Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:iPhone 6 ( 67 ) タグの人気記事


2017年 06月 27日

R.I.P...

後輩からのLINEで知らされた、或るロケカメラマンの訃報。
「えっ」「まさか・・・」それしか言葉がなかった。享年51。若過ぎるが、膵臓がんだったようだ。

昨春、長年勤めた会社の社長と決別し、社員全員を引き連れて会社を起こし、新会社の代表となって頑張っていた矢先の訃報。
年末から現場に出られない状態で、今年はじめから入院していたという。社員たちも亡くなる前日に、もう意識がなく
その日が峠だと急に知らされたようで、それまで病名も知らされていなかったという。

自分との思い出を話すと、私がまだ駆け出しの20代前半から、バラエティロケでカメラの後ろに音声として付いていた。
走馬灯のように御一緒した様々な現場での情景が思い出される。ここ数年は年に1〜2回程度しか会う機会はなかった。
最後に仕事したのは昨夏のバラエティSPロケで、群馬の山奥へ行った現場だった。別件の都合で本番はカメラマンとしては
付けないけど、ロケハンと本番の午前中はテクニカルディレクターとして現場に足を運んでいた。その時会ったのが最後になってしまった。
数年前にも体調を崩していたらしく、若干痩せてはいたがすっかり回復したと思っていたので、突然の訃報は青天の霹靂だった。

そのカメラマンの事をもう少し話せば、そのカメラマンにも師匠がいて、性格に難はあるが伝説的なロケカメラマンがいる。
自分も若い頃はそのカメラマンともよく現場で一緒になっては、ケンカをしていた。
その師匠の感じを性格以外受け継いでいる唯一のカメラマンで、多くを語らない職人といった感じだった。
「ねるとん」「お笑いウルトラクイズ」「生ダラ」といった往年のバラエティから、グルメロケでは他のカメラマンはそこまでしない
照明で美味しそうに食材を撮影。一時はしょっちゅう海外ロケへ行っていて、日本にほとんどいなかった。
近年では「笑神様」などのロケで活躍していたし、ヒロミさんのブログにあるように「モグモグGOMBO」から続く土曜の夕方を
今の「青空レストラン」まで撮影していた。

自分も大変お世話になったので、是非お通夜や告別式に参加したかったのだが、都内某所に3日間缶詰めの仕事と完全に被ってしまい
惜しくもお別れに行けなかった。

ところがその直後に、そのカメラマンがやっていた或る番組の地方ロケに行くことになった。
亡くなって最初の番組ロケ。しかも泊まり。夜はタレントさんが指揮を取って全スタッフで食事へ出かけた。
内容は割愛するが、涙あり笑いありの熱過ぎる夜を朝まで過ごさせてもらった。(当然2日目のロケはグダグダ・・・)
勝手な解釈をすれば、お別れに参加できなかった自分を、カメラマンに呼んでもらったような気がしてならない。

写真は2014年「メレンゲ」マカオロケでの写真。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_14363222.jpg
f0157812_14363341.jpg


by ymgchsgnb | 2017-06-27 15:45 | essay | Comments(0)
2016年 12月 02日

現存12天守「高知城」

高知出張での最終夜は単独行動をしたので、街を改めて練り歩きました。
現場から帰ってきて、シャワーを浴びてから出歩いたのに、2時間くらい歩き回った結果
汗をびっちょりかく事になりました。

特に高知城は、意外にも天守のすぐ近くまで登れた。
現在まで現存している天守を持つ城は12(現存12天守)。その内のひとつがここ高知城だ。
これで7つ目の城を制覇したことになる。中国・四国地方に集中しているので、一気に巡りたいところだが
出張なので今回は高知城だけに留まった。

暗闇となった城址の追手門から入場し、行けるところまで行ってみようと天守を目指し
階段を登る登る。ライトアップされてるので多少の灯りはあるが、それ以外は結構真っ暗なので
ひとりで城に入って行く勇気が多少必要。自分以外にも数人散策してた人がいたけど。
まだ食事も済ませてないのにすっかり汗だくになってしまって、これだったら食後の運動として
天守まで登れば良かったと後悔。
天守の中までは当然時間外だったので入れなかったけど、魅力的な城だったし夏キャンプのメンバーを
引き連れて再訪するものいいだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
高知城
f0157812_17191747.jpg

