Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 07日

山東の水餃子

最近立て続けに、山東の水餃子のことをネットなどで見た。
ヤマ友のLINEのタイムラインや、釈由美子のブログ。いずれも山を愛しているという共通点がある。
そして今回訪れてみたのも、別のヤマ友とだった。山好きは水餃子好き??と勝手な疑い。

山東は横浜中華街のメイン通りを曲がった路地にある店で、以前はその人気から行列を成していたそうだが
今は2号店をすぐ近くにオープンさせ、行列は解消させたそうだ。
この日は平日の16時頃とあって、さすがに行列はしてなくすぐに入店。2号店の2階の窓際についた。
愛想のない店員に、水餃子(10個756円)XO醬炒飯(840円)をオーダーして待つ事に。
2階の窓際だからと言っても、路地からの景色は路地のみ。テーブルの片隅には、蓋のない餃子のタレと思しき
グラスがひとつ。醤油や辣油、酢といった類は存在しない。「このタレ以外で食ってくれるなっ」という
決意表明のようなテーブルである。

そして待望の水餃子がやってきた。スープに浸かっていないタイプで、浅い皿に乗っている。
その茹でたてピチピチの瑞々しい餃子は、湯上りたまご肌の桃井かおりを凌ぐ艶やかさがあった。
皮が厚めで丸々とした水餃子を強制的な例のタレで頂く。餃子の味よりもまずタレの独特の風味が先行してくる。
タレ単体の写真を撮ってないので説明が難しいが、醤油ベースに細かい粉状のものが浮いているタレで、
中華圏のお菓子のような味がした。
アーモンド?いやココナッツか!?ココナッツクッキーに醤油をかけて食べたような味だ。
正直タレが気になって、餃子の味は劇的なまでに美味しいとまでは言えないなぁと思った直後、
皮のもちもち感に「やや!」と思った。餡はニラたっぷりで普通に美味しいやつだが、皮が気になって仕方がない。
食べる毎に皮のもっちり感とその歯切れに、前歯や奥歯が喜んでいる。山東の水餃子ガムがあれば買いだ!
飲み込む直後まで食感のせいで美味しいと感じた。またあの感触を味わいたくなった。

おまけに注文した炒飯はどうだろうか?
高級店以外でここぞという中華街の炒飯を探求し続けながらも、なかなか出会えないでいるので愉しみだ。
まずXO醬だからもう少し濃い色味の炒飯かと思ったが、見た目は普通の黄色っぽい炒飯だった。
味は海老の風味が豊かで美味しかった。好きな部類の味ではあったが、こちらは夢中になれる炒飯を探しているので
残念ながら探求の旅はつづくのであろう。

水餃子に関しては山東リピーターになる感じだが、個人的には酢と辣油、または酢胡椒で頂きたいものだ・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<iPhone 6>
f0157812_13341588.jpg
f0157812_13341617.jpg




f0157812_13341641.jpg
f0157812_13341544.jpg


by ymgchsgnb | 2015-09-07 13:36 | foods | Comments(0)


<< 横浜スタジアム野球観戦記      はま寿司のグリーンシャリカレー >>