Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 02日

くら寿司のシャリカレー

くら寿司のコマーシャルを見たときから気になっていたシャリカレー
カレーのライスをシャリに置き換えるなんて、なかなかの発想だと思った。もしかしたらどこかの寿司屋でも、
もしくは賄い的なやつでやったことあるんじゃないの?って思うけど、大手がやるのは初だろう。
変な食べ方や食べ合わせを好むAB型としては、血が騒ぐのを禁じ得なかった。

元々くら寿司はあまり行かない。スシローの方が近くて、何となくそっちに足が向くから。
さて、シャリカレー目当てに最寄りのくら寿司を訪れてみた。そして店に入ろうと扉に手をかけた刹那、
「この店舗はシャリカレーは取り扱っておりません」の文字。何だと!?全店舗で出してる訳じゃないのか??
あとから調べてみると、全国341店舗中、取り扱ってない店はたった8店舗という。。
貼紙には周辺の取扱店舗名が記載されていたので、半分開けた扉を閉め、他の店舗に向かうのだった。

気を取り直して取扱店にやってきた。シャリカレーの幟もはためいてる。席に着き真っ先に液晶パネルで発注。
数分後、お目当てのモノが店員の手によって運ばれてきた。当然回転レーンでは来ないのである。
楕円のカレー皿は、予想に反して大きめだった。350円という値段と量からしたら社食や学食レベルだろうか。
一見カレーに具は見当たらないが、13種類の野菜と果物が入っているという。もうやんカレーのように、
煮込みまくって具が溶けているのだろう。

兎にも角にも実食だ。まずはシャリ(ライス)を口にしてみて驚いた。ホッカホカのシャリなのである!
かと言って、蒸せるほどの酢飯ではなく何とも不思議なシャリであった。
次にカレーをひと口、26種類のスパイスが入ってるだけあって、なかなか辛め。本当の中辛ってやつだ。
そしてシャリとカレーを合わせて食べてみると、何とも表現しにくいが、食べたことのないカレーの味がした。
これ予備知識無しで食べた人は、ライスが酢飯だと認識しないで、変な味のカレーと思うに違いない。
嫌いな味ではないが、大変美味しいと手放しで拍手は贈れない味だ。
シャリ&カレーという前知識と好奇心、さらには私のようなネタ消費野郎あっての商品ではないだろうか。
100種類以上の試食を重ねてここに行き着いたようだが、私の偏見で言わせて貰えば、具は
商品写真くらいに
形を留めさせて、シャリはにぎり同様の常温、もしくは江戸風に冷めたシャリの方がメリハリが利いて
わかりやすいかもと思った。

とは言いつつ、もし「くら寿司」を再訪したら、また注文してしまいそうな自分がいるのも事実。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 6>
f0157812_12422786.jpg


by ymgchsgnb | 2015-09-02 13:12 | foods | Comments(0)


<< はま寿司のグリーンシャリカレー      浅草サンバカーバル >>