Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 01月 14日

2018年初登り「赤城山」(2)

駒ヶ岳山頂では休憩はせず、写真を撮っただけですぐに次へ向かった。
「黒檜山40分〜60分」という案内に従って、まずは下ってゆく。

黒檜山へは60m下って、200m登る。その中間には大ダルミという鞍部がある。
駒ヶ岳からの下りは、北側の斜面なので雪が締まっていたが、再び陽当たりに出るやまた緩む。

大ダルミからの登り返しは、見るからに急登で特に後半はキツかった。
汗をなるべくかかないようにしていたが、バラクラバの頭頂部は汗でびちょびちょになったが、買ったばかりの
スーパーメリノウールのバラクラバのおかげで汗冷えはせずに済んだ。

駒ヶ岳からちょうど1時間、日本百名山赤城山の最高峰である黒檜山(1,828m)に登頂した。
しかし急登を登ってる途中から暗雲が垂れ込めてきて、残念ながら山頂はガスに覆われていた。
元々気温が上がって霞むのはわかっていたので、遠く東京スカイツリーや富士山などの遠景は期待していなかったが
ガスに覆われるなんて、晴れ男の裏の顔である山頂ガス男の真価を発揮してしまったようだ。

こんな状況で行ってどうなると思いながら、山頂から5分程先にある絶景ポイントという場所に行ってみた。
わかっていたが、そこに絶景はなく、絶望ポイントと言えなくもなかった・・・。
山頂付近に30分程滞在していたが、途中景色が薄っすら見えたものの「映える」どころか「萎える」写真しか撮れなかった。
一瞬明るくなったところで記念写真を撮り、すぐに下山を開始した。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
30座目の百名山
f0157812_00191014.jpg

大ダルミ
f0157812_00190909.jpg





結果60分かかったけど、雪道だから良い方か
f0157812_00193451.jpg

締まった雪面をガンガン下った
f0157812_00193512.jpg
f0157812_00193469.jpg

締まっていた日陰から、腐り気味の日向へ
f0157812_00193504.jpg

大ダルミの道標
f0157812_00193660.jpg

登り返しだ!
f0157812_00193673.jpg

暗雲が垂れ込める
f0157812_00193692.jpg

最後の急登
f0157812_00193759.jpg
f0157812_00200031.jpg
f0157812_00200017.jpg

ガスに覆われた黒檜山
f0157812_00200045.jpg

その名に相応しくない絶景ポイント
f0157812_00200166.jpg
f0157812_00200161.jpg

一瞬、武尊山方面が見えた
f0157812_00200278.jpg
f0157812_00200202.jpg


by ymgchsgnb | 2018-01-14 09:00 | outdoor | Comments(0)


<< 2018年初登り「赤城山」(3)      2018年初登り「赤城山」(1) >>