Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 18日

チームラボ 森と湖の光の祭「自立しつつも、呼応する生命」

メッツァのある宮沢湖は人造湖。ウーテピルスを抜けて、その畔を右回りに歩いて行けます。

雨上がりで泥濘みも残る真っ暗な道、広い間隔でタマゴ型の光の物体が並んでます。

ひとつに触れると色が変わり、その先のタマゴに伝搬してゆきます。

対岸の森までやってくると、森の落ち葉の狭い道に沿って歩きます。やがて到着したのが湖面に浮かぶ自立しつつも、呼応する生命

工事用の足場のような階段で水辺の近くまで降りて行きます。岸辺のタマゴと湖面に浮かぶタマゴ、そして遥か対岸の彩られたビレッジ。

壮観な眺めで、自然の中にいるはずなのに、周囲の光と音とのデジタルアートが、近未来な感覚もするし、自然が自然で無くなるというか

アート空間の埋もれてるような不思議な感覚がします。

同じ構図で撮っていても、シャッターを切る度にその彩りが変化し、撮れた写真をプレビューするのが1枚1枚愉しみでもあります。

これらの作品は何も考えず単純に「綺麗だなぁ〜」と眺めてたらいいものだけど、そもそもどのような仕組みで色や音が呼応してゆくのだろうか。

難しいこと抜きに、目の前のアートを愉しめばいいんでしょうけどね。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_18070948.jpg

夜道を仄暗く照らすタマゴ
f0157812_18070957.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと18枚、チームラボ 森と湖の光の祭の写真がありますよ〜〜

# by ymgchsgnb | 2018-12-18 08:05 | photo | Comments(0)
2018年 12月 17日

チームラボ 森と湖の光の祭「浮遊する、呼応する球体」

17時30分になると、一斉にチームラボを待ちに待った客が入場ゲートに集まります。

券売機で入場料1,000円(土日祝1,200円)のチケットを買います。明るい内に買っておくとスムーズに入場できるかもですね。

平日なので混雑とまではいきませんが、なかなか盛況の様子。

17時30分ともなると12月は日も沈んで真っ暗で、若干空に色が残ってるくらいでしょうか。

ここからは夜景撮影になりますが・・・・夜景撮影の相棒とも言える三脚使用禁止となっております。

これは無理難題です。大口径レンズと感度を上げても画質が落ちないカメラを要求されます。なかなか手厳しい戦いです。

ですので言い訳しておきますが、以下の写真はブレまくってます。納得行ってません。でも仕方がないことです、ルールですから。

まずはノルディックスクエアへ。カフェやクリスマスマーケット前のイベント広場に、まさに浮遊する球体が風や人に触れられ揺れています。

優しく触れるよう注意を促されますが、子供は聞いてはくれません。起き上がり小法師の如くパンチを炸裂させています。

これらの球体は浮遊する、呼応する球体のタイトル通り、触れると色が変化するとともに、周囲に点在しているスピーカーからの

音も変化してゆきます。それが「呼応する球体」である所以です。

その光の変化が周囲の球体に伝わってゆきますが、そこらじゅうで人に触れられているので、まさに色も音もカオスです。(つづく)


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF35mm F1.4L USM
写真ではわからないが、常に光と音が変化している
f0157812_13535553.jpg
f0157812_13535583.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと15枚、チームラボ 森と湖の光の祭の写真がありますよ〜