がっかり名所の「はりまや橋」
f0157812_17191657.jpg


More・・・・・あと9枚、高知城など練り歩いた写真があるきに!

by ymgchsgnb | 2016-12-02 07:00 | business trip | Comments(0)
2016年 11月 19日

こんにゃくパーク土産

9月に行った旅行(夏キャンプ)で立ち寄ったこんにゃくパークで買ってきた土産をようやく食べきった。
無料のこんにゃくバイキングでタダ飯を喰らいに行ったのに、土産で2,500円程も落としてきてしまったやつです。
こんにゃくって超低カロリーなんだけど重いんだよね。かなり重量の嵩む土産でありました。

全部食べての感想は、麺に関しては開封時にこんにゃく臭を感じるも、食べてみるとまったく違和感がなく
小麦粉由来の麺と違って、伸びることもなく煮込めば煮込むほど美味しくなる。
食感こそコシが無く、グニョグニョとしたこんにゃく感はあるけれど、それ以外は全然許せる。
それよりも味付け、つまり付属のスープがかなり上出来だと言うことが、美味しさに直結している。
スイーツに関してはこんにゃく感が全くなく、言われてもわからないレベル。
いずれも糖質ゼロで、低カロリーなのが最大の魅力。
麺なんて1人分17kcalなんだから、お腹いっぱい3玉入れたって51kcalと笑っちゃうレベル!
自分の大好きな横浜家系のラーメン屋さんに、この麺で作ってもらえれば間違いなく頻繁に通うな。

夕飯をこんにゃく製品にすると、もれなく翌朝の体重計測で前日差マイナスになってるのが魅力!

一品一品の感想は下記の「more」からご覧くだされ〜。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
こんにゃく製品
f0157812_11221065.jpg

ラーメン
f0157812_11221191.jpg


More・・・・・ひとつひとつのこんにゃく料理の感想はコチラ〜!!!

by ymgchsgnb | 2016-11-19 12:11 | foods | Comments(0)
2016年 10月 20日

奥芝商店のスープカレー

先週の出張は現場が入間で、泊まりが八王子でした。
自宅から30分ちょっとの場所にわざわざ宿泊です。5泊6日で。。

そんな出張では毎晩毎晩、食事を何にしようかと迷うのも愉しみであり、苦悩なのです。
後輩が八王子にあるスープカレーの店に行ってみたいと言うので、金曜夜に行ってみた。
調べると行列ができる程の有名店のようで奥芝商店八王子田代城店という。本店は札幌にあるようだ。
(ホームページは時代遅れのFlashで作られていて、iPhoneでは見られなかった)

現場帰りに店の近くでバスを降り向かうと、車窓から見た際は並んでるようには見えなかったものの
いざ行ってみると道からは見えづらい所に待合処があった。
JR八王子駅南口から近く、通り沿いの立地なのに、暗い一角にあるので夜は見えづらいのだった。
店の構えに似つかわしくない人数予約のタッチパネルを恐る恐る覗くと、なんと75分待ちとなっていた!
夜の部がオープンして30分しか経っていない18時の時点でこれだ。
平日のラストオーダーが22時なのだが、スープが無くなり次第閉店するそうだ。

ひとまず5人で予約とポチると紙が出てきて、そこに表示してあるQRコードからサイトに飛んでみると
近い順番になったらメールで呼び出してくれるシステムになっていた。
時間があるので三々五々散り、自分は一旦ホテルに戻ってシャワーを浴びに帰った。

シャワーを浴びホテルを出ると、ちょうどメールが来たので、メンバーに伝令を送り召集をかけた。
店内に案内される前にメニューを見てオーダーをする。混雑時はその方が効率が良いのだろう。
人数的にはじめ座敷席に案内される予定だったが、誕生席を用意すれば外のテラス席が良さそうなので
そうさせてもらった。前日誕生日だった私が誕生席に着くことになる。
この日はやや寒かったが個室感があって良かった。(待ってる人の近くではあるが・・・)
店内は他にカウンター席やソファ、座敷があり、それでも全部で20人は入れない小さなお店。
スープも一度に6〜7人分しか作れないようなことが何かに書いてあった。

