Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 20日

「行くぜ、東北」旅(3)〜 田んぼアート 〜

現存12天守の6城目を制覇した我々一行は、1日目の宿へ向かうべく先を急いだ。
宿泊地は八甲田山の麓にある酸ヶ湯。湯治部があり、そこで自炊をする。
比内地鶏以外の自炊のための食材を弘前のスーパーで調達する。

そして時間があったら寄ろうと思っていたところがあった。そこは弘前市と黒石市の間に挟まれた田舎館村。
田んぼアートのある村だ。毎年話題になってるので聞いたこともあるかと思うが、場所も通り道にあり、
順調な移動のおかげで時間もあったので立ち寄ることにした。
国道を走っている時から、遠くにエセお城が見えていた。どうせ趣味の悪い金持ちが建てた家だろうとか、
羽柴秀吉氏が建てた屋敷なんじゃなかろうかと車内で話題になっていた。
田んぼアートの場所を探して、時より出てくる案内板に従って着いた場所はなんと、前述していた悪趣味なお城だった。
それが田舎館村役場だったのだ。田んぼアートはその天守閣から目の前の田んぼを俯瞰で眺めるものだった。
ひとり200円の料金がかかるが致し方ない。弘前「市」にお金を落とすより田舎館「村」にお金を落としたほうが
遥かに経済活動をした感じがするし、村起こしに貢献した気になる。
4人分で(たった)計800円を支払い展望台に上がる。遠くは岩木山から八甲田連峰まで見渡せ、
そして今年のテーマである風と共に去りぬが描かれた田んぼが見事に俯瞰できた。
天守閣の外の狭い通路を一周すると「はいお土産を買いつつ降りましょう」的な流れになるので、
あっという間に200円を使い果たす感覚なのは残念。

我々はさらに第2会場があることを突き止めた。無料シャトルバスも出ているが、自前のクルマで移動する。
場所は以外と離れていて、車で5分ほどの道の駅「いなかだて」に到着した。そこに隣接して第2会場があった。
そしてまたもや200円だ。こうなると易々と村の術中にハマる訳にはいかない。ここは全員のスマホや携帯を
ひとりが預かって、たった200円だけで上がり全員分の写真を撮るという節約作戦に打って出た。
田んぼアート自体は素晴らしくスターウォーズフォースの覚醒がテーマだった。

言っては悪いが、田舎館村は名前の通り田んぼだらけのド田舎だ。
村起こしの一環ではじめたようだが、今では全国規模でこのような田んぼアートが広がっていると言う。
第3、第4の会場を作ってアートを広げるか、ミステリーサークルなんかやっても面白いんじゃなかろうか。(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
第1会場
f0157812_13455268.jpg
第2会場
f0157812_13455309.jpg




岩木山
f0157812_13463773.jpg
八甲田連峰
f0157812_13463865.jpg

午後になると村役場の天守閣の影が出ちゃうよ・・・
f0157812_13463721.jpg
f0157812_13463755.jpg
f0157812_13463712.jpg
第2会場の塔
f0157812_13470109.jpg
f0157812_13463879.jpg
f0157812_13463828.jpg
f0157812_13470112.jpg
下に居残ってる隊員
f0157812_13463896.jpg

石のアート
惜しまれる人ってw
f0157812_13463946.jpg


by ymgchsgnb | 2015-09-20 09:00 | travel | Comments(2)
Commented by ノブ・キタ at 2015-09-25 18:10 x
別々に料金発生はボッタクリだ!
Commented by ymgchsgnb at 2015-09-26 10:43
> ノブ・キタ
それぞれ200円ではなく、300円払えば1日見放題にすればいいのだ。


<< 「行くぜ、東北」旅(4)〜 酸...      「行くぜ、東北」旅(2)〜 弘... >>