# by ymgchsgnb | 2018-12-17 08:00 | photo | Comments(0)
2018年 12月 16日

メッツァビレッジ UTEPILS & VIKING HALL

チームラボ 森と湖の光の祭開催中のメッツァビレッジでは、17時になると一旦マーケット、バイキングホール以外のエリアから一旦退出させられ

エリア規制を行う。これはチームラボの準備および、入場ゲートを設けるためだ。

その間にマーケットホールで素敵な雑貨を物色。センス溢れる北欧雑貨に思わず財布の紐が開きっ放しになるところでした。

そして夜の撮影の前に何か小腹に入れとくかとバイキングエリアを徘徊。様々な形式の食事に目移りしてしまい決めきれなくなりかけました。

結果的にバイキングホール2階全部を占めるLAGOMに落ち着いた。さすが北欧の店、店内すべてIKEAの製品になってました。

デンマークの伝統料理スモーブローは次回に取っておいて、今回はホワイトカレーとポークのセットにしました。

仕方がないかもだけど、メッツァの食事はまぁ高いです・・・。

次回は散財するつもりで雑貨を買ったり、食事を愉しんだりしたいですね。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
ウーテピルス(ノルウェー語で太陽の下でビールを楽しむの意)
f0157812_13013678.jpg
<iPhone 7>
ホワイトカレーセット
これで1,944円 高っ!
f0157812_13013611.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと14枚、メッツァビレッジでのフードエリアの写真があります!!

# by ymgchsgnb | 2018-12-16 08:56 | photo | Comments(0)
2018年 12月 15日

メッツァビレッジ

2、3年前だろうか、埼玉県飯能市にムーミン谷ができると知った。

テーマパークや、北欧のマーケットが飯能の宮沢湖畔にできるとのことで、北欧デザイン好きの私としては、是非訪れてみたかったところだ。

宮沢湖のすぐ隣りには、毎年10月末に女子ゴルフトーナメント「三菱電機レディス」が開催されていて、中継スタッフとしてよく訪れていた。

宮沢湖畔の専有道路を通って中継車などを搬入するのだが、ここ数年はムーミン谷の開発だろうか通れなくなっていた。

そしてついに今秋、ムーミン谷に先立ってメッツァビレッジがまずオープンした。ムーミン谷は2019年春にオープンする。

すぐにでも行ってみたかったが、チームラボ 森と湖の光の祭の開催(〜2019年3月3日)を待って、満を持して訪れることにした。

メッツァ自体の入場料は無だが、個人的にはクルマで行くので、その駐車場代はかかる。

駐車料金は事前ネット予約で平日1,500円で、土日祝2,500円。予約しないで行くと時間貸しになり、目が飛び出る駐車料金となり

平日1時間600円で、土日祝は1時間1,000円とまるで都心のそれと変わらない。絶対に事前予約して行かないと損だ。

もちろん今回は、事前に駐車予約をしておいた。メールで届くQRコードを入出庫ともに読み取ってもらい、料金はクレジット決済だ。

今回は遅めの15時くらいに訪れた。チームラボ開催前にしばらくメッツァを散策したので、まずはその模様をば。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
メッツァビレッジへのエントランスロード
f0157812_11261666.jpg
f0157812_11261601.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと20枚、メッツァビレッジの写真がありますよ!

# by ymgchsgnb | 2018-12-15 12:23 | photo | Comments(0)
2018年 12月 13日

ナ〜ン

無印良品ナンが美味しいと何かで聞いた。どうせSNSの何かだろうが。

正確には「ナンミックスの粉」が売ってるので、家で粉を練って、フライパンで焼かなくてはいけない。

裏に書いてある作り方の通りに生地を練って、寝かせて、伸ばして、焼いてみたものの、結局上手くはいかなかった。美味くもいかなかった。

チーズナンに至っては、目も当てられない程だ。

麺棒で伸ばしても、フライパンに乗せた時点で縮んできちゃうし、焼きあがっても、インドカレー屋さんで食べるナンには程遠いカタチだ。

タンドール釜に貼り付けて焼くわけじゃないので、フライパンでは重力がかからないから縮んでしまうのだろうか?

それにしてもお店で食べるような、柔らかくふっくらとしたナンに焼き上げられる気がしない。

逆に、お店のちゃんとしたナンが食べたくて仕方がなくなってしまったというオチです・・・。



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<iPhone 7>
見た目で硬そう・・・
f0157812_11003050.jpg

チーズナンにも挑戦
f0157812_11002984.jpg


More・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あと2枚、ひどいナンの写真がありますよ

# by ymgchsgnb | 2018-12-13 07:59 | foods | Comments(0)