これまでの印象は、店員が非常に丁寧な対応だということ。さてはてカレーのお味はどうかな?
自分が注文したのは、スープはチキンスープ。メインは数量限定の炙りスペアリブと甘唐辛子(1,650円)
自分の分で限定数終了となった。
そして一品無料トッピングがきざみオクラで、その他のトッピングにラムしゃぶ(300円)
13段階ある辛さが甘口から3番目の弥生という中辛で、ライスは中盛(300g、+50円)というラインナップ。
メニューの写真が下の方にあるので、見てみてくだされ。

タイミングによっては席についてからもスゴイ待たされるらしいが、我々は30分弱で運ばれてきた。
18時に店前で整理券を発券し、19時過ぎに着席、カレーが来たのが19時半。こんな感じだった。

ずっと北海道の本格スープカレーが食べたかったので、東京とは言えついに食べられる時が来た。
噂に違わぬ素揚げされた大きな野菜群に、肉だらけになってしまったトッピングでカレーはほぼ見えない。
ライスは中盛に見えないくらい小じんまりしていて、レモンが添えられている。
スプーンでライスをよそり、カレースープに浸して食べるのが北海道スープカレーのしきたり。
と、以前先輩が大泉洋に言われたようだ。
食べ進めて行くと、ライスとスープのペース配分が微妙になってくるが、最後は何とか帳尻を合わせた。
スープカレーは標準でもスパイシーなのかと思ってたが、そうでもなかったのでもっと辛くしても良かったな。
ライスは中盛がちょうど良いくらい。肉まみれのトッピングは完全に失敗であったが、美味しく食べられ
感動のスープカレーデビューとなった。今度は北海道へ乗り込んで食べたいと強く思う!!!

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_18123911.jpg
f0157812_18125215.jpg


More・・・・・あと8枚、奥芝商店での写真があります。メニューもあるよ!

by ymgchsgnb | 2016-10-20 18:16 | foods | Comments(0)
2016年 10月 04日

シャリカレーうどん&シャリカレーパン

1年振りにくら寿司へ。
前回はシャリカレーを食べに行ったんだけど、シャリカレーがシリーズ化してるようなので
ネタ消費者としては行かざるを得ない。

まずはシャリカレーうどん
何の変哲もないカレーうどんで、トッピングに大きなちくわ天が乗っている。
食べた感じも多少酸味があるような気がするが、何の変哲もない味だった。
何が「シャリ」なんだ?と思っていると、ルーに隠れてシャリの天ぷらがトッピングされていたのだ。
シャリを揚げたのか??食べてみると確かにシャリ。しかし米を再加熱する焼きおにぎりや
石焼きビビンバのように、米が奥歯にくっ付くのである。
1回食べればいいネタ消費用のメニューです。

つづいてシャリカレーパン
どう言うものかと期待していると、これまた何の変哲もない小ぶりなカレーパンがやってきた。
揚げたてのようだが、ひと口パクついてみる。なるほど、想像通り具にシャリが交ざっている。
ただそれだけのカレーパンである。

以上、ネタ消費のコーナーでした。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


<iPhone 6>
f0157812_05355932.jpg
f0157812_05355998.jpg


More・・・・・あと2枚、シャリカレーの写真がありますぞ

by ymgchsgnb | 2016-10-04 11:38 | foods | Comments(0)
2016年 10月 03日

餃子三昧

タイトルからすると、散々っぱら宇都宮出張で毎晩のように餃子を食べ歩いては肥えてきたんだろうと
お思いだろうが、1週間ほど続く中継業務に於いて後発隊だった私は、たった2泊3日の出張だった。
初日は音声スタッフ全体で、フツーの居酒屋呑みだったので、自由な時間は取れなかった。

2泊目の夜はようやくにして最後の夜だった私は、宇都宮に来て餃子を食べないで帰るなんて宇都宮に失礼。
その想いから総勢8名と共に宇都宮に詳しいスタッフのオススメもあって、宿から近い香蘭というお店に入った。
4人掛けテーブルが4つとカウンターだけの小さな店内。19時前という夕飯時なだけにテーブルとカウンターに
分かれることで何とか入店でき、それで店は満席になった。
タイミングが良かったのか、その後客足は増え、少し行列を成していた。

