Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 19日

晩秋の白駒池周遊(4)

13時ちょうど、高見石小屋(2,270m)に到着。到着とともにほぼ雪は止んできました。ホっとしました。
早速名物の揚げパンを発注します。「きなこ」「抹茶」「ココア」「チーズ」いずれか2個で400円です。
パイセンとふたりで全種類を1つずつ注文。揚げるのに多少時間がかかるので、その間にバンダナや手ぬぐいを物色。

やがて揚げパンが完成すると、カラダはまだ温かかったので、小屋内ではなく屋根の下のテラスで頂くことにします。
自分は「ココア」と「きなこ」。柔らかいロールパンを揚げたパンですが、ふわっふわで表面が若干パリっとしていて大変美味しゅうございます。
指でつまむと溶けたココアがべっとりと付きますが、その指もまた美味し!
ところで味が想像しにくかったパイセンの「チーズ」ですが、トマトソースらしきものが乗っている通り、ピザっぽい味でした。
甘いものを想像していたパイセンは面を喰らったようでした。
ところでテラスにある気温計なんだけど、氷点下を指してたのは本当かな??雪は降ってたものの。。

完全に雨も止んだので、食後に高見石へ登ります。岩が濡れて滑りやすいので慎重に(特に下りは)向かいます。
登り切ると眼下に白駒池が見えました。こんな近くに見えたっけなぁ〜。
曇天は相変わらずなので、余計晩秋感は否めませんが、胸をすく景色が広がっています。やっぱりこの景色は素晴らしいね。

あとは早く温泉に向かいたい一心で、白駒池へ下っていきます。
滑りやすい道での悪戦苦闘はつづき、コースタイムよりもかかって35分で白駒池に到着。
紅葉はとおくに終わってますが、午後になってバスツアー客が押し寄せて湖畔は賑わってました。
中には高見石方面の登山道に入ってくる普段着のご婦人方が来たので、危険だと注意しましたが、ちょっとそこまでと登っていきました。
滑って転んで泥まみれになりやがれ畜生め!

火災で焼失した白駒荘も新館が再建され賑わってました。良かった。
ツアー客を逆行して駐車場へ戻ってきたのは15時ちょっと前。クルマに戻ってびっくり後席の窓が少し空いていて、シートがビショビショでした、、
帰りは八峰(ヤッホー)の湯で温泉に浸かり、山では望めなかった天狗岳や硫黄岳を眺めながらの露天風呂を満喫しました。
途中恒例のおいしい学校の「ぼのボ〜ノ」でイタリアンを頂き帰宅の途につきましたとさ。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D>
EF24-70mm F2.8L ll USM
高見石からの白駒池
f0157812_08414995.jpg

<iPhone 7>
高見石小屋名物の揚げパン
f0157812_08415097.jpg





ハロウィン仕様
f0157812_08430232.jpg

メニュー
f0157812_08430357.jpg

右側の手ぬぐい買っちゃった
f0157812_08430225.jpg

いいね!こう言うの
f0157812_08430361.jpg
<Canon EOS 6D>
EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
氷点下???
f0157812_08422081.jpg
f0157812_08422048.jpg
f0157812_08422111.jpg

にゅう
f0157812_08422170.jpg

佐久平
f0157812_08422178.jpg
f0157812_08422194.jpg

EF24-70mm F2.8L ll USM
f0157812_08422242.jpg
f0157812_08422248.jpg
<iPhone 7>
f0157812_08430366.jpg
f0157812_08430429.jpg
f0157812_08430430.jpg

白駒荘のメニュー
f0157812_08430471.jpg

観光バスがいっぱい停まってました
f0157812_08430592.jpg


by ymgchsgnb | 2018-10-19 09:43 | outdoor | Comments(0)


<< コメダ和喫茶(甘)おかげ庵      晩秋の白駒池周遊(3) >>