Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 18日

チームラボ 森と湖の光の祭「自立しつつも、呼応する生命」

メッツァのある宮沢湖は人造湖。ウーテピルスを抜けて、その畔を右回りに歩いて行けます。

雨上がりで泥濘みも残る真っ暗な道、広い間隔でタマゴ型の光の物体が並んでます。

ひとつに触れると色が変わり、その先のタマゴに伝搬してゆきます。

対岸の森までやってくると、森の落ち葉の狭い道に沿って歩きます。やがて到着したのが湖面に浮かぶ自立しつつも、呼応する生命

工事用の足場のような階段で水辺の近くまで降りて行きます。岸辺のタマゴと湖面に浮かぶタマゴ、そして遥か対岸の彩られたビレッジ。

壮観な眺めで、自然の中にいるはずなのに、周囲の光と音とのデジタルアートが、近未来な感覚もするし、自然が自然で無くなるというか

アート空間の埋もれてるような不思議な感覚がします。

同じ構図で撮っていても、シャッターを切る度にその彩りが変化し、撮れた写真をプレビューするのが1枚1枚愉しみでもあります。

これらの作品は何も考えず単純に「綺麗だなぁ〜」と眺めてたらいいものだけど、そもそもどのような仕組みで色や音が呼応してゆくのだろうか。

難しいこと抜きに、目の前のアートを愉しめばいいんでしょうけどね。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
f0157812_18070948.jpg

夜道を仄暗く照らすタマゴ
f0157812_18070957.jpg





f0157812_18082134.jpg
f0157812_18082114.jpg
f0157812_18090055.jpg
f0157812_18090013.jpg

対岸のノルディックスクエア
f0157812_18090061.jpg
f0157812_18082206.jpg
f0157812_18082231.jpg

湖面に浮かんでる
f0157812_18085998.jpg
f0157812_18082232.jpg
f0157812_18082382.jpg
f0157812_18082316.jpg
f0157812_18082342.jpg

ウーテピルスとバイキングホールが見える
f0157812_18085727.jpg
f0157812_18085887.jpg
f0157812_18085804.jpg
f0157812_18085993.jpg
f0157812_18085965.jpg
f0157812_18085848.jpg


by ymgchsgnb | 2018-12-18 08:05 | photo | Comments(0)


<< チームラボ 森と湖の光の祭「呼...      チームラボ 森と湖の光の祭「浮... >>