食事メニューは餃子(250円)とライス(100円)のみ。餃子のみで勝負していて、せっかくならこう言う
お店に来てみたいねと思わせる。
されど餃子には種類があって「焼」「揚」「水」の3種類があるのだった。
安いし、腹減ってるしだから当然全種類行くよね!
とりあえずのルービーとザーギョー(全種類)ってやつをはじめに注文。
テーブルにはすでに各々の好みのタレが作られ、その時を待っていた。
ちなみに私は酢と特製ラー油のみ。コショウはなかったので酢胡椒にはできず。

やがて餃子たちが運ばれてきた。焼餃子は気持ち小さめでご覧の通りのオーソドックスなやつ。
中身の餡は白っぽく、あまり野菜は入ってない感じ。味は美味しいけど普通で、特筆すべきところはない。
揚餃子は個人的には一番好みだったかな。揚餃子用に岩塩が用意され、カリっとした食感が得られる。
水餃子はスープに使ってくるが、このスープはただのお湯ってくらい味はしない。
これには自分製のタレに醤油を加えて頂いた。生姜が効いていて、それまでとは異なる美味しさがあった。

お代わりなどを重ね、我々のテーブルの4人で計14人前を注文していた。当然ライスも注文している。
にもかかわらず、その直後にラーメン屋へ直行するのだから、出張は余りにもキケンである。
私は後輩女子と半分こすることで、被害を最小限に食い止めた。と言いたい!

ちなみに東京餃子通信の記事にもなっていたのでリンクを貼っておこう。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
香蘭
f0157812_16290148.jpg

ラーメン一力
f0157812_16290171.jpg


More・・・・・あと3枚、餃子の写真がありますよん

by ymgchsgnb | 2016-10-03 16:30 | foods | Comments(0)
2016年 09月 27日

20周年キャンプ 〜 ガトーフェスタ ハラダ

こんにゃくパークを後にした一行は、まだ午前中で時間もあるし、完全に貧乏旅行モードになっているので
一般道で家路に向かうことにした。

関東の道の駅人気7年連続1位になったららん藤岡に立ち寄った。ハイウェイオアシスになっていて
上信越道からもアクセスできる道の駅だった。
どうしてここが7年連続で人気を博したかは少々謎だが、多少大規模で店はそれなりにあるし
買い物にも困らないし観覧車もあって子供も遊べるからだろうか。
店舗のひとつにガトーフェスタ ハラダの店があった。ご存知だろうか、土産や差し入れで良く見るメーカーで
代表的なものにラスクがある。ラスクの小包装のパッケージを見れば、目にしたことがあるのではないだろうか。
そう言えば群馬にあるメーカーだったなと、この時は思っていた。

そして次の目的地である埼玉県行田市にある忍城へ向かうべく、国道17号を南下した。
高崎市郊外を走っていると、先ほどのハダラの本社工場の看板が見えた。この国道沿いにあるという。
工場見学しているのをテレビで見たことがあるのを思い出し、いつでも見学できるならと寄ってみることにした。

まるで宮殿のような豪奢な本社工場が見えてきた。まずは工場直結の土産宮殿へと入っていった。
上品な店内と上品な店員が待ち構えていて、貧乏様御一行は引け目を感じずにはいられない。
初めて都会に出てきた一行が、上級なデパートの化粧品売り場に紛れ込んでしまったかのような感覚。
私の大好きなそのラスクをホワイトチョコで覆ったグーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート
なんと10月〜5月の製造のようで、売ってなかったのが残念。

そして隣接する本社工場(シャトー・デュ・エスポワールと呼ぶらしい)で工場見学が予約なしでできる
というので行くことにした。残念ながら見学路は撮影禁止なので写真はない。
希望すれば音声案内が聞こえる機器を渡してもらえ、各種案内やパンフレット、そして焼きたてのラスクを1つ
見学前にもらえるのだ。
工場の4階〜3階とそれほど長くない行程を進んでゆく。ゆっくり見ても30分もかからない。

その見学コースの最初にラスク用フランスパンを焼く行程があるのだが、その後にひとつのコーナーがあり
女性が工場見学コース限定のラスクを作ってくれるのだ。それはラスクになる前の柔らかいパンに
粉糖を塗し、その場でバーナーで表面をちょっとキャラメリゼした、言わば生ラスク的なものを頂ける。
思わずこれは写真に撮った。製造行程を写す訳ではないから、これくらい良いだろう。
この生ラスクが実に美味しかった!是非商品として売って欲しいものだ。
ホットやアイスのコーヒーや紅茶、緑茶も自由に頂けるので、一服しに立ち寄るのもオススメ。

