールドの機は熟していることだろう。
早く来い来いお正月である。

今から北八ヶ岳、蓼科、美ヶ原、入笠山のスノートレッキングが愉しみで堪らない。
そして愉しみはスノートレッキングだけではない。雪見温泉なんかに浸りにどこでも出かけられる。
あ〜愉しみだ!(><)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
MSR REVO ASCENT
f0157812_08580703.jpg

<Screen Shot>
ブリザック史上最高性能
f0157812_08580787.jpg


by ymgchsgnb | 2015-11-26 09:00 | essay | Comments(0)
2015年 06月 04日

ドライブのお守り

ドライブの際のお守り的存在のレーダー探知機。
先々代のシビックTYPE Rの時から、液晶タイプのGPSレーダー探知機をダッシュボードに
装着していました。
CX-3への乗り換えで移設しようとディーラーに頼んだところ、工賃が約8,000円かかるとのこと。
自分でダッシュボード外したり、電源取ったりの知識も技術もないので、ディーラーか
オートバックス的な店にお願いするしかないかと諦めていたところ、みんカラで良い情報を入手。
それがGR-81/Bの存在だった。

今までも愛用していたセルスター工業の製品に、こんな製品があったなんて。
レーダー機能はないものの、GPS情報を元にした探知機なのだ。
しかも本体がソケットタイプなので装着や移設も超カンタン!
何と言っても価格がAmazonで、工賃よりも安い4,780円(購入時)だったのだ。
以前までの探知機はCR-Zの下取りごとおさらばしましたとさ。

<メリット>
◎ 低価格!
◎ 設置や他車への移設もカンタン。
◎ グロナス衛星(露、米、日の56基)に対応したので測位が早いし、誤差も少ない。
◎ 「My Cellstar」というページから毎月更新されるGPSデータが、いつでも無料で
  ダウンロードでき、こちらからの取締り情報もアップロードできる。

<デメリット>
◎ レーダー機能が無いので、ネズミ捕りの電波をキャッチできない。
◎ 声と光での案内だけになる。しかもその声の音質が悪く聞こえづらい。

以上のような感想です。
デメリットにあるネズミ捕りに関しては、いまやステルス信号での捕捉だろうから、
もしレーダー機能があったとしても、電波をキャッチして時点でアウトでしょう。
なので冒頭に記したようにお守り的存在なのですよ。
交通ルールに完全に従うと、交通の妨げとなる昨今。無事快適に走行できますように〜☆

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_14123952.jpg
<Screen Shot>
f0157812_14123918.jpg


by ymgchsgnb | 2015-06-04 14:38 | drive | Comments(0)
2015年 05月 07日

梨北信玄米

話はどんどん遡って、これは日向山から下山してすぐのこと。
日向山の登山口から甲州街道に出ると、ちょうど道の駅はくしゅうがある。
そこの土産売り場を物色していたところ思い出したのだ。先日テレビでやってたのを。

それは、TBS系がっちりマンデーの「儲かる農協」のネタで梨北農協を紹介した時のだった。
山梨県の北西地域における農協の米農家に対しての改革の話しで、詳しくは省くけど、
農家が全農に卸したり、個人販売するよりも高い値段で、梨北農協が即全額買取するというもの。
そのおかげで美味しい良質なお米が自然と農協に集まりだし、日本穀物検定協会が実施する
ランキングで特Aを獲得するまでに至り、米的に無名な土地をブランド化させたというお話しだった。

JA梨北のネット直売所を見てもらえばわかるが、梨北米と言っても様々な種類があって、
自分が道の駅で買ってきたのは特別栽培米の梨北信玄米コシヒカリ(2kg)1,480円。
もちろん最高得点の特Aだ。

これを我が家の自慢の炊飯器で炊き上げて実食すると・・・
「うまい」だ。
おかずと一緒に口に放り込んで飲み込むように食べたらダメで、ごはんだけをよく咀嚼してゆくと
旨味と甘味が溢れてくるのだ。おかずなんて要らない。ごはんをおかずに米を食べたいくらいだ。
もうすべて食べ終わってしまったのだが、南アルプスの天然水で炊くのを忘れていた。
今度買いに行ったら、合わせて南アルプスの天然水も買わなきゃなのだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_14454968.jpg
<Canon EOS 6D + EF100mm Macro F2.8L IS USM>
f0157812_14455453.jpg



