Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 12月 26日

西穂山荘へ(2)

西穂山荘から稜線へは、まず一気に急な斜面を駆け上がります。
次第に景色が開け、再び行く手の西穂高岳方面や周囲の山々が顔を出します。
この時期は午後になると西日感があります。それもそのはず、この日は冬至。昼が一年で一番短い日ですからね。

山荘にある程度の荷物は置いてきたので身軽になったのと、この景色を見て心も軽やかになっているので
午後の散歩は快適です。登山道は「厳冬期の穂高の稜線」という言葉とは裏腹に、広く嫋やかな尾根で
歩いていても心が踊るようです。
ロープウェイから山荘まで感じなかった風が、ここに来てようやく感じます。それでも強風という程ではなく
夏だったら心地良い感じの風。しかし厳冬期です、頬が凍傷にならないように顔を動かしました。

写真を撮りながらでもあっと言う間の15分で西穂丸山(2,452m)に到着です。
背景の笠ヶ岳には、まだ若干雲の筋がかかっていました。
山荘でチェックイン時に、スタッッフに「今回はどちらまで行かれますか?」の問いに「丸山くらいまですかね」
なんて答えたものの、やはり物足りなくなってしまい、その先へ足を延ばしてしまいました。
計画性の無い自分をお許しください・・・。

次なるピークは西穂独標。まずは長い登りがはじまります。
時間は13時30分を回り、下山してくる登山客が多く見えます。日没は16時45分頃で山荘での夕食時間は17時30分。
それまでにはちゃんと戻らなければいけないが、往復でも2時間程度だろう。取り敢えず行けるところまで行こう。

早る気持ちを抑えながら、汗をかかないようにしながら登る。西からの風に、山荘にネックゲーターを置いてきて
しまったことを恨んだ。バラクラバまでは必要ないが左頬が冷たく、顔を動かしつつカイロを当てた。
標高を上げるにつれ振り返ると、歩きて来た優しい稜線は遠ざかり、焼岳や乗鞍岳がシルエット気味に目に入る。
30分程登り続けると、稜線を飛騨側に巻きつつさらに進む。西風を防ぐ手立てがなく、さらに冷たい頬に気を使った。

ついに独標を目前にする12峰まで来た。ここで一旦小さなコルに下りるのだが、少し緊張する岩場を
岩場に向かう姿勢で慎重に下った。
そして改めて独標への岩稜に取付く。雪と岩のミックスで適度に掴む岩が露出していて、登るのにあまり苦労はしないが
ピッケルをダガーポジションに持ちつつ登る。鎖場の鎖もちゃんと出ていました。
下りは怖いだろうな〜と思いつつ、14時30分西穂独標(2,701m)に登頂しました。(つづく)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
歩いてきた稜線と焼岳、乗鞍岳
f0157812_08064062.jpg

独標とピラミッドピーク
f0157812_08064029.jpg





まずは急斜面
f0157812_08070247.jpg

山荘を振り返る
f0157812_08070386.jpg

西穂高の岩峰群が連なる
f0157812_08070423.jpg
f0157812_08070437.jpg
丸山がすぐに見えてきました
f0157812_08070507.jpg

西穂丸山
f0157812_08070544.jpg

独標への長い登り
f0157812_08070629.jpg
f0157812_08070757.jpg

独標が近づいてきました
f0157812_08074085.jpg
f0157812_08074197.jpg

笠ヶ岳もクッキリ見えてきました
f0157812_08074237.jpg

滑ったらどこまで転がるのだろう・・・
f0157812_08074283.jpg

12峰から独標(11峰)を見上げる
f0157812_08074328.jpg

西穂独標に登頂〜!
f0157812_08074377.jpg


by ymgchsgnb | 2017-12-26 08:14 | outdoor | Comments(0)


<< 西穂山荘へ(3)      西穂山荘へ(1) >>