Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 01月 06日

2019年登り初めは「竜ヶ岳」〜 石仏ルート

南アルプスのモルゲンロートに魅了されつつも先へ進みます。
一旦少し下ってまたすぐに登りになります。ここからは森を抜けて笹ゾーンになるので、どこからでも富士山の裾野まで丸見えになります。

20分登ったところで東屋が見えてきました。石仏、見晴らし台というポイントです。
ダイヤモンド狙いの登山客がたくさん休憩しつつ、その時を待っています。初めてザックを下ろして一旦休憩します。
真冬だろうが、ゆっくり歩こうが坊主頭に大汗をかく性質なので、冬は汗で直にニット帽が濡れないようにバラクラバを被って登ってますが、
それがネックウォーマーも兼ねてしまっていて、尚且つ装着しっぱなしだったので大汗でバラクラバでびっちょり。
ウールのベースレイヤーも汗でびしょびしょだったので、上着を脱ぐと湯気が立ち上っていたのではないでしょうか。
冬季登山の大汗は命取りになるので、ちょっと反省・・・。

中腹からダイヤモンド富士を狙うために、カラダが冷えないうちに九十九折りの笹原を進みました。
午前7時35分、東屋から標高にして2〜30m程登ったところでしょうか、そこでダイヤモンド富士を狙うべく待機です。
ダイヤモンド富士タイムは7時50分、しばしの待機ですが、手先足先はさすがに冷えてきます。
カイロを持ってくるのをすっかり忘れた事を後悔しつつ、ど真ん中に上がって来てくれ〜と願っていました。

富士山頂から太陽由来の影が右上に伸びています。これはまだまだ上がってこない証拠。ダイヤ直前は影が正面めになっていくはずです。
7時50分を迎えると、より高い所でダイヤモンド富士待ちをしている登山客から歓声が上がりはじめました。
その光が徐々に下ってゆき、やがて富士山頂部のやや左寄りの辺りから小さく輝く小粒ダイヤの光が漏れてきたのでした。(つづく)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
東屋は多くの登山客で賑わっていました
f0157812_14244519.jpg

東屋とダイヤモンド富士待機場所との位置関係はこのくらい
f0157812_14244572.jpg




小ピークからちょっとだけ下ります
f0157812_14250989.jpg
f0157812_14250990.jpg

池に映るダブルダイヤモンド富士狙いの人たちもたくさんいる
f0157812_14251026.jpg

登山道は土が凍結していて、ところどころ見られる霜柱
f0157812_14251060.jpg

期待の高まる快晴具合
f0157812_14250900.jpg

朝陽を浴びる王岳方面
f0157812_14251103.jpg

駿河湾も望めます
f0157812_14251033.jpg
f0157812_14251035.jpg

東屋が見えてきた
f0157812_14251174.jpg

別にここじゃなくてもダイヤモンド富士は見られます
f0157812_14254608.jpg
f0157812_14254539.jpg

石仏
f0157812_14254563.jpg
f0157812_14254578.jpg

まだ時間があるので、もう少し高いところへ進みます
f0157812_14254694.jpg

キタっ!
f0157812_14254600.jpg


by ymgchsgnb | 2019-01-06 08:46 | outdoor | Comments(0)


<< 2019年登り初めは「竜ヶ岳」...      2019年登り初めは「竜ヶ岳」... >>