More・・・・あと2枚、梨北信玄米の写真がありますよ!

by ymgchsgnb | 2015-05-07 08:00 | foods | Comments(0)
2014年 04月 27日

試乗記 〜 HONDA ヴェゼル ハイブリッド 〜

フィット3から派生したSUVモデルがVEZELだ。
もちろんプラットホームはフィットのもので、センタータンクレイアウトや多彩なシートアレンジも共通。
初めて青山のホンダ本社で実車を見たときは、その大きさにちょっと驚いた。
自分も所有していた初代CR-V並の大きさだと思っていたからである。しかし寸法を調べてみると、さして大きくもないのだ。
車重も1,280kg程とギンギンのスポーツカーであるS2000とほぼ同じ。大きさにしては軽く仕上げられていた。
実際試乗してみても、それほど大きさは感じられず、長さもCR-Zのプラス18cmだし、車幅もプラス3cm程度なのだ。
その着座位置の高さから視界が開け、逆に車体感覚が掴みやすいのだろう。

それではいつもの短距離、渋滞路の試乗コースを走った感想を語ろうか。
ちなみに写真は撮ってないので、ネット上にあったものを拝借。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_22265445.jpg


More・・・・・VEZEL Hybridの試乗記のつづきはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2014-04-27 23:15 | test ride | Comments(0)
2013年 12月 25日

試乗記 〜 MAZDA アクセラ ハイブリッド 〜

CX-5のディーゼルから、アクセラのハイブリッドに乗り換えての試乗です。
アクセラに関しては、モーターショーで見て触って、非情に好印象を受けていたので試乗は絶対したかった。
このアクセラの存在があったからこそ、ディーラーに足を運ばせたようなものだ。
微妙な営業マンとともに、アクセラハイブリッドに乗り込む。

その前に、アクセラのハイブリッドって「セダン」しか選択の余地が無いと言うのが、その時点で「なし」だけどね。
アクセラって、ハッチバックだから素敵だなって思うし、何ならホットハッチバージョンもあって良いようなモデル。
何でセダンなの?買う人いるの?いるでしょうけどね。
お荷物のニッケル水素バッテリーがハッチバックでは隠すことができないんだろね。床下収納すればいいのにって思うけど
ダブルウィッシュボーンサスへのこだわりからか、リアの床下には入れられないんだろうね。
ここがホンダとは違う所。ある意味、哲学を貫いていて良いけどさ・・・。

詳しい試乗記は↓をご覧ください。(写真は、MAZDA公式Facebookより)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_1437938.png
f0157812_14374942.jpg


More・・・・・アクセラハイブリッドの試乗記のつづきはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2013-12-25 15:30 | test ride | Comments(0)
2013年 12月 24日

試乗記 〜 MAZDA CX-5 XD 〜

もう発売されて1年以上経過してるんだっけか?
スカイアクティブ以降、特にクリーンディーゼルに試乗したいと思いつつ、なかなか試乗できないでいました。
何度行っても試乗って、恥ずかしいというか、(買う気もないので)申し訳ないというか、慣れたもんじゃない。
今回は自宅から最寄りのMAZDAディーラーへ。月曜の昼下がりなので、営業的にもチカラが入ってない様子。
若手の営業マンが対応してくれました。試乗したい旨を伝えてる段階で、手応えのない印象。
東京モーターショーあとの興奮が、まだ心の片隅に残ってる自分と温度差のある営業マンとの短いドライブの始まり〜。

試乗したのは、CX-5 XDというクリーンディーゼルを搭載した2WDモデル。
詳しい試乗記は↓をご覧ください。(写真は、MAZDA公式Facebookより)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Screen Shot>
f0157812_11571224.jpg
f0157812_11572362.jpg


More・・・・・CX-5の試乗記のつづきはコチラ!!!

by ymgchsgnb | 2013-12-24 13:09 | test ride | Comments(0)