工場見学を終えた一行は再び土産売り場に戻ったが、食べてみたいと思う商品が軒並み10月からのだったので
こんにゃくパークのような罠にはかからず、何も買わずに本社工場を後にした。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
生ラスク!
f0157812_09021950.jpg
シャトー・デュ・エスポワール
f0157812_09021968.jpg


More・・・・・あと3枚、ガトーフェスタ・ハラダ本社工場での写真がありますよ〜

by ymgchsgnb | 2016-09-27 08:00 | travel | Comments(2)
2016年 08月 23日

おいしい学校

八ヶ岳倶楽部にて夕食をどこで何を食べるか検索していた。
麓へ下りた甲斐大泉近辺で美味しそうなそば屋を調べていると、良さそうなお店は軒並み昼営業だった。
本気の店は少量を手打ちして、無くなり次第閉店って店が多かったので、どの店に妥協しようか迷っていた。
結局クルマで走りながら良さそうな店があったら寄るスタンスで八ヶ岳倶楽部を後にした。

最悪そばを諦めるとしたら、次に何を食べたいか。答えはザーピー。
高原のおいしいイタリアンなんてあるだろうか?少し遠いがあるにはあった。
しかしもう少し検索していると、帰り道に謎の店?が検索に引っかかった。
それはおいしい学校。なにそれ??イタリアンなの?
とにかく向かってみる。国道141号清里ラインからそれた津金という集落にそれはあった。
かつての学校か?学校というか「学び舎」という言葉が合っているが、リフォームしたのか新しそうだった。
駐車場は校庭。子供たちがボール遊びをしている。田舎の学校の風景。
学校に入ってゆくと、道の駅でも見られるような地元食材売り場があり、農家ごとに値付けが違う。
入って右側に木造の教室と和室。和食処のようだが、食事は給食スタイルで面白そう。
左側にパン工房。とてもいい感じ。さらに奥に宿泊所や日帰り風呂。温泉ではなさそうだ。
そして左奥が目指すイタリアンのぼのボ〜ノ。温かみのある明るいウッドを基調とした店内。
石窯もある厨房にはシェフたちが仕事をしていて良い雰囲気。
コース料理もあったが、直前に少し食べているだけに、3人でサラダ、ピザ、パスタの3品を単品で注文。

まず「具だくさんの季節のサラダ 生ハム添え」というサラダが来た。
地元の新鮮野菜感満載で野菜の味が濃い。きゅうりはピクルス的な漬物、コーンは生かな?
結構大皿で嬉しい量で大変美味しかった。これは他の料理も期待できそうだ。
そしてサラダを食べ終わるのも見計らったかのようにピザが来た。びっくり仰天の大きさ。
悠に30cmを超えている超大型「マルゲリータ」で薄い生地で良い。人数分に均等に切ってあった。
バジルの香りが良く、チーズもたっぷり!今までで一番感動したピザかも。
最後の〆はパスタで「信玄豚と野菜のトマトソース」というもの。
信玄豚は細かいブロック状で旨味たっぷり、野菜はピーマンだったんだけど、味と香りの濃さが凄かった。
ピーマン嫌いだった子供の頃だったら食べられなかったって言うくらい濃いピーマンだった。
そしてアルデンテの加減が最強だった。いつまでも歯答えが脳裏をよぎるパスタだった。

こんな店がこんな所にあるなんて・・・これは通う。八ヶ岳の登山帰りにも寄れるし、良い店発見!

