Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 02月 23日

スノーシュー in 上高地(3)

梓川の右岸沿いに河童橋を目指すと、トレースはすぐに工事車両の除雪路へ合流した。
せっかく清流沿いの景色を味わおうと思っていたのに、味も素っ気もない道だが、仕方なく歩き続けた。
強引に左岸沿いに行っても良かったかもと今になって後悔している。

固い圧雪路はスノーシューにダメージがありそうで嫌な感じがする。
徐々に梓川から離れ、ついには梓川を感じられなくなるほど遠く、そして緩やかに標高を増していった。
このまま行って河童橋に出られるだろうか不安になったが、先行者たちの姿が見え少し安堵した。

20分ほど工事車両を行ったところで、右折出来るポイントに出た。ここを下ればちょうど河童橋辺りか?
すぐに河童橋付近のホテル群であろう建物が見えてきた。河童橋のちょうど裏手辺りかだろうか。
やがて梓川に出ると、そこは河童橋のちょっと手前辺りだった。次第に五千尺ロッヂなどが見えてきて、河童橋に出た。
残念なのは穂高の雄姿が拝めなかったこと。岳沢にはたっぷりガスが溜まっていて、穂高の稜線だけ見ることができない。

時間は11時を少し回ったところで、釜トンネルを出発してから2時間ちょっとで河童橋に到着した。
河童橋付近は日曜日の賑わいがあり、対岸の休憩ポイントではランチタイムの様相。
雪から出ているベンチやテーブルで、尚且つ陽当たりが良い所はすでに場所がなかった。
それより河童橋に来て、今まで感じなかった風が強く吹いていた。
自分は再び左岸に戻り、辛うじて顔を出していたベンチに場所を確保。風の影響の少ない建物の風下でランチタイムとした。
ランチは鍋焼ちゃんぽん。生卵を落としてグツグツ煮込み、冷えた体温を再び上昇させた。

約1時間河童橋に滞在した。みんな帰ったのか人が少なくなり、束の間の静寂の冬の上高地を味わった。
自分も河童橋を後にして再び歩き出した。変わることのなかった穂高の眺めを背にして・・・(つづく)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
上高地の象徴「河童橋」
f0157812_09055625.jpg

鍋焼ちゃんぽん卵落とし
f0157812_09055717.jpg





工事車両の除雪された道
f0157812_09071741.jpg
f0157812_09071730.jpg

再び梓川沿いに出た
f0157812_09071746.jpg

河童橋はすぐそこ
f0157812_09071819.jpg
f0157812_09071830.jpg

到着〜
f0157812_09071820.jpg
f0157812_09071821.jpg

穂高はどこだぁ〜!
f0157812_09071903.jpg
f0157812_09075991.jpg

焼岳方面
f0157812_09080033.jpg

清流
f0157812_09080093.jpg

わいわいランチタイム
f0157812_09071958.jpg
f0157812_09080087.jpg
f0157812_09080177.jpg

ランチの支度(このあと寒冷地用のガスに変えました・・・)
f0157812_09080172.jpg

グツグツ
f0157812_09080105.jpg


by ymgchsgnb | 2018-02-23 09:43 | outdoor | Comments(0)


<< スノーシュー in 上高地(4)      スノーシュー in 上高地(2) >>