Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 01月 09日

2019年登り初めは「竜ヶ岳」〜 湖畔ルート

富士山頂を飛び立った太陽は、すっかり天高く舞い上がり、より広範囲に暖かさを降り注いでいる。
辛うじて凍りついてないコンビニおにぎりを頬張り、下山の準備をはじめた。竜ヶ岳山頂での滞在時間は約15分だった。

8時45分、下山開始。5分で湖畔ルートとの分岐点までやってきた。
展望を愉しむなら来た道と同じ石仏ルートだが、違う道を開拓するなら湖畔ルートだ。
人気があるのは明らかに前者だが、少々迷いつつ湖畔ルートを選択した。

石仏ルートと違い笹原はなく、すぐに林間コースとなった。樹々の間から本栖湖を眼下に望めるが、富士山は拝めない。
道もやや細めで、石仏ルートに比べたら、落ち葉の積もり具合などで人があまり入って来ていないのがわかる。
湖畔までひたすら九十九折りの単調な下り道だが、時折倒木などのアクセントが利いている。
後半、陽光の入った明るいところでは、霜柱が溶けかかって土が多少濡れている箇所もあったが、靴裏にまとわり付いて滑るほどではなかった。

分岐点から50分の午前9時40分、湖畔ルートの登山口にやっと辿り着いた。休みなく一気に下山してきたので、もうカラダはぽっかぽか。
汗ばんでいる状態だった。久々に良い運動ができました。
あんなに多くいた登山客ですが、結果的に1組の下山客を追い越しただけの静か〜な山下りでした。

湖畔ルートの登山口からは湖畔沿いの一般道を歩いて駐車場まで帰ります。
青い空を映した本栖湖はより青く澄んでいたが、風のせいか寄せる波が忙しそうであった。
一般道歩きを10分程度すると、元の竜ヶ岳登山用駐車場へ戻ってきます。9時50分時点でまだ多くの車が停まっていました。
振り返ると、天高くとまでは言えませんが、今しがた登ってきた竜ヶ岳が優しく聳えています。

2019年素晴らしい山登りからスタートを切れたので、昨年を遥かに上回る山行回数を目指して行こうと思います!


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

<Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM>
下っても下ってもあまり標高が下がらない感
f0157812_11462872.jpg

優しく佇む竜ヶ岳
f0157812_11462870.jpg





下山時の山頂
f0157812_11472092.jpg

下りは左の湖畔ルートへ
f0157812_11472194.jpg

西湖の向こうに三ツ峠山
f0157812_11472128.jpg
湖畔ルートはこんな感じ
f0157812_11472158.jpg
f0157812_11472208.jpg
f0157812_11472211.jpg
f0157812_11472271.jpg

駐車場が見えてきた
f0157812_11472319.jpg

抜けるような青
f0157812_11472209.jpg

アクセント
f0157812_11482604.jpg

一般道が見えてきた
f0157812_11482640.jpg

湖畔ルート登山口
f0157812_11482780.jpg
f0157812_11482752.jpg
f0157812_11482645.jpg

本栖湖〜
f0157812_11482745.jpg

無事帰還
f0157812_11482757.jpg


by ymgchsgnb | 2019-01-09 08:45 | outdoor | Comments(0)


<< ふじのくに田子の浦みなと公園(1)      2019年登り初めは「竜ヶ岳」... >>