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
おいしい学校
f0157812_14501391.jpg
ザーピー!
f0157812_14501481.jpg


More・・・・・あと10枚、おいしい学校内「ぼのボ〜ノ」での写真がありますよ〜

by ymgchsgnb | 2016-08-23 08:00 | foods | Comments(0)
2016年 08月 22日

お盆2016

世の中すっかりお盆休みも終わったと同時に、台風に見舞われている関東。如何お過ごしでしょうか?
私はお盆休みなんてありませんが、休みのタイミングが母と叔母と合ったので墓参りへ行きました。

日曜日の昼を過ぎ、その日の最高気温を迎える時刻。関東では今年は冷夏なのでは?の声も聴くけど
太陽も出てきてさすがに暑かった。
墓参りも済み、さて何しましょうか?となったが全くのノープラン。
自身、遠くへ出かけるつもりもなかったので、持ち物は財布とiPhoneのみ。
涼しいところへ行きたいというのだが「夏休み」「お盆」「日曜日」という中、どこも混んでいそうだ。
ニュースでは高速道路のUターンラッシュを伝えていた。

何も決まらず時間だけが過ぎてゆくので、乗り気ではなかったがとりあえず山梨方面へと向かうことに。
相模湖ICから中央高速に乗ると反対車線は大渋滞。昼も大分下がった談合坂SAも混雑していた。
走りながら「清里」「八ヶ岳」のキーワードが出てきたが、とりあえず韮崎ICで下りて
明野のひまわり畑に立ち寄ることにした。
15時を回っていたのでピークは過ぎていたが、曇りがちではあったけれどそれなりに人出も多く
ひまわりも南アルプスをバックに一斉にこちらを向いて咲いていた。

次に向かったのは清里萌木の村という敷地内に多数店舗が連なっている場所で散策したり
高原野菜を閉店間際の農家から安く買い漁ったりした。サビれた清里駅前もさすがに人が多かった。
その後、清里の代名詞清泉寮のある高原地帯へ。
美味しいパンを求めて清泉寮のパン工房へ行ったが、こちらも閉店間際でほとんどパンは無かった。
夕刻の高原で気温は20度を上回る程度、名物のソフトクリームはスルーして八ヶ岳倶楽部へ向かった。
ここは柳生博さんの店で、高原の雑木林の中にレストランや雑貨屋、ギャラリーなどがある。
入り口へ入るとやはり柳生博さんご本人がおられまして「こんにちは〜」と挨拶してもらいました。
仲間と団欒していられるようでした。
ひと通り雑木林や店を散策したのち、レストランでティータイム。実際はティータイムというより
ディナータイムであったので、パンやソーセージを注文したのだが、本気の夕食はどこで何を食べようか
弱い電波状態の中iPhoneで調べはじめた。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
明野ひまわり畑
f0157812_13310469.jpg
f0157812_13310587.jpg


More・・・・・あと1枚、八ヶ岳倶楽部での写真がありますよ

by ymgchsgnb | 2016-08-22 14:03 | drive | Comments(0)
2016年 08月 11日

宇宙一うまい枝豆

先日、新潟県の弥彦村へ仕事で行ってまして、ここ数年毎年行ってる恒例仕事なんですが
新潟県は枝豆の産地として有名で、昨年近くの農家の朝採り枝豆を茹でたやつが現場に差し入れられた。
食べてみると、今まで食べたどの枝豆よりも美味しくて、驚嘆したほどだった。

そんな弥彦村の枝豆を農家から直で郵送してもらえる注文書があったのも知っていたが
現場でも、夜の居酒屋での十分過ぎるほど堪能していたので、注文せずに帰ってきた。
そして今年また訪れてみると、ちょっと期待していた差し入れの枝豆がなかった・・・。
途端に枝豆を欲してしまって、今年もあった注文書に速攻で記した。

1把(300g)300円で、関東へのクール便配送料が900円。
5把発注したので、計2.400円。
朝採れたてのものを順次配送してくれるそうで、愉しみに出張先から戻った。

1週間ほどで家に枝豆が届いた。箱を開けてみると300gって思ったより量がある。
新潟県の枝豆は品種が多く、旬が長いという。今回送られてきた枝豆はやひこ茶豆という品種。

枝豆というと、自分の中で山形はJA鶴岡のだだ茶豆が最高だと思っていた。
しかしそれを上回る美味しさということは、日本一つまり宇宙一うまい枝豆な訳です。
品種もさることながら、朝採れたてなら採れたてほど美味しいのだろう。
いつまでも保存できないので、順次塩茹でにしていくとする。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 6>
f0157812_09583330.jpg

f0157812_09583211.jpg


More・・・・・あと2枚、枝豆の写真がありま〜す

by ymgchsgnb | 2016-08-11 14:08 | foods | Comments(0)