Photolog

ymgch.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 01月 12日

ふじのくに田子の浦みなと公園(1)

新年から富士山ばかり見ている気がします。気のせいじゃありませんが。

今回は田子の浦に行ってみました。「田子の浦」で思い出すのは、子供の頃学校で習った短歌に出てくるワードです。

まずは百人一首でおなじみの歌です。「田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ」

新古今集に書かれた山部赤人の歌です。

ではこちらはどうでしょう。「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りける」

同じような歌ですが、これも山部赤人の歌で、万葉集に書かれた歌なんです。

どちらも同じようですが、違ったニュアンスですね。歌の内容は置いといて、今回田子の浦に赴いたのは以下の理由からです。

田子の浦は駿河湾の中央に位置する港で、富士山を真南から見る位置関係です。

当然海からですから海抜0メートルから富士山を見上げます。そう、日本一の高低差を障害物なしで眺められる場所なのです。

そういう場所ってあるようで意外と無いんですよ。西伊豆から駿河湾越しに見られるように思いますけど愛鷹山が前にかかるので

田子の浦〜富士川の河口辺りが、海抜0メートルから富士山を裾野まで全部見られるポイントだと思います。

今回の撮影ポイントは、県営のふじのくに田子の浦みなと公園の富士山ドラゴンタワーからです。

タワーの上からなので、実際には海抜10メートルくらいはありますけどあしからず。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

<Canon EOS 6D>
EF24-105mm F4L IS USM
高低差日本一の景色
f0157812_20392045.jpg

ドラゴンタワー
f0157812_20392086.jpg





駿河湾
f0157812_20392097.jpg

遠州灘方面
f0157812_20392116.jpg

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
先日登った竜ヶ岳
f0157812_20401318.jpg

南アルプス
f0157812_20392220.jpg

愛鷹山
f0157812_20401244.jpg
箱根
駒ヶ岳のロープウェイが見えるね
f0157812_20392193.jpg

沼津アルプス
f0157812_20392158.jpg

達磨山と左奥に天城山
f0157812_20392249.jpg

西伊豆方面
f0157812_20392121.jpg

三保の松原
f0157812_20401288.jpg

清水
f0157812_20401276.jpg
f0157812_20401275.jpg


by ymgchsgnb | 2019-01-12 08:43 | photo | Comments(0)


<< ふじのくに田子の浦みなと公園(2)      2019年登り初めは「竜ヶ岳」... >>