Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 07月 23日

北アルプス・夢の縦走路へ「涸沢」篇

涸沢への道は、本谷橋まではなだらなものだ。
横尾から50分で、その本谷橋に辿り着いた。
歩くと撓んで揺れる吊り橋で、揺れに合わせてリズミカルに歩かないと歩きにくい。

橋の途中で足を止める。雪解けの流れが豊富に下流へと注いでいて、常念山脈の稜線には蝶槍が見えている。
橋を渡ったところは休憩適地であるが、今回はスルーだ。

本谷橋から先は、とうとう始まってしまった感のある登りがつづく。
標高由来の涼しさから、玉のような汗は免れたが、ザックを背負った背中は汗だくである。
横尾までのハイペースが祟ったのか、先輩は登りでペースが落ちてゆく。
涸沢手前になると雪渓が現れた。ずっと夏道だと思ってたから、こんなにもまだ残雪があったんだね。
雪渓のスタート地点からは、圏谷のモレーンに茂る新緑が見えている。
涸沢ヒュッテはその上だ。

涸沢に降り注ぐ梅雨の晴れ間の太陽に備え、横尾で日焼け止めを塗っていて正解だった。
目から入る紫外線は疲労物質を生成してしまうので、サングラスも欠かせない。第一眩しいしね。

涸沢ヒュッテ手前で、見たことのある人が軽装で下ってきてすれ違った。
小ちゃくて可愛いランニング姿の女の子と、小学生くらい男の子がお父さんに連れられ登ってきていた。
どうも登ってきた孫たちを迎えに下りてきた、涸沢ヒュッテのオーナーだったようだ。
そのグループと同着で涸沢に到着した。

まだ早めの時間だからか、土曜日にしては静かな涸沢だった。
壮大な景色は相変わらずだ。残雪を纏った穂高連峰。青、緑、白、全てが眩しい。
涸沢ヒュッテのおでんと行動食で寛いだ。
土日の混雑の涸沢に泊まる覚悟で来たが、この程度なら空いてそうだ。
しかしまだ昼だ。頑張れば北穂高小屋まで一気に上がれるかも知れない。
そこまで上がれば、夢の大キレットへの扉が開くことになる。よしっ行くか!(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
本谷橋
f0157812_22004751.jpg

涸沢
f0157812_22010390.jpg





横尾から涸沢に向かうと、まず北穂が見えてくる
f0157812_22015703.jpg

屏風岩
f0157812_22015732.jpg

本谷橋を渡る!
f0157812_22015753.jpg

蝶槍が見える
f0157812_11093840.jpg


南岳方面
f0157812_22015796.jpg

残雪あり
f0157812_22015890.jpg

雪渓あり!
f0157812_22015819.jpg
f0157812_22015832.jpg
f0157812_22015847.jpg

<Canon EOS 7D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM>
f0157812_22032233.jpg
f0157812_22032271.jpg

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
涸沢ヒュッテ到着〜
f0157812_22015804.jpg

いつ来ても、いつ見ても素晴らしい光景だぁ
f0157812_22032179.jpg

<Canon EOS 7D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM>
f0157812_22032228.jpg

<Canon EOS 6D + EF35mm F1.4L USM>
f0157812_22032171.jpg

おで〜ん!
f0157812_22032133.jpg

最近ハマってるローソンに売ってるやつ
f0157812_22032203.jpg

涸沢ヒュッテオーナーの山口さんと記念写真
f0157812_22032184.jpg


by ymgchsgnb | 2015-07-23 08:00 | outdoor | Comments(0)


<< 北アルプス・夢の縦走路へ「北穂...      北アルプス・夢の縦走路へ「上高地」篇 >>